ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆初期の2枚、復刻ですPt.2☆

はい、今日はPRETTY MAIDSの続きです 

PRETTY MAIDS/FUTURE WORLD ('87)

20070726231152.jpg


JUMP THE GUN ('90)

20070726231223.jpg


前回の記事ですずかさんから頂いたコメントのとおり、1st「RED,HOT AND HEAVY」からの初期3作って、中古でなかなか見つからないんですよね
今回の新宿CD探訪でこの2枚を幸いにしてやっと手に入れた訳ですが、やはり初期の作品の方が人気があってファンも作品に対する思い入れが強いんでしょうかね
私も昔を思い出して「また聴きたいな」と強い衝動に駆られて今回の購入に至った訳ですが、
久々にこの2作を聴いて「いいものいい」と改めて実感しました 

「FUTURE WORLD」から「JUMP THE GUN」って3年もインターバルが空いていて、念入りなプロダクションや曲作り、それにメンバー・チェンジやドラマーの事故等の諸事情も絡んでいるわけですが、
何故か私にとってはこの2枚が「2枚で1組~彼らの硬軟の個性が上手く出た素晴らしい内容の連作」という感覚があるのです
ジャケットのイメージ2作に共通するアメリカでの成功を意識した音作り勢いを感じる若々しさがそうさせるのでしょうけど、とにかくそんなイメージが思い浮かぶ2作なんです、私にとっては。 
だから買い直しの時は絶対に2枚同時に購入し、連続してまた聴きたいなぁ~と思っていたので、今回の探訪で2作一緒に見つけられたことは本当に良かったと思います

輸入盤のカタログではまだ生き残っているようなので新品で買えば済むことなのでしょうけど、本当に私の周りでは初期の作品の中古、出回っていませんよ
皆さんの周りの中古屋さんはどうですか?
90年代から最新作に至るまでの作品は多く見つかってしまうんですけどね・・・ 
なんか認めたくない悲しい現実かも・・・

先日の記事では久し振りに聴いたせいか「FUTURE WORLD」に関して、キーボードの音色がかなり煌びやかで音の作りもアメリカでの成功を意識したものだな・・・なんて表現しましたけど、この頃の彼らの編成はギターが2本にキーボードも含む6人編成
大幅なメンバー・チェンジによる「SIN-DECADE」以降の4人編成のイメージがあまりにも強くなってしまっていたんですが、彼らの音楽性の本質は独自の様式美サウンドと表現してもいい、パワフルでありながらメロディアス~ドラマティックな音楽性の正統派HR/HMバンドなんですよね
よってキーボードが効果的にバンドのサウンド、曲を演出することは当然のことだったんですよね

そして先日の「FUTURE WORLD」ではハードでヘヴィな曲とポップで親しみやすい曲の2本柱で構成されていると言いましたが、これこそこのバンドの本質でもあるんですよね
ニュー・アルバムに伴う最新インタビューでは、ヘヴィな曲とAOR的なメロディの曲という2面性がバンドの個性であると語っていますが、正しくそのとおりで硬軟の妙をアルバムで味わえ、それがバンドの最大の個性となっていると思います
「FUTURE WORLD」~「JUMP THE GUN」は彼らがアメリカでの成功を1番意識していた時期であり、アメリカナイズされた音作りとそれに伴うワールド・ワイドな活動を展開していた頃ですが、
その2面性による音楽性~パワフルでスリリングな独自の様式美サウンドエモーショナルで優れたメロディ・センスによるポップ感はまさにこの2枚で顕著であり、多くのリスナーがこの時期の彼らに魅力を感じファンになったと思います。私もそんな1人です

前回の記事で私もアメリカナイズな面を強調してしまいましたが、バンド最初期のファンからするとそんな音作り~アメリカへの迎合が“否”だったりして、いい曲ばかり収められているにも係わらずこの2枚に低評価を与えているファンもいますけどね・・・

結局この2枚のアルバムによってアメリカでの成功は収められなかったわけですが、主戦場をアメリカには定めない活動と曲作りによって、よりバンドのコアな部分を自然な形で表現~素のバンドの在り方を素晴らしい楽曲と“例のカヴァー”によって構成された傑作「SIN-DECADE」が誕生する訳ですね

近年の彼らの作品はまるで聴いてないので私のような者が彼らのことを偉そうには語れないし、的を得ている表現と評価は与えていないと思いますが、とにかく活気のあった80年代HR/HMシーンにおいて彼らの存在は外せないでしすし、当時のことを振り返ると思い入れのあるバンドです

この2枚は若さ溢れる彼らが残した「いい曲が揃ったいいアルバム」と単純に思えるもの
初期の作品も国内盤で復活し、多くの人に聴いてもらいたいですね

スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


ヒロックさんの記事を読んで、久々に3枚を聴きました^^
う~ん、やっぱり私は「RED,HOT AND HEAVY」が
この中では一番好きですね。みんな好きなんです
けど、このアルバムでは「メタリカ方面(昔の)
に行くのか、ハードPOP方面に行くのか」とい
う面白さみたいなものを感じたんですよね^^
【2007/07/30 22:46】 URL | ロックシティ #- [ 編集]


Future World最初の
ギタ~とキ~ボ~ドの絡みがかっこぇぇ超劇的

Attentionの最初の
迫力のドラムも好きやしぃ
Please Don't Leave me
いっちゃん好きやけど
他にもぇぇ曲見っかりそぅどす
【2007/07/31 14:43】 URL | れぃこ #- [ 編集]

お久し振り?です
実家にて休息十分、体力復活致しました♪
で、お邪魔してみましたら…メイドさん達のレビューが立て続け!嬉しい限りです~。

正直バンドに対する愛情はかなりなものと自負しておりますが(^^;)、ヒロックさんのレビューはいつも丁寧で間違いがないので(偉そうにすみません~)魅力が十分伝わってファン冥利に尽きます(^^)

彼らの最初のターニング・ポイントとなった「Future World」ですが、ヨーロッパで根強いコアなファンにもそこそこ受け入れられてはいたのです…むしろ「Jump The Gun」の方が大きく作った割には魅力不十分な所がありましたから、ちょっと厳しかったかもしれませんね。
しかもロニー&ケンのDEEP PURPLE熱がかなり強かったのと、アメリカでMTVを巻き込んだHR/HMブームの時期だったので、ちょっと方向を見失いがちだったように映りました。
と、当時話題性の割に過小評価だったこのアルバム、私もあまり聴かなかったのですが、後年ライヴで披露されてから改めて悪くなかったかな、と思ったりしました♪

「Jump The Gun」はブックオフでもありましたね~。
好きなバンドだと、持ってても全部買いたくなったりして(^^;)←配って歩きたい位です~
【2007/07/31 15:20】 URL | ふぇあ #- [ 編集]

☆コメントありがとうございます♪
>ロックシティさん

度々のコメントありがとうございます♪
久々に初期の3枚を楽しまれたようですね(^-^)

私のレビューは感情先走りだったり的が外れてしまうものばかりなので(^^;)ロックシティさんとふぇあさんのような筋金入り!?のファンの方が的確に彼らの魅力を伝えてくれると非常に助かります☆
ロックシティさんのコメントにより、1stがどんなアルバムであるか興味を持った方もいると思いますよo(^-^)o

1stはまだ復刻していないので、復刻次第私なりのレビューを書きたいと思います(^-^)v


>れぃこさん

選挙も終わりましたが、少しは落ち着かれましたか?
マイペースでまた楽しい記事をUPしてくれればと思っていますp(^-^)q

彼らに関しては初期の頃しか私の知識でご紹介出来ないんですけど、いい曲が沢山あるいいバンドですよ☆
他のいい曲も探索してもらって、彼らの魅力がれぃこさんに分かってもらえるとととても嬉しいですね(^-^)v


>ふぇあさん

十分な休養を取られたようですねp(^-^)q

今回の記事では「JUMP THE GUN」を詳細にレビューするつもりでしたが、いつものとおり!?話が脱線してしまい感情論ばかりになってしまいました・・・本当ならDEEP PURPLE絡みのことを触れてレビューするべきだったんですが、ご覧のとおりです(^^;)
しかしその辺の所を含めて、ふぇあさんが詳細且つ的確にコメントしてくれたので非常に助かりました!!
皆さん、参考にして下さい!!
本当にありがとうございますo(^-^)o

ふぇあさんのPRETTY MAIDSに対する愛情はとてもじゃないですけど私には敵いませんね!!(^^;)

私のような初期しか聴いていない人間が言うのもなんですが、CDを配って歩きたくなるほどに!?現在の彼らを応援、盛り上げていきたいですね☆
【2007/07/31 22:58】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/328-f2c0aa03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。