ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆就寝前の今日の1枚♪☆

本日就寝前の1枚は“いとしのレイラ”ことPATTIE BOYDERIC CLAPTONが捧げたLOVE SONG集~全てライヴ音源による(ブート音源)この1枚

ERIC CLAPTON / SONGS FOR PATTIE

songs for pattie

1.LAYLA (DUET with Dr.John 5/9/1996)
2. PRETTY GIRL (2/1/1983 シアトル)
3. PEACHES AND DIESEL
4. WONDERFUL TONIGHT (2/11/1978 サンタモニカ)
5. THE SHAPE YOU'RE IN (4/20/1983 ブレーメン)
6. OLD LOVE (10/27/1997 武道館)
7. BELL BOTTOM BLUES (11/24/1999 横浜アリーナ)
8. WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD (6/28/2008 ハイドパーク)
9. I AM YOURS (5/5/2006 ル・カンネ)
10. SHE'S WAITING (2/1/1992 ブライトン)
11. NEVER MAKE YOU CRY (4/20/1985 バージニア)
12. JUST LIKE A PRISONER (3/1/1985 バーミンガム)
13. LAYLA (1/13/1973 レインボーシアター)
SECRET BONUS TRACK
14. OLD LOVE

*ALL LIVE TAKE


songs for pattie_2

claptonPattie_20090331000032.jpg
song for pattie booklet1
song for pattie booklet2

2人の人生には様々な紆余曲折の愛の軌跡がありましたが、その多くは語らずに今夜はこの1枚~美しき名曲群に癒されて静かに眠りたいと思います


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

スポンサーサイト

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

☆虹の彼方より~『OVER THE RAINBOW/SON OF THE RAINBOW』☆

今年はERIC CLAPTON単独公演及びERIC CLAPTON&JEFF BECK奇跡の共演ライヴで私ヒロックのライヴ活動が?幕を開けましたが、今年初のHR/HMバンドと呼べるライヴ参戦のお初は先日お伝えしたとおり、私の大好きなバンドRAINBOWの元メンバー達が集まって結成された“虹の彼方から甦ってきたバンド・・・擬似的に再生したバンド~OVER THE RAINBOW”

over the rainbow
over the rainbow 2009

OVER THE RAINBOW JAPAN TOUR 2009

4/ 27(月)大阪:なんば HATCH

4/ 29(水・祝)名古屋:ダイアモンドホール

5/ 1(金)東京:厚生年金会館~ヒロック参戦決定!!

そして現在ブートで確認出来る彼らの最新ライヴの模様はコチラ

[Read More...]

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆まだ開けてないけど、ファン待望の豪華BOX仕様遂に発売!!☆

ヒロック、実は昨年末くらいから友人の紹介で別の携帯サイトでも別名で極普通の日記を不定期にUPしていまして、本日はそこで記した日記の内容とほぼ同内容となりますが(パクリや無断転載ではありませんからね)本日仕事から自宅へ戻ると以前からしっかりと予約していた全KISSファン待望の彼らの映像アンソロジー・ボックス~KISSOLOGY~地獄大全がamazonから届いていました

KISSOLOGY A [DVD]KISSOLOGY A [DVD]
(2009/03/25)
KISS

商品詳細を見る

dvd_20090325230826.jpg

kissbox-1.jpg
kissbox-2.jpg

写真を御覧になればお分かりのとおり、全18枚組のDVD-BOXは予想を遥かに超えた大きさ~かなりのボリューム感です

先日、ブートで持っていたダブり映像~DVDも処分したので多少の資金源になりましたが(かなり以前からの予約だったのでカー払いですが)、かなりの大枚をはたいてしまいましたね
でもKISSファンとしてはやっと国内版が発売になった待望の映像集なのでこれからの余暇がとても楽しみです
ちなみにボックスの表題には「開けてはいけない地獄の封書付き」とあるのでまだ中身は確認していません

以前からこのブログにお邪魔していただいている方は御存知かと思いますが、私がKISSで1番好きなメンバーは“スペースマン”ことACE FREHLEY

542s_20090325231939.jpg
ace_live77_20090325232025.jpg

現在はポールジーンが許すことが出来ない自身の素行不良とKISSの軍律を守れないこと??…金銭面や諸々の問題でバンドを離れていますが、本当に彼のメイク姿と印象的なギター・プレイはカッコ良く麗しいです
エースの世界を忠実に再現するトミーのプレイ、バンドへの献身的な姿勢も素晴らしいですけど、やはり“真のスペースマン”ファンとしては彼にバンドに戻って来ては欲しいと思っていますが、ライヴ活動を中心に精力的に活動~まだまだ現役として“ロックンロール・ギタリスト~ロックンローラー”として己の存在を誇示する彼にとっては今の束縛の無いマイペースな活動が合ってるのかもしれませんね
久々のソロ・アルバムも制作中との情報も以前から伝わっていますからね



それにしてもこれだけのボリューム感なので早速今夜から夜更かしが長くなりそうです


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

☆これも今のうちか・・・!?~Pt.2・・・早く聴きたい!!☆

三連休初日は休日出勤してしっかりと?お仕事してきましたが、昨日は久々にロック~ブートの聖地 西新宿へ
聴かなくなった見なくなった・・・私に不必要と判断されたブートを含むCDやDVDを大量処分
それを多少の軍資金としブートを中心にまたまた買い過ぎちゃいました

ラインナップは以下のとおり


[Read More...]

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆これも今のうちか・・・!?☆

2月くらいから今日に至るまでのここ最近の新品CD購入品は以下のラインナップ


[Read More...]

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆一見の価値アリ!?~Pt.2☆

先日のERIC CLAPTON×JEFF BECKの共演ライヴやクラプトン自身の単独公演を堪能してから彼らの残した名曲~ライヴ音源等を聴いたり、彼らに纏わる書籍~文献を多く読んだりしていますが、やはりERIC CLAPTON×JEFF BECKの共演ライヴを観て以来思いっきり惚れこんでしまった天才美少女ベーシストTAL WILKENFELDが演奏する以下の2枚が本当に最近のへヴィロテ作品となっています

jeff beck Live At Ronnie Scotts Club
【Blu-spec CD】ライヴ・ベック3~ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ

tal wilkenfeld transfomation
タル・ウィルケンフェルド トランスフォーメーション


『ヒロックの音楽生活』 を覗きに来て下さる方にとってはフュージョン系~歌なしのインストゥルメンタル音楽やERIC CLAPTONの音楽にはあまり興味を示されない傾向があるようですが とにかくこの2枚は私の言葉足らずでその良さを簡潔に説明出来ず誠に申し訳ありませんが、本当に表情豊かに楽器が“歌い”、躍動~スウィングする聴いていて心地好いアルバムであり、そしてその楽器を自在に操るプレイヤーの高度なテクニックには驚異の目を(耳を)見張らせられますし、“音楽”“楽器”の無限大の可能性と“楽しさ”を大いに感じさせる素晴らしいインストゥルメンタル・アルバムだと私は感じています 

・・・でも男性陣にとってはタルちゃんの容姿~可愛さに熱い眼差しを送って多くの注目を集めちゃっているんでしょうけど

talwilkenfeldjeffback.jpg
tal wilkenfeld

tal-wilkenfeld.jpg






久々の更新で今回の記事はあくまでタルちゃんが主役なのですが 以前にもやったこの企画またやってみたいと思います↓ 

[Read More...]

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆チケット代は嵩みましたが(汗)両方観ておいて良かったです♪☆

さいたまスーパーアリーナで行われたERIC CLAPTON×JEFF BECK~奇跡の夢共演ライヴ参戦(2/21・Sat)に続き昨日は武道館で行われたERIC CLAPTON~JAPAN TOUR 2009 日本最終公演に行って参りましたが、詳細なライヴ・レビュー&セット・リストは先のERIC CLAPTON×JEFF BECK共演ライヴのブログ記事並びにウドーのHPから引っ張り出したものを併せて参照してみて下さい↓(・・・要は手抜きレビューのパクリです・・・スイマセンm(_ _;)m)

ERIC CLAPTON×JEFF BECK

ECJBLivePhoto2009.jpg

*UDO HPより~

多くのロックファンが待ちに待った、ロック史に新たなページを刻む記念すべき日が遂にやってきました。
2月21日(土)さいたまスーパーアリーナで、偉大なロック・レジェンド、エリック・クラプトンとジェフ・ベックの共演が実現したのです。

1960年代にザ・ヤードバーズのギタリストとしてプロのキャリアをスタートさせた2人。フェスティバルや飛び入り参加で同じステージに立ったことはありますが、2人の正式なジョイント・コンサートは今公演が初めて。しかもここ日本だけで実現した特別なイベントとなりました。

公演は第1部ジェフ・ベック、第2部エリック・クラプトン、第3部がエリック・クラプトン&ジェフ・ベックの3部構成。
第1部はジェフ・ベックの代表曲を約50分のステージに濃縮した、まさにスーパー・ベスト・ライヴ。緊張感漂う演奏に観客は息を呑みます。
第2部はアコースティック・ギター1本だけの演奏からスタート。単独公演では聞けなかったアコースティック・ヴァージョンの「レイラ」も披露し観客を沸かせます。
そして第3部で遂に2人が同じステージに立ちました。昨年のジェフ・ベック公演にエリックが飛び入りした際にも演奏したマディ・ウォーターズの「ユー・ニード・ラヴ」「ブラウン・バード」を含む全7曲を演奏。2人の強い個性を打ち出した最高のステージとなりました。

各パートで演奏された曲は下記の通りです↓


2月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ 

第1部JEFF BECK
1.THE PUMP
2.YOU NEVER KNOW
3.CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
4.STRATUS
5.ANGEL
6.LED BOOTS
7.GOODBYE PORK PIE HAT / BRUSH WITH THE BLUES
8.JEFF & TAL SOLO
9.BLUE WIND
10.A DAY IN THE LIFE
11.PETER GUNN


第2部ERIC CLPTON
1.DRIFTIN
2.LAYLA
3.MOTHERLESS CHILD
4.RUNNING ON FAITH
5.TELL THE TRUTH
6.QUEEN OF SPADE
7.BEFORE YOU ACCUSES ME
8.COCAINE
9.CROSSROADS


第3部ERIC CLAPTON&JEFF BECK

1.YOU NEED LOVE
2.LISTEN HERE - COMPARED TO WHAT
3.HERE BUT I'M GONE
4.OUTSIDE WOMAN
5.BROWN BIRD
6.WEE WEE BABY
7.WANT TO TAKE YOU HIGHER



ERIC CLAPTON

EClive2009.jpg

*UDO HPより~

2月12日、大阪城ホールでツアーをスタートさせてから2週間あまり。数多くのファンを沸かせたエリック・クラプトンの日本公演も、この日の日本武道館公演で最終日を迎えました。
東京・大阪で全9回行われたライヴでは、基本的な構成はそのままに、日々演奏曲目を少しずつ変え観客を楽しませました。
最終日の演奏曲目は下記の通り↓


2月28日(土)@日本武道館 

1.Tell the Truth
2.Key to the Highway
3.Hoochie Coochie Man
4.I Shot the Sheriff
5.Here But I'm Gone
6.Why Does Love Got to Be So Sad
7.Driftin' Blues
8.Travelin' Alone
9.That's Alright
10.Motherless Child
11.Running on Faith
12.Motherless Children
13.Little Queen of Spades
14.Before You Accuse Me
15.Wonderful Tonight
16.Layla
17.Cocaine
- - - - - - - encore - - - - - - -
1.Crossroads



今回は月並みな文句で極ありふれた簡単な表現での感想となってしまいますが、さいたまでの三部構成からなるJEFF BECKとの共演ライヴも大変素晴らしく感動的なものでしたが、各々のセットリストが短かったということもあり私を含めて多くのファンが贅沢な不満を抱いたのも事実だったと思いますが、やはり単独公演による約二時間に及ぶ充実のセットリスト~名曲群、エモーショナルでブルージーなエリックのギタープレイ&ヴォーカル・パフォーマンスは最高で、鳥肌が立ったり感傷にふけりながら聴き入る場面が多々ありました
ここ最近は90年代の定番ヒット曲を排してのセット・リストが定着していますが、私は70年代の曲や古いブルース曲、ドミノス時代の曲を多く復活させてアコースティック・セットもありのブルーズ・ロック的展開ライヴをとても好ましく思っています
勿論“あの2曲”を(←どの2曲)セット入りさせて聴かせて欲しかったのも正直な気持ちだったのですが、昨夜は本当に素晴らしいライヴに酔いしれる『ワンダフル・トゥナイトなひと時を過ごせることが出来ました

『いとしのレイラもエレクトリック・ヴァージョンで聴くことが出来たので本当にチケット代は嵩みましたが両方観に行って良かったと思っています

ecbudoukan.jpg


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。