ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆YES「CLOSE TO THE EDGE~危機」☆

来年、結成40周年のアニヴァーサリー・イヤーを迎えるプログレ界・ロック界の重鎮バンドYES

yes-2003.jpg


名作「FRAGILE~こわれもの」に続き、黄金期メンバーによって’72年に発表されたアルバムは、
バンド史~プログレ史~ロック史に残る傑作アルバムとなりました

YES/CLOSE TO THE EDGE~危機

20070613200947.jpg


1 Close To The Edge
Ⅰ.The Solid Time Of Change
Ⅱ.Total Mass Retain
Ⅲ.I Get Up I Get Down
Ⅳ.Seasons Of Man
2 And You And I
Ⅰ.Cord Of Life
Ⅱ.Eclipse
Ⅲ.The Preacher The Teacher
Ⅳ.Apocalypse
3 Siberian Khatru

BONUS TRACKS
4 America (Single Version)
5 Total Mass Retain - (Single Version)
6 And You And I (Previously Unreleased, Alternate Version)
Ⅰ.Cord Of Life
Ⅱ.Eclipse
Ⅲ.The Preacher The Teacher
Ⅳ.Apocalypse
7 Siberia - (Studio Run-Through Of Siberian Khatru)

~EXPANDED&REMASTERED~

20070613201448.jpg


Jon Anderson(Vo)
Steve Howe(G)
Chris Squire(B)
Bill Bruford(Ds)
Rick Wakeman(Key)


リックを迎えて2枚目となる作品ですが、緻密な構築美と緊張感が素晴らしい全3曲からなるアルバムです
アルバム・タイトル曲“Close To The Edge”は18分に及ぶ大曲ですが、全くダレルことなく緊張感を持続し、4つの楽章からなる緻密な構築美が素晴らしい彼らを代表する名曲です
4つのパートから曲が構成されているように、実際には別々の楽曲が組曲になって構築された大曲ですが、それぞれのメンバーの個性、バンドの個性であるヴォーカル・ハーモニーとポップさ、緊張感を与えるバンドの演奏技術の高さとロック的展開、そして壮大なシンフォニックな響きが全て融合されたバンドの最高傑作と呼べる楽曲です
離合集散を繰り返すYESは多くの作品を残しているので、出会った時期によって思い入れも変わるバンドだと思いますが(80年代から洋楽を聴き始めた私は当然90125YES“ロンリー・ハート”が彼らとの出会い)、このアルバム以降のバンドの指針~大作の原点がこの曲であり、シンフォニックな大作の名曲~YESの代表曲と言えばこの曲と言える傑作が“CLOSE TO THE EDGE~危機”だと思います
YESというバンドが何たるかを知るのにこの名曲は聴くべきだし、これ1曲を聴くために(3曲しか入ってないけど)この名作は“買い”だと思います

“You And I~同志”も4つのパートからなる10分に及ぶ長尺曲ですが、スティーヴリックの多彩なギター・プレイ&キーボード・プレイによって曲が彩られ、ジョンの澄み切ったヴォーカルと相俟うことにより美しくも壮大な曲となっています

“Siberian Khatru”は数々のツアーでオープニングを飾ってきたスリリングなナンバーですが、
この曲もメンバー1人1人の見せ場~個性を遺憾無く発揮した強力な曲です
YESはライヴにおいて完璧なるスタジオ録音の再現を忠実に行なっていますが、この曲はライヴで演奏された方が栄えるし、後半のインスト・パートでの即興部分(特にスティーヴの即興)はとてもスリリングでどの時代のライヴでも聴き入ってしまいます
スティーヴリックの掛け合いも素晴らしいですが、クリスのゴリゴリなリード・ベース的フレーズも素晴らしく、YESのバンマスとして存在する彼は常に曲とバンドの演奏を先導者として導きます
YESのライヴで多少の即興を挿みつつも大きく曲が破綻しないのはクリスの存在があってこそだと思います

緻密で完璧な構築美を築いたYESですが、遠大なレコーディング・セッションと完璧を求められる窮屈さからドラムのビルが脱退・・・元々フリー・フォームなジャズ的アプローチを好んでいた彼は“自由な演奏”ができるKING CRIMSONに惹かれ、自ら売り込んでクリムゾンに加入します

同じく3曲入りのアルバム「RELAYER」の攻撃的緊張感も私は好きなんですが、YESを聴きたくなるとこのアルバムを多く手に取っています
何度聴いても飽きませんし、聴く度に完璧なる構築美の素晴らしさと緊張感を味わえる名作です
’00年~’01年のツアーでは“危機”を含む大作が多く演奏されましたが、35周年ツアーで“危機”は披露されず・・・来年以降YESがツアーで復活するのであれば是非ともこの曲をセット・リストに加えてもらいたいものです
そして必ず黄金期のメンバーで再来日し、私を含めた日本の聴衆の前でYESの最高傑作を披露してほしいです





スポンサーサイト

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


これは三曲とも、一瞬の隙もない超名盤ですね。

高校時代、危機のイントロで衝撃を思い出しました。
【2007/06/14 19:49】 URL | ガブリエル #NkOZRVVI [ 編集]


>ガブリエルさん

私も“危機”のイントロには衝撃を受け、何とも言えない感情の昂りを覚えましたね。
YESとは何たるか?という疑問にズバリ答えてくれるのがこの超名盤だと思います。
【2007/06/14 22:30】 URL | ヒロック #- [ 編集]


ずいぶん前の記事にコメントしてしまって、申し訳ないのですが(汗)
私はプログレって、YESから入ったので思い入れが凄くあるんですよね。

大体、プログレ系って何度か聴いてから良さが分かるものが多いのですが、このYESの「危機」とUKの「デンジャーマネー」EL&P「タルカス」なんかは一発でストライクゾーンに来ましたw

「危機」の話に戻りますと、確かビルはこのアルバムのレコーディングで「めちゃくちゃ時間が掛かる」という理由もあって、それで苛立って辞めたらしいですね(^^;
しかも、初期の頃からずっとそうですけどYESってツアーに出る前にリハにとんでもなく時間を掛けるから、「こわれもの」の時からイライラしていたとかw
まあ、でもこれだけ凝った曲をレコーディングしたり、ライブで再現するのだからそれくらいはやらないといけないのかもしれません。
・・・いかん。
YESのことを書くと、終わらないのでw
この辺にしておきます(^^;

それと、このリマスター盤は私持っていないんですけど
ボーナストラックがなかなか魅力がありますね。
(特に7曲目が気になる・・・)
購入を検討してみます。
【2007/09/10 01:59】 URL | B.OUT #- [ 編集]


>B.OUTさん

いえいえ、古い記事であってもコメントを寄せてくれるのはとてもありがたい事ですよo(^-^)o

YES以外のプログレ・バンドも紹介したいのですが、未だに達成出来ていませんね(^^;)
私もUK,EL&Pはストライク・ゾーンですよ☆

即興的な演奏を望むビルとしては、完璧なリハーサルと細切れに近い感じのレコーディングは苦痛だったと思います。
よってYESを脱退~クリムゾンに加入したわけですからね。

このリマスター盤は現在、国内盤は廃盤になっているかもしれませんが、輸入盤ではまだ生きているのでチェックする価値はあると思いますよ☆

【2007/09/10 23:33】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/294-031cdf74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。