ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆騒動の裏で着々と進行していました☆

2005年、オリジナル・メンバーで再結成され、新曲を含むベスト・アルバム『Red White & Crue』を伴っての大規模なツアー~来日公演も記憶に新しいバッド・ボーイズ・ロックンロールの権化 MOTLEY CRUE

MOTLEY_CRUE_2005.jpg


ここ数ヶ月はトミー・リー脱退騒動によって、「オリジナル・メンバーによるバンドはまた崩壊か」と我々ファンをヤキモキさせていましたが結局、トミーの個人マネージャーとバンドとの訴訟問題は、世間を大きく騒がせたわりには、あっさりと両者、和解の方向に向かって「この件は無かったこと」になったそうです・・・

ニッキー・シックスBURRN! 3月号のインタビューで認めたトミー脱退騒動にまで発展したバンドのお家騒動・・・結局、あれって何だったんだ
ニッキーのソロ・プロジェクトSIX:A.M.のプロモーション活動と来たるべきバンド復活への注目度をUPさせるための話題作り~バンドの巧妙な戦略だったのでしょうか

オリジナル・メンバーによるバンド復活が、ニュー・アルバム制作~発表によって本格的に展開されることはファンにとっては喜ばしいかぎりですし、この一連の騒動も彼らの真骨頂・・・彼ららしいと言えば彼ららしい話題で、バンド生来の姿やゴシップを提供したと思えばファンは納得の域に達すると思います

そして、一連の騒動で我々がヤキモキしている間に、策士ニッキーは本格的なバンド復活の計画を推し進め、しっかりと“あの4人”~オリジナル・メンバーによる新作の準備を着々と進行させ、オリジナル・メンバーとしては’97年『GENERATION SWINE』以来11年ぶりとなるニュー・アルバムを6月に発表します

motley05.jpg


~HMVレビューより

Vince Neil、Mick Mars、Nikki Sixx、Tommy Leeという、最強にして最狂のオリジナル・メンバーで復活を果たした我らがMotley Crue。

新曲3曲を収録した2枚組オールタイム・ベスト・アルバム『Red White & Crue』のリリース、さいたまスーパーアリーナで行われた来日公演、ライヴDVD『Carnival Of Sins』(廉価版とBlu-Ray)のリリース、Nikki Sixxのソロ・アルバム『The Heroin Diaries』のリリースなど・・・・・・オリジナル・ラインナップでの再始動後、話題の絶えることのなかった彼らですが、いよいよニュー・アルバムの発売が決定しました!

名盤『Dr. Feelgood』のプロデュースを手掛けたBob Rockを迎え入れた今回のニュー・アルバム『Saints Of Los Angeles』(事前の情報では『The Dirt』でしたがこちらに変更?)は、オリジナル・アルバムとしては、2000年発表の『New Tattoo』以来8年ぶり、この4人が揃った作品としては1997年発表の『Generation Swine』以来、実に11年ぶりとなる正に待望の作品!

Nikkiのブログによると、楽曲はMick Marsとの共作が多く、James Michael、Marti Fredericksen、Dj Ashbaらも参加しているとか。すでに一部がリークされているタイトル・トラック“Saints Of Los Angeles”は、“Dr. Feelgood”の興奮が蘇るような激カッチョイイ出来なのでアルバムの仕上がりにも相当の期待ができそうです!

Motley Crue-The Saints Of Los Angeles



なおニュー・アルバム『Saints Of Los Angeles』は、6月11日に日本先行で発売される予定です。初回限定盤のみ話題の高音質CD、SHM-CD仕様!さらにボーナスDVDを同梱!

また下記のカタログ作品10タイトルが紙ジャケット/SHM-CD仕様でリイシューされることも決まっています。こちらは全て限定生産ですので、お見逃しなく!


Too Fast For Love: 華麗なる激情
Shout At The Devil
Theatre Of Pain
Girls Girls Girls
Dr Feelgood
Motley Crue
Generation Swine
Supersonic & Demonic Relics
Live: Entertainment Or Death
New Tattoo

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

BURRN!の記事や各方面の既報では、アルバム・タイトルは『THE DIRT』となっており、アルバムのプロデュースを務めているのはボブ・ロックではなく、ソングライティングに加わっているジェイムズ・マイケルニッキーのプロジェクト・SIXX:A.M.を手掛け、現在のモトリー&ニッキーの重要なブレーンとなっている人物のはずですが、どちらが正しい情報なのでしょうね??
私的にはニュー・アルバムのタイトルは『THE DIRT』で決定~プロデューサーもジェイムズだと思いますけどね
こんなスタジオ風景のショットも公開されていますし、ジェイムズ本人はニュー・アルバムについて以下のように語っていますからね

TOMMY LEE&JAMES MICHAEL
tommyjames in studio


「ここ数ヶ月のあいだ、ずっとスタジオにカンヅメだったけど、Motley CrueのNewアルバムは心から素晴らしいと感じているよ。
曲は輝きを放ち、バンドのプレイは彼らのキャリアの中で最も充実し、しかも、これまで以上にロック!している。 毎朝スタジオに来ては、前夜のプレイバックを聞いてゾクゾクするくらいさ。
オレはこのレコードを誇りに思うし、あなたもきっと気に入るはずさ!」

 

そして、ニュー・アルバムについて御大ニッキーがRolling Stone誌で語ったところによると

『「THE DIRT」には、「DR. FEELGOOD」, 「GIRLS, GIRLS, GIRLS,」 そして「SHOUT AT THE DEVIL」のヴァイブがある。 ただ、付け加えて多くのユーモアもあるんだ、オレ達、笑っちゃうくらい楽しかったんだからさ。』 
 
『アルバムは仕上がった。... 長い間オレは曲を書いてきたけれど、このアルバムには不思議な何かがあるね。 アルバムの半分はそんな魔法みたいなもの、そして残りはいくつかのジャム(セッション)とロックン・ロールから生まれたんだ、クールだろ?...
オレは心の底からバンドに何かが起こりつつあるのを感じたし、曲には新たなエナジーもある。 まさにMotley Crueのダーティなロックン・ロールの復活さ。
オレ達は6月中のリリースを望んでいるけど、いずれにせよ今年はグレイトな一年になりそうだね』


motley_crue_NIKKI05.jpg


・・・とのことです

アルバムのリーダー・トラックと思われる“Saints Of Los Angeles”は30秒ほどしか聴けませんが、彼ら固有のアグレッシヴなグルーヴ感とキャッチーな要素が垣間見れ、「おっこれはカッコイイ曲かも」と素直に思わせる出来となっているので、オリジナル・メンバーとしては久々となる新作に期待したいと思います 
ニッキー&ミックがガッチリと組んでの曲作り~2人のセンス、ヘヴィなギター・リフやリズムのアイデア等、曲作りの才が枯渇していなければ大丈夫でしょうし、していたとしてもジェームズ・マイケルDJアシュバのソングライティングの才が十分に発揮されていれば(SIXX:A.M.でその才能・センスは立証済み)ニュー・アルバムに収められる楽曲は十分に魅力的なものになっていると思います
今回はミックの存在をバンドの隅に追いやるようなニッキー&トミーによる好奇心旺盛な“実験精神”を音に反映はさせず、ニッキーがニュー・アルバムを特徴付ける比喩として用いた『SHOUT AT THE DEVIL』 『GIRLS, GIRLS, GIRLS,』 『DR. FEELGOOD』 の3枚を想起させる“彼ららしい音、曲”になっていることに間違いはないと思います

シャウト・アット・ザ・デヴィル(紙ジャケット仕様)シャウト・アット・ザ・デヴィル(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る
ガールズ、ガールズ、ガールズ(紙ジャケット仕様)ガールズ、ガールズ、ガールズ(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る
ドクター・フィールグッド(紙ジャケット仕様)ドクター・フィールグッド(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


ニュー・アルバム発表に併せて国内では、旧譜10作が現在巷で話題沸騰中の高音質CD~SHM-CD・紙ジャケ仕様で再発され、またまた散財・・・そんなに買えるのかってくらいお金が掛かりそうで今から戦々恐々ですが(←ユニバーサルさん、SHM-CDによる旧譜再発の乱発、もう少し抑えて下さい・・・せめて限定仕様盤はやめて、いつでも手に入るような通常盤仕様によるSHM-CDにして下さい)久々のオリジナル・メンバーによるMOTLEY CRUEのニュー・アルバムを期待して待っていたいと思います

そして4月15日、バンドが発表する「今年最大の凄いニュース」も気になるところですが、噂される『CRUEFEST』での参加バンド及びツアーの詳細、ニュー・アルバムを含むバンドの今後の展望や大々的なワールド・ツアーの予定を彼ららしくド派手に発表してくれるとファンとしては嬉しいですね 


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 
スポンサーサイト

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/495-bc52f73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。