ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆必聴です!!NOCTURNAL RITES/The 8th Sin☆

先日、LYNCH MOBの中古と一緒に買ったバンドの新譜はこれです

NOCTURNAL RITES/The 8th Sin

20070617231238.jpg


1 Call Out To The World
2 Never Again
3 Not The Only
4 Tell Me
5 Not Like You
6 Leave Me Alone
7 Till I Come Alive
8 Strong Enough
9 Me
10 Coming Home (Bonus Track For Japan)
11 Pain & Pleasure
12 Fools Parade


20070617231524.jpg


Jonny Lindqkvist (Vo)
Nils Norberg (G)
Fredrik Mannberg (G)
Nils Eriksson (B)
Owe Lingvall (Ds)


’90年結成、’95年デビューのスウェーデン出身のバンドで、既にデビューから10年を越える
ベテラン・バンドと呼べる彼らですが、私は今回初めて彼らの音を聴きました
彼らの過去の音、彼らが本作に至るまでどのような音楽遍歴を経たかは全く分かりませんが、
本作を聴き終えての率直な感想は、

HR/HMの魅力満載の良いバンド、良い作品だ!!

ということです

今月のBURRN!のレビューにあるとおり、頭2曲でツカミはOKってな感じで、この作品が素晴らしい内容であることが把握出来てしまうんですよね
彼らの魅力、評判は耳にしていたので前から購入は決めていましたが、disk unionで発売日当日にスタッフのおススメみたいな感じで曲が流れていて、初めはそれが彼らのニュー・アルバムだとは知らずに聴き入っていたのですが、とても惹かれるものがあり、“Now Playing”のディスプレイを見てみると本作のジャケットが飾られていました
結果はお分かりのとおり、LYNCH MOBの中古と共に本作を持ってレジへと急ぎました
要は噂どおりの評判が自分の中で確信へと変わったということです

彼らはメロディック・パワー・メタルだの、北欧メタルだのとカテゴリーされていますが、そんな範疇で括られる~語られるバンドでは最早ないと私は思います
硬質なリフの応酬、哀愁たっぷりで扇情的なメロディ、それを情感たっぷりに表現するヴォーカルとクラシカル・フレーバー満載でモダンなテクニックも導入したギター、バンドの屋台骨であるリズム隊はヘヴィなボトムを支え、ドラムは曲、バンドに疾走感を与えます
叙情的なメロディ、硬質感、スピード感、ヘヴィなボトム、巧いヴォーカルにギター・・・
これって正統派HR/HMの普遍的な魅力を全て兼ね備えているってことじゃないですか?
こんな普遍的な魅力満載のアルバムを聴いて「ダメ!」と感じる人は、HR/HMの世界へは入れないでしょうね。
しかし、HM/HRに興味を抱いている方に私はこのアルバムを“入り口”として自信を持って薦められますね
そのくらい、このアルバムには「HR/HMとは何たるか?」の答えを見出せる魅力が詰まっています

彼らの高い才能はバンド自身が行なっているプロダクション~構築美からも窺い知れ、全12曲~
45分弱の作品の起承転結は完璧なものと言えます。
捨て曲は一切ナシの名曲ばかり パワフルなバンドの姿と極上のメロディ、色取り取りのキーボードの音色が更に曲を重厚にドラマティックに演出します
デビューからアルバム毎にメンバー・チェンジを行なってきたバンドのようですが、近年は現ラインナップに固定~バンドとして完成したからこそこれだけの作品を生み出せた訳ですが、Voのジョニーの力量は賞賛に値すると思います
彼のエモーショナルな熱唱は素晴らしく、バンドとして初の試み?となるバラード“Me”での息遣いまでも伝わるヴォーカルは本当に感動的です
巧くなくちゃピアノだけのバックで歌えないもんね   

本作を聴き終え、私はこれから彼らの音の軌跡を後追いする訳ですが、本作が彼らにとっての
最高傑作であることは間違いない事実であり、’07年及びHR/HM史上にまた1つ名盤が誕生したと言っても過言ではないと思います

あとは彼らのライヴが観たいですね
アルバム・レビューは中身の伴わない賞賛の嵐で終始してしまいましたが、ライヴを観ることにより彼らへの真の評価を下したいと私は思っています

彼らのような正統派HR/HMバンドが注目~成功してくれると間口も広がり、HR/HMの未来も明るいんですけどね


スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


ぁんにょんはせょ ゞ(⌒o⌒ゝ)

まぁ選挙が終ゎれば
以前のよぅにゆとりの時間もでける思ぅんで
気ぃ長ぅ待っとくれゃす(*⌒艸⌒)
ってゆぅかぁ
ぉ人のブログ観覧する方がぉ勉強なるすぃ
れぃこゎつっこみん方が
向ぃてるんかなぁって (´。` ) =3

れぃこの場合スウェ~デンゃと
ArchEnemyゃらInFlamesxゃらDARK TRANQUILLITY
好きなバンドぎょおさん居るけど
NOCTURNAL RITES系ゎ全然聴ぃたことのぅて
ハイト~ン嫌ぃで
この手のバンドゎ聴ぃてへんかったけど
ヒロックはん紹介してくれはった中で
ジェフテイトの声が中毒になりそな気配なんで
この手のバンドにも
興味出てくる思ぅんどす

ほんでNOCTURNAL RITES
YouTube観てみたけど
ヴォ~カル力強ぃしぃ
そこそこ重ぃしぃ
少なくともSonata Arcticaよか
数倍よかったぇ v-217
【2007/06/22 13:48】 URL | れぃこ #- [ 編集]

ありがとうございます!
って、私がお礼言う事でもないんですが(^^;)
私の記事よりもNocの魅力を数倍伝えてると思いますよ!
おっしゃる通り、これは私の中でもNoc史上いちばんの傑作である事は間違いないと…一聴してすぐ思ったのですがあまりに出来が良かったので、かえって不安になった位です。
初セルフ・プロデュースというのも多少不安ではあったのですが、聴いた途端そんな事はどこかへ飛んじゃいました♪
自身の記事で素直に喜べなかったのは、コマーシャルと取られてコアなファンに敬遠されるのでは?と思ったせいで…でも間口を広げる貴重な1枚になって欲しいし、ロックが好きであれば無条件で気に入るアルバムだと確信しています。
私がNocにハマるきっかけとなった前作も、是非ヒロックさんの感想をお聞きしたいですね!

そしてそして…秋の欧ツアーの後に来日してくれる事を、切に願っている私です♪
【2007/06/22 14:43】 URL | ふぇあ #- [ 編集]

あらあら^^;
私が自分で褒めすぎたと思っていたら、ヒロックさんはその10倍以上褒めチギってますね^^;
私は、3rdの「Sacred tarisman」(だったかな?^^;)で初めてノクタに出会いました。
この時にタダ者ではない感じがしましたが、全作集めるというところまでにはいきませんでした。
今回のこのアルバムで、聴いてないアルバムソッコー聴かなきゃ!と思いましたよ。お財布と相談ですが・・・^^;
【2007/06/22 21:03】 URL | ロックシティ #- [ 編集]

皆さん、コメントありがとうございます☆
>れぃこさん

ぁんにょんはせょ ゞ(⌒o⌒ゝ)
お仕事共々大変でしょうが頑張って下さいねp(^-^)q
もうしばらく忙しい期間が続きそうですが、れぃこさんの楽しいブログUPも期待していますので♪
そして、暇な時はいつもどおり遊びに来てコメントを寄せてくれると嬉しいです(^-^)

れぃこさんはヘヴィ&ラウド系に明るいし、お好みでもありますが、ノクタの新譜はHR/HMの魅力満載のアルバムなので気に入ってくれると幸いです(^-^)v
私もこれから彼らの歴史を沿ってみるので、また彼らの作品をご紹介出来ればと思っているのでヨロシク☆


>ふぇあさん

なんとかノクタのレビューUPしましたが、私の方が感情先走りのレビューだと思いますよ(^^;)
彼らの音は今回が初体験でしたが、素直に純粋に「いい!!」と思う気持ちを書き綴ってみただけなのでお褒めいただいて恐縮している次第です(*>_<*)
私も彼らの成長の過程を知っていたら、ふぇあさんと同じようなレビューになっていたかもしれませんよ。
彼らの軌跡を知っているふぇあさんだからこそのレビューだと思いましたし、仰るとおり、時に“コマーシャリズム”という表現~進化がコアなファンから誤解を招く場合はありますよね。
バンドとして良い進化を経ているにも係わらず・・・
しかし、このアルバムはHR/HMの魅力満載の傑作なので多くの人が気に入ると断言出来ますし、間口を広げる1枚となると信じていますo(^-^)o
前作も近いうちに購入しレビューをUPしたいと思うので、もう少しお待ち下さいね☆

もしかすると次回のライブ遭遇はノクタでのライヴになるかもしれませんね♪
祈・来日公演ですねo(^-^)o


>ロックシティさん

褒めちぎりで終始させていただきました(^^;)
購入してから毎日のように聴いていますよ♪
そのくらい私の好みの音楽がこのアルバムでは聴かれるし、彼らのバンドとしての魅力~HR/HMの魅力が満載の傑作だと思います☆
私も彼らの過去の作品を財布の中身と相談しながら(^^;)購入していきたいと思っています!!
そして過去の作品も感じたことを自分なりの表現で綴れたらと思っています(^-^)v
【2007/06/23 17:54】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/298-95a47afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。