ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽バンド?~JOURNEY2005~「GENERATIONS」☆

JOURNEYと言えば、世界的な成功を収めた「ESCAPE」「FRONTIERS」を生んだこのラインナップを、殆どの方が思い浮かべると思います

JOURNEY.jpg


Steve Perry(Vo)
Neal Schon(G)
Jonathan Cain(Key)
Ross Valory(B)
Steve Smith(Ds)


’86年「RAISED ON RADIO」発表時にはロススティーヴ・スミスが脱退し、
リズム隊はセッション・ミュージシャン~スティーヴ・ペリーを中心としたプロジェクト・バンドのように
なった彼らですが、ペリーニールの確執によりバンドは活動停止
それぞれメンバーは、ソロ活動や新たなバンドを結成し(BAD ENGLISH~HARDLINE等)、
JOURNEY活動停止以降それなりの成功を収めて活動していましたが
ペリーは’94年のソロ・アルバム発表まで沈黙)、ペリー復活~JOURNEY復活の気運が高まり、
’96年黄金期メンバーが再結集し、アルバム「TRIAL BY FIRE」で見事復活することになります
・・・しかし、結局ツアーは行なわれず、ニールとの音楽性の相違、健康問題を抱えるペリー
ジャズ畑で活動したいスミスの2人がバンドから離脱して行きます
JOURNEY復活は儚い夢と消えそうでしたが、残った3人のメンバーがバンド続行に向けて奮起
ドラムには“BAD ENGLISH~HARDLINE~OZZY OSBOURNE etc...”Deen Castronova
ヴォーカルには「ペリーのソックリさん」と言われた“TALL STORIES~TYKETTO”Steve Augeriを加えて’01年「ARRIVAL」を発表しツアーも盛況バンドの健在振りを示しました 

そして、ミニ・アルバム「RED 13」を’02年にリリース後、バンド結成30周年となる
’05年に発表されたのが

JOURNEY/GENERATIONS

Journey-generations.jpg


1 Faith In The Heartland
2 The Place In Your Heart
3 A Better Life (lead vocals:Deen Castronovo)
4 EveryGeneration (lead vocals:Jonathan Cain)
5 Butterfly (She Flies Alone)
6 Believe
7 Knowing That You Love Me
8 Out Of Harms Way
9 Self-Defense (lead vocals:Neal Schon)
10 Better Together
11 Gone Crazy (lead vocals:Ross Valory)
12 Beyond the Clouds
13 The Pride Of The Family
14 Never Too Late (lead vocals:Deen Castronovo)


20070513171009.jpg


Steve Augeri(Vo)
Neal Schon(G,Vo)
Ross Valory(B,Vo)
Jonathan Cain(Key,Vo)
Deen Castronovo(Ds,Vo)


先月のBURRN!「偽バンドを探せ!」という特集が組まれていましたが、
ペリーのソックリさんと言われるオージェリーが歌うJOURNEYも偽バンドの仲間入りを?
しているみたいです
私は「ARRIVAL」を聴いた時、「そんなに世間が言うほどクリソツか?」と思いましたけどね・・・
「ARRIVAL」オージェリーの歌唱も素晴らしく、曲も“王道JOURNEY”らしいものばかりで
いいアルバムなんですけど、ソフトな感じで私はあんまり好きではありません
「TRIAL BY FIRE」でのニールペリーの音楽的対立~
“ハード・ロック・バンドとしての姿”を提示したいニール、“バラードを歌い上げたい”ペリー・・・
バラードが多かった「TRIAL~」に対してニールはかなりの不満を持っていて
(これもいいアルバムだけど曲を詰め込み過ぎ)、次作はハードにする
ペリーがいなくなったからニール主導のハード・ドライヴィンなアルバムになるかと思いきや、
やっぱりバラード主体のアルバム、ソフトな感じのアルバムに仕上げられていました
メイン・ソングライターにはジョナサンも居るし、レコード会社に曲も差し替えられたみたいだけど

しかし、同ラインナップによるバンド結成30周年記念アルバム「GENERATIONS」
ハード・ロック・バンドとしてのJOURNEYニールの目指す方向性が見事に具現化された
素晴らしいアルバムです
単に好みの問題かもしれませんがかつての大ヒットアルバム~バラード主体の「ESCAPE」より、“Separate Ways”等のロックな曲を多く含む「FRONTIERS」を好む人にとっては絶対に気に入る作品だと断言出来ます
ニール「FRONTIERS」の頃を思い描き、アルバム制作に臨んだようです

ニールの思い描くとおりにギターが鳴り捲るハード・ロック
極上のメロディと印象的なヴォーカル・ハーモニー
前作より確実に飛躍し“JOURNEYの顔~声”となったオージェリーのヴォーカル
プログレッシヴ・ロックを思わせた初期音楽性にも通ずるスペーシーで実験的な曲
そして勿論“王道JOURNEYのバラード”は素晴らしく、アルバムに緩急を付ける好位置に収録され、作品の完成度を高めています
メンバー全員がリード・ヴォーカルを取っているのもこのアルバムの特徴で、
メンバーの個性が見事に曲、ヴォーカル・パフォーマンスに反映されています

確かにペリーのヴォーカルあってこそJOURNEYが光り輝き“本物”だと思いますが、聴かず嫌いにするには勿体ない内容のアルバムなので、ハード・ロックとバラードがバランスよくブレンドされたJOURNEYが好きな人は是非聴いて頂きたい作品です

しかし、オージェリーは喉を故障し、’06年ツアー途中でバンドからリタイア
現在はニールの人脈からこの人がヴォーカル

         jeff_scott_soto.jpg


YNGWIE MALMSTEENでヴォーカルを務めたJeff Scott Soto

嫌いじゃないし、上手いヴォーカリストだと思うけど、これでニセモノ感は更に強まったね

でも、ジェフがヴォーカルのJOURNEY・・・聴いてみたい

スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


リッチー・ブラックモアが「最近買ったCDはBAD ENGLISH」って昔言ってた記憶があります。
そういえばBAD ENGLISHのヴォーカルってジョン・ウエイトだったんですよね。
Missing Youしか知りませんが…

http://www.youtube.com/watch?v=phOxVANFJCI

↑このWho's Crying Nowなんか聴くとかなり期待出来ます。
Journeyの曲の中でも好きな曲です。

ひょっとしたらジェフの方がいいって人もいるかも。
【2007/05/15 01:29】 URL | ぴぃたぁぐりん #- [ 編集]


>ぴぃたぁぐりんさん

ジョン・ウエイトと言えば"Missing You"ですね♪
初めは彼がBABYSというバンドのシンガーだとは知りませんでした。
そして、そのBABYSのメンバーとJOURNEYのメンバーが結成したバンドがBAD ENGLISHでしたね☆
BAD ENGLISHは前にブログで紹介しましたが、このバンドもいい曲を持った、いいバンドでした!
1stは今でも私は好きですよ(^-^)v

"Who's Crying Now"は私も好きな曲ですが、ジェフ・ヴァージョン見ました!
彼は基本的に良いヴォーカリストなので、情感があって悪くないと思います☆
物まねと言ったら語弊があるかもしれませんが、彼は他にも色んなバンドの曲を歌ったりしていて、それがとても上手いですよね♪
JOURNEYとの相性は良さそうですが、ライヴを実体験して判断したいので、是非ともジェフを含むラインナップで来日公演を行なってほしいです☆
【2007/05/15 23:48】 URL | ヒロック #- [ 編集]

それはそれは…
最近のJOURNEYは全く聴いていなかったのですが…そうですか、そんな事に(^^;)
でもジェフ・スコット・ソートは、ほんとに器用ですよね!
数多くのバンドを渡り歩いて(いい意味で)、しかもきちんと?仕事こなしてますからね~。
今も健在!百戦錬磨のツワモノって感じです。
うーん、でもJOURNEYかぁ…。
確かにライヴを見てみたい感じですね♪
【2007/05/16 23:10】 URL | ふぇあ #- [ 編集]


>ふぇあさん

JOURNEY・・・そんな事になっています(^^;)
彼、仕事はキッチリこなしますよね。
渡り鳥職人ヴォーカリストって感じです。
でも、ジェフが“あのJOURNEY”のヴォーカリストになるとは思いもしませんでした・・・
彼も出世!?したものです☆

脱退、クビになる前に(^^;)ライヴで見てみたいものです♪
【2007/05/17 00:28】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/273-aae7bf89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。