ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆THE WHO - In Japan~『2008/11/16 Saitama Super Arena』☆

先日のTHE WHO初単独ジャパン・ツアー~11/16 さいたまスーパー・アリーナ公演から一週間以上が経過してしまいましたが本日 当日のライヴ・レポをまたまたサラッとUPしたいと思います

THE WHO-In Japan

theWHO_maximum RB

Saitama Super Arena, Saitama, Japan, 16th Novemberr 2008

1.I Can't Explain
2.The Seeker
3.Anyway Anyhow
4.Fragments
5.Who Are You
6.Behind Blue Eyes
7.Relay
8.Sister Disco
9.Baba O'Riley
10.Eminence Front
11.5:15
12.Love Reign O'Er Me
13.My Generation
14.Won't Get Fooled Again
-Encore-
1.Pinball Wizard
2.Amazing Journey / SPARKS
3.See Me, Feel Me
4.Listening To You
5.Tea And Theater


Roger Daltrey (Vo)
Pete Townshend (G)
Simon Townshend (G)
Pino Palladino (B)
Zak Starkey (Ds)
John "Rabbit" Bundrick (Key)


the who live08

[Read More...]
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

☆今夜は今年最後のライヴ!!~今年最後のライヴに向けての予習アイテム?~Pt.4♪☆

13日(木)大阪から待望のジャパン・ツアーを開始し、既に初の単独来日公演を二公演終えたブリティッシュ・ロック界の偉大なる巨人~世界最高のライヴ・バンドTHE WHO

the who live08
TheWho-maximum RB

11月13日(木)大阪城ホール
11月14日(金)横浜アリーナ

11月16日(日)さいたまスーパーアリーナ (私ヒロックにとって今年最後のライヴ 今夜参戦です
11月17日(月)日本武道館
11月19日(水)日本武道館


本日はあいにくの雨模様となってしまいましたが(今年はライヴ当日に雨に見舞われる日が多かったな・・・やっぱり私って雨男なのか)、彼らの圧倒的パワーと存在感~ロジャーピートによる“THE TWO”+強力なサポート・メンバーという形態によるバンド“THE WHO”であることは紛れも無い事実ですが、世界最高のライヴ・バンドとして更に進化を続けるバンドのポジティヴな精神、自分達が創造し愛する音楽を演奏し続ける姿、バンド結成40年を経た彼らの歴史の重み、ドラマは、きっとステージ上でスリルと興奮が渦巻き、我々に感動を与えてくれる素晴らしい初の単独来日公演となることは間違いないと思います

そして歴史的瞬間ライヴに立ち会える時間まであと僅かということで、私ヒロックTHE WHO来日公演予習アイテム第4弾?~お出掛け前の一枚はこちらです

フーズ・ネクスト<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

Whos Next

DISC:1
1. Baba O'Riley
2. Bargain
3. Love Ain't For Keeping
4. My Wife
5. The Song Is Over
6. Getting In Tune
7. Going Mobile
8. Behind Blue Eyes
9. Won't Get Fooled Again
10. Baby Don't You Do It (Bonus Track)
11. Getting In Tune (Bonus Track)
12. Pure And Easy (Bonus Track)
13. Love Ain't For Keeping (Bonus Track)
14. Behind Blue Eyes (Bonus Track)
15. Won't Get Fooled Again (Bonus Track)

DISC:2
1. Love Ain't For Keeping (Live At The Young Vic)
2. Pure And Easy (Live At The Young Vic)
3. Young Man Blues (Live At The Young Vic)
4. Time Is Passing (Live At The Young Vic)
5. Behind Blue Eyes (Live At The Young Vic)
6. I Don't Even Know Myself (Live At The Young Vic)
7. Too Much (Live At The Young Vic)
8. Of Anything (Live At The Young Vic)
9. Getting In Tune (Live At The Young Vic)
10. Bargain (Live At The Young Vic)
11. My Generation (Live At The Young Vic)
12. (I'm A) Road Runner (Live At The Young Vic)
13. Naked Eye (Live At The Young Vic)
14. Won't Get Fooled Again (Live At The Young Vic)

『ライヴで発揮されていたドライヴ感をスタジオで再現することに成功した、フーの1971年発表の最高傑作。2003年リリースのデラックス・エディションを紙ジャケ仕様SHM-CDでリリース。英オリジナルLPの他、デフジャケ2~3種をボーナス紙ジャケとしてセット。初回完全限定。シリアル・ナンバー入り。』~メーカー・インフォより



私の住んでいる地からさいたまスーパーアリーナまではちょっと遠いので 昨日発売された以下の書籍を移動中に読みながら更にライヴへの期待感、高揚感を高めたいと思います

レコード・コレクターズ 2008年 12月号 [雑誌]レコード・コレクターズ 2008年 12月号 [雑誌]
(2008/11/15)
不明

商品詳細を見る



明日から今まで以上に業務多忙となるのでライヴ・レポはかなり先・・・確実に一週間はブログ休止状態となるので、私ヒロックが体験する歴史的な一夜~感動の瞬間をお伝えするのは時期を外してのこととなりますが、とにかく今夜は今年最後のライヴに相応しいTHE WHOのライヴを思いっきり楽しんできたいと思います

THE WHO-Baba O' Riley



Behind Blue Eyes



Won't Get Fooled Again




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

☆今年最後のライヴに向けての予習アイテム?~Pt.3♪☆

13日(木)大阪から待望のジャパン・ツアーを開始したブリティッシュ・ロック界の偉大なる巨人 THE WHO

the who live08

11月13日(木)大阪城ホール
11月14日(金)横浜アリーナ

11月16日(日)さいたまスーパーアリーナ (私ヒロックにとって今年最後のライヴ 間もなく参戦します
11月17日(月)日本武道館
11月19日(水)日本武道館


横浜アリーナで行われたライヴのSET LISTは以下のようになっています

11月14日(金) 横浜アリーナ SET LIST

1.I Can't Explain
2.The Seeker
3.Anyway Anyhow
4.Fragments
5.Who Are You
6.Behind Blue Eyes
7.Relay
8.Sister Disco
9.Baba O'Riley
10.Eminence Front
11.5:15
12.Love Reign O'Er Me
13.My Generation
14.Won't Get Fooled Again
15.Pinball Wizard
16.Amazing Journey / SPARKS
17.See Me, Feel Me
18.Listening To You
19.Tea And Theater


スリルと興奮が渦巻き、感動の単独来日公演となることは間違いナシの今回のジャパン・ツアーですが 歴史的瞬間ライヴに立ち会える日もあと僅かということで、私ヒロックTHE WHO来日公演予習アイテム第三弾?~今夜の一枚はこちらです↓ 

ライヴ・アット・リーズ<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

Live At Leeds

DISC:1
1. Heaven & Hell
2. Can't Explain
3. Fortune Teller
4. Tattoo
5. Young Man Blues
6. Substitute
7. Happy Jack
8. I'm A Boy
9. A Quick One
10. Summertime Blues
11. Shakin' All Over
12. My Generation
13. Magic Bus

DISC:2
1. Overture
2. It's A Boy
3. 1921
4. Amazing Journey
5. Sparks
6. Eyesight To The Blind (The Hawker)
7. Christmas
8. The Acid Queen
9. Pinball Wizard
10. Do You Think It's Alright?
11. Fiddle About
12. Tommy Can You Hear Me?
13. There's A Doctor
14. Go To The Mirror
15. Smash The Mirror
16. Miracle Cure
17. Sally Simpson
18. I'm Free
19. Tommy's Holiday Camp
20. We're Not Gonna Take It


私にとって THE WHOとは完全にハードロック・バンドの範疇に属するバンドなので、『LIVE AT LEEDS』からの選曲(勿論 『TOMMY』含む)+“I Can See For Miles”『WHO'S NEXT』 『QUARDROPHENIA』からの選曲、“Who Are You”辺りを完全に網羅していると私的には完全セットリスト完成となりますが とにかく明後日のさいたまスーパーアリーナでのライヴを思う存分に楽しみ 彼らの現在に到るまでの偉大なる軌跡~名曲の数々で彩られる彼らの創造性豊かな音楽及び現役ライヴバンドとしての素晴らしさを十分に堪能したいと思っております 

TheWho-maximum RB
who_pps_box.jpg


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

☆今年最後のライヴに向けての予習アイテム?~Pt.2♪☆

本日も他力本願の 手抜き更新となりますが 予告どおりに私ヒロックTHE WHO来日公演予習アイテム第二弾?~今夜の一枚はこちらです↓ 

トミー<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

TOMMY.jpg

『史上初の「ロック・オペラ」としてロック史にその名を残す1969年発表の大作。2003年リリースのデラックス・エディションを、紙ジャケ仕様SHM-CDでリリース。英オリジナルLPの他、デフ・ジャケ2~3種をボーナス紙ジャケとしてセット。シリアル・ナンバー入り。解説・歌詞・対訳付。』~メーカー・インフォより

THE WHO-OVERTURE



1921



AMAZING JOURNEY



SPARKS



EYESIGHT TO THE BLIND



CHRISTMAS



THE ACID QUEEN



FIDDLE ABOUT



PINBALL WIZARD



GO TO THE MIRROR!



TOMMY CAN YOU HERE ME?/SMASH THE MIRROR



I'M FREE



TOMMY'S HOLIDAY CAMP/WE'RE NOT GONNA TAKE IT



SEE ME FEEL ME/LISTENING TO YOU




いよいよ明日大阪から待望のジャパン・ツアー開始です

TheWho-maximum RB

11月13日(木)大阪城ホール
11月14日(金)横浜アリーナ

11月16日(日)さいたまスーパーアリーナ (参戦します
11月17日(月)日本武道館
11月19日(水)日本武道館



Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆今年最後のライヴに向けての予習アイテム?~Pt.1♪☆

ヒロック、2008年今年最後の締めとなるライヴは単独公演としてはデビューから40年以上経ての待望の来日となるこちらの老舗重鎮ブリティッシュ・ロック・バンド~ロック界の偉大なる巨人THE WHO

TheWho-maximum RB
the who live08

11/16(日) さいたまスーパーアリーナ 16:00 open/17:00 start

私の本望としては追加公演を含めて伝統ある武道館という会場で彼らの雄姿を観たいロジャー&ピートの貫禄ある姿を拝みたかったんですけど、責任ある社会人として?これ以上平日に休暇を取るわけにもいかず ちょうど休日に当たるさいたまスーパーアリーナに参戦を決定した次第であります

ブログ上で事あるごとにお伝えしているとおり、ここのところ仕事が非常に忙しいので ライヴ・レポの方はかなり遅れての御報告となると思いますが 私にとって今年最後のライヴ~締めに相応しい貫禄あるパフォーマンス 名曲の数々を彼らは必ず披露してくれるはずなので とにかく当日が楽しみでなりません
そして、そのTHE WHOならではのエネルギッシュで溌剌としたライヴ~偉大なるパワーを私も体全体で得とくして、多忙を極める年末に向けての私自身のパワーの源にしたいと思っております

本日今年最後の大人買いになったと思う 来日公演予習アイテム第一弾?~今夜の一枚はこちらです↓ 

ア・クイック・ワン~コレクターズ・ボックス(紙ジャケット仕様)

A QUICK ONE BOX
A QUICK ONE

『ザ・フーの2ndアルバム『ア・クイック・ワン』関連の音源を、モノ&ステレオ含め網羅したボックス・セット。モノとステレオではミックスや構成が大きく異なる曲も多く、マニアには嬉しい一挙まとめての収録。現存最良のマスターからジョン・アストリーがリマスタリング、高音質なSHM-CDでリリース。オリジナルのLP発売当時や70年代に、日本やヨーロッパ各国が独自に制作した7種のジャケットすべてを、それぞれ紙ジャケにしてボックスに封入。関連楽曲の各国シングル盤やEPのジャケット約20種を、CD-Sサイズの紙ジャケにして封入。初回完全限定。シリアル・ナンバー入り。解説・歌詞・対訳付。

オリジナルのLP発売当時や70年代に、日本やヨーロッパ各国が独自に制作した7種と、関連楽曲の各国シングル盤やEPのジャケット約20種を、CD-Sサイズの紙ジャケにして封入。

Disc 1(モノ音源・SHM-CD仕様)は、UKオリジナル・アルバム収録曲、同時期のシングル、EP『Ready Steady Who』収録曲等、すべて当時のオリジナル・モノ音源で構成。
Disc 2(ステレオ音源・SHM-CD仕様)は、当時、各国の編集盤に分散されていたオリジナル音源、近年のリミックス/リマスター盤で登場したミックス等、すべてリアル・ステレオ音源で構成。』~メーカー・インフォより



作品に対する私自身のレビューを記したいのは勿論なのですが、ここ最近はとにかくアーティスト及びそのアーティストが創造した音楽をじっくりと聴き込みたい気分~ただひたすら好きな音楽を聴いて自分自身の様々な疲れを癒したい気分なので、暫くは来日を記念して再発された彼らの名盤の数々~紙ジャケ・SHM-CD化を機に私が買い替え大人買いしたTHE WHOの名盤をシンプルに?紹介したいと思っております

The Who - A Quick One - R&R Circus - Best Quality




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

☆私の疲れを癒してくれるのはやはり彼らの音楽です♪☆

相変わらず忙しい日々を過ごしている私ヒロックであり(←やはり特に仕事が忙し過ぎます・・・この状態は残り僅かとなった年末までしっかり続きそうです)、最近はめっきりとブログの更新が滞ってしまっていますが 先日の三連休中に(全部休めなかったけど)西新宿へ久々のブート探訪をしてきました 
その時購入したアイテムはこちら↓ やっぱり私は彼らのことが大好きなんですよね

LED ZEPPELIN/Pb~PURE BLUES Vancouver 1970

pb_led zeppelin

1.We're Gonna Groove
2. Heartbreaker
3. Since I've Been Loving You
4. Thank You
5. What Is And What Should Never Be
6. Whole Lotta Love
7. Communication Breakdown
8. We're Gonna Groove*
9. Since I've Been Loving You*
10. Dazed & Confused*
11. Heartbreaker*
*Recently surfaced audience source

Vancouver, Canada March 21, 1970


カナダのFM放送用の音源をもとにしたと言われるサウンドボード音源はアナログ時代から有名でゼップを語るうえで欠かせないアイテムのひとつです。今回はこれに新たに発見されたオーディエンスの音源が追加されたホントの決定版です。サウンドボードでは聴けなかった'Dazed & Confused'も収録されているので、今までのを持ってる人も買い直し必至のオススメ・アイテムです。~メーカー・インフォより


音源自体は以上のものと同様ですが、音の質感が異なるアナログ盤のコピー盤として有名なゼップ・ブード・CD創成期のこの盤も中古で発見~こちらも購入しました

LED ZEPPELIN/MUDSLIDE

led zeppelin_mudslide

Vancouver, Canada March 21, 1970


そして、1973年と1975年のサウンドボードによるブートも購入

LED ZEPPELIN/ Dallas Triumphant Return

LED ZEPPELIN_DALLAS TRIUMPHANT RETURN


DISC 1
1. Introduction
2. Rock And Roll
3. Celebration Day
4. Black Dog
5. Over The hills And Far Away
6. Misty Mountain Hop
7. Since I've Been Loving You
08. No Quarter
9. The Song Remains The Same
10. The Rain Song

DISC 2
1. Dazed And Confused
2. Stairway To Heaven
3. Heartbreaker*
4. Whole Lotta Love*
5. Communication Breakdown*

Live At The Dallas Memorial Auditorium Dallas TX U.S.A. May 18, 1973
*Coliseum Denver Colorado U.S.A. MAY 25, 1973
 

毎回いつも面白いタイトル、つまり "オモロー" なタイトルをリリースする世界のウェンディより、1973年のサウンドボード音源、5月18日ダラス公演がリリースになります! 

迫力のダラス公演を迫力のサウンドボード音源にて堪能できるすごいタイトル。この日はジョンポールジョーンズの体調がいまひとつだったらしく、ロバートがMCで、その不調の理由として前のヒューストンで張り切り過ぎたことと、次のフォートワースで頑張るからと陳謝しています。

だったらこの日のコンサートはどうなんだよと思うのですが、そこは空気を読んで突っ込まないであげてください。それでも中盤以降は調子をどんどん上げていき、まさにツェッペリンのダラス凱旋といった赴きのコンサートとなっています。

今回もファースト・ジェネレーション・マスターを使用ということで、音質はもちろん、内容的にも今までで最高のものとなっています。残念ながら既発タイトル同様「STAIRWAY TO HEAVEN」までの収録となっていますが、その音質はサウンドボード音源というだけでなく、こもり気味だった既発タイトルを凌駕するもので、今まで関連タイトルを所有している方でも買い替える価値アリの一枚。 

なお、後半3曲は、同年7月25日デンヴァー公演の、同じくサウンドボード音源を収録。このデンヴァー公演は、この3曲しかサウンドボード音源が発掘されておらず、ここにその全てを収録することにより、本来演奏されたであろう「MOBY DICK」を除き、全体を通してコンサートの流れを再現しています。

音質は最高のサウンドボード。内容はファースト・ジェネレーション・マスターによる最長収録。美しいピクチャー・ディスクの、がっちりプレス盤で日本語帯付。~メーカー・インフォより


LED ZEPPELIN/ST.VALENTINE'S DAY MASSACRE

LED ZEPPELIN_ST.VALENTINES DAY MASSACRE-1
LED ZEPPELIN _ST.VALENTINES DAY MASSACRE-2


DISC 1
1. Rock And Roll
2. Sick Again
3. Over The Hills And Far Away
4. In My Time Of Dying
5. Since I've Been Loving You
6. The Song Remains The Same
7. The Rain Song

DISC 2
1. Kashmir
2. No Quarter
3. Trampled Underfoot
4. Moby Dick

DISC 3
1. Dazed And Confused
2. Stairway To Heaven
3. Whole Lotta Love
4. Black Dog
5. Heartbreaker


Feburary 14,1975 Nassau Veterans Memorial Coliseum,Uniondale New York,USA

またまた2008年暮れに奇跡は訪れた。。。1975年屈指の名演として語り継がれているナッソー公演2日間!
今回はその二日目にあたる2月14日のライヴを音質最高のサウンドボードで登場!
とにかく聴き所は75ツアーではレアな“Since I've Been Loving You”、圧倒的なインプロヴィゼイションを見せつける最高の“No Quarter”、“Tangerine”をインクルードさせている“Dazed And Confused”、そして曲名が分からないが、ジャムから突入する“Heartbreaker”しかも“Mess Of Blues”がインクルードされる超レアバージョンとなっております!
そんでもってプレイが最高という、とんでもない日がサウンドボードで出ちゃいました!
本当に凄いとしか言いようがありません!
秋の夜長にがっつり聴いて下さい!~メーカー・インフォより



ブート自体の詳細は以上のように記しておきましたが、本日はとても寒く そして疲れ切った状態での貴重なお休みなので、完全引き篭もり状態で 彼らの名演の数々を堪能~また明日から始まるハードワークのためにも?英気を養い、疲れを癒してもらいたいと思います

led zeppelin live in new york 1975




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:LED ZEPPELIN - ジャンル:音楽

☆MOTLEY CRUE - In Japan~『2008/10/26 Saitama Super Arena』☆

先日のMOTLEY CRUE-JAPAN TOURさいたまスーパー・アリーナ日本最終公演から一週間以上が経過してしまいましたが本日 当日のライヴ・レポをサラッと?UPしたいと思います

MOTLEY CRUE - In Japan

motley crue08_live in japan

2008/10/26 - Saitama, JP (Saitama Super Arena)
01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil [ '97 Style ]
04. Saints Of Los Angeles
 - Mick Mars Solo -
05. Live Wire
06. Sick Love Song
07. Louder Than Hell
08. Mutherfucker Of The Year
09. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
10. Same Ol' Situation (S.O.S)
11. Primal Scream
12. Looks That Kill
13. Girls, Girls, Girls
14. Dr. Feelgood
--- ENCORE ---
15. Home Sweet Home


セット・リストは以上のような感じで、結局「LOUD PARK 08」及びツアー初日で演奏された“Red Hot”はセット落ちしたたままの固定セットで最終公演のパフォーマンスも展開されました

本公演ではゲストとして日本が世界に誇るHM BAND~LOUDNESSが出演しましたが、完全に皆がモトリー目的で私も本人達も完全なアウェー状態になってあまり歓迎されないのでは?と心配しましたが、殆どのオーディエンスがあの煌びやかな80年代~HR/HMブームを経験している人間なので オリジナル再結成後のへヴィなサウンドによる新曲はともかく、セットの後半に繰り広げられた“あの時代”の名曲群には皆が好反応を示し、素晴らしい演奏~見事なオープニング・アクトの役目を彼らは果たしました
80年代中期は彼ら自身も全米に進出してキャリアの絶頂期ということもあり、私も海外のバンドと一緒に彼らを聴いていた時期があったので、個人的にはBUCKCHERRYAIRBOURNEが前座に付かず、さいたま公演では彼らになって良かったと思いました(それぞれのバンドのファンの皆さん申し訳ありません・・・年寄りの戯言と思って聞き流して下さいね
昔とは風貌の趣味がだいぶ変わっちゃったタッカン~高崎 晃ですけどやはり生で観る・聴く彼のギター・テクニックは驚嘆に値する素晴らしいプレイでした

そしてセット・チェンジ後に我らがMOTLEY CRUEが登場
いきなり“Kickstart My Heart”のイントロで、ギターとドラムのタイミングが合わず一瞬の静寂が訪れるというハプニングがあったものの(逆に会場はそれはそれで大ウケだったし、2000年の来日公演~ベイN.K.ホールで行われた公演ではいきなり機材トラブルでギターの音が出なくなり、ミックがかなり落ち込む・・・という事件もありましたから)、ジャパン・ツアー最終日を見届けるべく詰めかけた大勢のオーディエンスの前で(やっぱりDEF LEPPERD/WHITESNAKEのようにファンが二分されない単独の方が真の一体感があって良かった)彼らならではの危険で猥雑な雰囲気をステージ上で存分に振り撒き、ワイルドで堂々たるライヴを思いっきり展開しました
今回のツアーは前回のツアーのようにサーカス仕立ての仕掛けやトミーニッキーのソロ・コーナーは一切ナシ
それを物足りないと感じたファンも居たんでしょうけど、私はバンド本来のカッコ良さ~バンドだけによる“素の姿のMOTLEY CRUE”を身近にリアルに感じられて素晴らしいライヴ・ショーだったと思いました
勿論、トミーニッキーのソロ・コーナーや“おっぱいカメラ”のコーナーが消えたとは言え、メンバーとオーディエンスとの強い絆による楽しいやり取りは展開され、トミーのボトル回し飲み(ステージを降りて最前列のオーディエンスと親交を?深める)やニッキーのバンザイMC等、今回のツアーで御馴染みとなった光景を挟みつつ、バンドとオーディエンスが一体となった素晴らしいライヴ~大満足の一夜となりました
大阪公演前にヴィンストミー&ニッキーの間に険悪な雰囲気が漂い、それがステージ上で悪い影響を及ぼすかもと懸念されていましたが、少なくともステージ上でのメンバー間のコミュニケーションには何の問題も無く和気あいあいと?メンバー同士は絡み、ライヴの最後にはドラム・スティックをアメリカン・フットボールのボールに見立て(ホルダー役はヴィンス)、キッカー・トミーがスティックを客席へ高々と蹴り上げるという光景も見られました

オープニング時にタイミングが合わなかったり、ヴィンスのMC前、中?に“Girls, Girls, Girls ”のイントロ・バイク音が流れてしまったりとチグハグなハプニング、ミスもありましたが、総じて彼らの魅力全開の素晴らしいライヴ・ショーが展開され 改めてオリジナル・メンバーのケミストリーによる強力なバンドの威力を感じさせる大満足の一夜となりました

See Ya Next Tour !!

Mötley Crüe - Mother fucker of the year




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。