ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトリーもカヴァー☆TOMMY BOLIN・TEASER☆

TOMMY BOLINDEEP PURPLE「COME TASTE THE BAND」と同時期に制作、発表した
ソロ・アルバムが「TEASER」

20061217155939.jpg

トミーパープルから声が掛かるまで彼らの音楽は知らなかったというくらい、自身の音楽の好みはジャズ・ファンクの方に向けられていました。
そんな彼の音楽性が具現化されているのが、このアルバムです
全ての曲(インスト含む)でギター&ヴォーカルを披露、曲によってはピアノ、シンセサイザーもプレイしマルチ・プレイヤーぶりも発揮してるトミーですが、とにかく多様な音楽性が封じ込められた素晴らしいアルバムであり、彼の代表作と呼べるでしょう

ジャズやファンクの要素を含む楽曲群は時にスリリングに、時にルーズに、時に優しく語りかけ、彼の音楽性の懐の深さを垣見れることができます
同時期の「COME TASTE THE BAND」も聴けば、尚更彼の才能の豊かさが実感できるでしょう

インストの曲ではスリリングな展開が緊張を誘い、ジャズ・フィーリングが心地好い曲、ホーン・セクションも含むファンキーな曲等がありますが、私がこのアルバムで1番好きな曲は“DREAMER”
ピアノが印象的なとても感動的で美しい曲です
“WILD DOGS”は悪評高い日本公演でも披露されましたが、日本公演でトミーが輝きを増し素晴らしいプレイを披露したのはこの曲なんですよね
タイトル・トラックの“TEASER”はルーズな感じで粘りのあるギター・リフが先導する印象的な曲ですが、この曲はMOTLEY CRUEがカヴァー
モトリーOZZY OSBOURNEBON JOVI等と共にモスクワでライヴを演った時に発売された麻薬撲滅のオムニバス・アルバムに収録されていましたが、現在は彼らのアウト・テイクを集めたアルバムに収録されています   

20061217170052.jpg


NIKKI SIXXのセンスの良さとMICK MARSのチョイスだと思われますが、99年頃のライヴではミックをフューチャーした即興的な長尺曲として演奏されていました
中間部まではバック・ダンサーがエロティックな舞を披露していましたが、その年の日本公演ではダンサーが居なかったのでエロティックな演出のライヴとはなりませんでした

ちなみにミックJEFE BECKを敬愛していますが、73年から75年頃のトミージェフのようなプレイ、アプローチだとしての賞賛がミュージシャン仲間から与えられていました
実は時期的にトミーのアプローチに触発されたものがジェフのフュージョン路線の音楽性であったとも言われています

DEEP PURPLEから彼に興味を持ってもいいし、MOTLEY CRUEのカヴァーから彼に興味を持つのもヨシ
彼の多様で素晴らしい才能に触れてみて下さい
彼は偉大なミュージシャンとして称えられる存在なのですから

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


十代から自他共に認めるリッチーフリークだったのでCOME TASTE THE BANDはあんまり聴いてないんです。
けっこうそういう人も多いと思います。
リッチーの後任として加入したのは(過小評価されるとか)マイナス面が大きかったような…
【2006/12/17 20:51】 URL | ぴぃたぁぐりん #- [ 編集]


>ぴぃたぁぐりんさん

私も十代から自他共に認めるリッチーフリークです☆
プロフのとおり、彼が私をHR/HMの世界に引きずり込んだのですから(^-^)v
私もリッチーのいないパープルなんてと思っていましたが、聴いてみたらとてもよかったので好きになり、トミーにも興味を持ちました。
しかし、いくらトミーが優れたミュージシャンであっても、リッチーの絶大なるカリスマ性とプレイに敵わないことは認めます。
特にライヴでのプレイは不安定であるし、日本公演での汚名が後々まで語られて過小評価の原因ともなっています。
彼がもう少し生きていればと、彼の在籍中の優良音源(カリフォルニアでのライヴ)が早くリリースされていれば評価も変わったと思います。
結果としてトミーにとってはマイナス面が大きかったと思いますが、リッチーのいない(現在はジョンも)パープルは現在も存在するので、パープルのバンドとしての存在意義を問うとすると、また意見は分かれるでしょうね。
【2006/12/17 22:08】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/177-943d5766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。