ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆SEBASTIAN BACH 『ANGEL DOWN』☆

今年6月に9年振りとなる単独来日公演を行った元SKID ROWのヴォーカリスト
SEBASTIAN BACH

baz_07.jpg


SKID ROW脱退から9年・・・
初単独公演からも9年の年月を経て現在に至るわけですが、途中プロジェクト参加作やライヴ・アルバム『BRING'EM BACH ALIVE!』の発表はあったものの、本格的なソロ・アーティストとしてのデビューは飾っていなかった彼・・・。(ブロードウェイ・ミュージカル出演やミュージカル俳優として多忙な時期もありましたね。)
しかし今月21日にやっと本格的なソロ・デビュー作となるアルバムが日本でも発表となりました

ANGEL DOWN

20071123215337.jpg


1 Angel Down
2 You Don't Understand~(来日公演で披露)
3 Back In The Saddle (Featuring Axl Rose)~(AEROSMITHのカヴァー)
4 (Love Is) A Bitchslap (Featuring Axl Rose)~(来日公演で披露)
5 Stuck Inside (Featuring Axl Rose)~(来日公演で披露)
6 American Metalhead~(来日公演で披露)
7 Negative Light
8 Live And Die
9 By Your Side~(来日公演で披露)
10 Our Love Is A Lie
11 Take You Down With Me
12 Stabbing Daggers
13 You Bring Me Down
14 Falling Into You
Bonus Track
15 (Love Is) A BITCHSLAP~(George Marino Master)


実は注目すべき点は本作の主役バズではなく、結局今年もニュー・アルバムを出さず仕舞いのGUNS N' ROSES~AXL ROSEのゲスト・ヴォーカルとしての参加だったりするのですが
アルバムの内容としては良い意味でバズのありのままの姿~彼のやりたい音楽をただひたすら
目一杯に詰め込んだバラエティ豊かな作品だと思います
バズのエネルギーが全開となるへヴィなHR/HM曲、モダン・へヴィネスなグルーヴ感が縦横無尽に駆け巡る曲、SKID ROWを想わせるメロウでキャッチーな曲にバズのヴォーカルが感動的に映えるバラード等・・・
とにかく彼のやりたいこと全てを詰め込みやっと1つの作品として完成させた訳ですが、悪く言えば統一感のない散漫なアルバム・・・ごった煮状態の作品?とも言えるでしょうね

来日公演で披露された新曲は実際のライヴで聴いていましたし、ライヴ・レビューでも悪くない印象とレポートしたので個々の楽曲の出来に関しては決して悪くないと思います。
特に2曲のバラード[9][14]は秀逸の出来で、彼の魅力的な声質と唱法が素晴らしく映えてバラードの醍醐味を感動的に味わえる佳曲だと思います

統一感のない散漫な印象を受ける作品であることは確かですが、とにかくある意味勢い任せで自分のやりたいことを全身全霊でぶつけているバズらしいエネルギー全開のアルバムなので、単純にその豪快さと醍醐味にひたすら身を委ねて楽しむことが1番のアルバムだと私は思います

でもアクセルも参加している“Back In The Suddle”はイマイチかも・・・
あまりにも有名曲過ぎるし、とにかくこの曲の魅力はAEROSMITHにしか出せない独特のグルーヴとウネリが圧倒的に支配する名曲なので、当然にせよオリジナルの良さを決して超えることは出来ない安易なカヴァーとなってしまった気がします・・・。
バズのバックメンが優秀であっても、あのグルーヴ感と雰囲気を出すことは不可能でしょうね。

最後に苦言を呈しましたが、バズのアーティストとしての魅力、ロック・ヴォーカリストの魅力は十分に堪能出来る作品だと私は彼の1ファンとして思うので、彼のヴォーカルあってこそのSKID ROWファンや彼のキャラクター~ロック・スターとしての魅力を愛するファンは是非聴いてみて下さい


・・・アクセルさん、ご自身の率いるバンドの新作はいつ出るのでしょうか?
仲の良い友達とは言え、バンドの新作が出る前に久々の歌声を披露するのは如何なものかと思いますけどね







Push!Push!→ 
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆ユース・ゴーン・ワイルド!!Pt.2☆

昨日のSEBASTIAN BACHのライヴ、繰り返しになりますが、

ホント、スゲェー楽しかったです!!♪ (^-^)v

sebastianbach2007.jpg


今日は新宿厚生年金会館で日本最終公演が行なわれましたが、多くのファンがロック・スターとしてのバズの魅力を堪能し、いい汗を流してライヴを楽しんだと思います
小難しいことを考えずに素直に楽しめ、「今日も行きたかったなぁ~」と思えるライヴでしたからね

evolution-200583.jpg


でも、客の入りはソールド・アウトとは程遠いものでした
渋谷C.C.Lemonホールは2000人規模の会場ですけど、2階席には殆どお客さんいなかったし、
1階席も全席は埋まっていませんでした
私は開場15分前くらいに会場に着いたんですけど、入場の列は開場ギリギリまで作られず
「何、開演遅れるの?それともスタッフの怠慢?~余裕持ちすぎじゃん?」
とか会場入りするまで考えていたんですけど、開演した時の客の入りを見て「そういうことか」と
納得させられてしまいました
SKID ROWのヴォーカリストSEBASTIAN BACH~ロック・スターとしてのバズの魅力と神通力を持ってしても単独ホール公演は厳しいものになってしまうんですね
こんなにガラガラの会場でライヴを観たのはまたまた例に出しますけど、
2000年「NEW TATOO」ツアーでのMOTLEY CRUE以来です・・・
まぁ~今回のライヴ、チケットの価格設定も¥8,500で高かったんですけどね

しかし、観客が少ないのなんて関係ないってくらいライヴの内容は素晴らしかったし、
集まったお客さんも素晴らしかったですよ(あ、私も含めてね) 
“SLAVE TO THE GRIND”で始まり、スキッズの名曲と新曲を散りばめ、バズが腕の刺青を見せて始まる“YOUTH GONE WILD”で締めるセット・リストもアッという間に終わっちゃうけど
(楽しいから尚更なんです)素晴らしかったですよ
昨年の「ウドー・ミュージック・フェスティバル」で既に新曲は演奏されていたようですが、
スキッズを想わせるロックな曲やしっとりと聴かせるアコースティックの曲もあったりで、
バズの新作は中々期待出来そうですよ
サプライズとしてバンドがライヴで新曲を披露してくれたりしますが、大体は「ノリきれない・・・新曲やるなら他の曲を・・・」なんて思ったりしますが、バズの新曲は初めて聴くのにそんな気がしないという感じで良かったし、会場が一体となってスキッズの曲共々盛り上がっていました

今回、バズと共に来日したバンドも素晴らしくてバズ共々笑わせてくれる場面もアリと
和気藹々とした雰囲気がより一層ライヴを楽しませてくれました

Sebastian Bach(Vo)
Rob DeLuca(B)
Metal Mike Chlasciak(G)
Johnny Chromatic(G)
Rob DeLuca(B)
Jason West(Ds)


sebastianbach-band-2007.jpg


ツアー・ポスターには載っている元RIOTHALFORDのドラマーBobby Jarzombekが怪我のため来日不能となってしまったのは残念ですが(彼のことも見たかった来日が延期になりそうだったのは彼の怪我のためだったんですね)、代役のJasonのサポートは見事でバンドとの息もしっかりと合っていました
ギターの音は小さめだったかな?私は前から4列目の右側のスピーカー近くで観たんですけど、ライチの時の気持ち悪くなるような?難聴にはなりませんでした
席に着いた時は「これ、今日もヤバイな」と思い、一応用意していた耳栓を準備していたんですけど、良心的な音量だったのでそういうことを気にせずにライヴを楽しむことができました

バンドの演奏は勿論のこと、バズの熱唱~パフォーマンスは素晴らしく、
やはり彼はルックスと共に“天性のロック・スターだなと改めて実感しました
線は昔に比べれば太くなっているけど、単純にカッコイイと思えるそのルックスに衰えはないし、
ハイパーな存在感とヴォーカルは健在 
やはり彼のようなカリスマ性~ロック・スター然としたキャラクターがロック界を盛り上げてくれると
嬉しいし、彼のような新たなスターの登場もHR/HM界には必要だと思います

キッカケって大事だからたとえルックスから入ったとしてもね 

バズのシーンへの登場の仕方は“ピンナップ・スター”とも言えるものだったので、会場には多くの
女性ファンが詰め掛けていましたが(勿論、ルックスだけではない彼の音楽も愛するファンですね)、昨夜は全てのファンが素晴らしかったと思います
満員以上の声援と歌声そしてノリ 会場が一体となった盛り上がりライヴは本当に楽しくて素晴らしかったです 
曲の良さ、バンドのパフォーマンス、バズのフロントマンとしての才能と彼の魅力が私達を楽しませてくれたのは事実ですが、ここに集まった人達みんなが“ロックが好きでバズのことが大好きなんだな”と思える素晴らしい光景、ライヴでした
みんないい顔してたし、いい汗かいていましたよ
私もいい汗流しましたよ 

一瞬ライチのライヴで歳を実感~老け込んだように思いましたがなんか昨夜のライヴで若返った気がします(2つのバンドの資質は違うので感じ方が違うのは当然と言えば当然ですが
今回のバズのライヴは単純に「ロック、音楽っていいねライヴは楽しいし」と思えるもので、
ホント行って良かったと思います
これだからロックもライヴもやめられない

次回の来日では会場の規模が縮小される可能性もありますが、快心の新作と気心の知れた最高の仲間達と共にまた“ロックの素晴らしさ~ライヴの楽しさ”を堪能出来るハイパーなロック・ショーを展開してほしいです

楽しいライヴをありがとう♪バズ!!

20070605225340.jpg



YOUTH GONE WILD !! 


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

☆ユース・ゴーン・ワイルド!!☆

SEBASTIAN BACHのライヴに行って来ました

sebastianbach.gif


やっぱり、アッという間に終わっちゃったけどバズの魅力満載ライヴの醍醐味が凝縮された最高のライヴでした

ホント、スゲェー楽しかったよ!!♪ (^-^)v

詳細はまた後日記したいと思いますが、明日は最終公演
ライヴって、こんなに楽しいんだよという感覚を味わって貰うためにも、行ける余裕のある人は是非バズのライヴに足を運んで貰いたいな

楽しいライヴをありがとうバズ

YOUTH GONE WILD !!

   


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

本日はバズのライヴに行って参る!!☆

「ヒロックの音楽生活」~ブログを開設して1年とちょっと経ったんでテンプレを変えてみました今回はシンプルな感じで先日までのものより多少文字が見やすくなったと思いますが、
皆さん如何でしょうか?
相変わらずクドイ長文なので見づらい~読みづらいかもしれませんが少しは目に優しくなったと思うので皆さんこれからも御付き合いお願いしますね

シンプルって言うわりには相変わらずの広告過多~無断転載写真で周りを彩っていますけどね

本日は先日のQUEENSRYCHEに続いてSEBASTIAN BACHのライヴを渋谷C.C.Lemonホールで観てきます

baz.jpg


考えてみれば3月のASIAの時と同じ流れ~会場(厚生年金会館~C.C.Lemonホール)での
連続ライヴ敢行です

今回は前から4列目の絶好のポジションでライヴを堪能ですが、なんだか先日のライチの疲れが抜け切っていない感じです・・・
別に首を振り捲くるようなバンド~ライヴではなかったのに、ちょっと首に違和感を感じます
やっぱ、歳かぁ~
歳食うと筋肉痛は直後にこないで2~3日後にくるとか言うでしょ?
昔は好きなバンドが連続公演を行なうと連チャンで行っても平気だったけど、
最近はそういうこともまるでする気なくなったしね
社会的責任感も強くなったと言えるけど

先日の音のトラウマ?と体力の不安~若い衆の迫力に負けそうになるかもしれませんが
本日のライヴは難しいことを考えずに思いっきり楽しみたいと思います
バズが少なくともいいストレス解消をしてくれる楽しいライヴを展開してくれると思っています

遂に新作を出しそうなバズですが、新曲なんて全く分からないのでやはりこの2枚を中心とした
選曲でライヴを大いに盛り上げてほしいです

20070604122642.jpg
20070604122735.jpg


やっぱりSKID ROWの曲のカッコよさ~躍動感を味わうにはバズのヴォーカルがあってこそでしょ
今のSKID ROWには全く興味がないし、来日してもまるで行く気ありませんから・・・暴言
バンドの能力も明らかにバズのバンドの方が高く、超ド級のメタル・バンドとしての魅力も充分に備わっていると思います

私の中ではSKID ROW=バズなので、とにかく今日は楽しんできます
なんか70分くらいで終わっちゃうみたいなんで今回は心地好い疲労感で終われると思います

でも耳栓、用意しておこうかな・・・先日のトラウマ
あと私の周りのお客さん、ヘッドバンキングはいくらしても構わないけど、あんまり暴れないでね
周りによってぶち壊しになったり、不快感を味わうこともあるんで
やはり、このようなことを言うってことは歳なのかなぁ~

いや、まだまだYOUTH GONE WILD !!と叫ばなければ

       

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

本日チケット到着☆結局バズは日本に来るようです♪

決定ではありませんでしたが、6月の日本公演が延期になると確実視されていた
SKID ROWSEBASTIAN BACH

baz.jpg


結局、当初の日程どおり日本公演は行なわれるようですね
延期になりそうだという詳細・理由を私は把握してなかったので安易なことは言えませんが、
バズ・・・・相変わらずのお騒がせ男です

先日の間近に迫った日本公演を呆気なくキャンセル、延期としたGUNS N' ROSESに続いて、
バズよ、お前もか?ガンズのツアーに同行しているからって、そんなところはアクセルの真似を
せんでもいい」と思いましたからね

axl-bach.jpg


最近、キャンセル~延期のライヴがガンズに限らず多いので、実際に日本公演が行なわれるまでは油断が出来ない状況ですが、とりあえずは予定通りということで一安心
本日、ウドーの先行予約で取ったチケットも無事自宅に届きました
私は6月4日の月曜、渋谷C.C.Lemonホールでバズのライヴを観るんですが、
席はなんと前から4列目
名称が渋谷公会堂の頃から何度かこの会場に足を運んでいて、先月はASIAの最終公演をここで
観ましたが、過去のライヴではBLACKMORE'S NIGHTの前から3列目に次ぐ良席ですね
バズの汗、唾エナジーが充分に伝わる席であり、季節も絡んで非常に熱い夜になりそうです

6月1日はQUEENSRYCHEのライヴで知的な熱さ、彼らの完成された構築美HMを堪能し
(出来ればマインドクライム完全再現望む)、6月4日のバズのライヴでは、本能の赴くままに絶唱しワイルドなパフォーマンス繰り広げる彼の姿、彼の声で聴くSKID ROWの名曲を充分に堪能する熱い夜にしたいと思います

土日を挟むので結構な連休になってしまいますけど、会社に休暇届けを出さねば
早めに出したもん勝ちだけど、その頃あんまり仕事が忙しくないことを祈るばかり

      

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

セバスチャン・バック!9年ぶりの単独来日決定!!☆

SKID ROWのヴォーカリストで昨年のウドー・ミュージック・フェスティバルにも参戦した
SEBASTIAN BACHの9年ぶりの単独来日が決定しました

sebastianbach.gif


6/1(金) 名古屋市民会館中ホール 
6/2(土) 松下IMPホール 
6/4(月) 渋谷 C.C.Lemon 
6/5(火) 東京厚生年金会館


今日、ウドーからのダイレクト・メールで知ったんですけど、ホントこの時期、
魅力的なアーティストの来日ラッシュですね
この周辺だと、GRAHAM BONNET&JOE LYNN TURNERQUEENSRYCHE・・・
来日は嬉しいんですけど、そんなに会社も休めないし、金銭的にもキツイ・・・
嬉しい悲鳴と同時にいろいろと思い悩む複雑な心境です

でも、SKID ROWのライヴは未体験ですし、前回98年のソロ・ライヴに
ウドー・ミュージック・フェスティバルも見逃しているので是非ともバズの雄姿を拝みたいところです
結局、新作は発表されないままの来日ですが、やはり彼の声でSKID ROWの名曲の数々は
堪能したいですよね
容姿端麗でありながら、豪快でワイルドな振る舞い
スクリーム・シャウトを全身から振り絞り、ロック・スターとしてのカリスマ性をギラギラと発散させる
彼の存在は、現在のロック界では唯一無二と言えるんじゃないでしょうか

別のヴォーカリストを擁し、新作も発表したSKID ROW側は、曲も書かずにトラブルばかり起していたバズの存在を否定、彼の存在はバンドにとって重要じゃないと発言していますが、多くのファンと私にとっては、バズがフロントに立ち、彼の歌声、キャラがあってこそSKID ROWだと思いますが、
皆さん如何でしょうか?
SKID ROWの魅力的な音楽性~スピーディーでハード&ヘヴィ 時にポップでパンキッシュ 
情感豊かで感動的なバラード~そんな彼らの音楽性を更に魅力的にしていたのは、
バズの歌声、キャラ、エネルギーだったと思います

愛されるキャラクターであり、ロック・スターとしての天性のカリスマ性を持った
SEBASTIAN BACH
彼のような、存在だけで全ての人を虜にさせてしまうフロント・マンってなかなか居ないよ

98年の来日公演はライヴ・アルバムとして発表されています

BRING'EM BACH ALIVE!

20070315221008.jpg


1 Rock N Roll
2 Done Bleeding
3 Superjerk, Superstar, Supertears
4 Blasphemer
5 Counterpunch
6 Slave To The Grind
7 Frozen
8 18 And Life
9 Beat Yourself Blind
10 Riot Act
11 Mudkicker
12 In A Darkened Room
13 Monkey Business/Godzilla
14 The Most Powerful Man In the World
15 I Remember You
16 Youth Gone Wild


98年時点での新曲も含まれ、現在の仕様は発売当時(日本盤)のものと若干収録曲が異なっていますが、日本でのバズの熱い咆哮が堪能出来る素晴らしいライヴ・アルバムです
クラブ規模での来日公演だったんですけど、歓声がアリーナ規模
かなりのオーバー・ダビングに苦笑ですが そこもバズ らしくって良いんじゃないでしょうか

やはりSKID ROWの曲はバズの圧倒的なパワー・ヴォーカルに限ります
来日公演では、個性的で素晴らしい演奏力を持った仲間達を引き連れて、我々の前で大暴れして欲しいです

YOUTH GONE WILD !!

20070315234304.jpg




テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。