ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆THE WHO - In Japan~『2008/11/16 Saitama Super Arena』☆

先日のTHE WHO初単独ジャパン・ツアー~11/16 さいたまスーパー・アリーナ公演から一週間以上が経過してしまいましたが本日 当日のライヴ・レポをまたまたサラッとUPしたいと思います

THE WHO-In Japan

theWHO_maximum RB

Saitama Super Arena, Saitama, Japan, 16th Novemberr 2008

1.I Can't Explain
2.The Seeker
3.Anyway Anyhow
4.Fragments
5.Who Are You
6.Behind Blue Eyes
7.Relay
8.Sister Disco
9.Baba O'Riley
10.Eminence Front
11.5:15
12.Love Reign O'Er Me
13.My Generation
14.Won't Get Fooled Again
-Encore-
1.Pinball Wizard
2.Amazing Journey / SPARKS
3.See Me, Feel Me
4.Listening To You
5.Tea And Theater


Roger Daltrey (Vo)
Pete Townshend (G)
Simon Townshend (G)
Pino Palladino (B)
Zak Starkey (Ds)
John "Rabbit" Bundrick (Key)


the who live08

…サラッとUPしたいということは要は手抜きレビューであり本当なら自分の所感・言葉でその感動、詳細なライブ・レポをお伝えするべきなのですが、当日のライヴの模様は続々と発売されるジャパン・ツアーのブート解説?を引用・拝借させて頂きますので(無断盗用か・・・その旨はこのようにちゃんと記しているのでどうか御勘弁下さいm(_ _)m)、それによって私が体験したTHE WHO単独初来日公演、感動の瞬間を少しでも感じ取って頂ければと思います


*初日大阪公演以降、日を追う毎にグレードアップした白熱のステージを披露していきましたが、来日公演3日目の満員御礼となった大熱狂のさいたまスーパーアリーナ公演は冒頭の“I Can’t Explain”からこのラインナップならではのバンド全体のまとまり、堅実な演奏をしっかりと実感させ、そして曲を追う毎に徐々にテンションを上げてアンコールの“Pinball Wizard”からのメドレーパートで最高のテンションに到達しており、“ロック史上最高のライブ・バンド”の名に恥じない最高のパフォーマンスを見せつけてくれています 

*セットリストは若干の変更があり、初日大阪公演で演奏された“Real Good Looking Boy”がセット落ちした代わりに横浜公演から“Anyway Anyhow Anywhere”が新たにセットインしています

*“Love Reign Over Me”でのロジャーの独壇場しかり、“Won't Get Fooled Again”での大絶叫しかり、バンドのアンサンブルの緊張感と臨場感、そして特にピートの凄まじい躍動感がライヴ全編を通じて素晴らしかったです

*ピート曰く「A Nice Quiet SundayとMCで感想を述べた白熱のステージ展開となった当日でした

*セットリストに関しては横浜公演と同様ですが、“5:15”中間部と“My Generation”導入部でのピートのMCパート等は長年のファンには感動モノ、この日だけの特別な内容といえるでしょう
 

・・・といった感じですが、本当に私にとっては今年最後の締め括りライヴに相応しい素晴らしいライヴTHE WHOという生き続ける伝説のロック・バンドをこの日本で目の当たりに出来たことは私の人生において光栄な出来事の一つに数えられること間違いナシなので、本当に彼らのライヴを体験出来て良かったと思います

ザック・スターキーのドラム・プレイも素晴らしく良かったですよ 
ロジャーピートの存在感~貫禄のステージングに目を奪われ感動したのは当然のことですが、ザックの堅実でキース・ムーンばりのパワフルなプレイ、音色に好感を持ち、それ以上にそのプレイに驚嘆を覚えたファンは私を含めて多かったと思います
彼がドラムを務めている限り、ロジャーピートも彼に触発されることによってまだまだ素晴らしいライヴと現役感を持って活動してくれることだと思います

それにしてもオープニングの“I Can’t Explain”で映し出されるオリジナル・ラインナップの様々な映像ロジャーピートジョンキースの姿にはグッと込み上げるものを感じやはりTHE WHOというバンドはこの4人↓

who1973.jpg

今現在も、そしてこれからも、ジョンキースの魂はバンドと共に生き続けて行くんだな~と感じました

I Can’t Explain



Amazing Journey: The Story of The Who






Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

貫禄の♪
やはり彼らも特別なバンド、と言えるんでしょうね(^^)
私はロジャー・ダルトリーのソロから遡ってTHE WHOを聴いたというある意味邪道なファンですが、『Who's Next』は今でも大切なアルバムとして手元にあります。
GREAT WHITEも彼らの曲をカヴァーしたりしていたので、更に思い入れもありましたしね♪
それにしても…やっぱり観ておきたかったなぁ!
羨ましい限りです~!
彼らもやはり真の「ライヴ・バンド」で在り続けるんでしょうね♪

MOTLEY CRUEも然りですが、充実の時間を過ごされたようで本当に良かったです(^^)
【2008/11/24 22:46】 URL | まいん #- [ 編集]


>まいんさん

お久しぶりですo(^-^)o
私も確かTHE WHOというバンドを知ったきっかけ、興味を示したのは80年代中期のピート・タウンゼンドのソロやLIVE AIDでの再結成ライヴだった気がしますね♪
そして私も『Who's Next』は大好きなアルバムなので、リニューアルされる度に購入してしまう大切なアルバムです☆
私の場合はKISSのファンということもあって彼らがライヴで“Won't Get Fooled Again”をカヴァーしたり、ライヴ開始直前にこの曲を大音量で流すということもあり、更に思い入れが増していましたね♪
是非まいんさんにも彼らの貫禄のステージ~「ライヴ・バンド」としての真の姿を観て欲しかったですね!!

MOTLEY CRUEも彼らの魅力タップリな素晴らしいライヴでしたよ♪
LEPPS/WSもそうでしたが、今年後半は忙しい中、充実の時間を過ごすことが出来て本当に良かったと思います(^-^)v
【2008/11/26 00:06】 URL | ヒロック #- [ 編集]

The Whoは・・・
というより「も」かも知れませんが、
まだちゃんと聴いたことのないバンドの一つですv-356
I Can't Explainの動画見ましたが、
ぱっと聴いただけでもギターが格好良いですね!
今度CDで聴いてみますv-426

あ、それと全然関係ないですがバトン回させていただきました。
お時間がありましたらよろしくです。
【2008/12/01 12:35】 URL | atomyy #46aT3DLg [ 編集]


お久しぶりです^^
私のブログにコメントして頂いてありがとうございました!!
ロジャー、ピートの衰えない御二方だけでなく、ザックも素晴らしいプレイヤーですね♪
個人的に、オープニングは「Heaven and hell」が良かったんですけどね~。。(どんだけワイト島ひきずってんだ/笑)
まぁ願い叶うはずもなく…(^^;)

ピートのジャンプ写真!!
昔と全く変わらない角度!!!!
めちゃくちゃカッコいいですねっ!!!!
【2008/12/06 20:08】 URL | 87chan #yJmgU7PM [ 編集]


>atomyyさん

お久しぶりです♪
コメントのお返事が大変遅れてしまい申し訳ありません(^^;)

THE WHOはatomyyさんにも是非聴いて頂きたいですね♪
特にキース・ムーン存命中のアルバム群は全て聴いて頂きたいですし、彼らは正しく“ライヴ・バンド”なので、過去の映像作品もご覧になり彼らのパフォーマンスの凄まじさを体感して欲しいと思いますo(^-^)o


>87chan

お久しぶりです♪
こちらこそコメントを頂きありがとうございます(^^)

基本的に容姿に変化の無いロジャーと頭は薄くなっちゃったけど(^^;)英国紳士風な佇まいと相変わらずパワフルなパフォーマンスを繰り広げるピートは本当にカッコよく、いい歳の取り方をしているなぁ~と実感しました☆

ステージ上には勿論ジョンとキースの魂を感じることが出来ましたが(ザックの素晴らしいドラミングと“My Generation”でのベース・ソロではロジャーが天からジョンが降りてきたという素振りをピノに向けていましたね)、ジョンがリード・ヴォーカルを取る“Heaven and hell”はさすがに叶わぬ願いでしたね(^^;)

この写真ではピートは思いっきりジャンプしていますが、大阪公演ではMCで「もう跳べるほど若くないんだよ。」と言い、お茶目に5センチばかり、そおーっとしてみせたそうですよ♪
【2008/12/07 09:44】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/623-bb1534b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。