ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼少のローレン☆

IRON MAIDENの日本ツアーも31日の名古屋のみとなりましたが、全ての公演で前座を務めているであろうSTEVE HARRISの娘LAUREN HARRIS
確か昔のBURRN!の表紙で、スティーヴが子供達と写ってるものがあったと記憶していたので探してみたところ、やっと画像を見付けることが出来ました




1990年2月号のBURRN!の表紙です

3人とも娘で、この時の奥さんとは今は離婚してると思いましたがローレンは長女のはずなので、スティーヴの隣にいる右側の子でしょう 

スティーヴって16年経っても変わりないんですけど、娘は16年経つと、こうも変貌するんですね
 
lauren-09-250.jpg
LAUREN20HARRIS20.jpg



う~ん、人の成長、女の子の成長ってスゴイと思います
そして、私もメイデンの音楽に出会ってからこんなにも月日が経ったんだと感慨もあり、齢を取るわけだと実感した次第であります 



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

昔はリッチーのそっくりさん☆

先日、素晴らしいライヴを我々の前で披露したIRON MAIDEN
あと2日間、日本での公演が残っていますが、1990年からバンドに在籍するJANICK GERSは、かつてRITCHIE BLACKMOREのそっくりさんと言われていました。

0011-big.jpg


黒装束に身を包み強烈な速弾きで登場したYNGWIEよりも前に・・・その彼が在籍したバンドはWHITE SPIRIT

CMEDD1143.jpg


バンドの編成はヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードの5人組で、その編成の通りバンドの音楽性はDEEP PURPLEを彷彿させるものでした
ヤニックは黒装束に身を包み、プレイ、アクション共にリッチーのようなパフォーマンスを繰り広げていたようです 残念ながら当時のライヴ・パフォーマンスの音や映像、写真も見たことは無いんですが、マニアの間では、バンドの音楽性やヤニックの存在は注目されていたようです

彼らはIRON MAIDENと同様にNWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)のムーヴメントの中にあったバンドでしたが、音楽性は伝統的なハード・ロックを基本とするものでした。

まさにDEEP PURPLE,RAINBOWの音楽性の影響を受けたサウンドで、ギター、キーボードがバンド・サウンドの中心となり、刺激的なバトルを繰り広げ、叙情的でドラマティックなハード・ロックを展開しています キーボードの音色からはプログレ的な薫りもするし、URIAH HEEPの音楽性を感じさせる所もあります

ヤニックが人間関係のもつれで脱退したことにより(その後イアン・ギランのバンドGILLANに加入)、WHITE SPIRITの活動は暗礁に乗り上げアルバム1枚で終わってしまいますが、パープル的な疾走感と、バンド・サウンドを感動的にドラマティックに演出するギターとキーボードのバトル・・・叙情性も伴った正統派ハード・ロックの音楽性を封じ込めたアルバムは“隠れた名盤”の名に相応しいでしょう

過去に日本でも、このアルバムはCD化されましたが(確か全世界初)、現在はレア・トラックを含めた2枚組として再発されています

ステージ上でアグレッシヴなギター・プレイとパフォーマンスを繰り広げるヤニックの“THE EARLY DAYS”が堪能出来る素晴らしい名盤ですよ  
 






テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

アイアーン・メイデーン!!

IRON MAIDENの武道館公演、素晴らしいライヴでした

F1020155.jpg


セット・リストはこのようになってます

1. Different World
2. These Colours Don't Run
3. Brighter Than a Thousand Suns
4. The Pilgrim
5. The Longest Day
6. Out of the Shadows
7. The Reincarnation of Benjamin Breeg
8. For the Greater Good of God
9. Lord of Light
10. The Legacy
11. Fear of the Dark
12. Iron Maiden
encore
13. 2 Minutes to Midnight
14. The Evil that Men Do
15. Hallowed Be Thy Name


やはり、ニュー・アルバムの全曲再現と過去の曲は5曲という構成でした

amater2.jpg


私は事前にセット・リストを把握していたのと、アルバムを聴き込むようにしていたので、世界最強のHM“ライヴ・バンド”のライヴを楽しむことが出来ましたが、アルバムを聞き込まなかったファンは素晴らしいパフォーマンスと感じながらも、“Fear Of The Dark”以降ほどは楽しめなかったかもしれませんね。このような構成ですので賛否両論あるかと思いますが、私はHM最強のバンドのライヴ・パフォーマンスを充分に堪能し楽しみましたし、彼らのライヴが悪いはずがナイっ
彼らだからこそ、このような構成のライヴを自信を持って演れるのだと感じました

メイデン(スティーヴ・ハリス)は基本的にセット・リストは変えないので、これからの公演でライヴに臨む人は充分に予習をしておいた方が良いと思われます
土曜に仕事が入っていなければ、国際フォーラムのライヴも行きたかったですねぇ・・・
アルバム同様、ライヴも聴き込めば聴き込むほど良さが分かるというか、楽しめる内容だと思えたからです 仕事入れちゃって迂闊だったよ

残りの公演に行く人は予習をして楽しんできて下さいね

Iron20Maiden.gif


前座で登場したスティーヴの娘LAURENも黒髪をなびかせながら、一生懸命ヘッド・バンキングもして頑張っていましたよ

laurenharris.jpg

P65_1.jpg


曲調はポップな感じでしたけど、悪くなかったですよ
開場前にリハの音が聴こえていたんですけど、リハではUFOの“NATURAL THING”を演っていましたよ
本番も演ってくれるかな?って期待してたけど、本番は自分の持ち曲だけでした・・・残念









テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

武道館へ☆

遂にIRON MAIDENのJAPAN TOURが今日、武道館から始まります

Iron-Maiden.jpg


今年のライヴは5月のWHITESNAKE以来、武道館は去年のJUDAS PRIEST以来です
ニュー・アルバム全曲再現と過去の曲が数曲という今回のライヴですが、とにかく楽しみであり、充分に堪能したいと思います

実は最近、ヤバイくらいにストレスが溜まってるので今日のライヴが、よいストレス発散になればと思ってます

あ~、周りのお客さんに迷惑を掛けるような暴れ方は私はしませんので 
あと、性質の悪いお客さんが私の周りに居なければと思います・・・せっかくのライヴが周りの不快感によって台無しにされたことは当然ありますからね

私にとっては6年振りのメイデン・ライヴ、楽しんできます
コンサート・レヴューは、後になりそうですけど
 
amater2.jpg


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

WS☆ライヴ・アルバム☆

先ずは輸入盤のみですが、WHITESNAKEの2枚組ライヴ・アルバムが4曲の新曲も収録し、11月には発売になるようです

whitesnake.jpg


LIVE IN THE SHADOW OF THE BLUES

919.jpg



ディスク 1
1 Bad Boys
2 Slide It In
3 Slow An' Easy
4 Love Ain't No Stranger
5 Judgement Day
6 Is This Love
7 Blues For Mylene
8 Snake Dance
9 Crying In The Rain
10 Ain't No Love In The Heart Of The City
11 Fool For Your Loving
12 Here I Go Again
13 Still Of The Night

ディスク 2
1 Burn -stormbringer- Burn
2 Give Me All Your Love Tonight
3 Walking In The Shadow Of The Blues
4 The Deeper The Love
5 Ready An' Willing
6 Don't Break My Heart Again
7 Take Me With You
8 Ready To Rock (new Studio Recording)
9 If You Want Me (i'll Come Running) (new Studio R
10 All I Want Is You (new Studio Recording)
11 Dog (new Studio Recording)
12 Bonus Track: Crying In The Rain (extended Versio


私は2003年と今年2006年のライヴを観ていますが、選曲的には再結成された2003年以降演奏された曲で占められていて、無難な選曲だと思います

新曲の“Ready To Rock” は先の来日公演で初披露されましたが、その時聴いた印象は大した曲じゃないなと思いました・・・ノリのイイ曲だったのでそれなりに盛り上がっていましたが
よって、他の3曲もあまり期待はしていないんですが デイヴィッドダグが、どんなNEW WHITESNAKEを披露しているか興味があります
WSが新たな創造性を持って活動していくのなら、ダグのソング・ライティングの才能に係ってくると思います

2004年のライヴがDVDとして出ていて、選曲も殆ど一緒なので、やはりこのアルバムの売りは“新曲”ってことになるのかな? 









テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

祝☆SOLD OUT!

チケットの売れ行きが心配だったIRON MAIDENですが、私の行く武道館公演はソールド・アウトになったようです よかった、よかった

IronMaiden.jpg


追加の国際フォーラムはまだ売れ残ってるようだけど世界最強のHMバンドが日本で盛り上がらないようじゃ、ホント困りますよ
他の国々(特に欧州)では何万人規模の会場をアッという間に完売させてしまうバンドなのに、あまりにも温度差があります・・・先日のサマソニでのMETALLICAも「MASTER OF PUPPETS」再現ライヴに有難みを感じなかったファンが多かったとか
新時代の音楽の躍進も重要だけど、メタルの権化たるバンドが受け容れにくい音楽シーンになってもらいたくはないですね。
私には今まで通りに好きなバンド・音楽を応援して、聴き続けることしか出来ませんが

スティーヴの娘が今回のツアーで前座に付きますが、武道館では開場時間からの演奏となるようです・・・私はいつもギリギリに開場入りして席を探すのが嫌なので早めに開場入りしています。よって観ることが出来そうですが、入場客も疎らで自分の席を探すのでウロウロしてる人達の前で演奏とは・・・これも試練か

LAUREN20HARRIS20.jpg


私は興味があるので耳を傾けます
興味本位でも応援してやらないと
だって、スティーヴの娘だもん

hetfordmarquee140.jpg


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

LOVE☆

11月に発表になるTHE BEATLESのアルバムは・・・

LOVE


088.jpg


1 Because
2 Get Back
3 Glass Onion
4 Eleanor Rigby / Julia (Transition)
5 I Am The Walrus
6 I Want To Hold Your Hand
7 Drive My Ca r/ The Word / What You’re Doing
8 Gnik Nus
9 Something / Blue Jay Way (Transition)
10 Being For The Benefit of Mr. Kite! / I Want You
11 Help!
12 Blackbird / Yesterday
13 Strawberry Fields Forever
14 Within You Without You / Tomorrow Never Knows
15 Lucy In The Sky With Diamonds
16 Octopus’s Garden
17 Lady Madonna
18 Here Comes The Sun / The Inner Light (Transition)
19 Come Together / Dear Prudence / Cry Baby Cry (Transition)
20 Revolution
21 Back In The U.S.S.R.
22 While My Guitar Gently Weeps
23 A Day In The Life
24 Hey Jude
25 Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
26 All You Need Is Love


彼らの素晴らしい名曲が並んでいますが、今回のアルバムは1曲1曲を分解し、新たに構築し直して曲を完成させているとのこと
一体名曲達はどのように生まれ変わっているのでしょうか?
非常に聴くのが今から楽しみの反面、不安も・・・
従来のままで私たちは名曲を楽しんできたので、あまりに斬新すぎるアレンジだと「これって違うよ」と頭の中に?マークが浮かんでしまいますもんね

しかし、きっと“愛”を感じる素晴らしい出来になってると思います 

ビートルズ“ニュー・アルバム”に期待です 

 

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

これも当時叩かれたけど・・・

IRON MAIDENの日本公演まで、あと1週間と迫りました
私はツアー初日の武道館公演を観に行きますが、彼らにとって武道館公演は、ナント20年振り
このアルバムのツアーでメイデンは武道館公演を行いました

SOMEWHERE IN TIME

03620-20Iron20Maiden.jpg


ズバリ、このアルバムも文句ナシの名盤です
次作のSEVENTH SON OF SEVENTH SONは過去の記事で素晴らしい名盤とご紹介しましたが、この2作は発表当時、かなり叩かれました・・・ギター・シンセサイザーを使ってるだの、ポップだの・・・要はメイデンらしくないと

一部の盲目なファン(自称マニア)に批判された作品ですが、どこが悪いの?ギター・シンセを使うといけないの?って感じで、この作品も捨て曲ナシの素晴らしい楽曲群の宝庫です

確かに音は洗練された感じで荒々しさは感じられないので、売れ線を狙ったようにも聴こえますが、楽曲は全て劇的でドラマティック アルバムの半数が長尺曲ですが、長尺ということで壮大なスケールとなり、ドラマッティクな展開で曲が進行して行きます
エイドリアン(G)が書いた「WASTED YEARS」「STRANGER IN STRANGE LAND」の2曲がシングル・カットされましたが、どちらも秀逸な出来
「STRANGE~」はメロディアスで次第に曲が高揚していく劇的な曲
PVを見てもらうと当時のステージ・セットがわかるんですけどね
「WASTED~」は一聴するとポップな感じですけど、これもメロディアスでドラマティックに曲が展開する名曲 ギターがとても印象的な曲ですね

その後のツアーでもセット・リスト入りしていたHEAVEN CAN WAITは、中間部でバンドのスタッフや知人、家族がステージに登場して大合唱して盛り上がった曲です

エイドリアンの曲がシングル・カットされたので、彼の曲の印象が強い作品とも言えますが、やはり長尺曲ではスティーヴの面目躍如 プログレッシヴな大作、劇的な展開の曲が素晴らしいです

当時は叩かれた「SOMEWHERE~」「SEVENTH~」の2作ですが、今では正当な評価が与えられていて嬉しいかぎりです
私は、この2作が大好きなもんで

今回のツアーでは、この2作の中で[SEVENTH~」THE EVIL THAT MEN DOしか披露されていませんが、この2作を経たからこそ、現在のプログレッシヴな姿のメイデンがあるんじゃないでしょうか

とにかく1週間後のライヴが楽しみです
その日は勉強も仕事も休憩させていただきまぁ~す

TOY02_foto.jpg




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ジギーじゃないよ♪

ロックのビートに日本語詞は合わないって思ってる人はダメかもしれませんが、極上のメロディと絶妙なグルーヴ、そしてアグレッシヴさを伴った最高なロックン・ロール・アルバムが先頃発売になりました

THE DUST 'N' BONEZ


ROCK 'N' ROLL CIRCUS

4106062112.jpg


ph_bonez.jpg


ZIGGY森重樹一(Vo)と元ZIGGY戸城憲夫(B)が中心となって結成されたバンドです

カラオケでZIGGYGLORIAは今でもよく歌ったりしますが、彼らの作る曲は、とにかくメロディがいいですよね ロックなんだけど歌謡曲ぽい感じもして、日本語詞と巧くブレンドされて印象に残る曲が多いです

“ダスボン”の場合は、ZIGGY・森重の極上メロディにアグレッシヴさがプラスされたロックです

相変わらずのロック然とした彼らの風貌はカッコイイですし、森重さんのメロディ・メイカーとしての才能、ヴォーカリストとしての実力は素晴らしいものがあります

洋楽ファンにも充分通用する極上ロックですし、こういうメロディ豊かなバンドがメジャーで売れてくれると、キッカケとしての間口が広がってロック人口増えるんだけどなぁ~

   



テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

娘がオープニング・アクト☆

IRON MAIDENの公演も間近に迫り殆どの方が御存知と思いますが、彼らの前座はSTEVE HARRISの娘LAUREN HARRISが務めます

lauren-09-250.jpg


音は聴いてないんですけど、どんな音楽を演っているのでしょうね

LAUREN20HARRIS20.jpg
hetfordmarquee140.jpg


ライヴではメイデンのシャツを着てるし、親父もしっかりバック・アップしています
当日、生で観れることを楽しみにしたいと思います

肝心のメイデンですが、セット・リストを調べてみたら新作から全曲演っています・・・過去の曲はアンコールを含めて5曲しか演っていません
私自身もですけど、かなり新作を聴きこまないと当日のライヴは楽しめないかもしれませんよ、皆さん
メイデンは基本的にセット・リスト変えませんから

前座もいて、大作揃いの新作から全曲だから長い1日になりそうです

amater2.jpg






テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

DREAM WARRIORS

明日は休みなので、勉強の一息ついでにブログを更新したいと思います
日付は変わってしまいましたけど、13日の金曜日でしたね
皆さん何事もありませんでしたか?
私は特に変わったことはありませんでしたが、先週末が厄日でしたからね

13日の金曜日といえばホラー映画のジェイソンですが、何年か前にジェイソンと並ぶホラー映画のキャラ“フレディ”と共演しましたね。フレディが出る映画は「エルム街の悪夢」ですが、過去にこの映画の主題歌を担当したバンドは私が大好きなLA-METALのバンドDOKKEN

dokken-0001.jpg

dokken-1.jpg


現在はドン・ドッケンミック・ブラウンの2人しかオリジナル・メンバーはいませんが、良いバンドでした
メンバーのルックスも良かったですし、当然、曲も良し
音楽性は正統派HR/HMだったから、ちょっとクセのあるRATTやMOTLEYより聴きやすいと思うし、ソフトなドンのヴォーカルとジョージ・リンチのテクニカルなギター・プレイが曲を魅力的にしてバンドの個性になったと思います
まぁ~2人はあまりにも人間性が違うらしく、2人の仲は最悪・・・バンド内は常に一発触発
緊張感が漂い、遂にはバンドは崩壊しました
数年後、オリジナルで再結成し日本公演も行ないましたが、再結成後の音楽性は時代に迎合したイマイチのものだったし、やはり人間関係の修復は無理でした・・・
最近もオリジナルでの再結成を試みる機会があったようですが、今までドンジョージの仲を取り持っていたジェフ・ピルソンが、遂に2人の仲に嫌気が差して参加を拒否し、話は流れたようです

かつての音楽性でオリジナル・メンバーの復活を望みたいところですが、このバンド、あまりにも人間関係が複雑なので難しいですね・・・良い音楽の創造と「一発稼ぐぜ」という気持ちが人間の怨讐を越えられないバンドなのです 
 
Dokken01.jpg


ちなみに私が彼らのアルバムで1番好きなのはこのアルバム

dokken.jpg


BACK FOR THE ATTACK

全13曲の素晴らしい楽曲ばかりですが、ジョージが今までの鬱憤を晴らすが如くギター弾き捲くりです 彼の独壇場とも言えるインストの曲まで収録されています
解散の一因になったとも言えるアルバムですが、私は大好きです
ジョージは才能があるのに、最近は過去のアウト・テイクのようなアルバムばかり出して活動が地味なのが気になるし、残念です

この頃のギター・ヒーロー達がメジャーなシーンから消えてしまったのは残念な限りです・・・ジョージウォーレン・・・ジェイクは潜伏期間が長過ぎるぞ


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

試験勉強、本格始動します☆

先ずはお知らせです
明日から11月12日まで、更新の頻度が鈍くなると思います
今年の春先から会社の業務命令による資格を取得するために、ボチボチダラダラと仕事をしながら勉強もやっていたんですけど、本番の試験まで残り1ヵ月となったので本腰を入れて勉強したいと思います 
自分が望んで受ける資格ではないけど、落ちると会社や上司からはうるさいしチャンスを有効に活かさないと後々のサラリーマン人生にヒビクので真面目に1ヵ月程頑張りたいと思います
仕事を終えた疲れた身での勉強って辛いんですけどね・・・
ブログは最低でも一週間に一回は更新したいと思ってるんで引き続き応援ヨロシクお願いしますね

応援クリック→FC2 Blog Ranking

KISS 「ALIVE BOX」 

907.jpg


KISSの映像アンソロジーに次いで「ALIVE」の4枚組ボックスが発売になると過去記事で紹介しましたが、内容の方は既発の「ALIVE !」「ALIVE Ⅱ」「ALIVE Ⅲ」に、未発表で終わった
「ALIVE Ⅳ」が収められるとのことです

「ALIVE Ⅳ」は、あのオーケストラとの共演ライヴではなく、オリジナル・メンバーによる
“PSYCHO CIRCUS” “FAREWELL TOUR” からの音源になっているようです

【Disc-4 "Alive Ⅳ"】
Psycho Circus
Shout It Out Loud
Deuce
Heavens On Fire
Into The Void
Firehouse
Do You Love Me?
Let Me Go Rock N Roll
I Love It Loud
Lick It Up
100000 Years
Love Gun
Black Diamond
Beth
Rock And Roll All Nite
2000 Man
God Of Thunder
Detroit Rock City


BOX SETに予告編として収められたRock And Roll All Nite以外は完全未発表なので早く聴きたぁ~い
再結成後の演奏はヘロヘロな所もあるけどやはりオリジナル・ラインナップでのライヴを「ALIVE」ファンは求めてしまうのです     



テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

国内廃盤BLACK SABBATH~TONY MARTIN Pt.2

BLACK SABBATHを強力なバンドとして第一線に復活させるために、TONY IOMMIは先ず大物ドラマーCOZY POWELLをバンドに加入させます
かなり前から、コージーにはバンド参加の打診をしていたようですが、“渡り鳥”コージーとのタイミングが合わなかったようで今回晴れてバンドに参加してもらうことが出来たようです
そして、コージーをバンドの参謀役としてバンドの再建を図り創り上げた作品は・・・

HEADLESS CROSS


f95954ma6lq.jpg


前作の路線というか、様式美路線を更に推し進めた傑作中の傑作
ロニーとアイオミの様式美路線の名盤「HEAVEN AND HELL」に匹敵する、TONY MARTIN と生んだ傑作アルバムだと思います

タイトル・トラックはコージーの存在感を示すために用意されたような威厳ある重厚な曲です
他にもドラマッティックなサバスらしい曲が目白押しです

このアルバムにはアイオミの古くからの友人、QUEENBRIAN MAYもゲスト参加しています

そして、アルバムではセッション・ベーシストを起用していましたが、ツアーではベーシストとして
NEIL MURRAYが参加しました

これにより、
“オジーもロニーもギーザーもいない、最強ラインナップのサバス” が誕生しました

tyr.jpg


コージーとニールはWHITESNAKEでのタイトなリズムセクションとしての名コンビ
そして両トニーの相性も抜群で、マーティンのヴォーカルが如何にバンドに合っていたかを示す作品、ライヴとなりました このアルバムのツアーでサバスは久々の来日を果たし、スーパー・プレイヤー達の圧倒的な存在感でバンドの格の違いを私たちに見せ付けました
残念ながら私は観ることが出来ませんでしたが、後にブートで音を確認することが出来ました

“渡り鳥”が2人もいることであっけなくバンド崩壊か?と噂もされましたが、きっとメンバー自身がこのバンドの良さ、強力さを非常に気に入っていた為、バンドは存続 新作の発表となりました

TYR

f67249cpy8s.jpg


このアルバムも様式美路線の真骨頂で名作です
こちらのアルバムは、とにかく様式美路線の作品コンセプトが徹底されています
北欧神話を題材とした一種のコンセプト・アルバムになっていて、サウンド・歌詞共に壮厳で重厚な雰囲気で被われています
徹底した様式美路線の追求とドラマッティックな展開の楽曲群は、このメンバーならではのものであるし、やはりアイオミの高度な曲作りの才能、マーティンのメロディ・センスは光るものがあると思います 
コージーは元RAINBOWですし、彼は様式美路線のRAINBOWの音楽性を愛していたので、彼のこのバンドへの思い入れ、作品への貢献度はかなり高かったと思います

オリジナル・メンバーは1人だの、ロニーのコピーだのと批判する人もいますが、この2作はかつての名盤に匹敵する傑作・・・それ以上の名作かも知れません
ロニーの時代より“様式美”は徹底されていてドラマッティックなサウンドなので、この時代のサバスを愛する人は多いと思いますが、どうでしょう?
私は大好きで高く評価しています
マーティンの時代を埋もれさせないためにも、やはり国内廃盤はヤバイでしょ  

 


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

国内廃盤BLACK SABBATH~TONY MARTIN Pt.1

前回のBLACK SABBATH~GLENN HUGHES編からかなり間が空きましたが
今日はTONY MARTIN時代Pt.1を紹介したいと思います

まずはTHE ETERNAL IDOL

083.jpg


前作のツアーを5回程で降りたグレンの後任はRAY GILLEN

BS_Unknown_005.jpg


後にJAKE E. LEEとBADLANDSを結成し、ロバート・プラント張りの唱法が素晴らしいヴォーカリストですが、新作のレコーディングでは、プロデューサーが彼の歌を気に入らないと言い出しクビ・・・
オーディションにより新人のTONY MARTINが加入し、彼の歌入れによってTHE ETERNAL IDOLは完成しました

このアルバムの音楽性はもろに様式美路線です
オジー後期から上手いヴォーカリストを起用し、音楽性の向上と様式美路線を追求したかった
TONY IOMMIはRONNI JAMES DIOと共に世に残る名盤を完成させました(HEAVEN AND HELL~MOB RULES)。
ギランとグレンの時代を挟みますが、トニーの演りたい音楽は様式美路線であり、結局ロニーと共に創造した音楽の延長線なんですよね

そしてトニーの演りたい音楽をBLACK SABBATHの名の下で行なう・・・

このアルバムから「BLACK SABBATH=TONY IOMMI」

“サバスはトニーのバンド”
という図式が成立したと思います

既成の有名ヴォーカリストを加入させるのではなく、新人ながら卓越したメロディ・センスを持つ
TONY MARTINをパートナーとし、“新たなサバス”をスタートさせたのがこの作品なのです

 BS2Tonys_b.jpg


マーティンの唱法はロニーのコピーと批判されますが、声質はロニーのようにくどくなくソフトな感じなので、様式美路線と言っても大仰な暑苦しさはありません
この時期はオリジナル・メンバーがトニー1人でラインナップも流動的・・・アパルトヘイトの南アフリカでライヴを行なったこと、マーティンはロニーの物真似と批判の集まった頃ですが、作品は素晴らしい出来です
後にマーティンは、“サバスにいいように使われるポイ捨てミュージシャン(言い過ぎか)”みたいな扱いを受けるけど、オジーに次ぐアルバム参加は両トニーの相性の良さを物語っていると思います アイオミの高い作曲能力とマーティンのメロディ・センスの妙が今後も素晴らしい名作を作るのです

良いメロディを持つ疾走HMチューンに叙情性豊かな楽曲・・・オジーの時代からギターによる小品を提供しているトニーですが、この作品でも美しいインストの曲を奏でています
私の個人的な意見では様式美真骨頂の頭2曲のインパクトでこのアルバムはキマリです
とにかく新たなサバスの章の始まりとして、この作品も過去の名作に匹敵する名盤だと思います

この時代があったからこそ・・・両トニーの頑張りがあったからこそ、サバスはバンドとして存続しえたんじゃないでしょうか

そして、アイオミはマーティンとの創造性に手応えを感じ、安定したバンドを築き上げるために強力なメンバーCOZY POWELLを迎えます
彼を参謀に迎えることにより、“新たな最強ラインナップ”のサバスが誕生します

この辺の歴史はまた後ほど・・・  
  





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

大雨による被害・・・

昨日の大雨による被害が拡大していますね
私の住んでる地域も凄い大雨と風でした・・・おかげで通勤時に大打撃
電車がまともに動かずというか来ない 昨日の夜、車で通勤してる人に送って貰わなかったら、駅に泊まるくらいでしたし、ブログも更新出来ませんでしたよ

そして今日は3連休の初日でしたが、私は休日出勤
今日、私の地元では花火師の技を競う、季節はずれの花火大会が催しされるはずでした
結果的に会場のコンディションが悪いため、来週に延期されたのですが、出勤時には知らずに駅へと向かいました(会社には車でも行ける距離なので、休みの日等は車で通勤するんですが、帰りの渋滞を恐れて電車にチェンジ)。
駅に到着すると休みの早朝だというのに人混み・・・嫌な予感・・・天気が落ち着いたというのに、まだ電車は正常ダイヤで運行されていませんでした 
昔だったら、「今日は休日だし、会社行くのや~めた」となるんですが、そんないい加減なことをする齢でもないんで、ひたすら電車が来るのを待ちました
45分程待ってやっと電車が来て乗り込んだのですが、一駅ごとに20分~30分停車・・・会社行くのに2時間くらい掛かり、おまけに立ちぱなっしだったので、仕事する前に精魂つきました

そして精魂つきた体で仕事を終え、もう正常に戻ってるだろうと思って駅に向かうと愕然・・・まだ正常ダイヤに戻ってないし、また電車がいつ来るか分からない状態・・・どうなってんだJRっ 
事故防止とかもあるんだろうけど、ここまで正常ダイヤに復旧出来ないのおかしいんじゃないのか?
駅員もまるで情報提供しないで怠慢だぞ
結局、今日もいつ帰れるか分からないから知人に頼んで車で迎えに来て貰ったよ
遥々すまなくて、ありがとうです
自分の行動が裏目に出た結果だけど、昨日から変なところでの体力消耗で今年最大級の厄日でした

仕事だったんで花火を見る予定は無かったんだけど、花火の終わった夜中に“祭りの後の宴”をする筈だったけど、疲れてその場に行く気力も無く、今こうしてブログを更新してるところです・・・
昨晩は行くって言ってたのに直前キャンセルで御免なさい、○○chan

話は変わりますが、先日のRAINBOW復刻DVDと同じように彼の過去のライヴビデオもDVDとして復刻されます

YNGWIE MALMSTEEN  

yngwie-malmsteen.jpg


708.jpg


【Rising Force Live ’85】
1 I'll See The Light Tonight
2 Far Beyond The Sun
3 I Am A Viking
4 Kree Nakoorie
5 Hiroshima Mon Amour
6 Black Star
7 Jet To Jet

【Live In Leningrad ‘89】
8 Rising Force
9 Liar
10 Queen In Love
11 Deja Vu
12 You Don't Remember, I'll Never Forget
13 Crystal Ball
14 Guitar Solo (Trilogy Suite Op 5/Spasebo Blues)
15 Heaven Tonight
16 Riot In The Dungeons

-Promo Video-
17 Bedroom Eyes
18 Heaven Tonight
19 Save Our Love
20 You Don't Remember

yngwie_turner.jpg


曲目はこんな感じなんですけど、どちらのライヴも完全収録ではありません・・・過去にそれぞれ単体で出ていたビデオは曲数も多く完全収録だったと記憶しています。
こんな中途半端な内容ならカップリングにせず、単体で再発しろって感じです

イングヴェイは個人的にはPolydor時代の作品が好きです

特にこれとこれ↓



トリロジーは楽曲、ギタープレイ(比較的控えめかな?)、マーク・ボールズのヴォーカルが素晴らしい出来

オデッセイは元RAINBOWのジョー・リン・ターナーとの共演作で、従来の様式美曲、ポップな曲、インストと散漫な印象ですが、1曲1曲のクォリティは高いと思うし、ジョーがヴォーカルなので異色作とも言えます ギター・プレイは交通事故後なので荒いとかイマイチとも言われますが・・・

ジェフ・スコット・ソートヨラン・エドマン参加の作品も好きですけど
マーチング・アウトは音質の悪ささえ無ければねぇ~

 



テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽

いまだに原因解らず・・・

いまだに私のパソコンからブログランキングにアクセス出来ません・・・
設定変更等は一切行なっていないんですけど、何らかの原因があるんでしょうね
まだまだパソコンに詳しくないんで原因究明には時間が掛かりそうですが、これ以上変にならないように気を付けながら復旧させたいと思います・・・

話は変わりますが、最近またまた警察の御厄介になったGEORGE MICHAELWHAM時代から現在に至るまでのベスト盤を発表するとか

390.jpg


ソロの曲はほとんど聴いたことはありませんが、WHAMはポップで躍動感ある楽曲とバラードが素晴らしくて私は好きでした

そしてジョージはQUEENFREDDIE MERCURYの後任に噂されるほど、歌唱力・表現力が素晴らしいヴォーカリストです

freddie3.jpg


麻薬所持、公の場での自慰行為による逮捕や、“恋人”の話などゴシップネタで近年取り上げられる彼ですが、ヴォーカリストとしての実力は素晴らしく、QUEENのオリジナル・メンバー3人と共演し、フレディの追悼コンサートで披露された“SOMEBODY TO LOVE”はとても感動的でした

381.jpg


“SOMEBODY TO LOVE”QUEEN5枚目のアルバム「A DAY AT THE RACES」に収録されています

571.jpg


このアルバムは前作「オペラ座の夜」と対をなすコンセプトの作品 
フレディの歌唱、メンバーの名演も素晴らしいですが、“クイーン・フレディのピアノ”を堪能するには1番のアルバムだと思います
切なくも美しい曲がフレディのピアノで彩られます

日本語で歌われた「手をとりあって」も美しく印象的な曲ですね

去年のQUEEN+PAUL RODEGERS の日本公演で演奏された時はとても感動的でしたし、この歌を一緒に歌えたことにとても幸せを感じました、私は



どうして?

昨日の夜中から私のパソコンからブログランキングにアクセス出来ません・・・
管理画面もブログランキングのところだけ表示できません

Bad Request なんて表示されちゃいます・・・
特別“悪い事”や“変な事”はしてないんですけどねぇ~
パソコンに関してはまだまだ素人なので原因がわかりません 

どうしてなんでしょう?・・・おかげでリンクされている方のブログの順位も確認出来ずにいます
困ったなぁ~ 

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

リッチーからの贈り物☆

BLACKMORE'S NIGHTが11月にクリスマス・アルバムを発表するとのこと

000000000091401-1.jpg





1 Hark The Herald Angels Sing / Come All Ye Faithful
2 I Saw Three Ships
3 Winter (Basse Dance)
4 Ding Dong Merrily On High
5 Ma-O-Tzur
6 Good King Wenceslas
7 Lord Of The Dance / Simple Gifts
8 We Three Kings
9 Wish You Were Here
10 Emmanuel
11 Christmas Eve
12 We Wish You A Merry Christmas

ファンにとっては嬉しいクリスマス・プレゼントになりそうです
リッチーのギターにキャンディスのヴォーカル・・・良い雰囲気な感じのアルバムになるでしょうね

前々からリッチーはクリスマス・アルバムを作りたかったようですし、RAINBOWの初来日(1976年)は、ちょうど12月のクリスマス・シーズン・・・ライヴでよくWHITE CHRISMASを爪弾いているのがブートで確認出来ます リッチーはきっとクリスマスが好きなんでしょう
まぁ~嫌いな人ってあまりいないと思うし、この季節は街並みも煌びやかになって綺麗ですよね
もうすぐそんな季節がくるなんて、ホント一年が過ぎるのは早いです

今年のクリスマスはリッチーキャンディスの愛の結晶アルバムを聴いて過ごしますかね

Blackmores20Night.jpg




テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

やっと出るのね☆

先ずは輸入盤のみのリリースですが、RAINBOWのこのDVD、やっと出るようです




ディスク 1
Live Between The Eyes
1 Overture: Over The Rainbow
2 Spotlight Kid
3 Miss Mistreated
4 It Can't Happen Here
5 Tearin Out My Heart
6 All Night Long
7 Stone Cold
8 Power
9 Blues Interlude
10 Beethoven's Ninth: Ode To Joy
11 Long Live Rock 'N' Roll
12 Smoke On The Water

ディスク 2
Final Cut
1 Spotlight Kid
2 Death Alley Driver
3 I Surrender
4 All Night Long
5 Can't Happen Here
6 Difficult To Cure
7 Can't Let You Go
8 Power
9 Since You've Been Gone
10 Stone Cold
11 Street of Dreams

raimbow_lbte_top.jpg


82年のライヴとPV集のカップリングDVD

当初は5月か6月頃に出る予定だったんですけど、いつの間にかリリース・インフォから消え、発売中止か?と思わせていたアイテムです。
Final CutはDVD化されていましたが、82年のライヴはビデオ(廃版)のみだったので嬉しい再発と言えるでしょう

どちらも貴重な映像ですが、リリースされた時に改めて紹介したいと思います

とっても細くて若々しいJOE LYNN TURNERや、ヤケクソにドラムを叩くCOZY POWELLの勇姿、グラサンできめるGRAHAM BONNET・・・思わず失笑のPV、ライヴが堪能出来ます

御大RITCHIE BLACKMOREのカッコいいアクションと演技も見ものですぞ

 882.jpg


テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

スティーヴンの告白・・・

AEROSMITHのまたまた出てしまうベスト盤は11月には日本でも発売になるようです
日本盤は2枚組で1枚はPV入りのDVDとのことです

084.jpg


Devil's Got A New Disguise: エアロスミス濃縮極極ベスト

ディスク 1
1 Dude Looks Like A Lady
2 Love In An Elevator
3 Livin' On The Edge (AOR Video Edit)
4 Walk This Way (Single Version)
5 Cryin'
6 Jaded
7 Crazy (LP Edit)
8 Angel
9 Amazing
10 The Other Side
11 Dream On
12 Sweet Emotion (single edit)
13 Draw The Line
14 Falling In Love (Is Hard On the Knees)
15 Pink
16 I Don't Want To Miss A Thing (Rock Mix) (Album Version)
17 Sedona Sunrise(新曲
18 Devils Got A New Disguise(新曲


ディスク 2
DVD
1 Sweet Emotion (video clip)
2 Pink (video clip)
3 I Don't Want To Miss A Thing (video clip)
4 Jaded (video clip)

なんかスゴイ邦題が付いちゃって、選曲は過去のベスト盤とダブリまくりですが、ファンは2曲の新曲とPV見たさに買ってしまうんでしょうね・・・私もそんな1人です

既にご存知の方は多いと思いますが、
「エアロスミスのスティーヴン、C型肝炎だった」
と先日報じられました・・・以下に記事の内容を記します。

エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo)がC型肝炎にかかっていたことを告白した。New York Daily Newsなどが伝えたところによると、彼は数年前にインターフェロンによる治療を受け、現在は快復しているという。

C型肝炎は主に汚染した注射針などを通して感染し、肝硬変や肝臓癌に至る病気。タイラーは、危険性について人々に知ってもらい、意識を高めるために自らの闘病を公言することに決めたという。

肝炎のウイルスは「俺の血の中にはない。完全に治った。長い間、C型肝炎にかかっていた。自覚症状がほとんどないんだ。今は落ち着いている」とタイラーは言う。

彼はまた、治療についての辛さを話すと共に、今後は米テレビ番組などでさらに多くの詳細を明かすかもしれないとも話している。最後に、みんながC型肝炎の話題を受け入れてくれることを願っているといった内容をDaily Newsに語った。


aerosmith-1.jpg


テレビ番組にはジョーと共に出演し、今回の病気に関してインタビューを受けて告白してるようです・・・
ベースのトムも現在、咽喉癌の放射線治療によりモトリーとのツアーを離脱中ですが(最近のライヴで1曲だけ演奏し元気な姿を見せた)、スティーヴンも治ったとはいえ病気だったとは・・・

しかし、この告白と病気への意識の高揚はかなり重要なことだと思います。我々、人々に対して・・・ そして彼が今現在・未来へと変わらぬ姿でステージを動き回り、素晴らしい歌声を披露することも・・・

とにかく、また“あの5人”で元気な姿で日本に戻ってきてもらいたいです

レアな選曲で現在もモトリーと共にツアー全開中 

admatbig.jpg




テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

ひっそりと未確認飛行物体☆

今日はお出かけの際disk unionに立ち寄り、以下の物を購入しました

63051-3.jpg
63054-8.jpg
060929142005.jpg
 
392.jpg


今日は特にCDで「これを買おう」と思って出かけた訳ではないんですが、結果的に音楽雑誌を中心に散財してしまいました 音楽好きの悲しい性であり、レコード屋(CD屋)さんがあれば寄りたくなるし、CDを眺めてたり音楽に関する物に囲まれてると幸せを感じてしまいます

CDではGEOGE HARRISONのソロとなってからの2ndを購入したんですけど、CD屋に行くまで国内盤がもう出てるなんて知りませんでしたよ
ここで思わぬ出費だったんですけど、本家BEATLESポールジョンのアルバムが出る時くらいに大々的に宣伝してよぉ~ジョージのアルバムもっ
私の情報不足かもしれませんが、ちょっと前まで輸入盤は近日出るけど、国内盤は未定となってたから油断してたよ
結構ビートルズ・ファンでも知らなかった人多いと思うんですけど、どうです?少なくとも「ALL THINGS MUST PASS」程の宣伝、騒ぎはないと思うけどなぁ~



そして、もう1枚CDを購入したんですが、これも思わぬ出費でした・・・HM/HRのコーナーになんの宣伝もナシに2枚だけ置いてありました   

mp250.jpg


初めはまた安易なベスト盤だろうと思って手に取ったのですが、ナントUFOのニュー・アルバムでした そしてラインナップにはオリジナル・ドラマーのANDY PARKERが復帰してるじゃないですか

band2006.jpg


PHIL MOGG(Vo) PETE WAY(B) PAUL RAYMOND(Key)

VINNIE MOORE(G) ANDY PARKER(Ds)


前任者のJASON BONHAMFOREIGNERに加入するために脱退したとか
結果的にMICHAEL SCHENKERを抜く黄金期のラインナップとなった訳だけど、アンディ、ドラム叩けるのか?アルバムでは無難にこなしてるけど、ライヴで大丈夫かなぁ~
93年の再結成時で既にプレイのスピード感は失われていたし、結局、家族との事業が忙しくなってミュージシャン引退してたからねぇ・・・元々はJOHN BONHAM(LED ZEPPELIN)タイプのパワフルドラマーだったけど、ジョンの息子のジェイソンの後継者務まるのかなぁ~
オリジナル・ドラマーとしての存在の重みはあるけど、バンドの機動力として力を発揮できるのかぁー、アンディ 息切れしないように頑張ってくれぇー

でも、UFOもフィルがいて彼が歌えば、ラインナップの顔触れがどうであれ存在するバンドなんですよね そこにパートナーのピートが居れば、尚更強力になりUFOらしくなると私は感じます。
ピートが居ないUFOは存在したし、2人がタッグを組みUFOを名乗れない時もフィルが歌えば、やはり音はUFOでした
たしかにバンドの黄金期はマイケルとの時代であり、叙情的で泣きのギターを含むドラマッティックな世界を愛するファンは多いと思います・・・UFOの世界、ギターはマイケルでなくてはならないと
バンド自身もそう思ってた時期があったけど、結局マイケルの奇行に付いて行けなくなり、彼とは決裂・・・
後にバンド名の所有権をマイケルが放棄したことによりフィルとピートは晴れてUFOと名乗れるんだけど、ここで改めてバンドの核は自分達としてバンドを運営することに決めたんじゃないかな。
基本的にUFOは彼らが核であり、そこに上手いギタリストが必ず参加してバンドに+αをもたらす図式だと思います 彼らの音楽性も基本的にはシンプルでストレートなロック、そしてブルージーなものです
今回の新作でもそのような音楽性を披露していますし、フィルのヴォーカルの枯れぐあいが良い味を出しています フィルの歌はストレートで一本調子、起伏のない歌い方なんだけど、私は渋くて好きですよ
マイケルの時代がある意味、特異だったかもしれません・・・それ故に彼は“神”と言われる天才ギタリストなんですけどね

PAUL CHAPMAN , ATOMIK TOMMY M , LAURENCE ARCHER ,GEORGE BELLAS(MOGG/WAY),JEFF KOLLMAN(MOGG/WAY),VINNIE MOORE
マイケル以降のギタリスト達も上手く、それぞれ素晴らしい作品を生み出しています
フィルとピートのシンプルなロック体質的な音楽性にはポールが合っていたと思うし、良い作品を創造してたんだけど、マイケルの後任ってのが不運だったね・・・

現ギタリストのヴィニーは早弾きギタリストとして一世を風靡したけど、音楽性のセンスは当時から高く評価されてたし、トミー・アルドリッジをDsに迎えたファースト・ソロはなかなかの出来だったと記憶しています

UFOはマイケル以外の時代も私は好きで評価してるので、追々彼らの名盤も紹介したいと思います

とりあえず、サバスを完結させないとね

       


 

   




テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

なんで国内廃盤なの?BLACK SABBATH-GLENN HUGHES編

BLACK SABBATH国内廃盤編の第3弾はとても長いバンド名でのリリースとなったこの作品です

086-1.jpg


BLACK SABBATH FEATURING TONY IOMMI/SEVENTH STAR

長いバンド名です

実際にはロニー脱退時にサバスは解散状態・・・サバスの看板を降ろしての新たなプロジェクトとして、イアン・ギランとの「BORN AGAIN」が生まれた訳ですが、先述のとおりイアンはDEEP PURPLE再結成のために脱退・・・バンドは新たなヴォーカリストを加入させますが上手くいかず、LIVE AIDでオリジナル・ラインナップの再結成も果たしますが、パーマネントな活動には発展しませんでした・・・
ここでTONY IOMMIGEEZER BUTLER はサバスの看板を降ろし、各々の音楽活動を始めることとなりました。
ギーザーは自分の名前を冠したバンド名で活動し、トニーは古くから親交のあった元DEEP PURPLEのGLENN HUGHESを迎えてソロ・アルバムを制作しました

hughes3.jpg


元々はソロ・アルバムとして制作されたものですが、結局「BORN AGAIN」と同じにレコード会社の圧力により、「BLACK SABBATH名義じゃないと出さないよ」と言われて、このようなバンド名となりました・・・ギーザーの居ないサバスをBLACK SABBATHと呼ぶ苦渋の選択です・・・サバス名義でツアーも行ったので、ギーザーからは訴えられますが

このアルバムもサバスの歴史上、色々と難癖を付けられる作品ですが、素晴らしい出来です
とにかく、トニーは上手いヴォーカリストと共に洗練されたHM/HR作品を作りたかった訳で、ロニー以降の様式美路線の中の傑作の一枚となる作品です
“ソロ・アルバムとして制作された作品”+“ギーザーの居ないサバス”なので、グレンの素晴らしい唱法を活かしたストレートなHM/HR作品となっています
ギーザーが居ないとヘヴィさは後退・・・「BORN AGAIN」はギーザーが居るからヘヴィですし、ロニー期の「MOB RULES」もギーザーの主張・存在感が強いので、“様式美+かつてのヘヴィさ”というアルバムです。オジー後期の作品ではギーザーのやる気の無さが感じられるし、名盤「HEAVEN AND HELL」の初期セッションでも彼は脱退してて貢献度は少ないので、「HEAVEN~」はもろにトニーとロニーの様式美全開アルバムなのです

トニーの求める洗練されたHM/HR路線・・・様式美路線を追求するために行った“上手いヴォーカリスト”との共演はRITCHIE BLACKMOREが使ったヴォーカリスト達




リッチーのヴォーカリスト選びの才能、センスは改めて凄いと思うけど、トニーの演りたかった音楽に必要なヴォーカリスト達が、リッチーの共演者だったのは何か皮肉な感じ・・・パープルとサバスはライヴァル・バンドですからねぇ~

アルバムで素晴らしい歌声を披露したグレンですが、この時はアルコールとドラッグでボロボロ・・・その他のプロジェクトで素晴らしい唱法を披露してくれてますがどれも長続きせず、サバスとのツアーも5回くらいで降りて脱退してしまいます・・・まぁ~本人の健康管理も悪かったけど、サバスのメンバーになるはずではなかったことと、ベースを持たずにヴォーカル専任でステージに立たされたことの不満とプレッシャーが脱退理由です しかし、トニーとグレンの仲は悪くなく、その後2枚のアルバムで共演しています どちらも「SEVENTH~」路線の洗練されたHM/HR作品となっており、この路線でのトニーの創造欲求のパートナーにグレンは最高のようです

まだまだバンドは混乱してる時期ですが、トニーのバンド再建は次作から行われます・・・先ずは人の使ったヴォーカリストじゃない“上手いヴォーカリスト”の発掘・・・次回はTONY MARTIN期を総括したいと思います

またまた先送りの可能性もあるけどね

 




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。