ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆PURE ROCK !!~いい時代でした♪☆

以前、ブログで親しくして頂いている方が採り上げたネタなんですが(要はパクリネタです)、リアル・タイムで体験している私達世代としては、この頃は本当に良い時代であり、そしてその顔触れを懐かしく感じ、この豪華絢爛なラインナップはHR/HMを愛するファンとしては本当に魅力的です

PURE ROCK




'80s~最高!! 正にHR/HM黄金時代☆☆☆o(^-^)o


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

☆紫色に染められてPt.2!?☆

先日の記事にコメント頂いたぴぃたぁぐりんさんのリクエストにお応えして今夜はこちらです
 
dp_Shades Of Deep Purple
ハッシュ(K2HD/紙ジャケット仕様)

Deep Purple "Hush" from Playboy After Dark



自称真正深紫 ファンにとっては第二期こそがORIGINAL DEEP PURPLEであり、その時代しか認めないとの向き~頑固な主張もありますが、ぴぃたぁぐりんさん同様に、私はアート・ロックとも評された第一期深紫の音楽性も好きだったりします

LED ZEPPELIN~ロバート・プラントの凄まじさ・衝撃を受けてしまったリッチーロッド・エヴァンスに対し、「うちのバンドのヴォーカリストは弱すぎる・・・アマチュアだ・・・ヴォーカルを変えねば」と思ってしまうのは致し方ないロッドのソフトなヴォーカル・スタイルですが、この路線には十分に合っていて適応しているヴォーカリストだと私は思っていますし、実際それほど嫌いなヴォーカリストではありません
声質も悪くありませんし、決して下手なヴォーカリストではないと思います

それにしても当時のリッチーは自分のギターを司会者?に触らすぐらい愛想の良いお茶目な感じですしメンバー全員、異常なくらい髪の毛がフサフサです・・・リッチーペイシーは後に減ったり増えたりしますが

そして、時代を感じる映像なのは当然ですが、オーディエンス?全てがクネクネと楽しそうに踊っています


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:Deep Purple - ジャンル:音楽

☆紫色に染められて!?☆

結局?今日も関東地方の昼間はとても暑くちょこっと外にお出掛けもしましたが、基本的にはインドアな1日を過ごさせていただきました
本来なら自宅近くで昨日から行われていた地元の夏祭りに夕方近くから馳せ参じようと思っていましたが、見事に強烈な雷雨に見舞われてしまったので何の楽しみも無く今日1日を終えようとしています

それにしてもマッタリ過ごした割には昼間が暑かったせいもあり、ここのところの疲労がイマイチ回復しなかったのは、「なんだかなぁ~」といった感じです・・・

唐突なんですけど紫色はよく欲求不満の色と表現されますが?私も最近の仕事の忙しさとその在り方、諸々のことに対して欲求不満傾向
・・・よって本日のインドアな生活を共にしたラインナップは以下のバンドの以下の作品となりました

DEEP PURPLE

dpmark3_ch.jpg
DP-MK-Ⅵ

dp_California Jam 1974
カリフォルニア・ジャム1974(K2HD/紙ジャケット仕様)

Deep Purple - California Jam~Live 1974







deep purple_Live In London 1974_mk-3
ライブ・イン・ロンドン1974

Deep Purple
- Live at Hammersmith Odeon 09.05.1974




dp_Slaves And Masters
 スレイヴス・アンド・マスターズ

Deep Purple-'90~'91

King Of Dreams



Love Conquers All



Wicked Ways-Live '91



今日1日はひたすらDEEP PURPLE三昧・・・紫色を欲していたということはやはり最近欲求不満なんでしょうかね

プロフにも記しているとおり、私にとってHR/HMの洗礼を初めて浴びたバンドはDEEP PURPLE Mk-Ⅱだったわけですが、それを敢えて外しての?今回のラインナップ・・・私らしいとは思いませんか
真正深紫ファンは認められないかもしれませんが、私の個人的嗜好で言うと、オリジナル深紫では第3期と第4期が好きですし、DEEP PURPLE以上に彩り豊かな全てのRAINBOWが私は大好きだったりしますから、当然の?ラインナップだったりするんですけどね

色々ありますけど?とりあえずまた明日から1週間頑張ります 


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
   
 

テーマ:Deep Purple - ジャンル:音楽

☆明日も仕事です・・・☆

連日厳しい暑さが続いていますが(←最近こればっかですね)、本日の関東地方は大気の状態が非常に不安定だったので夕方近くからだいぶ涼しくなり、今夜は久々に寝苦しくない夜となりそうです

私の住んでいる地域は結局大荒れな天気にはならず、仕事からの帰りも何の問題も無く、無事に?帰宅することが出来ましたけどね

・・・しかし、仕事の忙しさは相変わらずなので明日も休日出勤・・・御手当目当てで頑張りたいと思います

それにしてもいい加減疲労が溜まってきたな・・・

とりあえず、昨日ウドーで先行予約していたJUDAS PRIEST武道館公演のチケットもやっと届いたということで、未だにレビューしていないこちらを聴きながら就寝~疲れを取りたいと思います

ノストラダムスノストラダムス
(2008/06/25)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る



・・・発表から度々私のブログに登場し、本作を何度も聴いていることは確かなんですけど、やはりあまりにも遠大な長編作&最近の多忙さが原因で、実は本格レビューをする気が失せつつある作品・・・それが私の実情なんです・・・好きな作品であることに間違いはないんですが、スイマセン


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆確かにクオリティ・アップしていますね♪☆

連日の暑さと仕事の忙しさで疲労困憊・・・本格的なディスク・レビューを全く行う気のない私ヒロックですが只今リニューアル発売されたコチラを堪能しています

deep purple_Live In London 1974
ライブ・イン・ロンドン1974

DAVID COVERDALE,GLENN HUGHES~希代の名ヴォーカリスト2人を擁する贅沢な編成による、私の大好きなDEEP PURPLE MK-Ⅲの’74年5月ロンドン公演を収めたライヴ盤

dp_mark3.jpg

ラジオ音源であったこともあり、過去にブート及びオフィシャルで何度も改良を施されて?リリースされた有名なライヴ音源ですが、今回のリニューアル盤は今までカットされていたMCや曲間、編集ナシの“SPACE TRUCKIN'”等(“YOU FOOL NO ONE”等におけるリッチーのソロやちょっとしたフレーズを今回初めて聴ける場面もあります)を含む“現時点での”ノーカット完全収録盤です

音質の方も最新リマスターが施され、音の質感も既発の物とはだいぶ変わった印象
初めは収録時間を含めて過去の盤とそれほどの相違点は感じられないと思って購入したのですが、現時点で音質も収録内容も最高と私は感じるので、全パープル・ファン(特にMK-Ⅲファン)買い替え必至のアイテム~名ライヴ盤だと私は思います

今回、パープル・レコーズの権利がVAPからビクターに移行しての再発盤は他にも沢山あるのですが、とりあえず私が購入したのは本作のみ
・・・しかし、この音質向上~改善が施された盤を聴いてしまうと、現在私が所有しているパープル・レコーズ過去盤も買い替えを考えなくてはなりませんね

LED ZEPPELIN同様に彼らも今年で結成40周年
9月には彼らの黄金期のオリジナル・アルバムがSHM-CD化で再発され、アニヴァーサリー・イヤーを祝う企画が?今月から続々と各レコード会社で行われますが、先のSHM-CD化乱発再発状態を含めて多くのファンがここのところの旧譜再発に困り果てていると思います
・・・最近、大人買いが流行っているようですがさすがに限界がありますよね


おっと話がだいぶ脱線気味になりましたが今年、パープル加入~デビューから35周年 
WHITESNAKE結成から30周年を迎えたデイヴィッドですが、スポーツ新聞紙にこんな記事が載っていたので興味のある方はご覧になって下さい→詳細はコチラ

そして、『LIVE IN LONDON 1974』と同時期のライヴ映像~ブート映像として有名なコチラもUPしておきます

Deep Purple
- Live at Hammersmith Odeon 09.05.1974


 


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ   

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

☆本日は貴重なお休みなので・・・☆

三連休も本日で終了となりますが、皆さんは有意義なお休みを堪能されているでしょうか??

ヒロックは相変わらずの忙しさで昨日一昨日と休日出勤・・・三連休ならずのお休みは本日のみです
よって、連日の暑さで疲労もかなり溜まっているということもあり、本日はひたすら家でゴロゴロしながら以下の作品群を堪能したいと思っております

ダイアモンズ-ベスト・オブ・ディオダイアモンズ-ベスト・オブ・ディオ
(2008/06/25)
ディオ

商品詳細を見る


ノストラダムスノストラダムス
(2008/06/25)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る


ザ・ベスト・オブUFO(’74-’83)ザ・ベスト・オブUFO(’74-’83)
(2008/05/21)
UFO

商品詳細を見る


モトリー・クルー カーニバル・オブ・シンズモトリー・クルー カーニバル・オブ・シンズ
(2006/06/09)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


Fish out of WaterFish out of Water
(2007/08/14)
Chris Squire

商品詳細を見る


私らしい?選り取り見取りのラインナップを心行くばかりに楽しみ、少しでも疲労回復また明日から始まる一週間、仕事に備えたいと思います

今回のラインナップにYESのベーシストCHRIS SQUIREのソロ・アルバムが含まれていますが、今月から開始される予定であった本家YES結成40周年ツアーはJON ANDERSONの病気(詳細不明)によりキャンセルとなってしまったようです

Chris Squire - Hold Out Your Hand / You By My Side (1975)



他の大御所バンド同様に、YESの各メンバーもかなりの御年となっているので、体調面及び演奏力の衰えは致し方ないことですが、ジョンの病気の早期回復を祈り、結成40周年のアニヴァーサリー・ツアーを大々的に行って復活してもらいたいと思います
RICK WAKEMANは既にまたまたバンドを脱退し、息子のOLIVER WAKEMANがキーボードの座に就いていますが(YESも遂に?二世代バンドとなり、これならジョンの“理想郷YES”は永遠に存続するかも)、この正統的ニュー・ラインナップによる再来日公演も是非実現して欲しいものです

先日のASIA来日公演におけるSTEVE HOWEの熱演も本当に素晴らしいものでしたからね

Steve_Howe_and_Carl_Palmer.jpg


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:自分に力をくれるもの - ジャンル:音楽

☆売れ切れ必至!?☆

これ買って聴いてみようかな

Kerrang!_ No.1219

詳細はコチラ

 
[Read More...]

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆少しでも涼しくなりたくて!?☆

連日続く昼間の暑さに辟易・・・
今夜も熱帯夜となってグッスリ眠れなさそうな雰囲気なので少しでも気分を涼しげにさせるため現在こちらのアルバムを聴いています

黒い安息日(紙ジャケット仕様)
Black_Sabbath_1st.jpg

BLACK SABBATH/BLACK SABBATH

 

ORIGINAL_BLACK_SABBATH.jpg

オドロオドロしくおぞましい恐怖を感じ涼しい気分にさせてくれる?HR/HMアルバム(曲)を思い浮かべていたら、やはりこの作品に辿り着いてしまいましたね

結成40周年となる今年、結局オリジナル・サバスの復活~活動は無さそうな雰囲気ですが、もう一方のBLACK SABBATHロニーを擁するHEAVEN AND HELLの活動は今年も順調
新作の準備も着々と進行中のようですが、来週発売予定となっている以下のボックス・セットも全てのラインナップ~BLACK SABBATH活動全史を愛する私のようなファンにとっては嬉しいアイテムの登場です

The Rules of HellThe Rules of Hell
(2008/07/22)
Black Sabbath

商品詳細を見る


でも、どうせならロニー期のオリジナル・アルバムだけではなく、全世界5,000枚限定発売で即完売となったこれもボックスに収めて欲しかったんですけどね↓

blacksabathliveathammer.jpg

さすがの私もコピー盤と『THE DIO YEARS TOUR EDITION』における抜粋版しか所有していないので、是非オリジナルで手に入れたいところなんですけどね
・・・オークションでは高値が付いていますし、以前中古で現物を発見したのですが、ちょっと高すぎて手が出ませんでしたから

Dio YearsDio Years
(2008/01/13)
Black Sabbath

商品詳細を見る


あれ?涼しくなる音楽を紹介するはずだったのに、いつの間にか話が脱線してしまいましたね


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆ソウルフル&ファンキーなグレンの真骨頂アルバム♪☆

本日もかなりの暑さとなっている関東地方ですがヒロックは昨日今日と久々の平日お休み
ちょこっとお出掛けもして参りましたが、只今自宅で堪能している作品はこちら

ファースト・アンダーグラウンド・ニュークリア・キッチンファースト・アンダーグラウンド・ニュークリア・キッチン
(2008/07/09)
グレン・ヒューズ

商品詳細を見る


このような件は彼にとって本来不本意かもしれませんが、元DEEP PURPLEのB&Vo~GLENN HUGHESの前作(『MUSIC FOR THE DIVINE』)から2年ぶりとなるソロ・アルバムです
・・・日本盤のライナーでは『SOUL MOVER』以来3年ぶりとなる新作とB○○○N!の○瀬氏は紹介していますが、新作と『SOUL MOVER』の間に’06年発表の『MUSIC FOR THE DIVINE』が存在することをお忘れなく

GLENN_HUGHES.jpg



相変わらず?DEEP PURPLE時代の彼の姿を追い求めるファン~正統派HRスタイルでの音楽性を彼に求めているファンは、そのファンキーな内容に難色を示すかもしれませんが(アルバム・タイトルの頭文字を取って短縮するとF.U.N.K.になりますしね)、正しく短縮形アルバム・タイトルどおりの?グレンが真骨頂とするソウルフルでファンキーな音楽性がアダルトに奏でられ、“ヴォイス・オブ・ロック”と称えられる彼のパワフルでエモーショナルなヴォーカルが全編に亘って響く素晴らしい作品です

ドラッグ・アルコールの闇から抜け出した’90年代以降の精力的な活動は、パープル時代の盟友デイヴィッド・カヴァデール(WHITESNAKE)程の世界的な成功を収めてはいませんが、とにかく彼の衰えを知らない素晴らしい美声によるパワフル・ヴォイスと、様々なプロジェクトを含めたソロ活動における音楽の創造性~コンスタントに作品を発表し続ける精力的な活動はまさに驚異的であり、パープル時代から彼を知るファンにとってはその活動ぶりに敬意を表すばかりですね 

彼の好む音楽性を黒衣のギタリスト リッチー・ブラックモアは、“靴磨きの音楽”と形容しその音楽性を提示したファースト・ソロ・アルバム『PLAY ME OUT』はあまりにも趣味嗜好全開のアルバムで個人的にはつまらない内容でしたが、完全復活以降のソロ・アルバムの数々では、彼のソウルフルな歌声が染みるメロディアスでエモーショナルな面をファンキー&グルーヴィーなロックに融合し、“グレン流ロック・スタイル”を見事に確立していると思います
ヴォーカリストとしての才能ばかりではなく、しっかりとベーシストとしての自分~プレイヤーとしての己の姿・アイデンティティも重視し、その部分を楽しんでいるところも彼の精力的な活動において非常に大きな役割を果たしていると思います

HUGHES/TURNERプロジェクト以来、来日が遠ざかっている彼であり、結局来日したとしてもDEEP PURPLE等の“正統派HR曲”の多くをライヴで求めるファンが多く存在するかもしれませんけど、彼の好む音楽性~彼が愛してやまないエモーショナルでソウルフルファンキーなグルーヴ感が全編に響き渡る“グレン流ロック”を久々に日本で披露して欲しいですね
私の大好きなDEEP PURPLE Mk-Ⅲで、生でライヴ体験したことのないメンバーはグレン唯一人なので私としては尚更ですね
・・・あっ何だかんだ言って、私もかつてのDEEP PURPLEの幻影を追い求めちゃってますね

とにかく、グレンならではのエモーショナルでソウルフルな歌声が本当に素晴らしく、ファンキー&グルーヴィーな力強い“大人のロック”が全編に亘って躍動する会心作なので、是非彼の素晴らしき歌唱を多くの人に堪能してもらいたいですね


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

☆今宵の1枚~GARY MOORE 『SPANISH GUITAR』☆

多忙な日々の連続となった1週間もやっと終わり、明日から久々の平日お休み(2日間)となる私ヒロックですが、今宵就寝前に手にした1枚はこちら

スパニッシュ・ギター・ベスト(紙ジャケット仕様)スパニッシュ・ギター・ベスト(紙ジャケット仕様)
(2008/05/07)
ゲイリー・ムーアコラシアムII

商品詳細を見る


1 バック・オン・ザ・ストリーツ
2 狂信的なファシスト
3 ドント・ビリーヴ・ア・ワード
4 スパニッシュ・ギター(フィル・ライノット・ヴォーカル・ヴァージョン)
5 パリの散歩道
6 プット・イット・ディス・ウェイ (コラシアムⅡ)
7 デスペラード (コラシアムⅡ)
8 キャッスルズ (コラシアムⅡ)
9 ファイティング・トーク (コラシアムⅡ)
10 ザ・スコーチ (コラシアムⅡ)
11 スパニッシュ・ギター(ゲイリー・ムーア・ヴォーカル・ヴァージョン~ボーナス・トラック)
12 スパニッシュ・ギター(インストゥルメンタル~ボーナス・トラック)


GARY MOORE_spanish


頑固一徹ギター職人ゲイリー・ムーアが凄まじい御姿でジャケを飾り幻のレア曲を含む紙ジャケSHM-CD仕様で復刻されたベスト盤
オリジナル盤を聴いたことが無いので旧盤との音質比較は出来ませんが、確実にSHM-CD仕様によって音質は向上していると感じられる素晴らしい質感の復刻盤です

SHM-CD仕様の再発盤は全てが限定仕様となっているので、単純にゲイリー・ファンの方は’70年代後期の彼の様々な音楽性~探究心によるバンド及びソロ活動を垣間見る意味においても、必携・必聴の1枚
完売にならない内に手にしておいた方が良いと思いますよ
アナログ盤ではかなりの高値となるレア盤だったようですし、タイトル・トラックの3種の“スパニッシュ・ギター”は入手困難なレア・ヴァージョンとなっており、ゲイリーがヴォーカルを取ったヴァージョンについてはマスター自体が既に紛失しており、シングルのアナログ盤から起こされた物を収録~ノイズ処理をしたものがマスターとなって収録されたそうです 
とにかく、人間国宝ゲイリーならではのプレイ・曲作りが光る哀愁漂う叙情的なバラード曲であり、同時期に発表された“パリの散歩道”と並ぶ感動的なバラードの名曲です

’80年代のHR黄金期からブルース路線転向においては、その時々の流行(売れる音)を追っているような音楽性の変化~様々な音楽性(ハード・ロック、ブルース、プログレッシヴ・ロック、フュージョン、ドラムン・ベースetc.)を採り入れる彼の音楽的姿勢と辛辣な発言に?否定的なHR/HMファンも多く存在するようですが、既に’70年代から彼のヴァラエティに富んだ活動、音楽性、自身が理想とする音楽への飽くなき探求心は当然のように始まっているんですよね
SKID ROW、自身の名を冠したバンド、THIN LIZZYCOLOSSEUM Ⅱフィル・ライノットやかつてのバンド・メイドとのコラボによるソロ活動・・・実際には自身の目指す音楽的方向性に迷いがあっての産物だったかもしれませんが、この時期のゲイリーの革新的な速弾きと感情性豊かなギター・プレイ、様々な音楽へ順応出来る才能、飽くなき野望を抱く?様々な音楽性~ミュージシャンとしての表情は凄まじく素晴らしかったと私は思っています
本作はそんな一端を覗かせて、それに触れてみるには最適のベスト盤だと私は思います

以前にもUPしましたが、この時期のゲイリーの凄さが分かる映像を本日も最後にUPしておきたいと思いますので、よかったら再度堪能して下さいね


GARY MOORE&FRIENDS/Back On The Streets



GARY MOORE&FRIENDS/Don't Believe A Word




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ  

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

☆オリジナル盤も捨てがたいんですよね♪☆

会社のカレンダー上では本日より四連休となる私ヒロックですが、ここ最近の多忙さは相変わらずといった感じで、そして諸々の事情により明日日曜が休日出勤決定となりました・・・
四連休成らず・・・そして日曜出勤という状況に複雑な心境を抱いている今現在ですがとりあえず今日は久々の土曜日お休みですし、月火とこちらも久々の平日お休みとういうことでポジティヴに捉え、明日の仕事への活力をUPさせたいと思っております
久々に大好きな音楽へ向き会える時間も作れそうだし、まともな音楽記事も自然と苦にならずにUP出来そうな気がします

そして本日は、私がこの世で一番崇拝するバンド~LED ZEPPELINのこちらの本を読みながら、オリジナル盤とリニューアル盤の聴き比べ&見比べをし、一日中ZEP三昧で最近の疲れを癒したいと思っております

レッド・ツェッペリン ライヴ・ファイルレッド・ツェッペリン ライヴ・ファイル
(2008/06/27)
西江健博

商品詳細を見る


永遠の詩 (狂熱のライヴ)永遠の詩 (狂熱のライヴ)
(2003/05/28)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴレッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ
(2006/06/02)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤
(2007/11/21)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る



レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション(2枚組)レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション(2枚組)
(2007/11/21)
ジョン・ボーナムピーター・クリフトン

商品詳細を見る



今日もかなり暑い日となりあまり外出したくないというのが正直なところなんですが私の場合、やはり自然と彼らの音楽へいつも帰ってしまうんですよね
彼らが創造した多様性に満ちた音楽に飽きることは決してありませんし、様々なブートで聴ける“偉大なるライヴ・バンド”としての姿にも敬意を表すと同時に常に感嘆するばかりです

『THE SONG REMAINS THE SAME~永遠の詩 (狂熱のライヴ)』は事ある毎に?紹介しているZEP現役時代唯一のライヴ・アルバムであり、昨年は結局完全な形での全曲収録とはなりませんでしたが、大幅なリニューアルが施されたヴァージョンがベスト盤『MOTHERSHIP』と共に発売され大きな話題を呼びました(その後の再結成イヴェントも
サウンドの迫力はCD&DVD共に現代的な音で凄まじいものとなり、オリジナル盤のリマスター作品と言うよりは完全に別物の作品に生まれ変わっており、映画のサントラと位置づけられている本作の趣旨は?映画と同じテイクを収録したリニューアル盤の方が正統的に条件を満たしていると思います
オリジナル盤はCDとDVD(映画)で収録曲が異なっていましたし、それぞれ同じ曲であっても編集具合が異なっていたりしましたからね。

私は現代的な迫力サウンドで迫って来るリニューアル盤の音も好きなんですが、映画のサントラと位置付けるためにアンコールで演奏された“The Ocean”がDisc-1最後に収録されたことに違和感を覚えますし(映画本編同様にサントラも“Whole Lotta Love”で終わらせたかったんでしょうね・・・)、いくら映画の音声と同じものを収録といっても、映画ヴァージョン同様の中間部がバッサリとカットされた“Black Dog”をそのまま収録はないんじゃないの?・・・と多くのファンが抱く不満を私も同様に抱いています

ジミー・ペイジ自らが施す一連のリマスター作業において、『THE SONG REMAINS THE SAME~永遠の詩 (狂熱のライヴ)』だけが何年もの間放っておかれ、ジミーが考える来たるべきリニューアルが待たれた作品ではありましたが、先にも述べたとおり、別物の作品に生まれ変わってしまったので、何年もの間オリジナル盤を聴き続けたファンはこちらの音と“歴史的な作品としての価値”に愛着を抱き、思い入れが強いんじゃないかと私は思います

よって、多くの真正ZEPファンがそうだと思いますが、CD&DVD共にオリジナル盤は絶対に手放せない一品であり、CD(サントラ)に関してはその内容が中途半端であることに間違いありませんが、作品に対する愛着と長年聴いてきたサウンド~音の心地良さはオリジナル盤が上回っていると感じています

とりあえず、オリジナル盤は午前中に堪能したのでこれから迫力のサウンドに生まれ変わったリニューアル盤を現代的な耳と思考で?堪能したいと思います


『レッド・ツェッペリン ライヴ・ファイル』ZEP現役時代の全てのライヴ・データをコンパクトに纏めた書籍であり、彼らの遠大なるライヴ史を手っ取り早く知るには最適なデータ・ブックだと私は思います
特にオフィシャル・ライヴ盤しか聴いたことのないファンの方で、彼らのブートに興味のある方は十分に“聴いてみたい音源”の参考資料となる筈ですよ

ROCK AND ROLL



lz-msg.jpg



Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:LED ZEPPELIN - ジャンル:音楽

☆今日の2曲!?☆

オリジナル・メンバーとしては11年振りとなる新作『SAINTS OF LOS ANGELES』が好評を以て迎えられているバッド・ボーイズ・ロックンロールの権化MOTLEY CRUE

motley08.jpg

セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)
(2008/06/18)
モトリー・クルー

商品詳細を見る



聴けば聴くほど味わい深い、実に彼ららしいサウンドによる久々の会心作だと私は思っていまして、ここ最近相変わらずのへヴィー・ローテーション作となっていますが、あえてこのアルバムに対し手厳しい評価を下すとすれば?アルバム中で突出した出来~傑作と感じる曲はタイトル・トラックの“SAINTS OF LOS ANGELES”のみかもしれませんね・・・聴けば聴くほど味わい深い作品なので、他も良い曲であることに間違いは無いんですが

SAINTS OF LOS ANGELES




そして、以前にコメント頂いたロックシティさんの御指摘・御質問のとおり、彼らの別な側面による秀逸な曲作りの欠如~センチメンタルで美しく感動的なバラードが本作には収録されていないことが、ちょっと往年のファンにとっては?彼らに対して求める高い理想像からかけ離れている要因になっているかもしれませんね。
しかし、本作は彼らの自伝的作品なので、美しくセンチな気持になるようなエピソードは皆無なのが当たり前~ダーティーでクールなバッド・ボーイズ・ロックンロール街道を歩んできた彼らが、美しいサウンドで形成され、美談として?音楽的に(バラードっぽく)物語ることの方がよっぽど彼ららしくないのかもしれませんね 

でも私は、彼らが過去に創造したバラードの名曲が大好き
“HOME SWEET HOME”は洋楽を聴き始めた頃、リアル・タイムで聴いていたので、私にとって思い出深い名曲~好きなバラードですが私は愛する人のことを想うとやはりこの2曲が彼らのバラードでは好きですね

You're All I Need



Without You



レッド・ホワイト&クルーレッド・ホワイト&クルー
(2005/02/16)
モトリー・クルー

商品詳細を見る
 


“You're All I Need”はご存じのとおり衝撃的な内容なので、内容を含めて声高に好き~共鳴出来ると発言することは危険なのかもしれませんがとにかく美しく感動的な素晴らしいバラードですし、“Without You”は愛する人への“まんまの気持ち”を表現するには最適な?バラードだと私は思っています
どちらもミックのメロディを重視したギター・プレイが本当に素晴らしく、曲の美しさを印象付けていますよね

やはりMOTLEY CRUEのオリジナリティを完璧に誇示するには、“この4人”だと思いますが、ミックのギター・プレイ~ニッキーと共に行われる曲作りが“クルー・サウンド”の絶対的個性を放ち、バンドにとって欠かせないメンバー、個性だと思っています

nikkimick_convert_20080709001205.jpg



Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


度々申し訳ありませんが、先日の記事へのコメント返信は明日以降必ず行いたいと思っているので、皆さんご容赦くださいm(_ _)m
明日は残業も飲み会も無い日なので早めの帰宅でPCに向かえる筈ですからね 

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

☆スイマセン・・・御了承願います・・・☆

ここ最近、公私共に忙しくまともな記事を?UPしていない私ヒロックですが連日の暑さによって疲れも倍増し全くパソコンの画面を見る気もブログを更新する気にもなれません・・・

よって、こうして更新記事はUPしていますが、モチベーションがかなり低下気味となっているので誠に申し訳ありませんが、本来なら各記事にコメント頂いた方々1人1人に返信させていただくところをこの場を借りての一括返信~「皆さんの貴重な御意見、感想のコメントありがとうございました」というお礼の言葉に代えさせていただきたいと思いますので、皆さん、何卒御了承の程よろしくお願いしますm(_ _)m

私にとって音楽は生活の糧となっているので、相変わらず何らかの形で毎日音楽は聴き続け、パワーを得ていることは確かなんですけどね

とりあえず、ここ1週間のへヴィー・ローテーション・アルバムはこの2作

セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)
(2008/06/18)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


キング・ビスケット・ライヴ
kingbiscuit_uriah heep


MOTLEY CRUE 同様に、URIAH HEEPも久々の新作を最近発表し、その内容からかなりの充実作と好評を得ているようですが、このライヴ盤、かなり以前から中古を探していまして、最近やっと発掘作業を完了し’70年代黄金ラインナップ~ヒープのクラシック・ラインナップによる迫力の全盛時ライヴをここ最近堪能している次第です

そして、こちらの作品はやはり長編ということもあり、全く聴き込みが足りていません・・・

ノストラダムスノストラダムス
(2008/06/25)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る


じっくりと向き合いたい作品なんですけど、何せじっくりと耳を傾ける時間が無く、気軽にCDを取り出せる内容じゃないんですよね・・・。
2枚組という長編作・・・そして、単純に曲単位で見た(聴いた)場合における我々ファンが彼らに何を求めるか?~その音楽性によって評価が分かれる作品だと私自身も感じています。
コンセプト・アルバム~1枚の作品(2枚組ですけど)としての完成度はとても素晴らしいものだと私は感じていますが、賛否両論となる問題作であることに間違いはないと思います・・・。

とにかく、このような長編作をじっくりと聴き込める時間、余裕が出来ることを先ずは望むばかりですね・・・ここ最近の私は
また明日から一週間が始まるので、今日はこの辺で寝ることにとします
それでは皆さん、おやすみなさい


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 
 

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆結局そういうことですか!?☆

オリジナル・ラインナップとしては11年振りの新作となる『SAINTS OF LOS ANGELES』が、賛否両論入り混じっての好評を得ている永遠のバッド・ボーイズ・ロックンロール・バンドMOTLEY CRUE

motoley08-2.jpg


彼ら主導のフェスティバル「CRUE FEST 08」が既に今月から全米で開始され、そのままの形態での来日公演が今年10月に確実視されていた彼らですが、結局「LOUD PARK 08」2日目のヘッドライナーとしての来日公演が決定しました

LOUDPARK08_convert_20080704225456.jpg


プロモーターのクリマンによると、2日目は「CRUE FEST 08」の趣旨を尊重し、出演バンドは初日と違って少なめの設定とし、それぞれのバンドが行うフルスケール・ショウを楽しんでもらうとのことですが、元々私はMOTLEY CRUE単独での来日を望み、「CRUE FEST 08」での来日形態には難色を示していた者なので休日開催のライヴとは言え、参戦するかどうかは今しばらく熟考したいと思います・・・しっかりラウパのチケ代は年々上がっていますし昨年はチケットを確保しつつも、お目当てのHEAVEN AND HELL単独公演が決定した時点で、フェスティバル参戦を取り止めた経緯があるので単独追加公演に私としては望みを託したいと思います 

でも単独公演があるとすれば確実に平日に行われますよね・・・

9/30(Mon) JUDAS PRIEST、10/24(Fri) DEF LEPPARD/WHITESNAKE・・・平日に休みを取れるか微妙だな・・・

2度目のオリジナル・ラインナップ復活時のライヴ~’05年の来日公演は観ていますが、11年前のオリジナル・ラインナップ復活時の来日公演は真夏の炎天下でのライヴ~確かお台場で開催されたフェスティバル形式でのものだったので、体力的に自信の無かった私は見事に?参戦を見送らせていただきました・・・

今回を含め、フェスティバル形式での来日公演では縁が遠い感じのMOTLEY CRUEですが、彼らは私が初めて生で観たライヴ~洋楽アーティスト・HR/HMバンドなので(’90年、「DR.FELLGOOD」ツアーでの武道館)、彼らに対しての思い入れが強いことは確かなんですよね

さぁ~今回の来日公演はどうする??・・・観に行くかどうかの続報を待てってな感じですね

Mötley Crüe - The Saints of Los Angeles - Jimmy Kimmel Live




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 
  
[Read More...]

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆結局は!?~Pt.2☆

私の最も崇拝するバンドということもあり、全オリジナル作品が新たなる仕様で再発されるというインフォが届いた時点で躊躇せずに?そして意気込んで全作品を予約したのはこちらの商品↓

『ツェッペリンの紙ジャケがSHM-CD化!』

zep_shm_kami.jpg


しかし結局は・・・

[Read More...]

テーマ:LED ZEPPELIN - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。