ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた記事、本日UPです☆

いやぁ~今日も暑かったですね
昨日のことと今日の暑さでまだイライラは募っていると言う感じですが、気を取り直して消えてしまった記事を本日UPしたいと思います


先日、WHITESNAKE「1987」の20周年記念盤をご紹介しましたが、やはりこのアルバムにおける最大の功労者~多大なる成功の貢献者はギタリストのJOHN SYKESですよね

john-sykes.jpg


衝撃のPV、ツアー・メンバーの豪華さ等、マーケティング戦略が功を奏して「1987」アルバムは全世界的に成功を収めた訳ですが、あのアルバムの成功の最大の要因はやはりジョンのミュージシャンとしての能力~コンポーザーとしての才能が一気に爆発した賜物だと思います
曲の良さと時代が求めた音作り、DAVID COVERDALE とのケミストリーも大きく作用していますが、あのアルバムの成功~アルバム全てを支えていたのはジョンの才能であったと言っても過言ではないと思います
結局彼は遺恨の残る脱退劇により、成功の美酒を味わうことが出来ませんでしたが、’80年代最後~20世紀最後?のスーパー・トリオ・バンドを結成し、’89年、本作と共にシーンへ返り咲き、WHITESNAKE成功の功労者は自分であることを証明してみせました 

BLUE MURDER

20070617175938.jpg


1 Riot
2 Sex Child
3 Valley of the Kings
4 Jelly Roll
5 Blue Murder
6 Out of Love
7 Billy
8 Ptolemy
9 Black-Hearted Woman


BlueMurder-Promo.jpg


John Sykes (G & Vo)
Tony Franklin (B)
Carmine Appice (Ds)


結成当初はドラムにCOZY POWELL、ヴォーカルには後にJAKE E.LEEが結成したBADLANDSRAY GILLANがバンドに参加していましたが、紆余曲折を経て上記のラインナップとなり、
’89年ジョンはシーンへと返り咲きました

’89年当時のHR/HMシーンは華やかな装飾を取り除いたリアルなロック、ブルースをルーツとしたハード・ロックが席捲していた時期でもありましたが、WHITESNAKEを経たジョンの音楽性~彼らの音楽性もブルースを基本としたものでした
’89年はジョンを含め、かつてのシーンを賑わせていたミュージシャンが新たなバンドを結成し、
シーンへ返り咲き話題をさらった年でもありました BADLANDSMR.BIGなんかがそうですね
彼らもブルースを基本としたハード・ロックを展開していましたが、彼らに比べるとBLUE MURDERの1stで聴かれる音は、あまりブルースを感じないかもしれません。
完璧主義者のジョンらしくアルバムで聴かれる音像は緻密に作り込まれたもの~音の洪水であり、「トリオ・バンドでのライヴ、大丈夫?」と感じられる音なので、ブルースの輪郭面がぼやけている印象を受けるかもしれません。

このアルバムで聴かれる曲の多くは明らかに「1987」の音楽性を踏襲したものであり、大曲に関しては“Still Of The Night”の世界の再現~その音楽性のコアな部分を更に推し進めたものが多く収められています。
“Still~”LED ZEPPELIN“Whole Lotta Love”“Black Dog”を掛け合わせたようなドラマティックでヘヴィな曲でしたが、先ず“Sex Child”においては“Still~”的展開~類似点の多くを見出せる曲だと思います。 
しかし類似点はあれど、トニー&カーマインのファンキーなノリ、2人の個性が際立つことにより
“Still~”とは趣きの異なる印象を受ける佳曲となっています
“Valley Of The Kings”ZEP的な荘厳で勇壮なノリを見せるドラマティックな大曲であり、アルバム前半のハイライトとなっていて、“海賊”BLUE MURDERの大作主義の方向性を見事に表現した素晴らしい曲となっています
アルバム後半の大作“Ptolemy”は、アルバム収録曲中、1番音の洪水で被われていると印象付けるプログレシッブで実験的、ヘヴィな曲となっています
“Jelly Roll”は軽快にアコースティックで始まるアルバム中では1番ポップな曲と言えるものですが、曲が進むにつれて壮大で劇的な展開を見せる個性豊かな曲だと思います
“Out Of Love”WS“Is This Love”を踏襲した感動的なラヴ・バラードで、あのアルバムのメイン・ソングライターは自分であることを誇示すると同時に、ジョンの個性~“泣きの世界”を十分に堪能出来る素晴らしいバラードです
“BLUE MURDER”はミッド・テンポでバンドを象徴する佳曲であり、“Billy”はポップな要素を含んだハード・ロックの醍醐味を味わえる曲 
“Black-Hearted Woman”THIN LIZZY「THUDER AND LIGHTNIG」から続く彼のもう1つの個性~速弾きプレイが栄えるスピーディーでヘヴィなナンバーとなっています
ベテランらしい堅実なプレイでありながらラウドに響くカーマインのドラムと共に、アルバム全編に亘って個性的なフレットレス・ベースの妙を奏でるトニーのプレイを1番印象付けているのはオープニング・ナンバーの“Riot”
幻想的な響きとヘヴィで劇的な展開 トニーのウネリのあるファンキーなプレイと印象的なフレーズ、音が一体となったBLUE MURDERを代表する名曲です

ジョンの個性的で素晴らしいギター・プレイはアルバム全編で堪能出来ますが、本作で初披露となった彼のリード・ヴォーカルもブルージーでエモーショナルなもので非常に素晴らしいです
彼に元々リード・シンガーとしての資質があったことは現在も続く彼の活動で十分お解り頂けると思いますが、この当時はWHITESNAKEを経た後なので、デヴィッドの唱法がお手本となったのは明らかですね

残念ながらこのアルバムは大成功という訳にはいかずジョンはまた苦汁をなめてしまいますが、
トニー&カーマインの強力リズム隊とのケミストリー、ジョンの才能が遺憾なく発揮された’80年代最後に登場したスーパー・バンドによる名盤だと思います

THIN LIZZYの活動ばかりでなく、久々のSYKES(BLUE MURDER)名義の新曲も聴きたいので、
ジョン頼むよ 貴方の才能はノスタルジーに埋もれるものではないと私は信じています


スポンサーサイト

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

JOHN SYKES~Early Days☆プリーズ・ドント・リーヴ・ミー☆

JOHN SYKESTHIN LIZZYPHIL LYNOTTと共にレコーディングしたソロ・シングルの名曲は
’82年に発表されたPLEASE DON'T LEAVE ME

20070517224530.jpg

20070517224614.jpg
lizzy_sykeslynott.jpg
john-sykes.jpg


かつてGARY MOOREPHIL LYNOTTと共に「Parisienne Walkways」という超泣きの名曲バラードをレコーディングしましたが、この曲も秀逸で叙情性を帯びたメロディとギター、情感豊かで憂いを帯びたフィルのヴォーカルが素晴らしい名曲となりました
この曲でのフィルとの共演がTHIN LIZZY加入のキッカケとなりますが、このシングル~
’92年に日本で初CD化されるまではかなりのレア盤としてアナログ盤は法外な値段が付き、
CD時代となってからはアナログ落としのブート盤が市場に氾濫していました。
私も正規にCD化されるまでは以下のブート盤でこの名曲を堪能していました 

j-sykes_blonde.jpg


アナログ落としなのでスクラッチ・ノイズがバリバリ入っていましたが、この名曲を聴きたい
と求めていた多くのファンはこのブートを手にしたと思います。
このブート、内容的には非常に良く、この名曲以外にTYGERS OF PAN TANGのレア・ライヴ、
セッション・バンドBADLANDS(JAKE E.LEEのバンドとは同名異バンド)でのライヴ、リジィ解散後に
短期間行なわれたフィルとの共演ライヴ等レアな音源が含まれていました

’92年当時の若いファン(私とか)がこの曲に注目したり、名曲としての評価が再燃したのはPRETTY MAIDSというバンドがアルバム「SIN-DECADE」でカヴァーしたことが大きな要因だったと思います
私は彼らがカヴァーする前からこの名曲の存在、オリジナルを聴いていましたが、PRETTY MAIDSのカヴァーがキッカケだったファンは当時多かったと思います
彼らはこの曲と共にアルバムも大ヒットし、お互いに相乗効果を生み出したと言えますが、
このカヴァーの存在による後の方向性に批判があったりと、一時期迷走~混迷期が訪れてしまうのはちょっと皮肉な話でした・・・
しかし“PLEASE~”ばかりが注目を集めた感はありますが、アルバム「SIN-DECADE」は優れた作品で彼らにとって会心の1作でしたよ

オリジナルの“PLEASE~”のレコーディングにはSCOTT GORHAMを除く
「THUNDER AND LIGHTNING」時のメンバーが参加
ある意味、自然な流れでジョンリジィに加入したと言えますが、
ジョンの若さと才能にフィルはきっと惚れ込んでいたんでしょうね

イントロの美しいメロディだけでも鳥肌が立つ名曲“PLEASE DON'T LEAVE ME”
ジョンはスピーディーな曲と速弾きが似合っていて、それが最高にカッコイイですけど、
英国的な湿り気を帯びた感動的なバラード~感情表現豊かな泣きのギターも最高ですよね



   

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

JOHN SYKES~Early Days☆TYGERS OF PAN TANG☆

HR/HM界の殿ことJOHN SYKESTHIN LIZZY加入前に在籍していたバンドは

TYGERS OF PAN TANG (タイガース・オブ・パンタン)

tygersofpantang-1981.jpg


Jon Deverill(Vo)
John Sykes(G)
Robb Weir(G)
Rocky Laws(B)
Brian Dick(Ds)


’80年代の幕開けと共にイギリスの音楽シーンを席捲したムーヴメント“NWOBHM”
世界的な成功を収めたバンドとしてはIRON MAIDEN,DEF LEPPARDの2大バンドが挙げられますが、このムーヴメントでは様々な個性派バンドがデビュー
そのバンド群によって短命だったとは言え、音楽シーン~HR/HMシーンを非常に盛り上げました
このムーヴメントがアメリカに飛び火し、後のHR/HMブームまで生むわけですが、NWOBHMの多くのバンド群の中にTYGERS OF PAN TANGがいました
John Sykesはこのバンドにニュー・ヴォーカリストのJon Deverillと共に2ndアルバムから加入。
この2人の加入によりバンドは大きく飛躍し、NWOBHMを代表する名バンドとして成功を収めました
そんな彼ら、ジョンがバンド在籍時に残した2枚のアルバムが、近年ボーナス・トラック入りで
再発されました 

SPELLBOUND

tygersofpantang-spell.jpg


1 Gangland
2 Take It
3 Minotaur
4 Hellbound
5 Mirror
6 Silver and Gold
7 Tyger Bay
8 Story So Far
9 Blackjack
10 Don't Stop By
11 All or Nothing
12 Don't Give a Damn
13 Bad Times
14 It Ain't Easy
15 Don't Take Nothing


CRAZY NIGHTS

20070516193914.jpg


1 Do It Good
2 Love Don't Stay
3 Never Satisfied
4 Running Out of Time
5 Crazy Nights
6 Down and Out
7 Lonely Man
8 Make a Stand
9 Raised on Rock
10 Slip Away
11 Stormlands
12 Paradise Drive


ジョンはこのバンドへの加入前は、確か殆どバンド活動はしておらず、恋人との時間を大切にするため、ギターにも触れていなかったと聞きます。
しかし、偶々TVで見たGARY MOOREの姿~ギター・プレイに衝撃を受け、彼は再びギターを手にしミュージシャンとして復帰するわけです

この2枚のアルバムの内、「SPELLBOUND」はバンドを代表する傑作であり、
NWOBHM史上でも傑作に数えられる名盤中の名盤です
音像はB級感が漂いますけど、正統派ハード・ロックに疾走感が伴った楽曲は単純にカッコイイと
表現出来ます
現在は再結成THIN LIZZY絡みで、ゲイリージョンの仲は良いとは言えませんが
ゲイリー直系の速弾きと叙情性のある泣きのギターが、疾走感のある曲には激しさとスリルを、
泣きのバラードには感動的で情緒豊かな表情を覗かせ、曲~アルバムの完成度を更に向上させています
もう1人の“ジョン”~デヴァリルの英国的な湿り気のある声質、伸びやかな声によるシャウト~唱法も素晴らしく、こちらも疾走感のある曲と叙情性豊かなバラードを表情豊かに彩っています

「CRAZY NIGHTS」はミッド・テンポの曲を中心に音楽性はポップな感じに移行しています
「SRELLBOUND」が“情感豊かなヴォーカルと弾き捲くりギター これぞ、スピード感のあるHMの傑作”という名盤なので明らかに見劣りはしてしまいますが、サイクス脱退後の方向性の予兆として“バンド・ファン”には一聴の価値はあると思います
相変わらず“2人のジョン”のプレイは素晴らしいので、結して悪いアルバムではありませんよ

サイクス「CRAZY NIGHTS」発表後、Randy Rhoadsを失ったOZZY OSBOURNE BANDに合流するためバンドを脱退し渡米
しかし、バンドは既に後任として後のNIGHT RANGERのギタリストBrad Gillisを加入させていて
(実際には元GILLANBernie Tormeからブラッドにチェンジ)、サイクスは行き場を失い英国に
戻って行きました・・・
そして彼はその空白期間にソロ契約を結び、THIN LIZZY加入のキッカケとなるソロ・シングル“Please Don't Leave Me”PHIL LYNOTTの協力の下レコーディング~発表するわけです

lizzy_sykeslynott.jpg


若き日のJOHN SYKESがガムシャラに弾き捲くり、彼の名をまず最初にシーンに轟かせたバンドTYGERS OF PAN TANG
NWOBHM~スピーディーで単純にカッコイイと言えるHMジョンの若き日の姿、ミュージシャンとしての形成期を堪能するためにも外せないバンドだと思います  



テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。