ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆BACK FOR THE ATTACK Part2?☆

2004年発表のアルバム『HELL TO PAY』(日本盤未発)以来、約4年振りとなるDOKKENのニュー・アルバム『LIGHTNING STRIKES AGAIN』は延期に継ぐ延期で発売が危ぶまれて?いましたが、遂に5/9に国内リリース決定となりました

DOKKEN/LIGHTNING STRIKES AGAIN

20080302230021.jpg
ライトニング・ストライクス・アゲイン / ドッケン

dokken_07.jpg


久々の国内発売となるニュー・アルバムのタイトルは、3rd『UNDER LOCK AND KEY』 収録曲の1曲が冠せられていますが、アルバムのアートワークも名作『BACK FOR THE ATTACK』を彷彿させるものとなっていますね↑↓

dokken.jpg
Back for the Attack / Dokken

前作『HELL TO PAY』は国内発売が見送られるほど?アルバム内容がよろしくないと評判だった作品ですが(ジャケもイマイチだったので私も買って聴いていません・・・だから内容について私からは何とも言えないんですけど)、ニュー・アルバムに関してはアルバム・タイトルやアートワークからも分かるように『UNDER LOCK AND KEY』『BACK FOR THE ATTACK』という彼らの’80年代黄金期の音楽性を彷彿させる作品との噂なので、とりあえずそこそこの期待感を持ってアルバム発表を待ちたいと思います 

正直言って、ジェフ・ピルソン (現FOREIGNER)までも居なくなってしまった現在のバンド・ラインナップにはあまり魅力を感じないのですが(Bは元YNGWIE MALMSTEEN~MSGバリー・スパークス)、ニュー・ギタリスト・ジョン・レヴィンは、かつてのジョージ・リンチを想わせるギター・プレイとニュー・ギター・ヒーローとしての佇まい&ルックスを兼ね備えた人物と評判になっているので、彼の個性を活かした“NEW DOKKEN”としての音楽的スタイル確立+“『UNDER LOCK AND KEY 』で展開されたキャッチーで秀逸なメロディーライン”“『BACK FOR THE ATTACK』で展開されたスリリングな緊張感と攻撃性”が一体となった作品に完成されていればと思います

とにかく、’80年代黄金期の音楽性を想わせる“彼等らしい”作品に仕上がっていることを願うばかりです


ちなみにこの作品~アートワークも『BACK FOR THE ATTACK』を彷彿させるものでした

dondokken-up.jpg
Up From the Ashes / Don Dokken

“ORIGINAL DOKKEN”崩壊後にドンが“自身のバンドなのにDOKKENと名乗れなかったバンド”として結成したバンドの最初で最後のアルバムですが、ドンの個性である哀愁漂うメロウな部分を強調した作品であり、まさに“アグレッシヴなジョージの個性を抜いたDOKKEN”のアルバムといった感じでした
本作のレビューは、かなり以前に編集途中で記事が消えてしまったこともあり今の今まで先送りとなってしまいましたが、後日改めて心機一転でアルバム・レビューをしたいと思っています


そして、DOKKENをお辞めになったかつての主要メンバー御2人の近況は・・・↓

GEORGE LYNCH
GEORGE07.jpg


Scorpion Tales Scorpion Tales
George Lynch (2008/03/18)
Cleopatra
この商品の詳細を見る


1 Here I Am(Rock You Like A Hurricane) . George Lynch & Kelly Hansen (Hurricane/Foreigner)
2 Still Lovin’ You . George Lynch & Steve Whiteman (Kix)
3 Falling In Love . George Lynch & Marq Torten (Bullet Boys)
4 Big City Nights Nights . George Lynch & Kevin Dubrow (Quiet Riot)
5 Blackout . George Lynch & Stevie Rachelle (Tuff)
6 No One Like You . George Lynch & Jizzy Pearl(Love/Hate)
7 The Zoo . George Lynch & Joe Leste (Bang Tango)
8 Steamrock Fever . George Lynch & Phil Lewis (L.A.Guns)
9 In Trance . George Lynch & Kory Clarke (Warrior Soul)
10 He’s A Woman, She’s A Man . George Lynch & John Corabi (Union)
11 Holiday . George Lynch & Paul Shortino (Rough Cutt)
12 Lovedrive . George Lynch & Taime


近年のジョージの活動はあまりパッとせず、表舞台からは遠ざかっている感もあり、自身のワーキング・ベストやセルフ・カヴァー・アルバム、様々なバンドのトリビュート盤を乱発しているような活動状況ですが、本作もSCORPIONSのトリビュート盤~カヴァー・アルバムとなっています・・・
しかし、共演なさっている方達のお名前とバンド名は懐かしいモノばかりがクレジットされているので、企画物としては十分に楽しめる内容かも

JEFF PILSON
jeff_pilson.jpg


アライヴ&ロッキン アライヴ&ロッキン
ミック・ジョーンズ、ケリー・ハンセン 他 (2008/03/26)
ユニバーサルミュージック
この商品の詳細を見る


1 Double Vision
2 Head Games
3 Dirty White Boy
4 Cold as Ice
5 Starrider
6 Feels Like the First Time
7 Urgent
8 Juke Box Hero / Whole Lotta Love
9 Hot Blooded


一時期、ドンジョージが手打ちをし、今一度黄金期のDOKKENを再興させようとする動きがあったようですが、バンドのまとめ役であり、ドンジョージの仲介役~中和剤的存在だったジェフがこの話を断固拒否・・・
長年に亘る2人の確執と関係性、そして2人の仲を取り持つ役どころに完全に嫌気が差してしまったようです
そんなジェフは現在、プロフェショナルな集団FOREIGNERのメンバーとして名を連ね、幸せな日々を送っています 
以前に元HURRICANEケリー・ハンセンが歌うFOREIGNERのライヴ盤をご紹介しましたが(勿論Bはジェフ、Dsはジェイソン・ボーナム、Gは唯一のオリジナル・メンバー・ミック・ジョーンズ)、本作もそのライヴ盤と同メンバーによるLIVE DVDです
購入後に改めてレビューしたいと思いますが、ケリーの伸びやかな歌声による現在のFOREIGNERは本当に素晴らしいと私は思っています
先月のBURRN!にも書かれていましたが、もうルー・グラムの幻影をFOREIGNERに追い求める必要は無いと思いますよ。
現在では健康状態が思わしくない為にまともに歌えなくなってしまい、容姿も変わり果てた彼がバンドに復帰することはまず有り得ませんからね・・・。
ジェフDOKKEN再興ではなく、ケリーミックと共にFOREIGNER再興~新たなバンド史を築こうと精力的に活動しているので、彼もDOKKEN復帰は有り得ないでしょうね・・・
FOREIGNERの方がバンドとしてプロ~大人ですし、世界的な成功で見てもこちらのメンバーとして名を連ねている方が“オイシイ”でしょうし

・・・かなり話が脱線してしまいましたが’80年代黄金期の音楽性が復活していると噂されるDOKKENのニュー・アルバムに皆さん期待することにしましょう
少なくとも前作よりは良いみたいだしね
ジョージジェフはバンドに居ませんが、だからこそ今後の彼らの活動において真価を問われる作品だと言えるのではないでしょうか?


Push!Push!→
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


ぁんにょんはせょ ゞ(⌒o⌒ゝ)

チャットでもDOKKENゎ話題にあがらないんで (*⌒艸⌒)
掘り下げるひろっくはんとこゎ貴重どす
...φ(..。)メモメモ

…とわゆうてもれぃこ的にゎ
LYNCH MOBに分がおます
DOKKENのメンバ~が居るっちゅう先入観抜きにしても
ラウドでノリもあって
聴かされて自然と好印象持ったバンドどす
評価ゎ最悪みたいどすけど
自分でええ思うたもんゎやっぱええ!

FOREIGNERいいですねぇ~e-265
アルバムゎ持ってへんけど
聴く機会ゎ多いです

アライヴ&ロッキン
ええ曲並んでますねぇ
…ってゆうかぁ
なんでWaiting for a Girl Like U♪やら
I Want to Know What Luv Is♪みたい
名バラ~ドが漏れてるんかなぁ ρ(-ε-。)
【2008/03/06 17:09】 URL | れぃこ #- [ 編集]


>れぃこさん

ぁんにょんはせょ ゞ(⌒o⌒ゝ)

私にとってDOKKENlはリアルタイムで聴いていたバンドなので、思い入れタップリの大事なバンドです♪
だから、もう一花咲かせて欲しい気持ちもありますし、愛しているからこそ厳しい叱咤激励?をしたくなるんですよね。

やはり若い人達?にとっては完全に過去のバンドなんですかね!?・・・(;_;)

LYNCH MOBというかジョージの評価、評判が悪かったのはヒップ・ホップ系の音楽性に迎合した時期でしょうね。
私も当然この時期のものは評価していませんし、興味本位で聴いてみましたけど、すぐに売りに出しました(^^;)

FOREIGNERは名曲の宝庫♪
ケリーの歌う現在のFOREIGNERもとても良いですよ(^-^)v
でも言われてみれば、バラードの名曲がDVDの選から漏れていますね・・・
確かにこれは残念かも(T_T)
【2008/03/06 21:50】 URL | ヒロック #- [ 編集]


まんまBACK FOR THE ATTACKなジャケですなw
コイツは気になる一枚ですな。
さて、最近音沙汰の無いジョージ兄貴ですがこの夏、LYNCH MOBとして活動すると言う話が。。。

【2008/03/08 02:16】 URL | すずか #WCSj23LI [ 編集]


ジャケ見る限りでは期待できそうですね~。
BACK FOR THE ATTACKは私の好きなアルバム
BEST10に入るアルバムなので楽しみです。

ちなみに私は、GARY MOOREの次に好きなGuitarist
がGEORGE LYNCHなので彼がいないのは非常に
さびしい。。。
DONとGEORGEの敵対する負の反作用から生まれる
スリリングな展開をもう一度聴きたいですねぇ。。。

ジョン・レヴィン・・・?
まさか「EUROPE」のベーシストじゃないで
しょうね!?@_@;
【2008/03/08 09:11】 URL | ロックシティ #jgJNn0FY [ 編集]


>すずかさん

アルバム・タイトルは3rdの1曲から、そしてジャケットは『BACK FOR THE ATTACK』まんまです(^^;)
でも2枚の良いとこ取りというか、黄金期の音楽性が復活していることを切に願い、久々に?期待して待ちたいと思います。

今年もROCKLAHOMAが7月に開催され、LYNCH MOBとして彼も出演するようですね
CINDERELLA+WARRANT+LYNCH MOBでツアーも決定しているようですし☆
リズム隊がトミー・アルドリッジ、マルコ・メンドーサというのも気になります♪
でもシンガーは相変わらずのオニー・ローガンってのがちょっとね・・・(^^;)


>ロックシティさん

アルバム・タイトル、ジャケットと共に’80年代の黄金期を彷彿させるものなので、その内容に期待したいですね☆

私も好きなアルバム・ベスト10に『BACK FOR THE ATTACK』は確実に入りますね(^-^)v
思い返せば、20年前の’87年は『BACK~』を含めて名盤が多かったなぁ~♪
ゲイリーの『WILD FRONTIER』も名盤ですしね(^-^)

ドンとジョージの関係は、シンガーvsギタリストの典型的な構図?でしたが、その緊張感ある関係がDOKKENならではケミストリーを生み、素晴らしい作品を残したと思います。
“あの4人”のよるDOKKENはいつの日か復活するのでしょうか??

ジョン・レヴィンはEUROPEのベーシストとは同名異人です・・・紛らわしいですよね(^^;)
【2008/03/08 11:00】 URL | ヒロック #- [ 編集]

うーん
私も一報を耳にしていましたが…あえて記事にはしませんでした(^^;)
オフィで視聴をしたのですが、第一印象的にはイマイチでして…もしかしたらアルバム通して聴き込めばまた違ってくるんでしょうが、掴みとしてはかなりインパクトが弱い気がしました。
ご存知かもしれませんが、ドンは併行してソロ・アルバムも製作しておりこれがアコースティック…クイーンズライチのサポートでアコ・バンドとして帯同していましたよね~。
こちらも視聴出来ますが、本当はこっちの方がやりたい事なんじゃないか??と思うと、DOKKENの方の音もちょっとは理解出来るんですがね…。

とりあえず様子見という事で、私はすぐには手を出さないつもりです(^^;)
DOKKENを愛している事には変わりないのですがね~。
【2008/03/08 14:11】 URL | まいん #- [ 編集]


>まいんさん

ジョージとジェフのいないDOKKEN・・・
優秀なコンポーザー&ケミストリーが作用しない現在のバンドがドンの主導~嗜好が大きく影響されるとなれば当然の音楽性ですよね。
DOKKENとはドンの名前を冠したバンドなので、実際には彼の嗜好・方向性こそがバンドの全てですし、当然それはソロ・アルバム然りです。

私も記事で本音をチラッと記しましたが(←そこそこの期待感を持って待つ・・・つまり私も様子見です^^;)、そんな思いを断ち切るだけの近年稀にみる会心作を是非発表して欲しいと願うばかりです。
愛してるが故に苦言を呈する時もありますが、やはり本心は華やかな表舞台に返り咲くくらいに頑張って欲しいですからね!!
【2008/03/08 22:02】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/464-a723f884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。