ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆この辺も来日公演では披露されるのでしょうか??☆

今年6月に12年振りの来日公演を行うベイ・エリア~サンフランシスコの老舗バンドY&T

YT_07.jpg


CLUB CITTA' 20th ANNIVERSARY
Y&T JAPAN TOUR 2008

【来日メンバー】
Dave Meniketti (Lead G/Lead Vo)
Phil Kennemore (B)
John Nymann (G)
Mike Vanderhule (Ds)


■6/19(木) 大阪/Shangri-La
■6/20(金) 名古屋/E.L.L.
■6/21(土) 川崎/CLUB CITTA'
■6/22(日) 川崎/CLUB CITTA'


今月20日にLIVE DVDが国内でも発売され、それを機に久々の日本公演を行う彼らですが、関東地方の公演はちょうど週末の土日公演ということもあり、3/1から一般発売されるチケットが取得出来れば私も6/21(土)の公演に参戦しようと思っています

そして本日、会社帰りに某中古店に立ち寄ったところ、彼らのこのアルバムを発見
帯び付き新品同様¥480で購入に至りました 

Y&T/Musically Incorrect

ミュージカリー・インコレクト ミュージカリー・インコレクト
Y&T (1995/09/20)
アルファレコード
この商品の詳細を見る


YT_90.jpg


Dave Meniketti (Lead G/Lead Vo)
Phil Kennemore (B)
Stef Burns (G)
Jimmy DeGrasso (Ds)



GEFFENレコード移籍後、心機一転~新たなバンドの歴史を刻もうとしたアルバム『COTAGIOUS』『TEN』の2枚を発表した彼らでしたが、思うような成果・結果を得ることは出来ずに’90年に解散・・・。
解散コンサートの模様を収めたアルバム『YESTERDAY&TODAY LIVE』を最後に彼らは一旦シーンから姿を消しますが、その後もデイヴフィルが中心となり、単発的なライヴ活動を再開
彼らを支える熱狂的なファンの後押しもあり、単発でイベント的な復活ではなく、再び本格的なY&Tというバンドとしての継続的活動を彼らは決意します
そして、日本のアルファ・レコードがレコーディングに関するアプローチをしたことによって、更にバンド復活に対する彼らの情熱が燃え上がったようです
レコーディングを終えた’95年、約5年振りとなるバンド復活作が本作『Musically Incorrect』となりました 

多くの往年のファンがオリジナル・メンバーでの再結成を望み(日本のファンだけかな?)、
復活ラインナップが解散時と同じ編成ということもあり、ニュー・アルバムで提示される音楽性に不安を抱いていたファンも居たかと思いますが(『CONTAGIOUS』『TEN』路線のLA-METAL風~煌びやかで洗練されたサウンドを想起したんでしょうが、過去に述べているようにこの2枚は名盤だと私は信じています)、アルバムのサウンドは煌びやかなキーボード等の装飾を一切排したもので、原点回帰とも言えるバンドの本質とハード・ロックの醍醐味を十分に堪能出来る素晴らしい作品です

デイヴ&ステフのアグレッシヴで研ぎ澄まされたギター・プレイが生々しく楽曲を彩り、ズッシリとボトムを支えるフィル&ジミーのタイトなリズムも鉄壁であり、古き良き時代のハード・ロック音楽の素晴らしさ~彼らの初期を彷彿させる音楽性を再確認出来る’90年代Y&Tの傑作だと私は思います 
まだ全編を一聴しただけなので、各曲ごとに詳細な解説~感想は述べられないのですが、煌びやかなサウンドで覆われた 『COTAGIOUS』『TEN』とは明らかに異なる音の作り~各プレイヤーの音・個性が十分にそのサウンドから分かるシンプルな作りであり、攻撃的とも言えるアグレッシヴなギター・プレイを主軸とした王道ハード・ロックを楽しめる復活作に相応しい作品です

デイヴ&フィルの2人を中心として作られた楽曲は彼らの本質を垣間見せる優れたものであり、
デイヴの情感豊かでエモーショナルな歌声&ギター・プレイは相変わらずの素晴らしさで、
見事なまでにY&Tの世界観を構築我々を心の底から感動させてくれます

一聴した印象ではギター・オリエンテッドなアルバムと私は感じたので、特にデイヴ・ファンにとっては、彼の生々しさを感じるアグレッシヴ&エモーショナルなギター・プレイ、レスポールならではのトーンに耳を傾けながら聴くとより一層楽しめる作品ではないかと思います

6月の来日公演で本作からの楽曲がプレイされるかは分かりませんが、彼らならではの極上ハード・ロック・サウンドが楽しめる素晴らしい作品だと私は思います 


 Push!Push!→
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

なかなか♪
このアルバム持ってましたよー♪
過去形なのは…現在所有していないからです(^^;)
「CONTAGIOUS」路線ではありませんが、ブルージーな側面も堪能出来て私は割と聴いていました♪

ますます楽しみになってきましたね☆
【2008/02/28 23:10】 URL | まいん #- [ 編集]


>まいんさん

「CONTAGIOUS」「TEN」も素晴らしいアルバムでしたが、本作は売れ線というかレコード会社からの束縛から解き放たれた作品だったので、70年代HRを想わせる彼らにしてはヘヴィな内容のアルバムだったと思います☆
ブルージーな側面も勿論堪能出来ますし、ギター・オリエンテッドなアルバムなので、単純にデイヴのギター・プレイを思う存分楽しめる作品だと思いますo(^-^)o

やはり彼らはいい曲、いい作品を各時代ごとに残していますね♪
【2008/02/29 19:37】 URL | ヒロック #- [ 編集]


こんにちは。 本日2回目のコメントです。 子供達が夫と外出しているので、Y&Tの記事にむけて準備中でーす。 といっても聴くだけですが。 ライブ盛り上がると良いですね~。あと2週間、本当にワクワクしてます。 さて、CONTAGIOUS と Musically Incorrectは持ってなかったです。 ライブには間に合わないかもしれませんが、そのうち必ず聴きたいと思います。 取り上げて頂きありがとうございます。 「IN ROCK WE TRUST」はどうでしょう? これを(”これも”でもいいから)お勧めという人はまず見つかりません(涙)。メイデンの「戦記」と一緒です(涙涙)。 やはり、一人踊るという感が否めません。 前向きなお言葉を頂ければ俄然勇気がわいてきます(笑)! このアルバムについて一番に書く予定ですので!!
【2008/06/07 13:52】 URL | rainmaker #DvM7beFQ [ 編集]


>rainmakerさん

私は最近デイヴのソロ・アルバム「MENIKETTI」を中古安価で購入したのですが、それを含めてライヴへ向けての予習復習が全く完全ではありません(汗)
このままライヴ当日となりそうな雰囲気ですが(^^;)私の場合も彼らの全作品を持ち、聴き込んでいるわけではないんですよ。
よって私が「IN ROCK WE TRUST」の魅力を語ることは出来ないので、rainmakerさんにそのお役目をお譲りします!?(^^;)

「IN ROCK WE TRUST」以降が彼ら音楽性の変化の始まり~分岐点とも言えるアルバムなので、特に日本の往年のファンからは評判がよろしくない時期~人気面で失速してしまった感がありますよね。
私の場合、完全に彼らの音楽は後追いでして、リアルタイムで聴いた(聴けた)アルバムが「CONTAGIOUS」「TEN」の2作ということで思い入れもあって以前に記事で上げたんですよね。
よって後追いで聴いて気に入った彼らの昔の名曲は「IN ROCK WE TRUST」~「DOWN FOR THE COUNT」期のものではなく、誰もが認める1st~3rd辺りだったりするのです。
しかしベスト盤で聴くかぎり往年の彼ららしくないとは言え、個人的には充実作だと思っている「CONTAGIOUS」「TEN」路線へ繋がる曲作りを行っているので、駄作・駄曲だったとは一切思っていません。
売れ線とは言え、優れた曲作りを行っていたことは事実なので、rainmakerのようにお勧めするファンは存在すると思いますよ☆
その辺の魅力をブログで語って頂ければと思います(^-^)v

メイデンの「戦記」は気軽に聴ける内容ではないので、聴く時はじっくりと作品に向き合う集中力を要しますが、あれは名盤ですよ☆
ケヴィン・シャーリーがプロデュースしたわりにはミックスが悪く音が団子状・・・音質がイマイチでとにかく長い作品であることが好印象を与えていない要因かもしれませんし、アルバム完全再現ライヴに対して不満だったファンが何だかんだ言っているんでしょう・・・(-_-)
お暇な時にメイデンの過去記事を覗いて頂ければ幸いですが、私は作品を聴き込んだせいもあり、あの時のライヴを十分に楽しめましたし、作品自体もしっかりと評価していますよo(^-^)o
【2008/06/08 17:38】 URL | ヒロック #- [ 編集]


勇気いっぱいわきました! ありがとうございました!!

>メイデンの「戦記」は気軽に聴ける内容ではないので、聴く時はじっくりと作品に向き合う集中力を要しますが、あれは名盤ですよ☆

涙涙←今度は嬉しい方です。 私も台所でBGMとして聴いていた時は、何の印象もなくスラ~ッと流れてしまってました。
【2008/06/09 06:18】 URL | rainmaker #DvM7beFQ [ 編集]


>rainmakerさん

いえいえ、そんなお礼を頂けるほどの大それたことは記していませんので・・・それに途中、呼び捨て表記になってしまっている箇所もあるので(スミマセン)なんか恐縮してしまいますね(^^;)

そちらにお邪魔して「IN ROCK WE TRUST」記事を読ませてもらいコメントも差し上げましたが、rainmakerさんのようにお感じになっている隠れファン?の方は多いと思いますし、そんな彼らの真の魅力を理解するファンが間近に迫った来日公演にも多く集まってくれると嬉しいですよね♪

「戦記」は非常にプログレッシヴな内容なので、1曲1曲の魅力とアルバム全体の魅力を十分に理解するには集中力を要する作品ですが、私も初めはスラ~ッと流しながら聴いていまして(^^;)その回数を増すごとに作品の奥深さを理解したという感じなんですよ♪
長い作品ということもあって、聴かず嫌い~難解と感じたファンが多かったかもしれませんね。
個人的には音質がイマイチ~音の分離が悪いアルバムと感じているので、その辺が改善されていればまた印象が変わる彼らならではの名盤だと思っています☆
【2008/06/09 23:29】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/459-d957f879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。