ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆お知らせ☆

本日も携帯からの更新となりますが、『ヒロックの音楽生活』暫くの間 お休みしたいと思います…_(._.)_

先日お伝えしたとおり、私のインターネット環境に不具合が生じまして、修復されるのは明後日以降の予定…そして、仕事の方が超多忙を極めておりじっくりとPCに向かう時間は皆無と思われるので、暫くの間は記事の更新をお休みしたいと思います
新譜のアルバム・レビュー等、記事として記したい事は沢山あるんですけどね…昨日行われたJUDAS PRIEST武道館公演の感想とか…

とにかく、私ヒロックの次回ライヴ参戦予定は10/24~武道館にて行われるDEF LEPPARD/WHITESNAKE ダブル・ヘッドライナー公演なので、その時までは元気に復活したいと思っておりますので、私のブログに遊びに来てくれる皆さん、どうぞこれからも『ヒロックの音楽生活』をよろしくお願いしますm(_ _)m

それではまた次回の再会にて(^-^)/~~
スポンサーサイト

☆明日はいざ武道館へ!!☆

どうもここ最近、私のインターネット環境~接続が思わしくない状況なので(汗)本日は携帯から記事更新とさせていただきます

そして明日はあいにくの空模様になりそうな関東地方ですが バンド史上初となるコンセプト・アルバム『NOSTRADAMUS』を伴って現在日本ツアー中である英国の鋼鉄神JUDAS PRIESTの武道館公演に私ヒロック馳せ参じてきたいと思います
正直申しまして全く聴き込みが足りていない『NOSTRADAMUS』ですがとにかく三年ぶりとなるプリーストのライヴを思う存分楽しんできたいと思います
インターネット環境が修復しだいライヴ・レビューも早い内に行いたいと思っています

それでは今夜はしっかりと英気を養って明日武道館に行ってきます

☆今日の就寝前の一枚は何となくこれだな・・・☆

相変わらず公私共に多忙な日々を過ごしているヒロックですが、本日はかなりの疲労度となっており何となく就寝前に聴きたくなったメロディ豊かなHRアルバムは先日今年何度目かの大人買いによるコチラの一枚

Ritchie Blackmore's Rainbow: 銀嶺の覇者

Ritchie Blackmores Rainbow 銀嶺の覇者
銀嶺の覇者(紙ジャケット仕様)

rainbow-75.jpg

Rainbow_shm_kami_20080925231141.jpg

RAINBOW-MAN ON THE SILVER MOUNTAIN



Blackmore´s Rainbow - Catch The Rainbow Part 1 live 1977



Blackmore´s Rainbow - Catch The Rainbow Part 2



RAINBOW-TEMPLE OF THE KING



RAINBOW-SIXTEEN CENTURY GREENSLEEVES



『ヒロックの音楽生活』~私がこのブログを始めたばかりの頃に本作は私のお気に入りのアルバム~私の好きなバンドとしてRAINBOWを既に紹介していますが、そんな過去記事に興味のある方はコチラを参照してみて下さい(←ブログを始めたばかり・・・PCにも慣れていない頃なのでお恥ずかしい内容・・・文体となっておりますが

ポップでキャッチーな要素も多分に含むメロディアスで彩り豊かなHRアルバム~正に美しく燦然と七色に輝くRAINBOW伝説始まりに相応しい多彩な楽曲群に彩られた歴史的名盤です


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆METALLICAに次ぐへヴィロテ・アルバムはこれだ!!☆

連日お伝えしているとおり、METALLICA約5年振りのニュー・アルバムとなる『DEATH MAGNETIC』は購入から毎日のように聴いている大のお気に入りアルバム~へヴィロテ・アルバムとなっていますが、どうやら明日以降は新世代メタル・バンドの急先鋒であり、昨年HEAVEN AND HELL東京公演のゲストとして登場し、充実したライヴ・パフォーマンスと音楽性の素晴らしさを生で体感させてくれたこのバンドのニュー・アルバムが私ヒロックのお気に入り~へヴィロテ・アルバムの仲間入りを果たしそうです

TRIVIUM 将軍~CD+DVD スペシャル・エディション~

Trivium_Shogun.jpg

DISC-1
1. Kirisute Gomen/斬り捨て御免
2. Torn Between Scylla and Charybdis/トーン・ビトウィーン・スキュラ・アンド・カリブディス
3. Down From The Sky/ダウン・フロム・ザ・スカイ
4. Into The Mouth Of Hell We March/イントゥ・ザ・マウス・オヴ・ヘル・ウィ・マーチ
5. Throes Of Perdition/スロウズ・オヴ・パーディション
6. Insurrection/インサレクション
7. The Calamity/ザ・カラマティ
8. He Who Spawned The Furies/ヒー・フー・スポーンド・ザ・フューリーズ
9. Of Prometheus And The Crucifix/オヴ・プロメテウス・アンド・ザ・クルシフィックス
10. Like Callisto To A Star In Heaven/ライク・カリスト・トゥ・ア・スター・イン・ヘヴン
11. Shogun/将軍
12. Poison, The Knife Or The Noose/ポイズン、ザ・ナイフ・オア・ザ・ヌース※BONUS TRACK
13. Upon The Shores/アポン・ザ・ショアーズ※BONUS TRACK
14. Iron Maiden/アイアン・メイデン※BONUS TRACK

DISC-2
1. THE MAKING OF SHOGUN/ザ・メイキング・オヴ『将軍』(約53分、日本語字幕付)
2. SHOGUN - THE RIFFS/『将軍』奏法解説(ギター編&ベース編、約32分、日本語字幕付)


Shogun.jpg

trivium.jpg

今年の『SUMMER SONIC』及びO-EASTで行われた再来日公演へ足を運ぶことが出来なかったのは非常に残念なことでしたが(サマソニはともかく、単独公演ではもう少し規模の大きい会場でライヴを興すだけの人気、実力、成功が彼らにはもう充分あると思うんですけどね・・・)、とにかく私の大のお気に入りアルバムである2nd『ASENDANCY』、3rd『THE CRUSADE』(スイマセン・・・1stは未聴です)に続くニュー・アルバム『SHOGUN』を聴くことが今から楽しみでなりません

予約したニュー・アルバムは明日以降Amazonから自宅へ届くと思うので、聴き込んだ暁にはMETALLICA『DEATH MAGNETIC』並み、それ以上の興奮を持って成長著しい彼らのニュー・アルバムを御紹介出来ればと思っています

アルバム本編の内容も非常に楽しみですが、以前 私のブログ上でもUPした『KERRANG !』誌のフリーCD「MAIDEN HEAVEN A TRIBUTE TO IRON MAIDEN」に提供された“Iron Maiden”がボートラとして収録されるので、未聴のTRIVIUMファン及びIRON MAIDENファンは一聴の価値ありのカヴァー・ヴァージョンだと思います  

とにかく早くアルバム全編を聴きたくてしょうがありません

Kirisute Gomen - Trivium - Shogun



TRIVIUM - Kirisute Gomen 斬り捨て御免 live@Japan 2008




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆本日のMETALLICAは!?☆

発表から連日聴き捲くっているMETALLICA5年振りのニュー・アルバム『DEATH MAGNETIC』に伴う? “メタリカ・リスニング・デイ~本日の一枚はコチラ

METALLICA/GARAGE INC.

ガレージ・インクガレージ・インク
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る


DISC-1
1 Free Speech for the Dumb
2 It's Electric
3 Sabbra Cadabra
4 Turn the Page
5 Die, Die My Darling
6 Lover Man
7 Mercyful Fate
8 Astronomy
9 Whiskey in the Jar
10 Tuesday's Gone
11 More I See

DISC-2

1 Helpless
2 The Small Hours
3 The Wait
4 Crash Course In Brain Surgery
5 Last Caress / Green Hell

6 Am I Evil
7 Blitzkrieg
8 Breadfan
9 The Prince
10 Stone Cold Crazy
11 So What
12 Killing Time
13 Overkill
14 Damage Case
15 Stone Dead Forever
16 Too Late Too Late


The $5.98 E.P.: Garage Days Re-Revisited

Metallica-GARAGE DAYS RE-REVISITED

発表当時の98年新録を含むカヴァー集であり、彼らのお気に入りやバンドのルーツ~バンドの音楽性に大きな影響を与えたバンド群の楽曲が彼ららしいラフで生々しい音像とクールなカッコ良さ~力強い演奏によって繰り広げられる好企画盤です

結局?この作品も先日再発されたSHM-CD盤に買い替えてみたんですが、私的には旧盤より音質がクリアになり音像空間も幅広く向上した感じられましたが、私以外に買い替えたファンの方はどうお感じになったでしょう??

98年の新録音も彼らのルーツを探るには興味深い内容~カヴァーですが、私個人はDISC-2 の内容~87年限定で発売されたEP『The $5.98 E.P.: Garage Days Re-Revisited 』が特に当時から好きでお気に入りですし、このEPは当時ジェイソン・ニューステッドのお披露目の意味合いも含まれていたので、このアルバムではしっかりとベースの音が聞こえます 

もしかすると、変に構えず緊張感を持たずに彼らと向き合い、とてもクールに感じつつも彼らのルーツを辿り、単純に何度も楽しく聴けるアルバムはこの『The $5.98 E.P.: Garage Days Re-Revisited~メタル・ガレージ 』かもしれないと私個人は思っています

ジェイソンを含む当時の4人の姿~ジャケも好きなので、既に手元から消えてしまったオリジナル盤も今度探してみようかな


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

☆へヴィロテ中です♪~Pt.2☆

ここ最近 自宅のインターネット接続に不具合が生じていたので、まともにインターネット閲覧及びブログの更新が出来ませんでしたがヒロック相変わらずのへヴィロテ作品はやはりコチラです

デス・マグネティック~ストロング・エディション

metallica_Death Magnetic

metallica08death magnetic

今夜はコチラの書籍も併せて全米初登場1位となった彼らの会心作を改めてじっくりと堪能したいと思います

レコード・コレクターズ 2008年 10月号 [雑誌]レコード・コレクターズ 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/09/13)
不明

商品詳細を見る


約5年振りのニュー・アルバム『DEATH MAGNETIC』に合わせてのMETALLICA特集号ですが、何故か表紙はロバート・トゥルージロを含む現ラインナップでも名作『MASTER OF PUPPETS』を生んだクリフ・バートンを含む(彼の遺作となってしまった・・・)ラインナップでもなく、不幸にもバンドを離脱してしまったジェイソン・ニューステッドを含むラインナップ写真となっています
・・・しかし、ジェイソンは14年の長きに亘ってバンドのベーシストを務めた人物であり、ファンやバンドが求める?クリフの亡霊やバンド自身から掛けられた重圧、抑圧(イジメ?・・・)を強いられながらも強烈な咆哮ヴォーカルを含むステージ・パフォーマンスでの個性・存在感を十分に発揮していた人物~ベーシストなので、ある意味 世間が認知する大成功を収めたモンスター・ロック・バンド~METALLICAのクラシック・ラインナップは彼を含んだ編成なのかもしれませんね

現在のジェームズは貫録十分で、フロントマンとしての絶対的存在感と威厳を放っていてそれはそれでカッコイイと思いますが、やはりこの表紙を見るとメンバー全員が長髪でいた頃がとても懐かしく、断然こちらの方がルックス的にカッコ良かったと思いますし、洗練された佇まいとしては“これぞ、METALLICA”と私個人は思ってしまいます

リアル・タイムで彼らに接してきた私としては当然、クリフを含む編成に思い入れ度が一番強いんですけどね

metallica_ppss_20080919232837.jpg
ride26s_20080919232915.jpg

それと、クリフデイヴ・ムステインを含むラインナップがもし続いていたらMETALLICAの現在はどうなっていたんでしょうかね??・・・

Metallica81.jpg

METALLICA - THE EARLY DAYS




For Whom The Bell Tolls



Metallica - Creeping Death [Live] (San Diego '92)



Seek And Destroy [Jason Vocals] #1&2 - Metallica (Live 1992)





Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 
   

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆へヴィロテ中です♪☆

先日、『ST.ANGER』から約5年振りとなる新作『DEATH MAGNETIC』を全世界同時に発表した現代のロック・モンスターMETALLICA

metallica08death magnetic

デス・マグネティック~ストロング・エディション

metallica_Death Magnetic

1 That Was Just Your Life
2 End Of The Line
3 Broken Beat And Scarred
4 Day That Never Comes
5 All Nightmare Long
6 Cyanide
7 Unforgiven III
8 Judas Kiss
9 Suicide And Redemption
10 My Apocalypse



既に多くのリスナーがニュー・アルバムへの感想、意見等の思いの丈を語っていますが、私が単純に、そして率直に『DEATH MAGNETIC』へ物申すとなると、「とても彼等らしいカッコイイアルバム」~購入からへヴィー・ローテーションで聴き捲くっているお気に入りの作品であるということです

大物の新作~売れているバンドに付き物となる?賛否両論の評価が渦巻いているのは承知していますし、殆どの楽曲が7分台を超える大作となっているので収録曲が全10曲とはいえ、とても長い作品~集中力を要する作品となっていますが、私個人はアルバム全編を飽きることなく退屈することなく一気に何度も楽しめる作品~正しく久々に彼等にとっての会心作になったと感じました

METALLICAというバンドが好きかどうか?~彼等に対する思い入れ度によってニュー・アルバムに対する評価も変わってくるとは思いますが、前評判どおりに『RIDE THE LIGHTNING』 『MASTER OF PUPPTES』 『...AND JUSTICE FOR ALL』の作風~構成・構築美を彷彿させるスリリングでアグレッシヴなドラマ性を帯びたアルバムとなっていますが、『BLACK ALBUM』のダイナミズムと『LORD』 『RELORD』を経たメロディや洗練・整合されたサウンド作り(本作はとても生々しくラウドな音像となっていますが)、ストレートに怒りの感情を露わにし、アグレッシヴさを取り戻した『ST.ANGER』のグルーヴ感とラフな(本作とは違った)生々しいサウンドは本作『DEATH MAGNETIC』でも十分に感じられるので、過去の作品の要素を多分に含んだ現時点での彼等の集大成的作品だと私は思いました

クリフ・バートンが生きていたならば、同じ様なアルバム構成~ドラマティックな作風であっても、もう少しアレンジ面で巧みで洗練された曲展開が施されたかもしれませんが、アグレッシヴで複雑な曲展開~様々なサウンド、メロディ、ドラマ性、表情を見せる全10曲の大作楽曲群は十分にかつてのMETALLICAを彷彿させるものであり、ニュー・ベーシストによる新作という面からも『...AND JUSTICE FOR ALL』に相通ずるものも感じられ、それに続く作風~作品であるのが『DEATH MAGNETEIC』であるとも私は感じました

今回もラーズのドラム音はクセがある感じで好き嫌いが分かれるかもしれませんが(正直に言うと彼のドラムはヘタウマなりに昔の方が個性的で上手かったと思うけど)、生々しいサウンドに乗るジェームズのヴォーカルは更に野太く感情表現が増して素晴らしく、ドラマティックな曲展開の一翼を担っていますし(いや、主役かな?彼の歌い手としての成長、存在感、感情表現はバンドの素晴らしい個性ですからね)、前作でのギター・ソロ無しの鬱憤を晴らすかの如く?弾き捲るカークのスリリングでメロディアスなギター・ワークもバンドの個性として~在るべき姿としてとても聴き応え十分で各楽曲のへヴィでドラマティックなカッコ良さに彩りを添えています

Metallica - The Day That Never Comes



とにかく私的には、METALLICAならではのハード&へヴィな美意識・美学がアグレッシヴにドラマティックに復活した素晴らしくカッコイイアルバム~久々の会心作と感じられ、暫くは超へヴィー・ローテーションとなること間違いナシのお気に入りですよ


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

☆大人買い♪Pt.2~新作を聴くのは明日以降!?☆

絶大なる期待感(かつての音楽性に戻ったとされる彼ら流様式美サウンド~曲作り?)と2008下半期最大の話題性を振り撒くであろう5年振りの新作を本日発表した現代のロック・モンスターMETALLICA

metallica08.jpg

デス・マグネティック~ストロング・エディションデス・マグネティック~ストロング・エディション
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る


既に多くのファンが昨日の時点で注目のニュー・アルバム『DEATH MAGNETIC』アルバム全編を興奮気味に耳にしていると思いますが、私ヒロックは現時点でAmazonで予約した本作が未到着なのでアルバム全編を堪能するのは明日以降~この三連休中になるかと思います
・・・明日はいつもの如く?休日出勤となるのでじっくりと聴けるのは日曜月曜の休みになるのかなぁ~
とりあえず明日にはアルバムが自宅に到着していると思うので、仕事を終えて帰宅後には聴けるはずであろう期待の新作を楽しみに待ちながら明日の仕事も頑張りたいと思います

Metallica - The Day That Never Comes




ニュー・アルバムと共にSHM-CD仕様で再発された彼らの過去作品は、とりあえずここまで揃えておくことにしました

キル・エム・オールキル・エム・オール
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る

ライド・ザ・ライトニングライド・ザ・ライトニング
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る

メタル・マスターメタル・マスター
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る

メタル・ジャスティスメタル・ジャスティス
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る

メタリカメタリカ
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る


LED ZEPPELINに続く大人買い第二弾で、今月は尋常ならぬ出費~かなり金銭的に頑張ってしまっている私ヒロックですがニュー・アルバムと共に彼らの旧作~名作の数々も連休に改めて堪能したいと思っております

No Remorse



For Whom The Bell Tolls



Master Of Pappets



ONE



Enter Sandman




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆本日就寝前の2枚はこれ♪☆

ヒロック、本日就寝前の堪能作品は以下の2枚

イン・スルー・ジ・アウト・ドア(紙ジャケット)イン・スルー・ジ・アウト・ドア(紙ジャケット)
(2008/09/10)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


Led Zeppelin Knebworth 1979 - In The Evening



Led Zeppelin Knebworth 1979 - Hot Dog



LedZeppelin_1979.jpg


コーダ(最終楽章) (紙ジャケット)コーダ(最終楽章) (紙ジャケット)
(2008/09/10)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る
 

Led Zeppelin-We're Gonna Groove



Led Zeppelin-I Can't Quit You Baby



Jimmy Page and Robert Plant ~ Wearing and Tearing



LedZeppelin_1980.jpg
led zeppelin_1980-TourOverEurope 

デフィニティヴ・ボックスセット<SHM-CD>(紙ジャケットボックスセット)デフィニティヴ・ボックスセット(紙ジャケットボックスセット)
(2008/09/10)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る



それでは皆さん、おやすみなさい


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:LED ZEPPELIN - ジャンル:音楽

☆大人買い♪☆

皆さん御存知のとおり?私ヒロックといって思い浮かべるバンドは勿論、偉大なる鉛の飛行船~LED ZEPPELIN

led-zeppelin_20080909223909.jpg

本日、予てからファンの間で物議を醸していた?究極コレクションと、新仕様による彼らの関連作品がHMVより我が家に到着 
まだ封も開けずにその作品群の外観を眺めているところですが、大胆で思い切った大人買いをしちゃいましたね↓ 

デフィニティヴ・ボックスセット<SHM-CD>(紙ジャケットボックスセット)デフィニティヴ・ボックスセット(紙ジャケットボックスセット)
(2008/09/10)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


アウトライダー(紙ジャケット仕様)
Outrider.jpg

ノー・クォーター(紙ジャケット仕様)
No Quarter_Unledded

ウォーキング・イントゥ・クラークスデイル(紙ジャケット仕様)
Walking Into Clarksdale

結局いつものことなのですが、また暫くはZEPモード突入LED ZEPPELIN三昧な日々を過ごすことになりそうです
彼らの創造した素晴らしき音楽を聴き飽きるってことは未来永劫 私には有り得ませんからね 

JIMMY PAGE & LEONA LEWIS - WHOLE LOTTA LOVE

FULL!!! Jimmy Page at Summer Olympics 2008


  
[Read More...]

テーマ:LED ZEPPELIN - ジャンル:音楽

☆難しく考えずに、今ある姿を単純に楽しんじゃいましょう!!☆

今年で結成35周年を迎え、現メンバーによってニュー・レコーディングされたロック・アンセム~名曲の数々を収めた最新ベスト盤を先ずは我が日本で発表した地獄からの使者KISS

KISS_ALIVE_2004.jpg

KISS/地獄烈伝~ニュー・レコーディング・ベスト~(初回生産限定盤)(DVD付)

地獄烈伝-ニューレコーディング ベスト

DISC:1
1. DEUCE
2. DETROIT ROCK CITY
3. SHOUT IT OUT LOUD
4. HOTTER THAN HELL
5. CALLING DR.LOVE
6. LOVE GUN
7. I WAS MADE FOR LOVIN' YOU
8. HEAVEN'S ON FIRE
9. LICK IT UP
10. I LOVE IT LOUD
11. FOREVER
12. CHRISTINE SIXTEEN
13. DO YOU LOVE ME
14. BLACK DIAMOND
15. ROCK AND ROLL ALL NITE

DISC:2~DVD-KISSLOGY SPECIAL
1. DETROIT ROCK CITY
2. LET ME GO, ROCK’N’ROLL
3. LADIES ROOM
4. FIREHOUSE
5. I WANT YOU
6. COLD GIN
7. NOTHIN’TO LOSE
8. GOD OF THUNDER
9. ROCK AND ROLL ALL NITE
10. SHOUT IT OUT LOUD
11. BLACK DIAMOND
LIVE AT BUDOUKAN TOKYO,JAPAN '77


現在公開されている映画「デトロイト・メタル・シティ」ジーン・シモンズが出演しているということもあり、見事なビジネス戦略~千の顔を持つ男ジーンの“ビジネスマン”としての策略を格好の時期に展開した便乗商品とも言える最新ベスト盤なんですが、現在の潔い彼らの在り方や活動方針?~今回のニュー・レコーディングによるベスト盤に関しては様々な賛否両論の意見が取り沙汰されていますね 

私も初めはKISSというバンドを深く愛しているが故に、今回のベスト盤に関して否定的な意見をつらつらと述べようと思っていましたが(リユニオン以降、ライヴでの曲のテンポが遅い・・・ピーター・クリスより断然テクニックが上で若いエリック・シンガーが加入したのにも関わらずテンポは遅いままで、今回のニュー・レコーディング“DEUCE”は特にそれが顕著とか、ほぼオリジナルに忠実な完全コピーとなっているため、アレンジの冒険心、ニュー・レコーディングとしての面白みが無いとか、トミーの歌う“SHOCK ME”も聴いてみたかったとか、当然初期の曲に関しては大幅に音質が向上しているが、たとえショボイ音質であってもあの当時感じられた“マジック”は存在せず、プロデュース面でのサウンド・マジック~真の醍醐味は感じられなかったとかの感想を終始綴ろうと思っていました・・・って殆ど思っていた否定的な意見を述べちゃいましたね)、何度も聴いている内にやはり彼らのロック・アンセムとも言うべき名曲の数々は単純に気持ちが高揚して楽しい気分になってしまう素晴らしいものですし、メンバーは変われど現在でもエンターテイナーとしての醍醐味を我々に十分味あわせ魅了し続ける彼らの存在は改めて偉大だと感じました 
とにかく単純に彼らのロックンロール・ショー~素晴らしきロック・アンセム、名曲の数々を現代の音~“これが彼らの現在進行形の姿”として楽しんじゃえばそれで良いと思います 
ファンとしては彼らの意に反して?現メンバーでの純粋なる新作を聴いてみたいと期待しているのですが、それがダメなら今回のベスト収録曲だけでは物足りない気もするので、今回のようなベスト第2弾、第3弾と「KISSOLOGY」みたいな形でシリーズ化するのも悪くないと思います「KISSOLOGY」シリーズもいい加減そろそろ国内版の発売をよろしくお願いします

それと変則的なニュー・アルバムが今回現メンバーで発表されたということもあるので是非来年若しくは今年の年末には待望の再来日公演を実現させて欲しいところですね

ちなみに特典DISCのDVDですが、「KISSLOGY」の抜粋~NHKの「ヤング・ミュージック・ショー」でも放送された伝説の初来日武道館公演の模様が収録され近年には再放送もされましたが、本作に収録されているヴァージョンは放送されたものと多少内容が異なっています
放送されたものとカメラアングルが異なる個所もありますし、放送された“MAKIN' LOVE”はカットされ、未放送であった“LADIES ROOM” “I WANT YOU” “SHOUT IT OUT LOUD”の3曲が追加収録されています
依然、完全収録とはなっていませんが、内容が放送したものとは異なるので、再放送を録画したファンやブートを所有しているファンも一見の価値アリ~限定盤の仕様のものを購入された方が良いかと思います

BURRN!を含めた各誌のレビューやメディアの紹介ではこの辺のところが触れられていないもんですから・・・ 

KISS LIVE IN JAPAN 1977



KISS Udo Music Festival 2006 - Rock And Roll All Nite



KISS ALIVE 2008-WORLD TOUR




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ  

テーマ:KISS - ジャンル:音楽

☆ワンダフル・トゥデイ☆

近年、アーティスト自身が語る歴史の真実・真相や研究し尽くされた正確なデータが網羅された伝記本が相次いで発表となり、私自身最近は歴史的有名アーティストの伝記本ばかりを愛読していますが 近日中に購入し読むのを楽しみにしているのがこの一冊

パティ・ポイド自伝 ワンダフル・トゥディパティ・ポイド自伝 ワンダフル・トゥディ
(2008/08/30)
パティ ボイドペニー ジュノー

商品詳細を見る


THE BEATLES~GEORGE HARRISONの奥方であり、“SOMETHING”等の名曲~ラヴ・ソングの全てはジョージ自身から彼女自身に捧げられ

GP_honeymoon.jpg

そして、紆余曲折を経た後にERIC CLAPTONの奥方となり、名曲“LAYLA”のモデル~エリック自身もこの名曲や“WONDERFUL TONIGHT”等の名ラヴ・ソングを最高の愛情を持って捧げた女性~可憐で美しく、愛くるしい笑顔がとてもいとおしく思える女性~PATTIE BOYDが語る自伝本です

claptonPattie.jpg

THE BEATLES~FAB 4の奥方はそれぞれに、メンバー4人の人生を鮮やかに彩るだけの個性と魅力を伴った素敵な女性達でしたが、単純に男性目線で見た場合 パティが一番女性としての可愛さと色気 美しさを醸し出していた存在だったと思います

PATTIE BOYD

Pattie_boyd_pic.jpg


個人的にはエリックと居るパティよりも、ジョージと幸せそうに寄り添うパティの方が好きです
ジョージとのツーショットの数々は本当に仲睦まじい姿~ラヴラヴで美しい写真が多く残されていますよね

GEORGE&PATTIE

georgepattie.jpg


彼女自身が語る悲しい出来事~史実と遭遇してしまう場面もあるかと思いますが、彼女自身が語る半生~今現在~これからをじっくりと熟読したいと思っています 

THE BEATLES-SOMETHING




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:THE BEATLES - ジャンル:音楽

☆やっと購入♪☆

昔からBURRN!の在り方やそこに在籍する編集者に関しては色々と取り沙汰されていますが、ホント今回も?編集長さんの嗜好丸出しの増刊号となりましたね

METALLION(メタリオン) Vol.31

metallion_vol-31.jpg

掲載内容

ギター・プレイヤー必読、YNGWIE MALMSTEEN大特集!

≪ニュー・アルバムを発表するマイアミの巨匠に独占インタビュー!≫
★イングヴェイ・マルムスティーン
+ニュー・バンドを率いての最新ロンドン公演の模様を独占リポート!

≪イングヴェイの新たな相棒になった元JUDAS PRIESTのヴォーカリストを直撃!≫
★ティム“リッパー”オーウェンズ

≪過去のメンバーが“イングヴェイ体験”を赤裸々に語る!≫
★ジョー・リン・ターナー ★マイク・ヴェセーラ
★ドゥギー・ホワイト ★ヨラン・エドマン
★マーク・ボールズ ★イェンス・ヨハンソン
★マッツ・レヴィン ★マルセル・ヤコブ

≪本誌独占! “弟・イングヴェイ”の生い立ちと人間形成のプロセス≫
★ルイーズ“ロロ”レナーバック(イングヴェイの実姉)

≪現代のギター・ヒーローがそのルーツを語る!≫
★ポール・ギルバート ★マイケル・アモット 
★アレキシ・ライホ ★ガス・G
★DRAGONFORCE(ハーマン・リ&サム・トットマン)
★梶山 章 ★Syu/GALNERYUS


8/28に発売された今回のBURRN!増刊号METALLION Vol.31ですが、発売日当日の仕事帰りに書店を三軒ほどハシゴしましたが結局見つからずオンライン・ショップでの取り寄せ購入となり、本日我が家に現品が届きました 

インギーに興味の無いHR/HMファンにとっては無用の長物になりかねない今回のMETALLIONですし、限定発行による特集記事~マニアだけが喜びそうな内容なので、書店に並ぶ発行部数や書店自体が取り寄せて店頭に並べる数は少ないと思いますが、これがある意味国内におけるHR/HMシーンの低迷~人気の現状を物語っていると思います・・・現在、BURRN!本体がどれだけの発行部数と売上を記録しているか分かりませんが、私の身近な書店ではかなりの部数が発売から一ヶ月経っても常に売れ残っていますからね
以前から自分の好きなバンドが表紙~特集の時だけ買うというHR/HMファンは多く存在しましたし、私も二十年以上本誌を買い続けていますが、ある時期から今現在までホントある意味惰性で買っているところがあるんですよね・・・その内容と重要な起点となる発信源としての責任ある在り方に疑問符?を抱いていることは確かですからね。
これだけ情報過多な時代となると、BURRN!でスクープとされるニュースや記事にリアリティー、速報性は感じられませんし(伊〇政〇氏による独占インタビューって言ったって、自分のTVやラジオで同じ内容のものが使い回しになっているのでリアルに目新しいと感じる場面、感動?は皆無というか白けます)、特集すべきバンドや来日公演レビュー、発信すべき情報や編集部員の考え方、在り方、姿勢にズレを感じているファンの方は多いかと思います。
昔のBURRN!は写真等含めて取って置くだけの価値のある記事や特集があったように感じますが、今では本棚の肥やしにもならず買ってもすぐに捨てるか、価値の分かる古本屋行きですからね

・・・でも実際にこれではダメなんですよね・・・かつて栄華を誇った頃のようにBURRN!が売れるくらいじゃないと国内でのHR/HMシーンを低迷を続けるばかりですし、マニアックな内容と言えどもHR/HMファンが色めき立つくらいに増刊号にも興味を示して貰ったり、書店の店頭に並んでないと益々国内でのHR/HMは絶滅傾向になっていくと思います。

難しいところですけどね・・・実際にBURRN!全然面白くないし(言っちゃった)、私達世代だと全面的に“大人のロック~オヤジ・ロック”的な特集を組む雑誌の方が現在では読み応えがあったりするので(ここ数年、このような雑誌や特集号が増えましたよね)、やはり欲求や認識にズレが生じていることは確かなんですけどね。 

・・・と、訳の分からない御託、愚痴、現状への危機感を綴りましたが皆さん御存知のとおりBURRN!編集長さんと私の嗜好は似ておりますので、興味深く今回の特集号を読ませて頂きました
アメリカでは人気が再燃している現在のインギーですが、国内での人気~このようなマニアックな内容を喜ぶファンを含め、彼の人気が現状でどの程度ものなのかは分かりませんが、元JUDAS PRIESTティム“リッパー”オーウェンズを迎えての最新作はやはり気になりますし、先頃SHM-CD紙ジャケ化で再発されたポリドール時代のアルバムはしっかりと揃えさせて頂きましたよ

Tim Ripper Owens

タイトル未定(DVD付)
ライジング・フォース(紙ジャケット仕様) 
マ-チング・アウト(紙ジャケット仕様)
トリロジー(紙ジャケット仕様)
オデッセイ(紙ジャケット仕様)
トライアル・バイ・ファイア-:ライヴ・イン・レニングラード(紙ジャケット仕様)
エクリプス(紙ジャケット仕様)

Yngwie Malmsteen - I'll See The Light Tonight (Live)



You Don't Remember



Heaven Tonight



Bedroom Eyes




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。