ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEEP PURPLE☆COME TASTE THE BAND☆

31年前の今日(15日)、DEEP PURPLE MK Ⅳが武道館でライヴを行いましたが、
RITCHIE BLACKMOREの後任として加入し、その武道館のステージに立ったTOMMY BOLIN
1年後の1976年12月4日にヘロインの過剰摂取で亡くなってしまいました

20061215230051.jpg


享年25歳・・・

31年前のライヴは、日本公演前のジャカルタで購入した質の悪いヘロインの影響でトミーの腕はまともに動かないまま・・・
悪評で有名なライヴですが、彼の残した作品を聴けば彼がいかに優れたミュージシャンだったかが分かるはずです

COME TASTE THE BAND

20061215230959.jpg


彼の唯一のDEEP PURPLEスタジオ参加作品であり、第4期パープル最初で最後のアルバムです。

20061215231524.jpg


TOMMY BOLIN(G)
GLENN HUGHES(B)
JON LORD(Key)
DAVID COVERDALE(Vo)
IAN PAICE(Ds)


後にジョン・ロードが「ディープ・パープルの名前で出すべき作品じゃなかった」と発言してるように、音楽性はリッチーが嫌った“靴磨きの音楽”~“黒人音楽”のファンキー路線を推し進めたものとなっています。
今では正当な評価が与えられていますが、当時はハード・ロックの王者たるディープ・パープルの幻影を求め続けるファンからは酷評され、チャート成績もあまり良いものではありませんでした
しかし現在の正当な評価(従来のハード・ロック+ファンキーでグルーヴ感のある優れた作品)により、この作品を好きな人は多いと思うし、メイン・ソングライターのリッチーが抜けた穴を埋めたトミーのソングライターとして才能は素晴らしいものがあります
同時期に制作された彼のソロ作品「TEASER」も聴けば、彼の才能の豊かさを認識することが出来ます この作品の素晴らしさについては後程

先にも述べたように、この作品はファンキーでグルーヴ感のあるハード・ロック・アルバムですが、この路線の主導者は明らかにグレントミー、そして従来のハード・ロックにブルース、R&Bテイストを加えた曲を作ったデイヴィッドによるものですね。
曲を書かない(書けない)オリジナル・メンバー2人(ジョン、イアン)もトミーの才能に惚れ、後に後悔したとしても、この作品が優れたものであることは認めています

ライヴでは鬱陶しい時もあり、パープル末期にはトミーと共にバンドの存在を否定するような振る舞いをしたグレンですが、ファンキーな“Gettin' Tighter”は彼らしい躍動感のあるハード・ロックで素晴らしいノリです
トミーとのコンビネーションも抜群で、ライヴでは即興演奏に発展し長大な曲となります
“This Time Aroound~Owed to ‘G’”は叙情的で美しい曲でありながら、グルーヴィーな展開が劇的であり、グレンの情感たっぷりの歌唱が素晴らしい曲です
“You Keep On Moving”デイヴィッドグレンの共作曲であり、彼ら2人のヴォーカル・ハーモニーと物憂いな雰囲気が曲の個性を際立たせます
“Comin' Home”は従来のパープル路線を継承した第4期流ハード・ロックの良曲です

トミーは1曲を除いた全ての曲でソングライターとして活躍し、デイヴィッドとはR&Bテイストを封入したハード・ロックを展開し、グレンとはファンク路線の楽曲で躍動するという形でバンド・アルバムに貢献しています

彼の生き方を肯定することは出来ませんが、彼の才能がドラッグで潰され死に至ったことは残念でなりません・・・彼のミュージシャンとして、ギタリストとしての姿を見たかったですね・・・
彼は偉大なミュージシャンとして讃えられるだけの才能を持ち合わせていたんですから。

一般論ではパープルのアルバムとして認められない作品かもしれませんが、私はTOMMY BOLINがいたDEEP PURPLEが好きですし、この作品が大好きです 

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


⊃¨‡ ヶ¨ ン ∋ ゞ(⌒o⌒ゝ)

ディ~フoハo~フolレキタ━━ヽ(・∀・)ノ━━
いつのも大袈裟なリアクションしといて

実ゎ全然聴いたことおへん(*´ー^`)ゞ
KulaShakerのHush♪やら好っきゃし
Smoke on the Water♪のカヴァ~やらゎ
聴いたことおます

このバンドからRainbowやらWhitesnakeやら
ビッグバンドが生まれたんやから
凄いバンドっちゅうことも分かります
ってゆうか天皇家並みの家系図連想します
歴代のメンバ~覚えるんも大変そうな┐(-εー;┌
【2006/12/16 08:41】 URL | れぃこ #- [ 編集]


リッチーの後釜ってのも相当やりづらかったでしょうね。
ライブでリッチーを求める声を聞いてリッチーの住所を書いた紙をステージからバラまいたとか何かで読みました。

でもソロアルバムのジャケで「富墓林」。
これは…
【2006/12/16 22:44】 URL | ぴぃたぁぐりん #- [ 編集]


>れぃこさん

"HUSH"はDEEP PURPLEのオリジナルではなく、彼ら自身もカヴァーしてるんですよ☆
SMOKE ON THE WATERやBLACK NIGHTなんかはCMでもよく使用されるので、必ず1度は耳にしてるはずです♪
家系図を全て把握することは大変な作業ですが(^_^;) 元メンバーがパープル以上!?の素晴らしいバンドを生んでくれたくれたことは感謝すべきことだと思います(^-^)v


>ぴぃたぁぐりんさん

その話は私も読みました。
彼は聡明な性格だったようですが、ステージ上のことやドラッグ絡みで悪循環な行動を起してしまったようです。
2ndソロの漢字表記と"LAST CONCERT IN JAPAN"のジャケは後の彼の不幸を暗示させるものでした・・・
【2006/12/17 10:32】 URL | ヒロック #- [ 編集]


こんにちは^^
トミー・ボーリン、、なんと25歳の若さで亡くなってしまったんですか?!
私が初めて自分で買ったLPはパープルの「LAST CONCERT IN JAPAN」です!!(中古で
高1だったのでバンド名しか知らなかった、まだ洋楽入門の頃です。
トミー・ボーリンの追悼盤ということですが。。(トミーの写真がカッコ良かったv
確かに彼の左手は殆ど動かない状態だった、と後に聞きましたが
私は悪くない作品だと思います。
パープル初体験!のアルバムだったわけですから。あのパープルですからね(わかったから

私としても、もう少し長く生きてもらいたかったです。
いかにアメリカンな曲調を持ち込めるのか聴きたかったですね~。
【2006/12/17 16:08】 URL | 87chan #yJmgU7PM [ 編集]


87chan、こんにちは(^-^)
「LAST CONCERT IN JAPAN」は出すべき作品ではなかったとか、トミーの死がなければリリースされなかったアルバムとか言われていますね。
たしかにトミーの腕の状態から、彼の音はほとんど聞こえませんが、ライヴが進むにつれてプレイが復調するんですよね。
特に自身の曲の"WILD DOGS"のプレイは語り草になるほど好調なんですよね☆
今では完全版があるので、再評価してもよいアルバムだと思います。
私も初めてこのアルバムを手にした時、アナログ盤のジャケがとても印象に残っているので結構思い入れのあるアルバムです♪
彼の幅広い音楽性をもう少し聴きたかったですね。
【2006/12/17 18:05】 URL | ヒロック #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://ongakudalsuki.blog65.fc2.com/tb.php/176-0f262e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。