ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆雑記~8月も終わりですね☆

散々暑い暑いと言っていた夏~8月も今日で終わりですね
最近ちょっと天気は悪いですけど大分凌ぎ易くなり、本格的な秋も到来かと思いますが
今年ももう9月ですよ 
本当に1年が過ぎるのは早く、アッという間に年の瀬~お正月を迎えるかと思うと何か切なくなる自分が居たりします(←また1つ歳を取ってしまう・・・)
なんか9月から年末に掛けて大分仕事が忙しくなりそうなので、いつものような長文レビュー
平日に行なうのは難しくなりそうですが、プロフにもあるとおり私にとって音楽は生活の糧なので、
素晴らしい音楽を聴き続ける~発見・再確認することによって日々の生活への活力が漲ればと思っています

日々素晴らしい音楽と接することは、私にとって生活を充実させる~活力を漲らせる大事なことですが、やはり素晴らしいアーティスト・バンドの音楽を生で体験することは至極の幸せですね
今年は忙しいながらも3本のライヴを体験

3月~ASIA

20070607220417.jpg


6月~QUEENSRYCHE

20070602123631.jpg


同じく6月~SEBASTIAN BACH

20070605225340.jpg


それぞれ私の大好きなバンド~アーティストであり、それぞれの個性が光った印象的なライヴでしたが、きっと今年の締めのライヴはこのバンドになるでしょうね

10月~HEAVEN AND HELL

heavenhell2007.jpg


「LOUD PARK 07」のヘッドライナーとしての来日は早くからアナウンスされていましたが、
遂に単独公演が決定

東京 2007/10/22(Mon)東京国際フォーラム ホールA

名古屋 2007/10/25(Thu)名古屋市公会堂


「LOUD PARK 07」のチケットは既に押さえていますが、待望の単独公演ということで明日の「パワー・ロック・トゥデイ」で行なわれる先行予約では是非ともチケットをゲットしたいと思います

さぁ~明日の夜はチケット・ゲットで至極の幸せとなる“天国”になるか
それともチケット・ゲットならずの“地獄”となるか
単独公演でじっくりと彼らを堪能したい身としては是非ともこの機会にチケットを取りたいですね

・・・って言うか絶対に彼らの単独は見に行くと決めたので、HEAVEN AND HELLのライヴを今年の有終の美?としたいと思っています
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆TESLAのカヴァー・アルバム☆

先日RATT&WINGER来日決定の報をお伝えし、プラスDOKKENってのもアリなんだけどなぁ~と個人的意見を述べましたけど、彼らをお仲間に入れてツアーするってのもアリなんじゃないかと思いました

TESLA

tesla.jpg


彼らはRATTWINGERのような華やかさはありませんけど、同じく80年代にデビューを飾り、渋い佇まいとソウルフルでブルージーなアメリカン・ハード・ロックを展開した素晴らしいバンドでした
RATT&WINNGERのような派手さは無いので多少趣きは異なるかもしれませんが、一緒に回ったりすれば喜ぶファンは多いと思うし、こういう感じで来日してくれれば彼らの再評価にも繋がると思うんですけどね
さすがに単独での来日は無理かもしれませんが、参戦が決定した「LOUD PARK 07」よりは全然違和感無いと思いますよ・・・往年のファンにとって彼らの来日は嬉しいことですが、「LOUD PARK」のフェスティバルとしての意義や趣旨~大多数の参加バンドの音楽性を考えると、頭に「えっ?」が浮かびましたもん、発表当初から
TESLAが来るからって80年代組のファン?がフェスに参加するとは思えないし、若いファンがどれだけ彼らに注目してくれるか・・・(注目すべきいいバンドなんですよ

やはり彼らやDOKKENもプラスして(他にも見たいバンド多数)ミニ「ROCKLAHOMA」開催が1番望ましいと思われます
望ましいジョイント・ツアーで彼らを見る方が再評価の機運は高まると思いますが、今年になってTESLAは彼ららしいセンスの良い“いい感じ”のカヴァー・アルバムを出しているんですよね

Real To Reel

20070829220530.jpg


1 Space Truckin'
2 Walk Away
3 Hand Me Down World
4 Bad Reputation
5 Thank You
6 I've Got a Feeling
7 Day of the Eagle
8 Ball of Confusion
9 Rock Bottom
10 Stealin'
11 Bell Bottom Blues
12 Honky Tonk Women
13 Dear Mr. Fantasy


DEEP PURPLE,LED ZEPPELIN,BEATLES,THIN LIZZY,UFO,ROLLING STONES,ERIC CLAPTON等、選曲的にはかなりベタな有名曲ばかりですけど、彼らのセンスが光るとても“いい感じ”のカヴァー・アルバムです

そして9月には第2弾が発表されるようです 選曲は以下のとおり↓  

Real To Reel 2

1 All The Young Dudes (Mott The Hoople)
2 Make It Last (Montrose)
3 Shooting Star (Bad Company)
4 Not Fragile (Bachman-Turner Overdrive)
5 Street Fighting Man (Rolling Stones)
6 Is It My Body (Alice Cooper)
7 I Want To Take You Higher (Sly & The Family Stone)
8 Do You Feel Like We Do (Peter Frampton)
9 Beer Drinkers And Hellraisers (ZZ Top)
10 Seasons Of Wither (Aerosmith)
11 Saturday Night Special (Lynyrd Skynyrd)
12 War Pigs (Black Sabbath)


第2弾も有名曲が多数含まれていますけど、彼らの渋いセンスと表現力は素晴らしいものがあるのでカヴァーとはいえ期待できる内容だと思います

・・・とは言ったものの、まだ第1弾カヴァー・アルバムを手元において全曲聴いてはいないんですけどね
彼らのオフィシャル・サイトでLED ZEPPELIN“Thank You”を聴いただけです
まっ、このカヴァー・ソングに感動して今回のおススメ紹介に至り、私も購入して聴いてみようと思ったんですけどね
現在の彼らは自身のレーベルから作品を発表しているようですが、こちらから入ってZEP“Thank You”は聴けますよhttp://www.teslatheband.com/

彼らのセンスと本質が垣間見れる素晴らしいカヴァー・アルバムも大事ですが、彼らのオリジナル・アルバムも復刻させないとなぁ~
RIOT同様、彼らのアルバムも弟が持っていたので現在では私の手元にありません
RIOTのようなパワフルでヘヴィな音楽も堪能したい今日この頃
しかし、秋も近づいてきたということでソウルフルでブルージーな彼らの音楽に再接近し、渋い音楽に身を委ねたいとも思っているんですよね~   


テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

☆探しています・・・中古で☆

かつて私が持っていた名盤の復刻計画?は着々と進行中ですが、このバンドのこの2枚もまた手元に復活させて聴きたいと思っているんですよね

・・・出来れば中古でね

RIOT/THUNDERSTEEL

thundersteel.jpg


The Privilege Of Power

20070827235413.jpg


正確には弟がこの2枚を持っていたんですけどヴォーカリストに当時無名だったトニー・ムーアを迎えて80年代後半に復活した彼ら
怒涛の如く響き渡るパワー・メタル然とした音楽性に疾走感あるヘヴィ・メタルのカッコよさを凝縮させたこの2枚、とても好きでした

・・・「The Privilege Of Power 」はSEが長過ぎるのが難点だったり、ホーン・セクション導入に賛否両論が巻き起こったアルバムですが、各楽曲の完成度は高かったと思います

この2枚復刻の暁には是非ともレビューしたいと思います
っていうか、ホント久々に聴きたいんだよねこの2枚

輸入盤の新品で買えば済むことなんですけど、出来れば中古で見つけたいんですよね
・・・現時点で私の周りの中古屋に在庫はございません

トニーのヴォーカルとボビーのドラム、久々に聴きたいなぁ~




中古で欲しいと言いつつ、Amazonの広告はしっかりと載せておきます


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆往年のファンには嬉しいカップリング・ツアー決定!!☆

こちらの情報もふぇあさんのブログへ御邪魔して知ったんですけど、往年のファン~80年代組には懐かしい顔ぶれによる来日公演が11月に決まりました

RATT

ratt-2007.jpg


WINGER

winger_pic.jpg


以上↑2組による豪華カップリング来日公演、11月に決定です
詳細な日程や会場等はまだ明らかにされておらず、次回の「パワー・ロック・トゥデイ」では先行予約が行なわれますが、会場の規模はだいぶ小さいようです・・・
伊藤政則氏が「こんな小さい会場で入りきれるのか」と冗談混じりに心配していましたからね
お互い単独では無理でも、同じような音楽性とかつては輝かしい栄光を持ったバンドで
アメリカではそれなりの会場で集客が望めるバンドなんですけどね~(あと1つ2つのバンドが組み合わせれば集客は完璧まるでラインナップ等に拘りのないアメリカでも、かつての名曲を懐メロ感覚で聴きたい?と思うオーディエンスは多いですから

かつてRATTウォーレンを’94年のWHITESNAKEで、WINGERレブを同じくWS’03・’06年のライヴで観たことがありますが、RATT・WINGER共に80年代当時からさほど思い入れのない私・・・
華やかなバンドによる魅力的なカップリング・ツアーですが、今回は見送りとさせて頂きます
ふぇあさんの言うとおり、同じ時代の同じような音楽性のバンドがもう少しオマケで来てくれたら考えるんですけどね~やはり80年代組~往年のファンにとっては「ROCKLAHOMA」のようなフェスが我が国でも開催されることを望みますね

よくよく思い出してみると、2つのバンドの共通項はプロデューサー~ボー・ヒル繋がりなんですよねボー・ヒルのサウンド作りはなかなか個性的で、その特性が2つのバンドの個性~色彩感を強めていた感じでしたが、私的にはなんか無機質な質感が好みではなかったりしていました。
そして、スティーヴンキップの声質~ヴォーカル・スタイルもあまり好みではなかったので更に拍車を掛けたという感じです。
2人のヴォーカル・スタイルはバンドの個性なんですけど、個人的には入れ込めなかった要因がそこにあったりします 

RATTはアルバム単位で聴いてみて好きな曲と嫌いな曲がはっきりと分かれ、スティーヴンのヴォーカリストの限界?もあって強い思い入れを抱くことが出来なかったのですが、正直言うとWINGERに関してはアルバム単位で聴いたことはないんですよね・・・
「ピュア・ロック」(←懐かしい)等の番組でPVを見たり、ラジオで聴いたりしただけなんですよ
彼らの魅力は技巧派集団によるコンパクトに纏められた良質でポップな感じの楽曲と、華やかなバンドのパフォーマンス~キップの華麗な舞による卓越したパフォーマーとしての才だと思いますが、なんか好きになれなかったんですよね~
後にバッシングの対象となったキップのパフォーマンスに関しても、「おい、ちゃんとベース弾けよ」なんて思っていましたからね。
・・・実際にはライヴも観たことないし、本来彼はALICE COOPERのバックを務めるほどのテクニシャンなので、そんなことは言えないんですけど

でも改めて彼らの音楽を聴いてみようかな?とも思っています
確か最近デモ・アンソロジーみたいな感じでベストが出たはずだし
装飾を取り払った素の姿での楽曲に向き合ってみて、新たな発見や楽曲の魅力が分かるかもしれませんからね 

古くからのファンだけでなく、若い世代にも十分に魅力的な顔合わせだと思うんですけど、
どうでしょうか?
私は10月後半にHEAVEN AND HELLの公演があるので行きませんけど十分に魅力的な豪華カップリング・ライヴだと思うので観る価値は大いにアリだと思います

相変わらず小出しな「LOUD PARK 07」のようにバンドが増えれば観に行くことは考えられますよ
例えば、プラスDOKKENとか




10月には久々にニュー・アルバムが発表される彼らですけど、現状では単独での来日は厳しいと思われますしプラス彼らを含めたラインナップは可能でそれもアリだと思うんですけどねぇ~

 

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆“天国と地獄”待望の単独公演決定!!☆

先ほどふぇあさんのところへ御邪魔して知ったんですが、10月20日(土)~「LOUD PARK 07」初日のヘッドライナーを務めるHEAVEN AND HELL待望の単独公演が決まりました

HH2007.jpg
20070408142437.jpg


東京 2007/10/22(Mon)東京国際フォーラム ホールA

名古屋 2007/10/25(Thu)名古屋市公会堂


ゲストには同じく「LOUD PARK 07」に参戦するTRIVIUMが迎えられますが、HEAVEN AND HELLの来日がアナウンスされてから単独公演をずぅ~っと熱望していた私としては本日の発表を
とても嬉しく思っています

しかし、この時を迎えるまでに様々な紆余曲折を経ているので、言いたいことが実は沢山あります
その辺の所はまた後日~チケットが取れた暁に語りたいと思います。(←単に明日~実質今日も仕事なのでもう寝たい

彼らは私にとって予習の要らないバンドなのですが、単独公演となれば来週発売となるライヴ・アルバムに準じたセット・リストになると思います

Live From Radio City Music Hall

heavenhell_live.jpg


DISC-1
1 E-5150/After All (The Dead)
2 Mob Rules
3 Children Of The Sea
4 Lady Evil
5 I
6 The Sign Of The Southern Cross
7 Voodoo
8 Devil Cried

DISC-2
1 Computer God
2 Falling Off The Edge Of The World
3 Shadow Of The Wind
4 Die Young
5 Heaven And Hell
6 Lonely Is The Word
7 Neon Knights


来週29日の発売がとても待ち遠しいですが、チケット・ゲットの暁には本ライヴ・アルバムと1ヶ月遅れで発売となるライヴ・DVDを十分に堪能して単独公演に備えたいと思っています 


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆DOKKEN久々の国内盤発売!!☆

私のブログで度々登場するお気に入りバンドの1つがDOKKEN

dokken-pic.jpg


当然上記ラインナップ↑に思い入れがあり、先頃発売されたDVD『UNCHAIN THE NIGHT』はかつてビデオで持っていた往年のファンにとっては?嬉しい再発~リニューアル版となりました

UNCHAIN THE NIGHT

20070503182228.jpg


↑この再発DVDは往年のファンの支えもあり中々の売り上げをみせて好調なようですが、
再結成後オリジナル・ラインナップが崩壊し遂にはジェフ・ピルソン(現FOREIGNER)までも去ってしまった彼らは往年の輝きを失った状態・・・
現時点での最新作『HELL TO PAY』は国内発売が見送られる状況にまでなってしまいました・・・
最新作の内容を聴いていないので評価のしようがないのですが、オリジナルのドン、ミック組に、
YNGWIE MALMSTEEN~MSGのベーシスト、バリー・スパークス、ギタリストにジョン・レヴィンEUROPEのベースとは同名異人)なる人物を迎えた編成があまり魅力的でないのが正直なところですね

dokken_07.jpg


しかし新作のタイトルは彼らの新たなる飛躍と気合を思わせ、ジョージ・リンチのプレイを彷彿させると噂されるジョンのギター・プレイが往年の輝き~かつての音楽性への回帰を宣言するものとなっているかもしれません

3年振りの新作のタイトルは
『LIGHTNING STRIKES AGAIN』

そう、彼らが’85年に発表した3rd『UNDER LOCK AND KEY』に収録された1曲が新作のタイトルとなっています

UNDER LOCK AND KEY

20070823200745.jpg


1 Unchain The Night
2 The Hunter
3 In My Dreams
4 Slippin' Away
5 Lightnin' Strikes Again
6 It's Not Love
7 Jaded Heart
8 Don't Lie To Me
9 Will The Sun Rise
10 Till The Livin' End


気合十分なタイトルの新作は多少の期待を持って待ちたいと思いますが(←聴くか購入するかは正直なところ迷い中・・・)『UNDER~』 は彼らの残した名盤の1つですね

彼らの作品の中で私は次作の『BACK FOR THE ATTACK』(以前に紹介済み)と本作が好きなんですが、『UNDER~』は初めて聴いた彼らの作品ということもあり思い入れ度はかなり強いです
この作品もBEATLESDEEP PURPLEを聴かせてくれた中学の友人にダビングして貰って聴いたんですが、ミッド・テンポの曲を軸とした美しいメロディ・ラインに彼らの個性の1つ~三声のコーラスが素晴らしく、それでいてHR/HMらしい攻撃性も損なわない(ジョージのギター・プレイによるもの)楽曲群に一発でやられて気に入った作品なんです

“Lightning Strikes Again”“Till The Livin' End”はスピーディーで攻撃的な楽曲ですが、本作に収められている大半の曲は秀逸したメロディ・ラインを活かしたミッド・テンポなもの
アルバムの印象としてはメロウでソフトな感じを受け、2nd『TOOTH AND NAIL』次作『BACK FOR~』ジョージ主導と思われる攻撃的側面~アグレッシブなDOKKENを好むファンには物足りなく感じるかもしれませんが、三声のヴォーカル・ハーモニーの妙と秀逸したメロディ・ラインの美しさ
表現力を増し、個性的なドンのヴォーカルを活かすソフトな面とジョージの素晴らしいテクニックによる攻撃的&情感豊かなギター・プレイ
ジョージとしては妥協の産物であったかもしれませんが、見事に2人の個性が融合し生まれた本作は、バンド史上で1番のメロディ至上主義~秀逸したメロディが散りばめられ、キャッチーな要素を含む正統的HR/HMの魅力が満載な彼らの傑作だと思います 
そして勿論忘れてはならない功労者、貢献者はドンジョージの仲を取り持つジェフ 
彼の素晴らしい人間性とコンポーザーとしての高い能力もあってこその傑作です

個性と才能が見事に融合したメロディアス・HRの傑作を生み出した彼らですが、返ってそれが不仲を増長~張り詰めた緊張感~お互いを受け容れ難くしてしまったのは皮肉な感じですね・・・
『BACK FOR~』も全ての曲が素晴らしい彼らが最後に残した傑作ですが、本作のようにドンジョージの個性の融合というものはあまり感じられず、アルバムのA面B面で言うと明らかに“ジョージ・サイド”“ドン・サイド”に分かれてアルバムが構成されていましたからね。
張り詰めた緊張感がいい方向に作用しましたが、当然それは長続きせずに解散に至る・・・
しかし『BACK FOR~』が全曲充実の大傑作であることは紛れもない事実ですよね

とにかく『UNDER~』はキャッチーな側面と哀愁も感じさせる秀逸したメロディ・ラインに美しいヴォーカル・ハーモニーが素晴らしく、ギター・ヒーロー・ジョージの卓越したギター・プレイも堪能出来る彼らの傑作の1つです
彼らのアルバムの中でメロディ重視ならこのアルバムを1番に勧めますね 

久々の新作には往年の彼らの魅力が詰まっていることを期待しましょう


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆最近このパターン多いよね・・・☆

途中2日間ほど休日出勤しましたが、長かった11日間の夏休みも今日で終わりです・・・
先週のような40℃越えの猛烈な暑さはもう過ぎたと思いますが、まだまだ残暑厳しい今日この頃・・・明日からの仕事がとても憂鬱で本調子に戻るには時間が掛かると思われますが、久々の鋼鉄魂も注入したところなので、気合を入れて明日からも仕事も頑張り改めて音楽ライフの充実も計っていきたいと思います

音楽ライフの充実という意味では今年素晴らしいバンドとアルバムに出会いましたね
私はあまり新人バンドの開拓を行なわない人間で新譜を購入と言っても既存のお気に入りベテラン・バンドや過去の名盤のリニューアル盤購入が主だったりするのですが、今年はブログを通じて知り合ったふぇあさんのおかげで素晴らしい音楽を奏でるバンドと出会いました

NOCTURNAL RITES

20070617231524.jpg


彼らはデビュー10年を越えるバンドなので決して新人バンドではありませんが、今年になってから彼らの存在を知ったという意味で私にとっては新しいバンドです
パワフルなサウンドと叙情的でドラマティックな音世界
アルバム毎に成長を遂げる情感豊かな表現力と絶唱にも近い熱いヴォーカル・パフォーマンスでバンドの音世界を更に飛躍させるジョニーの素晴らしいヴォーカル
卓越したソングライティングの才能を持ち、ヘヴィ・メタリックなリフとネオ・クラシカルな美しい響きを奏でるギター・コンビ、フレドリック&ニルスのギター・プレイ
堅実にバンドの屋台骨を支えつつも、リズムに斬新なアイデアとプレイを導入~決して地味なリズム隊では収まらなず躍動感あるプレイでバンドを推進させるニルス・エリクソン&オーヴェ
当然曲の良さに惹かれて彼らを気に入ったわけですが、個人個人のプレイも素晴らしく、現ラインナップに落ち着いてかなりの時を経ているということからもバンドの状態は現時点で最強であり、バンドが完成されていることを物語っていると思います
そんな彼らが現時点で作り上げた最高傑作~HR/HMの普遍的な魅力が満載であり、多くの人に聴いてもらいたいと私が過去に大絶賛したアルバムがこれでしたね

THE 8TH SIN

20070617231238.jpg


現在は夏真っ盛りですが、今年も残すところあと僅か・・・
現時点で私の中でのベスト・アルバム間違いナシの名盤ですが、彼らは10月に行なわれる
「LOUD PARK 07」に参戦決定
生きているうちに1度は観たかったRONNIE JAMES DIOを擁するBLACK SABBATH(HEAVEN AND HELL)と同じ20日のラインナップに名を連ねている彼らですが、私も同日参戦
そしてその来日を記念して、「THE 8TH SIN」の2枚組ヴァージョンが9月21日に発売になるようです

以下が2枚目の内容です↓

DISC-2 (DVD)

1 ヨーロピアン・ツアー2005 (オフ・フッテージ)
2 ジャパン・ツアー2006 (オフ・フッテージ)
3 メイキング・オブ・ザ・ネヴァー・アゲイン
4 フールズ・ネヴァー・ダイ (ライヴ)
5 カッツ・ライク・ア・ナイフ (ライヴ)
6 フレイム・ウィル・ネヴァー・ダイ (ライヴ)
7 ネヴァー・アゲイン (ビデオ)


HMV レビューより抜粋

北欧の勇者、ノクターナル・ライツの「LOUD PARK 07」の出演を記念して、最新作『第八の罪』にボーナスDVDが付いたスペシャル・エディションが登場!DVDには一昨年のヨーロッパ・ツアーや昨年のジャパン・ツアーでのフッテージ、オーヴェが語る“ネヴァー・アゲイン”PV収録の裏側、そして2006年に地元スウェーデンでのライヴ3曲を収録。もちろん日本語字幕つきです!


輸入盤(UK盤)では既に同内容の2枚組仕様が発売になっていましたね
私も当初DVD付きの輸入盤で購入してもいいかな?と思っていたんですけど、輸入盤には日本盤ボーナス・トラックが当然の如く収められてはおらず、字幕のないDVD盤を楽しめるかな?との懸念もあったので国内盤の購入に到りました。
日本盤ボーナス・トラックとなっていますが“Caming Home”はアルバムの流れを損なわない佳曲~世界的な仕様で収録しても問題ナシの良曲だったので国内盤を購入して正解だったわけですが、本作のような2枚組仕様は(当然日本盤のみボーナス・トラック入り)もっと早くに出て欲しかったですね

ここ最近このような姑息な手段をするのが多いんですよね、日本のレコード会社・・・
最近で言うとPAUL MAcCARTNEYVELVET REVOLVERの新作がこのような仕様でレギュラー盤から1ヶ月遅れで発売していました・・・
上記の2アーティストはリリース・インフォがあったのでダブらず購入~2枚組仕様の発売まで待っていたのですが、彼らの動く姿を見たことのない私としてはやはり購入~買い直しですかね
オフィシャル・サイトでは彼らの動画を拝めるようですし、マニアックなコレクターやファンは買いなんでしょうけど、レコード会社さん・・・このような姑息な商売は止めて下さい
来日記念盤というのは分かりますが、殆どの方はダブって購入するほど余裕はないし、「またか・・・」と思っていますよ~こういうことすると中古盤も市場に溢れるしね

コレクターズ・アイテムという響きに弱い私なんできっと購入に到ると思いますが、オマケが無くても本作の価値~輝きが失せることはありません
ライヴ映像はブート並み(オーディエンス録り?)とのことなのであまり過大な期待は抱いていませんが、字幕入りでの彼らのオフ・ステージ姿やPVは見てみたいと思うので、熱烈なファンや私のような新参者の人は購入~買い直しても良いかと思います

でもコレクターズ仕様であることに間違いはないので映像は1、2度見てお蔵入り
CD本体と長~い付き合いになると思います
何度も言うようですが、「THE 8TH SIN」は成長著しい彼らの現時点での最高傑作名盤ですからね

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆久々に鋼鉄魂復活!!☆

昨日一昨日と2日間休日出勤しましたが、長い夏休みも本日を含めて残り3日間となりました
今日はよく晴れて暑いですけど、気温は落ち着き傾向で40℃越えのあの暑さに比べれば
しのぎ易い1日と言えますね。
ちょうど暑さのピークが休出前で本当に良かったのですが、やっぱり休みはアッという間に終わるという感じなので、残りの3日間はちょっとしたお出掛け~娯楽にマッタリとした時間を満喫しようかと思っています

しかし、あまりダラけ過ぎると休み明けの出勤がきつくなるので、多少は気合を入れる意味で
本日から3日間は鋼鉄魂を体内に注入したいと思います

ここ最近は本格的なHR/HMバンドを紹介していなかったので、「ヘヴィ・メタルとは何か?」という問いに明確に答えてくれるMETAL GODな彼らのアルバムを紹介したいと思います

JUDAS PRIEST

20070819123310.jpg


デビューから30年を越えるMETAL GOD=JUDAS PRIEST

ロブ 復帰第2弾となるニュー・アルバムが待ち遠しいところですが、長きに亘る彼らのヘヴィ・メタルな歩み~数々の名作の中から本日は私が好きな5枚のアルバムを簡単にご紹介したいと思います

各アルバムの詳細なレビューは後日必ず行ないたい(行なうべき名盤)と思っていますが、
私が選んだ好きな5枚は定番中の定番?の名作なので、レビューの際はサラッと読んじゃって下さいね




私が初めて聴いたプリーストのアルバムは’86年発表の「TURBO」で、当時このアルバムはIRON MAIDEN「SOMEWHERE IN TIME」と並んでシンセサイズド・ギターの使用云々とか、ポップになったとか、モダンになったとかの賛否両論な物議を醸し出したアルバムでしたが、楽曲の完成度はとても充実していて私は好きな作品でした
この時期の“否”は作品自体よりもアメリカナイズされた煌びやかな衣装やルックスにあったと私は思いますが、メイデンのアルバムと並んで好きなアルバムであり、彼らの入り口としては“非常に聴きやすい”アルバムでした
そして他にも何か彼らのアルバムを購入しようと思ったのですが、レコード店でジャケットのインパクト~カッコよさにやられて購入したのがこのアルバム

UNLEASHED IN THE EAST ('79)

UNLEASHED.jpg


ジャケットに彼らの全てが表現されていると言っても過言ではないと思います 
’79年、2度目の来日公演を収めたライヴ・アルバムですが、表と共に裏ジャケ~バイクに跨るロブを含むライヴ・ショットがカッコイイ名ライヴ・アルバムです
当時はレコードからCDへの移行期だったわけですが、当然レコード盤で購入
ジャケットを眺めながら、彼らの素晴らしいライヴを堪能したものです
この来日時のロブは風邪を引いてしまい、思うようなコンディションでライヴは行なえなかったらしく、ヴォーカル・パートも新たにレコーディング~差し替えられたようですが、彼らが残した名ライヴ・アルバム~HR/HM史に残る名ライヴ・アルバム~数ある“ライヴ・イン・ジャパン”の中でも名盤であることに間違いないと思います
現在のライヴでも披露されている初期の名作が、このライヴ盤で多く聴くことが出来ます
ライヴ・バンド・プリーストが荘厳で重厚なヘヴィ・メタル世界とライヴのカッコよさを見事に表現した初期の名作だと思います




BRITISH STEEL ('80)

20070819123400.jpg


これもジャケのインパクトどおりの音が見事に凝縮された名盤ですね

アルバム「KILLING MACHINE」~先のライヴ・アルバム以降、サウンドもルックスもヘヴィ・メタリックな様相を提示した彼らですが、更に進化を遂げた姿を誇示したのがこのアルバムですね
シンプルで印象的なリフで構成される曲を軸とし、更にヘヴィでソリッドなサウンド~鋼鉄な質感と重さをアルバム全編に配した正にヘヴィ・メタリックな1枚です
疾走感のある曲、荘厳で重い曲、ライヴで会場が一体となるキャッチーな要素も含むヘヴィ・メタル・アンセムとなる曲
80年代の幕開けと共に登場した彼らにとってもHR/HMシーンにとっても重要な作品であり、1つの型~方向性を提示した名作ですね




SCREAMING FOR VENGEANCE ('82)

SCREMING.jpg


DEFENDERS OF THE FAITH ('84)

DEFENDERS.jpg


説明不要の彼らの黄金期~アメリカでのHR/HM全盛期に残した名盤2枚ですね

アメリカでのHR/HMブームを築き上げたのは実はアメリカ産のバンドではなく、
彼らやOZZY OSBOURNE等の70年代から活躍するバンドの地道な活動の賜物なんですよね。
彼らやIRON MAIDEN等のNWOBHMの影響下にLA-METALのバンドやTHRASH-METALのバンドがあったのは事実だし、その影響下によりクラブ・シーンは盛り上がり、多くのバンドがデビュー~成功を収めたと思います。
80年代初期のアメリカ産HR/HMバンドで成功していた大物はVAN HALENぐらいじゃないでしょうか?
この頃はAEROSMITHKISSも低迷期・・・
若手の成功に触発され、バンドの抜本的改革を持って新たな成功を導き出し、HR/HMブームの中で完全復活を遂げたはずですよね
オジープリーストがHR/HMブームの先駆者であったことは紛れもない事実であり、「ヘヴィ・メタルとは何か?」という問いかけに明確に解答してくれる存在~型を作ったのが彼らだと思います

よって両者共に後に理不尽な裁判等で弾劾、ヤリ玉にされるわけですが・・・

2枚とも正統的なプリーストが提示したヘヴィ・メタルの様式~バイブルとも言える内容の名盤ですが、特に「SCREAMING~」“THE HELLION~ELECTRIC EYE”の完璧な流れはバンドの個性ある様式を見事に表現した名演ですよね

語弊がありますが、この2枚もしっかりとアメリカ受けするようなキャッチーな楽曲を収録した完成度の高い名盤ですが、ロブ復帰第一弾「ANGEL OF RESRIBUTION」のツアーでは「DIFFENDERS~」の曲が1曲も披露されなかったのは残念な限りでした
マイク・スタンドを杖代りにし、おじいちゃん化が進むロブにとって肉体を酷使するライヴ~幅広い選曲をこなすことは相当に大変なことですが、是非ともニュー・アルバムに伴うツアーではこのアルバムからの曲もセット入りして欲しいです




PAINKILLER ('90)

PAINKILLER.jpg


JUDAS_PRIEST.jpg


以前にもチラッと紹介しましたが、元RACER Xスコット・トラヴィスを迎えて制作された90年代の幕開けと共に登場したこれも名盤中の名盤です

数々の名作を生み、HMの権化とも言える彼らですが、実は本作は彼らの歴史上かなり異質な作品なんですよね。
理不尽な裁判を含むアメリカでの弾劾やスラッシュ・メタルを経た音楽性・・・多種多様に細分化されてきた音楽カテゴリーやモダン・ヘヴィネスを含む“新たなヘヴィ・メタルの定義”によって彼ら自身はかなり“時代”の影響下にあったと思います。
そんな中で制作された本作はとにかくヘヴィでアグレッシヴなアルバムです 
ツーバスを活かしたスピーディーでヘヴィな曲をやるにはテクニカルで若い人材が必要だったので、スコットの存在は大きく適材適所だったと思います
ロブの超人スクリームも凄く驚きだったんですが、K.K.&グレンのギター・プレイに衝撃を受けた人は多かったと思います
若手と時代に影響されたテクニカルなプレイは驚きでしたよね?
テクニック面やアグレッシヴな楽曲に違和感を感じた旧来のファンは多かったと思いますが、個人的にはこのアルバムが私は1番好きです 
時に憂さ晴らしなこともありますが、「ヘヴィ・メタルをスゲェー聴きたい」という衝動に駆られるとこのアルバムを多く手にします
特に異質なのはタイトル曲の“PAINKILLER”のみで、あとは従来どおりの正統派メタル(スラッシュ繋ってはいるけど)、重厚で荘厳なドラマティックな大作だったりするので、本作もヘヴィ・メタルを定義付ける彼らを代表する名盤に変わりはないと思います




何だかんだ言って本日の記事も簡潔に纏められず長々と語ってしまいましたが話が脱線気味に
レビューしてしまったアルバムもあるので、後日1枚1枚簡潔にご紹介出来ればと思っています
5枚とも彼らを代表する名盤ですし、私にとっても思い入れがある愛聴盤ですからね




テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆再結成VAN HALEN必ず日本に来てね!!☆

今更なんですが、今週の初め8月13日にオリジナル・ヴォーカリストDavid Lee Rothが22年振りに復帰したVAN HALENが秋から北米ツアーを行なうと正式にアナウンスしましたね

20070817235935.jpg


David Lee Roth (Vo)
Eddie Van Halen (G)
Alex Van Halen (Ds)
Wolfgang Van Halen (B)


ベース・プレイヤーのマイケル・アンソニーサミー・ヘイガーとの絡みによりバンドをクビ同然で脱退したわけですが、後任にはエディの16歳になる息子ウォルフガングが迎えられています
息子はマイケル同様かなりのポッチャリさんですがこれによりバンドは完全なるVAN HALEN
デイヴ+ヴァン・へイレン一族によって固められたラインナップとなりましたね




マイケルのジャック・ダニエル・モデル?のベースと長年バンドの屋台骨を支えた続けたベース・プレイが見れなくなってしまったこと・・・そしてバンドの個性の1つとも言えた美声コーラスが聴けなくなってしまったのはとても残念なことなんですけどね・・・
   
20070818001917.jpg


エディ&デイヴの花形フロント・マン2人は共に短髪~デイヴの頭の後退ぶりを含めて
「老けたなぁ~」という印象ですが、是非とも華麗なるプレイ~華やかなライヴをこの日本でも
近い将来実現させて欲しいものです

記者会見では相変わらずの饒舌ぶり~喋り捲りだったデイヴですが(’96年の再結成頓挫を思い起こさせる・・・彼の相変わらずの態度が心配だったり)、彼の口からはしっかりとツアー予定に日本のことが触れられていたので、早くに“華やかなVAN HALENによるショウ”をこの日本で行なって欲しいと切に願います

デイヴを含むVAN HALENの来日は30年近く?行なわれていないと思いますし、サミーを含む’04年の再結成は全米ツアーのみで終了してしまいましたからね・・・

ちなみに私は元EXTREMEゲイリー・シェローンがヴォーカルだった頃の彼らのライヴを’98年に武道館で観ています

デイヴがヴォーカルだと曲の選択肢が狭まると言う難点がありますが(彼がサミーの曲を歌うとは思えない・・・逆は可能だったが)、リアル・タイムで聴いた「1984」の楽曲は是非とも“デイヴのヴォーカル・パフォーマンスで聴きたいですね

エディの健康状態もまだ心配なのですが、とにかく空中分解する前に「日本に来てくれ~」と心から思いますね
デイヴを含むVAN HALENにはライヴを観た後に「いい夢を見させてくれてありがとう素晴らしいライヴをありがとう」と言いたいですからね それだけ伝説の存在~バンドだと思いますよ


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆DURAN DURAN 2/5+CHIC+PALMER=THE POWER STATION☆

昨日今日と焼けるように暑いです
予報では今日の暑さがピークらしいですけど、今日も観測史上最高温度の40℃越えの地があったようですね
私の住んでいる地域でも外は38℃~39℃はあったみたいです
ドライヴ中に道路の温度標識を見ると、そう表示されていましたからね・・・
どおりで車のエアコンは効かないし、外に出て歩いていると火傷しそうな体感温度で本当にやばかったです

私は21日まで休みなんですけど、明日あさっては休日出勤します
すでにお盆休みを終え、お仕事を始めている方や休み関係ナシに働いている方は多いかと思います。
そんな人達からすると贅沢な物言いだとは思いますが、明日からの仕事は「フゥ~」ってな感じで憂鬱ですね・・・せめて気温が少しでも落ち着いてくれたらと切に願う次第です


前回はDURAN DURANが’85年に発足させたプロジェクトの1つARCADIAをご紹介しましたが、
本日は当然流れからいって?もう1つのプロジェクトTHE POWER STATIONの紹介です

20070815125456.jpg


Robert Palmer (Vo)
Andy Taylor (G)
John Taylor (B)
Tony Thompson (Ds)


THE POWER STATIONのアルバムはARCADIAと違って廉価版等で国内では廃盤にならずに現在までカタログとして生き残っていますが、特別なリニューアル(リマスター等)は施されてはいません。
いきなり商品のおススメで何なんですがこれから彼らを聴こうとか、買い直しをしたいと思っているファンの方は以下の2枚組ヴァージョンが断然おススメです
本編はリマスターが施され、貴重なボーナス・トラック入りです 
輸入盤なので字幕が無いのが難ですが、DVDにはメンバーのインタビュー、レコーディング風景、PV、ツアー前に脱退してしまうロバートを含むラインナップによる貴重なTVパフォーマンスが収録されています

この盤は’05年に発売されていてLIMITED EDITION~限定盤のような扱いになっていますが、現在でも大型CDストアや輸入盤を扱っているお店ではしっかりと店頭に並んでいるので、買うならこのヴァージョンだと私は思います
2枚組なのにお値段的にも良心的ですからね 

THE POWER STATION

20070815125215.jpg


DISC-1
1. Some Like It Hot
2. Murderess
3. Lonely Tonight
4. Communication
5. Get It On (Bang A Gong)
6. Go To Zero
7. Harvest For The World
8. Still In Your Heart
9. Someday, Somehow, Someone's Gotta Pay
10. The Heat Is On
11. Communication (long remix)
12. Get It On (7" mix)
13. Some Like It Hot And The Heat Is On
14. Communication (7" remix)
15. Some Like It Hot (7" edit)

DISC-2(DVD)
1. Introduction
2. Some Like It Hot (video shoot)
3. Some Like It Hot (video)
4. On each other and recording # 1
5. Get It On (video)
6. On each other and recording # 2
7. Communication (video)
8. Summary/End credits
9. Some Like It Hot (Bonus clip from Saturday Night Live, February 6th 1985)


Produced By~Bernard Edwards




前回も大雑把に2つのプロジェクトを色分けしましたけど、ARCADIAは欧州的な薫りがする妖艶で
崇高なアート・ロック
THE POWER STATIONはファンキーなノリ、ダンス・ミュージック的要素も多分に含んだものですが、基本はとても解り易いストレートでハードなロックン・ロールだと思います

DURAN DURANというバンドのイメージからTHE POWER STATIONの音も軟弱と捉える方もいるかと思いますが(当時から今現在において、殆どの音楽ファンがそのような間違った認識を持っているとは思わないですけど一応・・・)、HR/HM畑の人間?やハードな音楽を好む人にとっても十分に耳に訴えるロック~魅力的なロックを披露したバンドだと思います
「LIVE AID」フィル・コリンズと共に再結成LED ZEPPELINのドラマーを務めたトニーのパワフルなドラミングと独特なドラム・サウンド作りが、このアルバムをパワフルでハードに演出していたことも紛れもない事実ですね
「LIVE AID」の翌年にトニーをドラマーに迎え、LED ZEPPELINは再結成に向けてリハーサルを開始するわけですが(最終的にはトニーの事故により頓挫・・・ロバートのやる気も失せていた・・・)、
ファンク・ミュージックを好み、パワーだけではない繊細なリズムを刻んでいたボンゾの後任として彼が適任であったことは納得できますね
彼のファンキーなノリと独特なリズム・センスによるパワフル・ドラミングはZEPのメンバーが好むスタイルだったと言えるでしょう

ジョン&アンディDURAN DURANの中でもロック・スピリットを強く持ったメンバーであり、装飾過多となったDURAN DURANをラフでストレートなロックに導きたいと思っていたわけですが、このアルバムで聴かれるプレイ~後にライヴで披露される彼らのプレイはDURAN DURANでは感じえない素晴らしいものがあります
特にアンディの水を得たようなギター・プレイは見事にこのバンド~アルバムにマッチしており、DURAN DURANでの鬱憤を晴らすかのごとくハードに弾き捲くっています
ジョンは当初このプロジェクトの音楽性をパンク・ロック+ファンク・ミュージックの融合と位置づけていましたが、多分にあるファンキーなノリの要素からチョッパー・プレイを持ち込んだりと、テクニカルでベース・プレイヤーとしての領域を拡げるような素晴らしいプレイを本アルバム~ライヴで披露しています

このロックなノリの心地好さからアンディDURAN DURANから脱退し、更にロック魂に火が点くわけですが、ジョンアンディも演奏家としての正当な評価~ライヴに重点を置く姿を誇示したかったので、その点から言ってもこのアルバムとそれに伴うツアーは成功だったのではないかと思います

そして、スーツ姿が渋いロバート・パーマー
彼はツアーには不参加、先のDVDの1曲でしか生のパフォーマンスを拝めないんですけど、彼のダンディな佇まい~渋い歌声とセクシーな男臭さが漂う雰囲気はTHE POWER STATIONの個性を際立たせていますよね
スーツ姿でセクシーに歌い上げ、フロントで個性(異彩?)を発揮するロバートDURAN DURAN組の対比はなかなか見応えがあるので、やはりDVD付きは押さえておくべきだと思いますよ

全然関係ないですけど、スーツ姿で収まるグループ・ショットやPVでロバートを先に見ていたからGRAHAM BONNETをフロントに擁するRAINBOWのヴィジュアルにはそれほど違和感を抱かなかったんだなと今思いました・・・声、ヴォーカル・スタイルはセクシーには程遠いものでしたが

ロバートの魅力は私なんかよりもいつも遊びに来て下さるふぇあさんがその魅力を十分に伝えてくれているので、そちらにお任せします 
     
ちなみにツアー・メンバーはこんな感じ↓    

ps1985.jpg


SILVERHEAD~DETECTIVE(よく知らないけど)の Michael Des Barresを迎えてツアーは行なわれました
「LIVE AID」ではこのラインナップによるライヴ・パフォーマンスが披露されていたんですけど、現在発売されているDVDにはLED ZEPPELIN同様に使用許可が下りなかったようで未収録・・・
こちらも幻のパフォーマンス映像となっております
しかし、おススメ盤の9曲目はこのラインナップによるレコーディング・ナンバー
映画「コマンドー」の主題歌に使われた曲が収録されています

DURAN DURAN活動休止時のプロジェクトは結果的にバンドの分裂~2人のメンバーの脱退を招いてしまい、17年の時を経てオリジナル・ラインナップ復活となるわけですが、THE POWER STATIONNEUROTIC OUTSIDERSに走ったジョンを除いて’96年に復活
しかし、かつて程の話題と成功は収められずに終わってしまったと記憶しています。
そして、残念なことにこのプロジェクトに関わったメンバーが既に3人もこの世にいないんですよね・・・
ロバートトニー、プロデューサーであり2ndではベースを弾いたバーナード・エドワーズ ・・・
素晴らしい音楽を残し、優秀なミュージシャンが早くにこの世を去ることには何とも言えない悲しい気持ち・・・複雑な気持ちになりますね。
THE POWER STATIONの再結成は今後有り得ないことですが、彼らが残した素晴らしい音楽はこうして生き続けているのでいつまでも接することが出来ますし、新しいファンに彼らの素晴らしさを伝えることが出来ます
今となっては幻のスーパー・バンドと言える存在ですが、彼らが提示したパワフルでハード・ドライヴィンなロック、斬新な音作りで我々に強烈なインパクトを残したこのアルバムは、必ず聴くべき’80年代が残したロックの名盤だと私は思います  

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆DURAN DURAN 3/5による耽美な世界☆ 

結局今年の夏は当初の予報どおり猛暑ですね 
相変わらず暑いですもん
確か梅雨明け前は夕立や大雨が結構あって日照不足だったはずですが、8月に入ってから関東地方はまともに雨降ってないですよね? 
基本的に雨降りな天気は好まないですけど、多少外界をクールダウンさせる為にも一雨欲しいところですね
アスファルトの熱さや照り返し、建屋や車に蓄積された熱、熱風と化した外気はちょっとしたお散歩~外出でもかなりヤバイですからね

連日の暑さに辟易している今日この頃ですが、先日注文していた3品のCDは既に到着 
到着時からかなりの頻度で聴いているものはやはり接するのが久々ということもあり、
このアルバムを多く聴いていますね↓ 

ARCADIA/SO RED THE ROSE

arcadia-so_red_the_rose.jpg


1. Election day
2. Keep me in the dark
3. Goodbye is forever
4. Flame
5. Missing
6. Rose arcana
7. Promise
8. El diablo
9. Lady Ice


ARCADIA.jpg


Simon Le Bon (Vo)
Nick Rhodes (Key)
Roger Taylor (Ds)


全世界的に成功を収めたDURAN DURANは、’85年に今後のバンド活動の活性化とリフレッシュの意味合いも込めてバンド活動を休止。
ジョンアンディによるTHE POWER STATION、そしてサイモン、ニック、ロジャーによるARCADIAと2つのプロジェクトが誕生~活動を行なうわけですが、メンバー間のエゴによる対立と短期間で大成功を収めてしまったが故の苦悩が産んだプロジェクト~選択だったと言えますね。(バンドの解散説は根強かったし、結果的にメンバーの2人が脱退するわけですが・・・)
メンバー間の音楽性の違いは2つのプロジェクトの顔触れからも明確になっています
DURAN DURANでの鬱憤を晴らすかのごとくギターを弾き捲くりたいアンディと、ファンキーな要素も含む様々なロック・テイストを嗜好するジョンの音楽的方向性によるTHE POWER STATION 
サイモンの艶のある歌声を活かし、ニックが好むキーボード主体のポップな楽曲と欧州的薫りのする耽美な音世界を構築するARCADIA
特にアンディニックは音楽的嗜好が異なることもあって、メンバーの中では1番仲が悪いと言われていました・・・結局アンディは自分の目指す音楽性はDURAN DURANでは不可能~ソロ・プロジェクトでの心地好さも手伝って脱退に到ります。
昨年の脱退劇もきっと同じような理由だと思われますね

ロジャーに至っては大成功から来る苦悩から当時完全に疲れ切っていて、後にDURAN DURANから脱退・・・農場経営等を行い音楽業界からは引退してしまいます。
ARCADIAのアルバムにはしっかりとクレジットもされていて、サイモン、ニック、ロジャーによるプロジェクトであることは確かですが、ドラムはゲスト・プレイヤーが叩いているものが多数を占め、彼自身のメディアへの露出は殆ど無かったと記憶しているので、彼のインプットがどれだけこのアルバムに反映されているかは疑問の残るところです・・・

当時の私は完全にTHE POWER STATION派で、このアルバムをあまり聴かなかったんですけど、その理由は簡単です
大雑把に言えば、単純にカッコイイと思えるロック・スタイルなTHE POWER STATIONは解り易く、
独特の雰囲気を醸し出していたARCADIAは難解~崇高な雰囲気があり近寄り難かったのです。
ジャケのアートもそうですが、うっすらと記憶に残る“Election Day”のPVは妖しい耽美な世界を構築していましたからね
サイモン、ニック、ジョンの3人となった後のDURAN DURANの音世界を聴けば十分に納得が行く音楽性~アンディ抜きのDURAN DURANの音楽性が先に提示されたアルバムと言えますが、妖しい耽美な世界観淫靡でエロチシズムも感じられるセクシーな楽曲DURAN DURANのような躍動するメロディは感じられませんが、サイモンの艶のあるヴォーカルがセクシーで素晴らしく、ゴシックな世界に我々を誘いARCADIAの世界へと引き込む美意識満載のアルバムです

詳細は省きますが、多彩で豪華なゲスト陣もこのアルバムに彩りを添えていて、それらのミュージシャンからのインプット~影響も垣間見ることが出来るゴージャスな作りの作品ですが、キーボードを主体とした音作りと欧州的薫りのするサウンドは明らかにニック主導によるものですね
彼の優雅な佇まいと同様な音楽的嗜好が反映された作品だったと私は思います。

長らく国内では廃盤状態なこのアルバム・・・
秋には廉価版で再発が予定されていますが、これを機に再評価してもらいたいアルバムですね。
私の勝手な思い込みかもしれませんが、アルバムに伴うツアーも行なったTHE POWER STATIONの方がメディアへの露出も多く評価が高かった気がします。
私も当時はアバンギャルドな雰囲気?が難解に思えたんですけど、優雅な欧州的薫りと独特な世界観~ARCADIA流美意識の拘りが素晴らしい作品だと再認識しました

ポップでありながらファンキーな要素も含むゴージャスな音作りと楽曲妖艶な世界を独自の美意識で構築するこの作品はファンならずとも一聴の価値があると思います
欧州的な薫りを醸し出す耽美なゴシック・ミュージックを好む人には十分にその魅力が伝わると思いますし、DURAN DURANファンにとってはTHE POWER STATIONと共に聴く事により、DURAN DURANミュージックの本質~核を垣間見る事が出来ると思いますよ


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆雑記~今日から夏休み♪☆

最近いつも出だしが同じですが、本当に連日暑いですね
8月に入ってから連続真夏日~30℃越えが続いていますが、この記録いつまで続くんでしょうかね?・・・あまり歓迎しない記録達成なんですがね~

多くの方がお盆休みを迎えられたと思いますが、私も今日から21日まで夏休み突入となりました 
途中2日ほど休日出勤があって全部は休めないんですけど、それでもウチの会社、休み多過ぎです 
贅沢な物言いだとは思いますが、こんだけ休みがあるとお金も続かず途方に暮れてしまいます
これだけ長期の休みだと旅行等に行きたいところですが、お金に余裕がなかったり(←CD購入や夜の娯楽?を控えればいいことだが)予定が合わなかったりと先立つものがないので、結局単発的なお出掛けと休養で終始してしまう夏休みになりそうですね 

まっ、それはそれでよいかな?と思います。
休みが多いなんて贅沢なことを言っていても、休みの期間はアッという間に終わってしまい、
休み終わり間際には「また仕事かカッタルイ」と思ってしまうんだろうから、ゆっくり休めればそれでいいかな?と思っています  
今年の夏の思い出みたいなものは作れないかもしれないですけどこの暑さだし、基本的に人混みをあまり好まない人間ですので(よって“あのCM”には共感、納得出来ますね

とりあえず今日は家でゆっくり過ごすという感じですが、Amazonで以下のCDを購入
・・・要は自分の足で探すのが億劫だったので

ARCADIA/So Red The Rose

20070811153726.jpg


結果的にバンド分裂となったDURAN DURANが、’85年バンド活動休止時に結成したプロジェクトの1つ(片方はジョン&アンディTHE POWER STATION
こちらはサイモン、ニック、ロジャーを中心としたプロジェクトですけど(ロジャーがどれだけ関わっていたかは疑問・・・メディアお披露目の時は彼の姿はなかったし、この時点で引退同然→DURAN DURAN脱退でしたから)、当時の私は完全にTHE POWER STATION派だったので、
あまりこのアルバム聴いてなかったんですよね。
改めて今の耳で聴きたいと思っていました
“Erection Day”とかは独特の雰囲気を持っていて好きでしたからね

STRYPER/Roxx Regime Demos 

stryper-1983.jpg


’80年代、彼らの全盛期当時はあまり彼らの活動に興味もなく、“クリスチャン・メタル”という売りと
独特の衣装~イメージ、ドラムのサウンド作り等に違和感があってあまり好きではなかったのですが、ブログでも記しているように最近彼らの曲の良さを改めて感じ急接近
マイケル・スィートの上手さとヴォーカル・ハーモニーの美しさ秀逸なメロディと曲の良さを今になって実感しております
このアルバムはSTRYPERの前身バンドによるデモのようですけど、デビュー前夜の彼らが一体どんな音を出していたのか?とても興味があります

GILLAN/MAGIC

gillan-magic.jpg


DEEP PURPLEイアン・ギランが再結成DP以前に率いていたバンドによる’82年の作品です
最近国内でもIAN GILLAN BAND~GILLANのアルバムが紙ジャケ&ボートラ入りで再発されましたけど、国内盤ちょっとお値段が高く、国内盤で全部集めるとかなりの費用が嵩むので内容が変わらないプラケース仕様の輸入盤での購入~収集とすることにしました(←こちらの方が断然安い
ちなみに本アルバムでギターを弾いているのは現IRON MAIDENヤニック・ガーズ
この頃の彼は、そのギター・プレイとパフォーマンスからリッチー・ブラックモアのそっくりさんと呼ばれていましたね。
GILLAN加入前、自身のリーダー・バンドWHITE SPIRITDP型のバンドでしたし、彼も黒装束の衣装に身を包んでいました
現在のDEEP PURPLEイアンの衰えたヴォーカルに否定的な人は多いかと思いますが、GILLANでの音楽性と当時のヴォーカル・スタイルのマッチングは悪くなく、その独自のHRサウンドはとても素晴らしいので、GILLAN時代のイアンは好きという方は多いかと思います。
私もそんなファンの1人であります 

到着がとても楽しみな3枚なので、いずれじっくりとレビューしたいと思います

ちょっと休み中は更新頻度が鈍るかもしれませんね・・・長期の遠出はしませんけど多少は外で
娯楽を満喫しますしこの暑さもあるしねぇ~

しかし見事なまでにバラバラな音楽性~幅広いチョイスによる今回の購入品目ですね

       

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆これは押さえておくか♪☆

オリジナル・ヴォーカリストのStephen Percyが7年ぶりに復帰し、今月号のBURRN!で正式に
再結成をアナウンスしたLA-METALの雄RATT  

ratt-2007.jpg


ロビン・クロスビー(G)はドラッグの問題から既にこの世を去り、今回の再結成に1番乗り気だった
ファン・クルーシェ(B)は不在と、実際にはオリジナル・メンバーが3人だけの再結成なので今後どれだけ盛り上がるか~バンドは新たに再浮上するのか?と個人的には疑問を抱いていますが、彼らの派手で華やかだった時代~LA-METALの象徴だった頃のビデオ・クリップ集がDVDで復活
近日国内版も発売です

RATT/VIDEO COLLECTION

20070810002143.jpg


1 Wanted Man
2 You Think Your Though
3 Back For More
4 Round And Round
5 Lay It Down
6 Shame Shame Shame
7 Lovin' You's A Dirty Job
8 I Want A Woman
9 Way Cool Jr.
10 You're In Love
11 Dance
12 Body Talk
13 Slip Of The Lip


ClassicRatt.jpg


Stephen Pearcy (Vo)
Robbin Crosby (G)
Warren DeMartini (G)
Juan Croucier (B)
Bobby Blotzer (Ds)


正直言うと私は彼らに対してそれほど思い入れはなく(←好きな曲と嫌いな曲がはっきりしている・・・
アルバム単位~1つの作品として好きなものはない。スティーブンのヴォーカルには色々な意味で限界がある ボビーのドラムにも限界がある)、LA-METALのバンド群ではMOTLEY CRUEDOKKENが大好きなバンド~思い入れタップリのバンドなんですが、今回再発されるDVDに収められている曲は好きなものが網羅されているし、彼らの派手で華やかだった雄姿には当時LA-METALの象徴としての魅力を十分に感じていたので、ベスト盤的意味合いで購入しようかな?と思っています

スティーブンが歌えばそれでRATTだと思うのでウォーレンと共にしっかりとバンドの屋台骨を支えて、それなりの成功を収めてもらいたいものです
私達が“あの頃”聴いたバンドが復活したり、現在でも精力的に活動しているニュースを聞くとやはり心躍るところがありますからね


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆暑さ倍増な!?1枚☆

連日、暑い日が続いていますね
暑さ続きでバテ気味の人は多いかと思いますが、私もこの暑さでちょっとバテ気味です
しかし、今週を乗り切れば待望の夏休みとなるので(←忙しいから何日かは休出になるけど・・・)
もうひと踏ん張り気合を入れて頑張りたいと思います 
皆さんも(ごく一般の社会人)そろそろ夏休みになられると思うので、お互いにもうひと踏ん張り頑張りしましょうね 

暑いということで本来ならクール・ダウンするような音楽をご紹介したいところですが、何故か暑さを倍増させるようなアルバムを私は思い出してしまいました

IMPELLITTERI/STAND IN LINE

20070808000249.jpg


1. Stand in Line
2. Since You've Been Gone
3. Secret Lover
4. Over the Rainbow
5. Tonight I Fly
6. White and Perfect
7. Leviathan
8. Goodnight and Goodbye
9. Playing With Fire


impellitteri-1988.jpg


GRAHAM BONNET (Vo)
CHRIS IMPELLITTERI (G)
CHACK WRIGHT (B)
PAT TORPEY (Ds)
PHIL WOLFE (Key)


説明不要の錚々たるメンバーによって制作された’88年発表のIMPELLITTERIフルレンス・デビュー・アルバムです

今回はほんの触りの紹介で後日改めてアルバム・レビューしたいと思いますが(←いつになることやら・・・)、グラハムおじさんの血管が切れそうなパワー・シャウトと凄まじいテクニック~速弾きで弾き捲くるクリスのギターの組み合わせってだけで十分に熱くなる(暑くなる)アルバムでしょ?

グラハムのパワー・ヴォーカルとクリスの「おいおい、弾き過ぎだよ」って組み合わせだけで十分に圧倒されてしまうアルバムですが、単純にRAINBOW(Down To Earth)~MSG(Assault Attack)~ALCATRAZZ(No Parole From Rock N’Roll)のメロディ重視でテクニカルなサウンドによる王道ヘヴィ・メタル~ネオ・クラシカルな様式美路線を好む人には魅力的な作品だと思います

でもクリスのギターの音が私、好きではないんですよね
“あの音”で引き捲くられる感じは聴いていて心地好くないんです・・・
彼のイングヴェイの亜流ではない個性とテクニックは十分に認めますが 

グラハムとは後に「SYSTEM X」でも共演しますが、クリスの音楽~IMPELLITERIの音楽に合っているヴォーカリストはやはりロブ・ロックだと思いますね 
結局、現在は袂を別ってしまいましたが・・・
私はRAINBOW大好き人間ですが、歴代ヴォーカリストの中での愛着度は(ドゥギー・ホワイト除く)
グラハムが1番低いってのもあるし

でも、グラハムの横には個性的なギタリストが立つべきだし、個性的なギタリストをパートナーに迎えてこそ彼の個性と才能は開花すると思うので、豪華メンバーによるこの1stも奇跡の1枚~グラハムにとってもクリスにとっても彼らのキャリアを代表するアルバムだと思います

RAINBOW絡みの曲も含まれるこのアルバム、また後日改めてレビュー出来ればと思っています

リアル・タイムでの発売も夏頃だったけど、夏に聴くとホントに暑さが倍増する熱いコンビによる熱いアルバムですよ

     
 

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆今夜はこれで♪FREE~「HEARTBREAKER」☆

夜遊び三昧で十分に英気は養ったという感じですが明日からまた1週間頑張らねばならないということで、今夜はしっとりと心に染みる音楽を聴きながら休みたいと思います

FREE/HEARTBREAKER

heartbreaker-free.jpg


1 Wishing Well
2 Come Together in the Morning
3 Travellin' In Style
4 Heartbreaker
5 Muddy Water
6 Common Mortal Man
7 Easy on My Soul
8 Seven Angels
9 Wishing Well [US Mix]
10 Let Me Show You [Single 'B' Side]
11 Muddy Water [Alternative Vocal]
12 Hand Me Down/Turn Me Around [Prospective Album Track]
13 Heartbreaker [Rehearsal Version]
14 Easy on My Soul [Rehearsal Version]


ブルージーな深い味わいと重みのあるハード・ロック、哀愁と叙情性を帯びたメロディが素晴らしい
捨て曲ナシの名盤ですね

Andy Fraser(B)が脱退し、Paul Kossoff(G)は薬物依存によって不安定な状態・・・
新たに日本人ベーシスト山内テツと現在はTHE WHOのキーボード奏者として活躍するRabbitを迎えた編成でレコーディングされた唯一の作品ですね。

Paul Rodgers自身もこの編成でFREEと名乗って活動したくはなかったようで、ファンもオリジナル・メンバーではないFREEは認めない~この作品を通り過ぎてしまっているファンもいるかもしれませんが、そんなことは関係ナシにこのアルバムは彼らの最後の輝きを捉えた素晴らしい名盤だと思います 

体調面から全曲はプレイしていないコゾフですが、彼の入魂の感情移入プレイ~泣きのプレイは本当に素晴らしく、聴いているこちらになんとも言えない気持ちの昂りと感動を与えてくれます
オリジナル・メンバーによるFREEのメイン・ソングライターはロジャースフレイザーであり、バンドの核は彼ら2人であったとも言えますが、FREEを特別な存在~個性的なバンドとして確立させたのは“2人のポール”の存在だったと私は思います。
誰もが絶賛する世界最高の白人ブルース・シンガーロジャースの表現力と、コゾフのテクニックに頼らない鬼気迫る1音入魂のプレイ~感情移入が素晴らしい“泣きのギター”による個性がFREEを孤高の存在としたのではないかと私は感じています。
本来なら他のアルバム~オリジナル編成でのアルバムでこのような評価を下すべきなんでしょうが、このラスト・アルバムでも十分に2人の素晴らしさと作品としての完成度の高さを実感することが出来ます
ラビットのキーボードも素晴らしく、曲に情緒ある雰囲気を醸し出しています
この辺のサウンド作りがオリジナルとは違った雰囲気、新たなFREEとしての姿を誇示しているかもしれませんね
残念ながら1枚きりで終わってしまいますが・・・

近年多くのアーカイヴ作品を発表しているFREEですが、ロジャースの最近のインタビューでは
コゾフのいないFREEの再結成は有り得ない」ときっぱりと再結成話を否定していますが、当然ですよね・・・彼の理想とする最高のギター・プレイヤーはコゾフであり、彼以上のプレイヤーは現れないと昔から言っていますからね。
マルチなロジャースのギター・プレイもコゾフのプレイを意識したものですし、本来ならコゾフが辞めざるを得ない状況になったことを望んではいなかったんですからね・・・

“Wishing Well”GARY MOOREがカヴァーして有名ですし、入魂の“Heartbreaker”DEEP PURPLE “Mistreated”の下敷きとなったブルージーで感動的な名曲ですね
リッチーロジャースを絶賛し、欲する気持ちが十分に理解出来ますね

おっとまた感情先走りで完結に纏められず0時を回ってしまいました
明日からまた1週間が始まるのでこの名盤を聴きながら寝るとします
皆さん、おやすみなさい

    

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

☆雑記~本日の収穫品☆

はい、今日もとても暑いです

この暑さでバテ気味ということもあり、昨日は会社の仲間達と鰻を食べに行きました
地元ではなかなか有名なお店でとても美味しかったのですが、当然うな重だけ食べて終われるはずもなく、他にもいろいろな料理やお酒を堪能
結局行くところまで行ってお帰りは午前様・・・夜の4時近くとなりました(←もう夜が明けるって
よって今日は午前中は死んだように寝ていようと思っていたのですが、この炎天下にこの暑さ窓を開けていても熱風が差し込むという感じで寝ていられず9時頃には起きてしまいました
意外とお酒が残っていなかったのが不幸中の幸いでしたけど
実際には時間の間隔的にまだ酔ぱらっているのだが・・・

そして、せっかく起きたのでちょいと近くのdisk unionまで車でお出掛け(←実際には全然近くないし、おいおいこれって・・・感じですね

本日の購入品は以下のもの

BBURRN! 9月号

20070804193659.jpg


ブート雑誌のbeatleg 9月号

beatleg-sep.jpg


ガンズ絡みで?このバンドのCDを¥220で購入

NEUROTIC OUTSIDERS

20070804194313.gif


neurotic-1.jpg


1996 album featuring Duff McKagan (Guns N' Roses), Steve Jones (Sex Pistols), John Taylor (Duran Duran) & Matt Sorum (The Cult~Guns N' Roses).

錚々たる顔触れによる“大人のパンク”を基調としたハード・ドライヴィンなロック・アルバムです
単純にカッコイイなと感じてしまう曲が多く収められているアルバムで、男らしく骨太な感覚の“パンクなハード・ロック”?にポップでキャッチーな面も同居したロックン・ロール・アルバムなんですよね
どの曲で誰がヴォーカルを取っているかははっきり私には判別がつかないんですが、ヴォーカルに関してはこの手のロックにありがちな雰囲気モノといった感じなので正直言ってあまり上手くはありません
ラフな感じを押し出すには当然この雰囲気モノはアリなのですが、もう少しヴォーカルが上手かったり個性があったらもっと強力なアルバムになったと私は思います

パンク・ロックと聞いて聴かず嫌いのHR/HMファンも多いかと思いますが、単純にカッコいいハード・ロックを聴かせているので、ガンズファンは勿論のこと、DURAN DURANジョンが当時やりたかった音楽性~ロック・スタイルを垣間見るためにも最適なアルバムだと私は思います

本日のレビューは簡単ですけどここまで
またまた今夜お出掛けなので

私ももういい歳なのですがロッケンローな感じで我ながらタフだと思います
それではあまり深酒しないように楽しんできたいと思います

     


テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

☆RED HOT!!~NIKKI SIXX初ソロ・アルバム発表☆

暑っ
どうやら完全に梅雨明けしたようで連日暑い日が続いてますね
PCを操っている現在も非常に暑く心なしかPCも夏バテのようでなんか調子が悪いんですけど明日あさってと夜は飲み会等があって更新は難しいと思われるので手抜きなんですけど
本日は記事をUPしようと思います

流れで言うと今日はBLACK SABBATHの5000枚限定ライヴのレビューなんですけど、これは同ラインナップによるライヴ・アルバム「LIVE EVIL」も絡めてレビューしたいと思うので(←例の如く長くなるから)また後日とさせていただきます

今夜は暑い夜ということで無理やり関連付けてRED HOTMOTLEY CRUE関連のニュースを 
 
既にご存知の方は多いかと思いますが、MOTLEY CRUENIKKI SIXXが今月、初のソロ・アルバムを発表します  
 
20070802231619.jpg




詳細はこちら↓手抜きなんでHMVレビューの全文を掲載させていただきますm(_ _)m

HMVレビュー 

初のソロ・アルバムは自伝本のサントラ!

Motley Crueのリーダー、Nikki Sixxが初のソロ・アルバム『The Heroin Diaries』をリリースします。

今から7年前の2000年に“58 Fifty-Eight”というソロ・プロジェクトがありましたが、今回の作品はNikki Sixxのソロ・アルバム(名義はSixx:A.M. )という形で発表されます。

このアルバムは、同名の自伝本のサウンドトラックの役割を果たすもので、アルバムに収録される12曲は、本の各チャプター(各章)になっているのだそうです。アルバムには元Beautiful CreaturesのメンバーであるDJ Ashbaも参加しています。

20070802232521.jpg



そして、こんなものもリリースされていたんですね HMVレビューより↓

また余談になりますが、去る6月に『Too Fast Love: Millenium Tribute Motley Crue』なるMotley Crueのトリビュート・アルバムがリリースされています。

こちらにはVince Neilの息子であるNeil Whartonのバンド、Rock N' Roll Junkiesや、元メンバーのJohn Corabi、Phil Lewis(L.A. Guns)などが参加しています。

20070802232925.jpg



皆さんにも永遠のカリスマ的ミュージシャンは存在すると思いますし、私にとってのカリスマも数多く存在しますが(カリスマ的存在が多過ぎるのは変か?)、Nikki sixxはそんな私にとってのカリスマ的ミュージシャンの1人であります  
MOTLEY CRUEとの出会いは3rd「THEATER OF PAIN」からで、彼らのライヴ初体験は「DR.FEELGOOD」でのツアーでした
以来、’97年のフェスティバル形式での来日公演以外は全て観に行くほど彼らのファンであり、
ニッキーは私にとっての永遠のカリスマと呼べるほど特別な存在であります

一時期は「あれ、ヤバイな~」ってくらい太っちゃった時もありましたが、単純に彼の容姿はカッコイイのであります
端正なルックスとロック・スターとしての佇まい、そしてオーラ
セックス・シンボルとしての色気と圧倒的な存在感によるライヴ・パフォーマンス
バンドの頭脳としての才覚とシンプルながらも印象的なフレーズを奏でるベース・プレイ(←彼は決して下手なプレイヤーではない
とにかく全てにおいて絵になる男なのです

タイミング的なこともありますが、意外に彼らの記事ってUPしていないので、今回のニッキーの初ソロ・アルバムをキッカケとして、アルバムや過去のライヴの思い出を綴れればと思っています

しかし、ヴィンスは「何回目の結婚だ?」って思うくらい再婚しているんですけど彼にもバンドを組むほどの大きな息子がいるんですね~
どんな息子だか見たいですけど、とりあえずヴィンスにはもう少しダイエットを頑張ってもらって痩せて欲しいものです
一昨年のライヴでの容姿ではまだまだです
「THEATER OF PAIN」の頃まで落とせとは言わないけどさ

motley1985.jpg




テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

☆今から黒い安息日!?☆

今日はこれを聴きながら↓

blacksabathliveathammer.jpg


BLACK SABBATH/LIVE AT HAMMERSMITH

そして、これを見ながら↓

20070731235232.jpg


ゆっくりと休息に入りたいと思います

寝る前のBLACK SABBATH三昧・・・
不吉なことは起こらないと思いますが、サバス・ミュージックで寝付けるのか?とお思いの方は
いらっしゃるかもしれませんね 

HEAVEN AND HELLは東京・大阪で開催されるLOUD PARK 07のヘッドライナーとして10月に
来日しますが、フェスティバルでのたった2回の公演は寂しい限り・・・
未だに単独公演が実現しないかと密かに期待嬉しいサプライズが起こることを切に願っています

上記のライブ盤は限定5000枚でリリースされた現BLACK SABBATH(HEAVEN AND HELL)
ラインナップによる'81 12/31ロンドンでのライヴ

レビューは次回としますが、このライヴ盤あまりにもレア盤な為、最近のYahoo!オークションで私が見た時は¥13000~14000の値がついておりました

ちなみに私はそんな高値でこの音源を手に入れたわけではないのでご安心を

「LIVE EVIL」より迫力のライヴ感が味わえるので、本当なら多くに人に聴いて貰いたい名ライヴ盤なんですけどね・・・それではおやすみなさい    

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。