ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆本日の購入品♪☆

3連休最後となった本日、近場のdisk unionで久々に中古品を物色 
以下の2作品を購入しました

Y&T/best of '81 to '85

ベスト・オブ’81トゥ’85 ベスト・オブ’81トゥ’85
Y&T (1995/05/01)
ポリドール
この商品の詳細を見る


YT_85.jpg


Y&T/CONTAGIOUS

Contagious Contagious
Y&T (1996/03/19)
Geffen
この商品の詳細を見る
 
 
yt_contagious_87.jpg


最近『POWER ROCK TODAY』で流れたこのニュースが非常に気になっていたので、まさにベストタイミングによる中古品購入となりました

「今年も'80sクラシック・メタル・ブームは続く
2月にライヴDVDの日本盤を発売するY&Tが、
さかんに来日公演をオファー!
実現すれば約12年振りだが・・・・・・。」
 


’80年代にHR/HMを聴き始めた年代にとっては外せない、サンフランシスコ出身の叙情性豊かで哀愁を帯びたメロディが素晴らしい老舗バンドY&T (’70年代はYESTERDAY&TODAYの名で2枚のアルバムを発表

彼らを好きな日本の往年のファンはまだまだ存在し、確か’80年代当時は熱いライヴ・パフォーマンスで日本のファンのハートをガッチリと掴み、アルバム『IN ROCK WE TRUST』のジャケに登場するロボットと共に「夜のヒットスタジオ」(懐かしい)にも出演した記憶が残っています
きっと、会場規模はそれなりのハコになると思いますが、来れば往年のファンが多数詰め掛けると思うのでどこぞのプロモーターさん、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m
GARY MOOREと並ぶデイヴ・メニケッティの人間国宝級の哀愁を帯びた泣きのギター・プレイと情感豊かな表現力による熱いヴォーカル、是非とも生で体験したいものです

今回はY&Tの良き時代、往年のファンがバンド本来の真骨頂として認めるA&M時代のベストと、
バンドが大きく生まれ変わったGEFFEN移籍後のアルバムを購入した訳ですが、アルバム『CONTAGIOUS』は発表当時おもいっきり叩かれた作品で、彼らに見切りをつけたファンは多く存在し、バンドは急激に失速して行きました・・・確か次作『TEN』とその後のライヴ・アルバムで一時解散してしまったと記憶しています・・・。
A&M時代後期に十分なサポートを得られなかったことがGEFFEN移籍に繋がったと思いますが、
アルバム発表の’87年は折りしもHR/HMブーム・・・LA-METALの洗礼を受けた華やかで煌びやかなビジュアルとライトなサウンドがシーンを賑わせていました
彼らも更なる成功を求めて悪く言えば時代に迎合した形・・・バンド改革を施し、ビジュアルは小奇麗にサウンドもライトなLA-METAL風に変貌していました・・・。
GEFFENと言えば当時はWHITESNAKEAEROSMITHを再生、大成功へと導いた敏腕A&Rの
ジョン・カロドナーが権勢を振るっていたので?売れる音、売れるビジュアルにバンドが改善されたのは当然と言えば当然ですが、その軽いサウンドとビジュアル面で難ありと判断され切られたドラマー、レオナード・ヘイズの件(ジミー・デグラッソ加入)に関してはかなり叩かれました・・・。
髭面だったサイド・ギターのジョーイ・アルヴェスも小奇麗にルックス改善が施されましたが、結局は脱退・・・ステフ・バーンズが加入と往年のファンからすると納得の行かないメンバー・チェンジとサウンド、ビジュアルの変化が衝撃の出来事だったと思います。

・・・しかし、私はアルバム『CONTAGIOUS』がとても好きだったりします
確かにそのサウンドは軽く煌びやかな感じで、M-4“THE KIDS GOES CRAZY”なんてモロに
VAN HALEN “HOT FOR TEACHER”風なんですが(これに閉口するファン多いだろうな・・・)、
叙情的なメロディーとデイヴの情感豊かな熱いヴォーカル、哀愁を帯びた泣きのギターを随所に散りばめた構成は十分に完成度が高いアルバムだと思います
しっかりと泣きのギターを堪能するためのインスト曲、M-10“I'LL CRY FOR YOU”も収められているので、サウンドは軽いながらも十分にアルバム全体で聴き応えある作品だと思います
昔からのファンの方々には邪道と思われるでしょうが、私もLA-METALの洗礼を浴びた人間なので、当時は単純に曲の良さに惹かれてこのアルバムを聴いていましたし、久々に手にとって聴いた今回の印象も悪いものではありませんでした 楽曲充実の良いアルバムだと再認識した次第です
仮に再来日決定となっても、このアルバムからの楽曲は披露されずに封印・・・バンドの歴史上では抹消されてしまう作品かもしれませんが、楽曲充実、デイヴの熱いヴォーカルと叙情性豊かなメロディ、哀愁のギターは十分に堪能出来る作品なので、来日祈願を機に再評価をして頂ければと願う彼らが残した作品群の中の1つだと思います


Push!Push!→    
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


ぁんにょんはせょ ゞ(⌒o⌒ゝ)

チャットでY&T好きなお人が居るんで
何曲かお気にもあります (人-з・)
哀愁のForever♪やら
ぽっぷなSummertime Girl♪
これいっちゃん好き

復活したんですねっ!
チャットねたに頂ま~す (*⌒艸⌒)
【2008/01/14 17:01】 URL | れぃこ #- [ 編集]

祈・再来日♪
まさにおっしゃる通り、今もって楽曲の良さが光るアルバムだと私も思っております(^^)
当時の状況からバッシング&過小評価されても仕方ない作品となりましたが、そういうものを全て差し引いても魅力的なアルバムですし、もし再来日が実現となって封印される事になっても、それに有り余る楽曲の宝庫が存在してますからね♪

私にとって、彼らはライヴを見たいバンドの1つでもあったりしますので(^^)

ヒロックさんも風邪が長引いていたんですね~。
私もしっかり体力回復させて、当時に備えたいと思っております♪
【2008/01/14 17:02】 URL | まいん #- [ 編集]

☆コメントありがとうございます♪
>れぃこさん

ぁんにょんはせょ ゞ(⌒o⌒ゝ)

さすがは幅広い人脈をお持ちの!?れぃこさん♪
Y&Tでコメントを頂けるなんて嬉しいことですし、しっかりと名曲のツボもご存知ですね♪♪
“Summertime Girl”はポップな方向性へと移行期の曲なんで今回紹介しているアルバム『COTAGIOUS』も気に入ると思いますよ☆
機会があれば聴いて欲しいアルバム、再評価をして欲しい作品です(^-^)v

オリジナル・メンバーは2人だけですが現在も精力的に活動中のようです☆
祈・再来日です!! o(^-^)o


>まいんさん

現在も『CONTAGIOUS』を聴きながらコメントを書いていますが、本当に楽曲の良さが光るいいアルバムですよね(^-^)
バンドの在り方というか方向性の転換は様々なバッシングを生みましたが、基本的に彼らの作品に駄作は存在しないと思います☆
彼らのようなバンド~デイヴの才能にはもっと、もっと評価を与えて欲しいですし、そのためにも是非とも再来日を実現させて貰いたいです!!

まいんさんのお風邪が長引いていたことは知っていて心配していたんですが、実は私もかなり完治せずに長引いていました(>_<;)
しかし、この連休で喉の痛みも治まり、咳も静まった感じです。
お互いにメイデンのライヴまで十分に体調を整えておきましょうp(^-^)q
なんか今週はかなり寒い日が続く感じなので、油断は大敵ですし!!
【2008/01/14 22:21】 URL | ヒロック #- [ 編集]

contagious
おはようございます!
ご想像がつくかもしれない巡回先(official,unofficial等々)を廻っているうちに、タイムリミットで自分のブログに手をかけられない日々が続いております(笑)。 他にも聴いているのあるのですが。

Contagious、初めはきつかってです(告白)。LA+デフレパード的。 しばらく寝かせておきました。 でもライブの後あらためて聴くと、一聴目からすーっと染み込んできて不思議です。

>叙情的なメロディーとデイヴの情感豊かな熱いヴォーカル、哀愁を帯びた泣きのギターを随所に散りばめた構成は十分に完成度が高いアルバムだと思います

同感です~! 全部好きですが、たった今聴いているTemptation,染みるな~。

【2008/06/30 06:01】 URL | rainmaker #DvM7beFQ [ 編集]


>rainmakerさん

まだまだあの完璧なる来日公演の興奮と感動の余韻に浸っておられるようですねo(^-^)o

私の場合、本格的にアルバム単位で彼らの音楽に触れたのは『CONTAGIOUS』だったので、真正ファンとは違った思い入れがこの作品にあったりするんですよね♪
“らしくない”と感じられる曲は確かに存在しますが、単純に楽曲の良さが光るアルバムだと思いますし、“デイヴらしさ~Y&Tらしさ”も随所に感じられる魅力的で完成度の高いアルバムだと私は信じています(^-^)/

“あちらの写真”も拝見しましたよ(^-^)v
感動の演奏に酔いしれたライヴを含めて、正に至福の時~夢のようなお時間を過ごされたんですねo(^-^)o
ファン思いの彼らの姿勢も素晴らしいですし、そんな彼らと間近に触れ合うことが出来て本当に良かったですね♪
【2008/07/01 00:23】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/434-2c12b82d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。