ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆今日は1日中メイデンと一緒の旅に出ます!?☆

5月も明日で終わりですが、ホント今月はあっという間に1ヶ月が過ぎた感が私自身あります・・・(月初めにGWもあったので出勤日数が少なかったという点もありますが)。
今週は月末最後の週ということもあり締切業務に追われて多忙を極めかなりのお疲れモードとなっておりますが 今月初っ端にはOVER THE RAINBOWのライヴも観れたし 個人の仕事量が多かったりすると大変ですけどやはり忙しく仕事をこなしたり色々な面で多忙なくらい動き回っている方が日々の生活は充実しているのかもしれませんね

ということで今日はお疲れモードとなっているので待望の以下の作品を1日中楽しみたいと思います

IRON MAIDEN/FLIGHT 666

IRON MAIDEN_FLIGHT 666_THE FILM
フライト666 リミテッド・エディション [DVD]

IRON MAIDEN_FLIGHT 666_THE ORIGINAL. SOUHDTRUCKjpg
フライト666 ジ・オリジナル・サウンドトラック

1チャーチルズ・スピーチ/CHURCHILL'S SPEECH
2 撃墜王の孤独 / ACES HIGH
3 悪夢の最終兵器(絶滅2分前) / 2 MINUTES TO MIDNIGHT
4 悪魔の誘い / REVELATIONS

5 明日なき戦い / THE TROOPER~東京・幕張メッセ
6 ウェイステッド・イヤーズ / WASTED YEARS
7 魔力の刻印 /  THE NUMBER OF THE BEAST
8 キャン・アイ・プレイ・ウィズ・マッドネス / CAN I PLAY WITH MADNESS
9 暗黒の航海 / RIME OF THE ANCIENT MARINER
10 パワースレイヴ~死界の王、オシリスの謎~ / POWERSLAVE
11 ヘヴン・キャン・ウエイト / HEAVEN CAN WAIT
12 誇り高き戦い / RUN TO THE HILLS
13 フィア・オブ・ザ・ダーク/ FEAR OF THE DARK
14 鋼鉄の処女 / IRON MAIDEN
15 ムーンチャイルド / MOONCHILD
16 視能力者 / THE CLAIRVOYANT
17 審判の日 / HALLOWED BE THY NAME


現在CDの方を聴きながらこの記事を書き上げていますが、進化し続ける驚異的なヴォーカリストブルースを含めバンドの衰え知らずなパワフルで完璧な演奏は本当に素晴らしく、世界最強のHMバンド~ライヴ・バンドである姿を誇示し、昨年幕張で私自身が堪能したライヴの凄さ~感動の記憶が甦ります
その幕張でのライヴ・テイクも含まれますが、ライヴ・アルバムとうよりはあくまで映画のサウンドトラックと彼らはCD版の方を位置付けているようなので、ワールド・ツアー各地からのベスト・テイクを鏤めた本作は曲間がフェイドアウト・インとなっているのでライヴ本来の流れを楽しむには難ありと感じるかもしれません 
そして更に欲を言わして貰えればツアー第2弾で演奏された“WRATHCHILD”“PHANTOM OF THE OPERA”“THE EVIL THAT MEN DO”(これは絶対に外せない私の大好きな名曲ですから“SANCTUARY”も何らかの形で収録して欲しかったですね

さてCD版のライヴも終盤となり現在“FEAR OF THE DARK”の素晴らしい演奏~大合唱が鳴り響いています

午後から本編の映画と映像版のライヴ(DVD)を思う存分、十分に堪能したいと思います

SXSW 2009 Film Trailer: Iron Maiden: Flight 666



maiden_flight 666


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

☆売れ切れ必至!?☆

これ買って聴いてみようかな

Kerrang!_ No.1219

詳細はコチラ

 
[Read More...]

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆GW中にゲットした非公式音源~Part-1☆

人によっては11連休という大型GWを十分に満喫されたかと思いますが、遂に本日で連休も最後となりましたね
当初の予報と違ってあまり連続して天気が良くなかった今年のGWですが(本日は皮肉にも初夏を想わせる陽気でとても良い天気です)、私もそれなりにお休みを頂き、しっかりと休みを堪能充電させていただきました
単発的なお出掛けで遠出はしませんでしたけど、十分に静養~気分もリフレッシュ出来たと思うので、また明日から仕事を含めて頑張って日々奮闘したいと思います(←実際には連休明けの初日は憂鬱なんですけどね

GW中はお出掛けの移動の際や、ちょっとした余暇の時間も常に音楽が鳴っている感じで、先日リスト・アップした作品群+αを十分に堪能しましたがGW中1日だけ非公式音源・ブートの聖地?西新宿に赴き、お目当てのブートを何点か買ってきました
いつもどおり、ZEP関連のブートは手に入れてきましたが、本日はその時手に入れた私のお薦めブートを2品ばかり紹介したいと思います

先ずはPart-1と題してコチラ

IRON MAIDEN 『SOMEWHERE LAND IN BRAZIL』 
~Lost and Found DOLBY 2.0 Stereo Approx: 114 min. MPEG-2 NTSC ALL


IRON MAIDEN_BRAZIL08
IRON MAIDEN_BRAZIL08-2


『メーカーインフォ~ SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 2008 より最新ライヴ映像が到着!
2008年3月5日のブラジル、ポート・アレグレ公演をテレビ放送ではなく、関係者流出のステージ・スクリーン用のマルチ・アングル・プロショット映像にて完全収録!!! ボーナスとしてコロンビア公演で勃発した暴動のニュースレポート等も追加収録!!! 』


私も参戦した2月の来日公演が記憶に新しいIRON MAIDENのプロショットによる最新ライヴ映像です
後に本ツアーのドキュメンタリー映画?が制作され、DVDでも発売になると思いますが、来日公演から約1ヵ月後に行われ、本ブートに収められたブラジルでのパフォーマンスも来日公演同様に素晴らしいものとなっています
とにかく、バンドの演奏~パフォーマンスは相変わらず素晴らしく、収められた画像はとても美麗であり、音も非常に生々しく録られているので、ファンにとっては公式DVDが発表されるまでの必須アイテムになると私は思います
このままオフィシャル発売しても良いくらいのクオリティですし、価格も¥2500前後で売られているので、見つけたら即買いしても損はないと思います

映像を見ると、相変わらず南米~ブラジルのファンは熱狂的ですが、幕張公演で国旗を振り回し続ける彼らのような屈強な外国人が陣取る前方へ調子込んで突っ込まなくて本当に良かったと本映像を見て改めて思いました
前に行ったら行ったで苦痛を味わいながら楽しめたんでしょうけど当日、怪我をされた方も多かったと聞いているので、私自身のポジションはやや後方となりましたが、やはり自分なりのスペース~ポジションを確保してのライヴ観賞で良かったと思っています 

ブルースは今回の形式でのライヴ~スタンディングでのライヴが1番好きだと発言し、マネージメントもこのような形式で出来る会場が日本にあったのかとプラス思考で感じたようですが、様々な面でマナーの悪いお客さんは多かったですし、プロモーターの仕切りも最低だったので今回のような形式での来日公演は私としては最後にしてほしいと思います。

お薦めブートを紹介するはずが、最後はネガティヴで後ろ向きな発言に終始してしまいましたがライヴが始まるオープニング・ムービーでは日本での1コマもしっかりと挿入されているので、興味のある方や改めてあの時の興奮を冷静に?堪能したいファンの方は是非とも手にしてもらいたい彼らの最新映像~必須アイテムです

ブートは非公式なものなので、声高には言えませんけどね~Part-2に続く 

時空の覇者IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

☆IRON MAIDEN 最新ベスト&廉価盤発売決定!!☆

先月、たった2回の日本ツアーでしたが(横浜・幕張)、『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08 JAPAN』にて素晴らしいライヴを披露し、今尚進化を続けるHR/HM界最強のバンドIRON MAIDEN

lineup-maiden07.jpg

ironmaidenusa.jpg


5月からはフルスケールでの北米ツアーを開始する彼らですが、快進撃を続ける『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08』に沿った最新ベスト・アルバムも5月に発表決定となりました

IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST


 The full track-listing for the album 'Somewhere Back In Time' is as follows:
1. Churchill Speech
2. Aces High
3. 2 Minutes To Midnight
4. The Trooper
5. Wasted Years
6. Children Of The Damned
7. The Number of The Beast
8. Run To The Hills
9. Phantom Of The Opera -- Live
10. The Evil That Men Do
11. Wrathchild -- Live
12. Can I Play With Madness
13. Powerslave
14. Hallowed Be Thy Name
15. Iron Maiden -- Live


~HMVレビューより

先日行われた来日公演も大盛況のうちに幕を閉じた我らがアイアン・メイデン。今回発売が決まったベスト・アルバム『Somewhere Back In Time』は特に欧州で増加傾向にある10代前半からの若いファンへ向けたもので、彼らが生まれていなかった80年代の楽曲で構成されたビギナーズ・ガイド的な一枚です。そして今回のベスト盤の発売に合わせて、好評だったカタログ作品の廉価盤が再プレスされることに!1枚モノは全て¥1,500(税込み)という破格の価格設定! この機会をお見逃しなく!  5/14一斉発売!!

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

殆どのメイデン・ファンがオリジナル・アルバムの全てを網羅されていると思うので(ポール・ディアノ~ブルース・ディッキンソン期)、未発表ライヴやレア・トラックを含まないオーソドックスな選曲~初心者向けの代表曲で占められた本ベスト・アルバムにまで食指が動かないかもしれませんが、彼らのアルバムのアートワークを殆ど手掛けた Derek Riggsによる秀逸なジャケットは「購入して手元に置いてもいいかな?」と私などは思ってしまいます

私のような真正メイデン・ファン?や伊藤政則氏、BURRN!が度々指摘するように、どうも我が日本におけるIRON MAIDENHR/HM最強バンドとしての凄さに対する認識~デビューから20年以上経過して今尚進化を遂げ、欧州を中心とした全世界的な成功と人気の盛り上がりとはズレが生じている感があります・・・。
今回のツアーを含めて、ブルース・エイドリアン復帰以降の日本ツアーを見てみても、会場設定(前回のツアーにおける武道館は20年振り)や日程等のツアー規模、大会場が簡単にソールド・アウトにはならなかったりと、現在の日本のHR/HM市場と日本におけるHR/HMの未来、海外とは温度差を感じる彼らに対する日本の認識には一抹の不安を感じています・・・。
でも、ライヴ会場にはしっかりと若いファンも多く参戦していましたし、彼らを虜とする有望な新世代メタルバンドも続々登場 他の多くのバンドが日本を訪れしっかりと集客していたりするので(会場規模は小さいですけどね・・・)、日本のHR/HM市場が完全に乾き切ったり、未来が閉ざされることはないと思っています。
しかし、HR/HM全盛時代を知る私達からすれば、やはり時代は変わったと思いますし、様々で多量な情報が簡単にすぐ手に入る現在(ネットを通じての音楽配信も)は、かつての私達のような“好きな音楽に対する拘りや好きなバンドに傾ける愛情!?”が薄れているのかな??と感じています。

先のオジーメイデン~HR/HM界のトップに位置する彼らが絶対的な存在とならない日本って、やはり世界的にみると不思議な国だなぁ~と私などは思ってしまいますし 「何かが違う・・・これってヤバクないの」と考えてしまいますね・・・。
今回のベスト盤発売に合わせて彼らのバック・カタログも廉価盤となって再発されるので、入門編としてベスト盤を購入し、先のライヴを含めて彼らのバンドとしての凄さと素晴らしい名曲群の魅力を真に感じたファンは“拘り”を持って彼らの歴史を顧みて欲しいですね

この御方のこの御言葉が現在の日本におけるメイデンの評価というか状況と言えるので、皆さん、真摯に心して受け止めましょう

rod_ma.jpg


IRON MAIDENの来日時、 「世界的なメイデンの動きに乗り遅れるなロッド・スモールウッドがレコード会社を一喝

・・・この一喝がバック・カタログ再発に繋がったかな

Iron_Maiden_Live08_Bruce.jpg



Push!Push!→

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆行ってきました!!☆

昨日、IRON MAIDEN『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08 JAPAN』幕張公演に行って参りました  

poster-maiden08.jpg



先ずはセット・リストですが、横浜・幕張公演ともにワールド・ツアー初日、インド公演時に公開されたものと全く同じものでした

1 INTRO - CHURCHILL'S SPEECH
2 ACES HIGH
3 2 MINUTES TO MIDNIGHT
4 REVELATIONS
5 THE TROOPER
6 WASTED YEARS
7 THE NUMBER OF THE BEAST
8 RUN TO THE HILLS
9 RIME OF THE ANCIENT MARINER
10 POWERSLAVE
11 HEAVEN CAN WAIT
12 CAN I PLAY WITH MADNESS?
13 FEAR OF THE DARK
14 IRON MAIDEN

ENCORE

15 MOONCHILD
16 THE CLAIRVOYANT
17 HALLOWED BE THY NAME


基本的にIRON MAIDEN(STEVE HARRIS)は、そのツアー時のセット・リストは一切変更せずに固定されたままツアーを行うので、特に「日本公演だから」とか、「2日間連続公演」だからと言って特別なサプライズ?を用意するバンドではありませんが、やはり個人的には“THE EVIL THAT MEN DO”をセット・リストに組み入れて欲しかったですね
近年の彼らのライヴでは定番曲となっているので、今回のツアーでは外されたと思いますが、
メイデンを代表する名曲中の名曲であり、今回のツアー・コンセプトに完全に合致する曲だったので、聴けて当たり前と思っていた名曲が披露されなかったのは残念でした・・・。
私は幸いにして、過去のツアーでこの大好きな名曲を聴くことが出来ましたが、今回のツアーでこの曲を聴けることを楽しみにしていた人は多く存在したと思うので、聴けなくて残念な気持ちになられた方々の御心中を?察します・・・。

近年のライヴでは“THE EVIL THAT MEN DO”の曲中に、「どうやって動いているかは企業秘密」と言われる?エディが登場し、ヤニックと激しく絡み捲くるのですが、今回はこの曲が無いので本編ラストの“IRON MAIDEN”『SOMEWHERE IN TIME』時のサイボーグとなった例のエディが登場しました
・・・よって、今回のツアーでは本編ラストに巨大なエディは登場となりませんでした・・・
『POWERSLAVE』のツアー~『LIVE AFTER DEATH』の基本コンセプトを再現し、そこに『SOMEWHERE IN TIME』『SEVENTH SON OF A SEVENTH SON』の曲をプラスした構成となるのが今回のツアーの基本コンセプトだったので、ステージ・セットも当時のものが再現されると噂されましたが、実際には意外とシンプルで簡素化された?感じで、曲のイメージに合わせて巨大なバックドロップが様変わりするといったものでした。(←これは以前のツアーから行われていますが
巨大スフィンクス・エディもバックドロップに描かれたものだったので、『LIVE AFTER DEATH』の映像で見ることが出来るスフィンクスの中から現れる巨大ミイラ・エディは登場となりませんでした
仕掛けに期待していたところもあったので、これも私にとっては残念なことの1つでしたね・・・。
大掛かりなステージ・セットが当たり前だったので期待し過ぎたかな?

このように、横浜・幕張と公演を観られた方の多くが大絶賛の評価を下しているのに、それとは逆を行く評価(というか感想)を先ず述べてしまっている私ですが全てのファンを納得・満足させるセット・リストはどんなに素晴らしいバンドであっても難しいことですし、勝手な要望と不満を言い出したらキリがないことは特に思い入れが深いファンの方なら十分に理解してくれると私は信じています。 

実際には不満なんて1つもない素晴らしいライヴだったと私は素直に思っていますよ 
圧倒的なパフォーマンスで名曲の数々を凝縮したセット・リストはベストなものだったと思いますし、改めて彼らのHMバンドとしての素晴らしさと偉大さを実感する素晴らしいライヴでした
デビューから25年以上も経ったバンド~メンバーの年齢が50歳を超えたバンドが衰えを見せずに現在進行形で進化し、ライヴ・バンドとして圧倒的なパフォーマンスと存在感を誇示する姿は本当に素晴らしいですし、20年以上私自身も彼らと一緒に歩み、そしてバンドを愛し続けて本当に良かったと思うと同時に誇りにも感じました
昔も凄かったけど昔以上に凄みと威厳を増し、今なお成長・進化を遂げて絶頂期をキープしているバンドは彼らぐらいだと思いますし、聴き続けて本当に良かったと思っています

ステージを縦横無尽に走り捲くり、ユニオン・ジャック旗まで振り回しながら歌うブルースの人並み外れた(年齢を外れた)ステージ上での運動量と驚異的な歌唱力&ボイス・パワーは本当に驚嘆に値します
お茶目で毒気のあるユーモアのセンス?とアーティストとしての創造性ある才能も素晴らしいブルースは正しく現在進行形でHM史上No.1ヴォーカリストと言えるでしょう
バンドの頭脳であり、ベース・プレイに一石を投じたスティーヴ独自のプレイ・スタイル、パフォーマンスも当然素晴らしく、ルックスが20年前と殆ど変わらない彼の容姿も相俟って、彼が依然としてHM界のベース・ヒーローであることは紛れもない事実だと改めて実感しました
でも、鉄の信念を持つ彼でも娘には甘いようで今回もツアーに娘を帯同
オープニング・アクトとして娘ローレンがステージに立ちましたが、前回のツアーで彼女を見ているので今回はパス ・・・というか、オールスタンディングでの長丁場は避け、おしくらまんじゅう状態で体力を消耗させたくなかったから
デイヴ、エイドリアン、ヤニックのギター・トリオもそれぞれの個性と持ち味を十分に発揮して素晴らしいパフォーマンスでした
デイヴは相変わらずとても心地好いトーンでギターを奏で、名曲の数々を彩っていましたし、’89年脱退時よりちょっとワイルドな風貌になりましたが、エイドリアンの寡黙な佇まいによる存在感と曲のツボを得たプレイ~作曲面での大きな貢献度からも分かるように歌心を大切にしたギター・プレイはとても魅力的でした
ヤニックは相変わらずアグレッシヴなプレイと凄まじいステージ・パフォーマンスで観客を沸かせていましたが、エイドリアン復帰時にヤニックのパフォーマンスをウザイと思ったファンがいたとかいないとか
私はWHITE SPRIT,GILLANと彼のプレイを聴いて好きでしたし、彼がRITCHIE BLACKMOREを意識した激しいアクション、パフォーマンスを展開していたことは有名だったので、彼の持ち味が発揮されることは悪いことではないと思います
実際、彼の加入によってバンドは更にアグレッシヴさが増しましたし、彼の加入以前はあまり動かなかったデイヴも今ではヤニック、スティーヴ、エイドリアンと絡みながらステージを走り回っていますからね
バンドの屋台骨を支えるニコの豪快&ファストでありながら堅実なリズム・キープを駆使するプレイとユーモアはバンドに無くてはならないものですし、バンドの最年長である彼もまた、衰え知らずのプレイを聴かせてくれるのは驚嘆に値することだと思います

初めは否定的な感じで幕を開けた?今回のコンサート・レビューでしたが、とにかく圧倒的なバンドの演奏力とパフォーマンスが素晴らしく、久々の“ACES HIGH”を含めた名曲の数々を思う存分堪能することが出来ました
またニュー・アルバムを伴うツアーで早期の来日、名曲の数々を素晴らしいパフォーマンスで聴かせて欲しいものです

maiden_08_image001.jpg


ちなみに私は整理番号的には前の方だったようですが(あれ、何の効力も意味も無いでしょ?)、
チョイと後ろで自分のスペースを確保してライヴを堪能していました
もう1つ苦言を呈するなら次回は幕張のような会場ではなく、やはり武道館クラスの会場設定でやってもらいたいと思います。(何故、幕張同様にアクセスが悪い横浜が早々にソールド・アウトとなり、幕張がソール・アウトにならなかったかを考えてみるべき)
彼らの曲はじっくりと聴かせる要素も多分に含んでいますし、そんな部分に耳を傾けたいと思っている思慮深い?日本のファンは多いかと思います。
フェスティバル形式~スタンディングの形態でも楽しめるかと思いますが、私はどうも落ち着かない感じなので威厳ある佇まいの会場であって、それなりの動員数が望める会場でのライヴを次回は期待したいと思います。

iron_maiden_LIVE.jpg



Push!Push!→

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

☆行ってきます!!☆

本日、横浜公演からスタートを切ったIRON MAIDEN『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08 JAPAN』


poster-maiden08.jpg


繰り返しになりますが、私は明日の幕張公演に参戦してきます

明日の午前中は会社へ出勤し、仕事上必要な資格の更新試験を受けてからの幕張移動となるので、明日は一日を通してかなりのハード・スケジュールとなりますが心地好い疲労感が味わえるような充実した一日にしたいと思います
明日の幕張公演へ共に参戦する方々、同じ空間で大いに彼らのライヴを楽しむとしましょう

1 INTRO - CHURCHILL'S SPEECH
2 ACES HIGH
3 2 MINUTES TO MIDNIGHT
4 REVELATIONS
5 THE TROOPER
6 WASTED YEARS
7 THE NUMBER OF THE BEAST
8 RUN TO THE HILLS
9 RIME OF THE ANCIENT MARINER
10 POWERSLAVE
11 HEAVEN CAN WAIT
12 CAN I PLAY WITH MADNESS?
13 FEAR OF THE DARK
14 IRON MAIDEN

ENCORE

15 MOONCHILD
16 THE CLAIRVOYANT
17 HALLOWED BE THY NAME


多くのファンにとって先ずは、チャーチルのスピーチからなだれ込む“ACES HIGH”を生で聴けることが何よりの楽しみだと思います
きっとオープニングの瞬間、鳥肌が立つか、悶絶しちゃうだろうな  
    
20080215232336.jpg



Push!Push!→
 

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆本日到着♪テンション上げていきます!!☆

いよいよ明日に迫ったIRON MAIDEN『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08 JAPAN』

poster-maiden08.jpg


2008 2.15 (Fri) パシフィコ横浜国立大ホール

    2.16 (Sat) 幕張メッセ No.3ホール


maiden_08_image001.jpg


そして本日、彼らの名ライヴ映像がボーナスDVDを加えた2枚組となってリニューアル再発
明日、横浜からツアーが開始されるので(2日間のみですけど)バンドは既にブルース機長の下、我が日本に到着していると思いますが↓

band_plane_maiden08.jpg
 

我が家にも、予約注文していたその名ライヴ映像作品が到着していました↓ 

LIVE AFTER DEATH~死霊復活

live_after_death_85.jpg
死霊復活 / アイアン・メイデン

DISC-1
"Live After Death" concert with Stereo and Dolby Digital 5.1 Audio (90 minutes)
1 Churchill Speech/Aces High
2 2 Minutes to Midnight
3 The Trooper
4 Revelations
5 Flight of Icarus
6 Rime of the Ancient Mariner
7 Powerslave
8 Number of the Beast
9 Hallowed Be Thy Name
10 Iron Maiden
11 Run to The Hills
12 Running Free
13 Sanctuary

DISC-2
Documentary / Bonus Concert Footage
1 The History of Iron Maiden - Part 2 (60 mins) — Documentary.
2 Behind the Iron Curtain (57 mins approx) Documentary and Live
3 Live Footage - Rock in Rio '85 (50 mins approx)
4 Ello Texas - 15 minutes - Interview and live
5 Artwork Gallery, Tour Programme, Tour dates and photo gallery
6 Promotional clips for Aces High and 2 Minutes to Midnight


残念ながらライヴ当日(16日・幕張)まで日が無いので、2枚全編をじっくりと堪能する時間はありませんが、本編(DISC-1)は以前発売されていたVHSに比べて大幅に画質・音質が向上しているとのことなので、私を含め、この映像作品を繰り返し見たファンにとっても改めて楽しめる内容になっているようです
ボーナス映像が収められたDISC-2も、新旧のファンを問わずに興味深い内容~充実した映像集となっているので、ヘヴィ・メタル・バンドとしての彼らの魅力を思う存分堪能することが出来ると思います

とにかく間近に迫ったライヴに向けて皆さん、自身のテンションを上げていきましょう
そして、明日の横浜に参戦される方々、私と同日の幕張に参戦される方々、共に大いに盛り上がって彼らのライヴを楽しみましょう




・・・あっ 私は当日の午前中に乗り越えなくてはならない試練(←仕事上、更新しなくてはならない資格試験)があるので先ずはそちらを優先的に考え、そして無事に終えることが実は当日の最重要課題だったりします・・・落ちるわけにはいかないので


Push!Push!→

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆またしても娘が前座です♪☆

いよいよ、あと1週間と迫ったIRON MAIDEN『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08 JAPAN』

poster-maiden08.jpg


2008 2.15 (Fri) パシフィコ横浜国立大ホール

    2.16 (Sat) 幕張メッセ No.3ホール


先日、インドで10万人を集めて開始された待望のヒストリー・ツアー第2弾であり、セット・リストも
公開されたことによって、我が日本でもどんなライヴが展開されるか期待感が膨らむばかりですが、前回’06年『A MATTER OF LIFE AND DEATH JAPAN TOUR』同様にSTEVE HARRIS氏の娘さんローレンが彼らの前座として起用されることが発表されました

Lauren Harris

幼少の頃のローレン BURRN!表紙向かって右側、スティーヴの隣の青い服を着た女の子

9002.jpg


そして前回の来日時にも記しましたが、パパのルックスは殆ど変わらず娘のローレンはこのように大人の女性へと変貌しました

LAUREN20HARRIS20.jpg

lauren-09-250.jpg

Lauren_Pic08.jpg

lauren_harris_band.jpg


前回の来日時、私は武道館でメイデンのライヴを堪能しましたが、親父のおかげで武道館のステージへ立てたローレンのパフォーマンスもしっかりと観させて頂きました
メイデンとは異なるポップ・ロックといった感じの音楽性でしたが(当然か・・・)、躍動感が感じられる若々しい一生懸命なステージングはとても好感が持てるものだったと記憶しています
当然、観客はまだ疎らな状態でしたし、演奏される曲自体も知らない状態でしたが、演奏が進むに連れてオーディエンスも彼女の一生懸命なパフォーマンスに惹かれてノッテいき、最終的には会場全体から惜しみない声援と喝采が送られていました
この日は披露されませんでしたが、武道館のリハーサルではUFOの曲を繰り返し演奏していたので、やはり古き良き時代のブリティッシュ・ロックにも彼女とバンドは影響されているんだなぁ~と感じたりもしました

それにしても今回のツアーでも娘を前座に起用するとは・・・
大英帝国を代表し、世界中を席捲する偉大なる鋼鉄神IRON MAIDENの頭脳スティーヴも人の親というか、かなりの親バカですね
やはり可愛い子供、娘のために出来るだけのバック・アップをしてあげたいと思っているんでしょうね
幕張に関してはオール・スタンディングということもあり、前座~ローレン登場で年寄りには更にキツイ長丁場となりますがローレンの演奏時にはきっとバンドのメンバーやスティーヴがステージ袖から彼女のことを心優しく見守っていると思いますよ
そんなステージの舞台裏やスティーヴの娘ローレンに興味のある方は彼女のステージから観てみるのも良いかと思います   

20080209004013.jpg



Push!Push!→

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆メイデン・セットリスト公開☆

2月15日パシフィコ横浜公演は既にSOLD OUTとなり、16日幕張公演も僅かながらチケットが残っている状態のIRON MAIDEN『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08 JAPAN』

poster-maiden08.jpg
lineup-maiden07.jpg


インドから開始されたワールド・ツアーのセットリストが遂に公開されました
ちなみにワールド・ツアー初日のインド公演は10万人を動員し即日SOLD OUT状態だったそうです

1 INTRO - CHURCHILL'S SPEECH
2 ACES HIGH
3 2 MINUTES TO MIDNIGHT
4 REVELATIONS
5 THE TROOPER
6 WASTED YEARS
7 THE NUMBER OF THE BEAST
8 RUN TO THE HILLS
9 RIME OF THE ANCIENT MARINER
10 POWERSLAVE
11 HEAVEN CAN WAIT
12 CAN I PLAY WITH MADNESS?
13 FEAR OF THE DARK
14 IRON MAIDEN

ENCORE

15 MOONCHILD
16 THE CLAIRVOYANT
17 HALLOWED BE THY NAME


ツアー・コンセプトからすると何故13曲目に“FEAR OF THE DARK”なんだ??という気もし、『POWERSLAVE』 『SEVENTH SON OF A SEVENTH SON』アルバムの楽曲を中心とした各々のツアー再現といった感じですが、セットリストをまず変更することはないバンド(スティーヴ・ハリス)なので、今回のワールド・ツアーのセットリストはこれで固定という気がします。
皆さんはこのセットリスト、どう思います?
異論を挿む余地のない選曲だと思いますが、唯一の不満は名曲“THE EVIL THAT MEN DO”
セッリスト入りしていないこと
この名曲がライヴで聴けないなんて「ありえな~い」と思っているメイデン・ファンは多いと思いますよ・・・スティーヴさん   

steve_harris_05.jpg


ちなみに私が理想とするセットリストはこんな感じです

[Read More...]

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

☆ヘヴン・キャン・ウエ~イト♪☆

2008年、今年も早いもので12分の1が本日で終わろうとしていますが
このバンドによる待望のヒストリー・ツアーがもう間もなく日本上陸です

poster-maiden08.jpg

iron_maiden_LIVE.jpg


私は2月16日(土)幕張公演に参戦しますが(・・・午前中は出勤確定となったので
交通アクセスの悪い幕張までの移動を含めてハードな1日になりそう・・・スタンディングだし)、
本ツアーで披露される楽曲の一部情報を入手
そして、今週の「POWER ROCK TODAY」では当日のライヴを更に楽しむために?以下の企画が実施されるようです

IRON MAIDEN日本公演で、"HEAVEN CAN WAIT"披露か?
となると、ファンが合唱隊としてステージに立つ?』
                
『間もなく来日公演を行うIRON MAIDEN、“メイデン合唱隊”を大募集

~とのことですが、"HEAVEN CAN WAIT"といえば、アルバム『SOMEWHERE IN TIME』収録の7分を越す大作曲で、ライヴでは「オ、オオオオオオーオオオ、オ」(←ニュアンス伝わる?)と、バンドとオーディエンスが一体となった大合唱が起こり、ステージ上には多数のバンド・スタッフやバンドの家族・友人が登場
会場に居る全ての人達が一体となり、ライヴが大いに盛り上がる一場面となります
私もステージに上がり、バンドと共に是非叫びたいと思いますが、当日は慌しい1日となりそうなので会場でバンドやファンの皆さんと一体となり大合唱したいと思います
基本的にメイデン・ソングは全編歌い通しになると思うので、欧米のファンに負けないくらいの大合唱で皆さんと大いに盛り上がり、ライヴを存分に楽しみたいと思います

ネタバレになりますが、以下の楽曲がセット・リスト入りするようですよ

* Run To The Hills
* Hallowed Be Thy Name
* The Number Of The Beast
* 2 Minutes To Midnight
* Aces High
* Flight Of Icarus
* The Trooper
* Wasted Years
* Heaven Can Wait
* The Rime Of The Ancient Mariner
* Powerslave


この他にも、定番のメイデン・クラシックスや『SEVENTH SON OF A SEVENTH SON』の楽曲が確実に加わるので、刻一刻と迫ってきた当日がとにかく楽しみです
ステージ・セットは『POWERSLAVE』の頃のものが再現されるようですが、巨大エディがどのように登場するかも注目です

SteveHarris85.jpg

IR_LIVE86.jpg


Somewhere In Time Somewhere In Time
Iron Maiden (2002/03/26)
Sony
この商品の詳細を見る



Push!Push!→


コメントを寄せて下さった方々、本当にありがとうございます
本日は記事をUPしながらもちょっとお疲れ気味なので申し訳ありませんがコメントのお返事と訪問は明日以降とさせて頂きますm(_ _)m

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆先ずはTVで予習!?☆

約1ヵ月後に『SOMEWHERE BACK IN TIME JAPAN TOUR 08』が迫ったIRON MAIDENですが、先日ご紹介したLIVE DVD『LIVE AFTER DEATH~死霊復活』が12日(土)夜23時にNHK衛星第2TV~「BSサタデーライヴ・黄金の洋楽ライヴ」で放送されます 

LIVE AFTER DEATH~死霊復活

live_after_death_85.jpg
死霊復活 / アイアン・メイデン

来日前の2月6日にリニューアルされた2枚組仕様として本作は再発されますが、第1期黄金時代の彼らの姿~ライヴを見たことがないファンで今回メイデンのライヴへ初参戦される方や、LIVE DVDの購入予定は無いけど'85年当時の彼らに興味がある方は、手っ取り早くTVで観賞出来るので是非見て下さい

私はちょうどその頃飲み会で、明らかに帰宅する時間は日付が変わっていると思われるのでTV放映を見ることは出来ませんけどね

衛星放送ですが、NHKでHR/HMのライヴ、それもIRON MAIDENのライヴが見られるなんて稀な事なので、興味のある方やお時間のある方は見る価値十分にアリだと私は思いますよ 


Push!Push!→

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆予習必須アイテムなんですが・・・☆

何度もお伝えしていますが、私の2008年今年1発目のライヴ参戦はこのバンドによる待望のこの
ツアーから↓ 

Iron20Maiden.gif

poster-maiden08.jpg


私は2月16日(土)幕張で行われるライヴに参戦しますが、既に前日に行われるパシフィコ横浜公演はソールド・アウト状態 
オールスタンディングで行われる幕張公演に躊躇した往年のファンがこちらに流れた感はありますがやはり待望のヒストリー・ツアーということで、多くのファンが注目し彼らのライヴに足を運んでくれることは喜ばしい限りですし、名曲目白押しの初期7枚から選曲される当日のライヴは本当に今から楽しみです

そして今年はヒストリー・ツアー第2弾に絡めて以下の名作ライヴ・ヴィデオが復刻
~DVDとなって再発が予定されていますね  

IR-liveafterdeath.jpg
maidenengland.jpg


どちらも国内では以前VHSで発売になっていましたが、当然の如く現在は廃版状態で入手は
困難・・・。
どちらもオフィシャル紛いのDVDがブラジルの怪しいレーベルから発売されていましたが(←ヴィデオは嵩張るので私も紛い物と知りつつこのDVDに買い換えてしまったが)、今回は当然バンド側がしっかりと監修したリニューアル版となって登場です

先ずは来日公演に合わせてこちらの作品が2枚組DVDとなって2月6日に国内でも発売となります

LIVE AFTER DEATH~死霊復活

live_after_death_85.jpg
死霊復活 / アイアン・メイデン

DISC-1
"Live After Death" concert with Stereo and Dolby Digital 5.1 Audio (90 minutes)
1 Churchill Speech/Aces High
2 2 Minutes to Midnight
3 The Trooper
4 Revelations
5 Flight of Icarus
6 Rime of the Ancient Mariner
7 Powerslave
8 Number of the Beast
9 Hallowed Be Thy Name
10 Iron Maiden
11 Run to The Hills
12 Running Free
13 Sanctuary

DISC-2
Documentary / Bonus Concert Footage
1 The History of Iron Maiden - Part 2 (60 mins) — Documentary.
2 Behind the Iron Curtain (57 mins approx) Documentary and Live
3 Live Footage - Rock in Rio '85 (50 mins approx)
4 Ello Texas - 15 minutes - Interview and live
5 Artwork Gallery, Tour Programme, Tour dates and photo gallery
6 Promotional clips for Aces High and 2 Minutes to Midnight


~HMV レビューより

1984年に米カリフォルニアのLong Beach Arenaでのパフォーマンスを収録したライヴ映像作品『Live After Death(邦題:死霊復活)』が遂に正規DVD化!

当時の最新アルバム『Powerslave』発表に伴うツアーのステージで、エジプトをテーマにした豪華絢爛なセットが話題に。ウィンストン・チャーチルのスピーチからキラーチューン「Aces High」になだれ込む、オープニングは鳥肌必至!

今回発売されるDVDは2枚組で、Disc-1が90分にわたるコンサート本編を収録。当然、映像/音声ともに今回用にリストア作業が行われており、映像は80年代の物とは思えないほどハイクオリティな映像に蘇ってるそう。音声はKevin Shirleyのミックスによる5.1chサラウンド・サウンドと、Martin Birchのミックスによるオリジナル・サウンドの2種類を選択可能。

Disc-2は、2004年にリリースされたDVD『The Early Days』の続編となる『The History of Iron Maiden - Part 2』で、84年に行われた東欧ツアーのドキュメンタリー、85年の“Rock in Rio”に出演した際のパフォーマンス、83年のサンアントニオ公演におけるライヴ映像やインタビュー、「Aces High」「2 Minutes to Midnight」のヴィデオ・クリップなど、貴重な映像を3時間以上に渡り収録!

Iron Maidenというバンドが絶頂期を迎えようとしている最も旬な時代の映像だけに、これは必見です!


私にとっては同名のライヴ・アルバムと共に堪能し、リアル・タイムで体験した初の“動く姿でのIRON MAIDEN”映像作品でもあるので思い入れもタップリの作品なんですが、ヒストリー・ライヴに備えるための予習必須アイテムとしては最適なライヴDVDなので、是非ともまだの方はこのDVDを手にして欲しいところです
今回のツアーでのオープニングはチャーチルのスピーチから久々の鳥肌ナンバー“Aces High”となるでしょうし、巨大なステージ・セットはこの当時のものが再現されると噂されているので、是非とも映像でこの当時のライヴの凄さ~バンドの第一期絶頂期を堪能して欲しいものです

難点を言うならば、発売が来日直前過ぎるので金銭面や余暇での予習がままにならないこと(特に今回がメイデン初体験のファンの方達には)、当時のツアーの疲れもあってかブルースのヴォーカルにフェイクが多かったりするということですが、ライヴ・アルバムと共に本作が名ライヴ・ヴィデオであることに間違いはありません

しかし、音だけでイマジネーションを膨らませて当日のライヴに臨むこともアリかと私は思っていたりもします。
特に現在も驚異的成長を遂げるブルースのヴォーカル・パフォーマンスとバンドの凄まじい運動量によるステージ・パフォーマンスは本当に驚異的で素晴らしく、余計な雑念?をインプットせずに当日なすがままに身を委ね驚嘆するのが新しいファンにとっては良かったりするかもしれませんね
そして後日、ライヴの余韻に浸りながら本作や彼らのバック・カタログを堪能するのもアリかと思います

とにかく当日ライヴに行かれる方は共に楽しみましょう
そして私のように老体に鞭打ち、無謀にもオールスタンディングの荒波に身を委ねるファンの皆さんは当日までに十分体力を身に付けておきましょう
・・・実はこれが当日一番不安だったりします・・・会場へのアクセスも面倒なんですが


Push!Push!→

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆メイデン先行予約、結果は如何に?☆

昨日深夜「パワー・ロック・トゥデイ」で先行予約が行なわれたIRON MAIDEN 『SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR 08 JAPAN』

poster-maiden08.jpg


気が重いながらも(←いい加減しつこい?)しっかりと寝過ごさずに先行予約に臨みました

結果はなんとか2/16(Sat)の幕張公演のチケットをゲットしました

今回の先行予約、横浜が1500枚幕張が2500枚と膨大な数のチケットが用意されていましたが、さすがにヒストリー・ライヴでの待望の来日公演~なかなか電話は繋がらず先行開始から
25分後にやっと予約することができました
しかし、電話は繋がりづらかったですけど、両公演共にチケットの枚数が枚数だけに、私を含めて先行に臨んだ人達の多くがチケットをゲットすることが出来たと思います

オールスタンディングの幕張会場・・・早速チケットを発券してきましたが、整理番号806番って良いのか悪いのか・・・
どちらにしろ、座席指定のないオールスタンディング・・・最適な環境でライヴに臨むことは困難だと
諦めていたので、当日出来るだけ嫌な思いをしないようにライヴに臨みたいと思います

まだ現時点でどうなるか分かりませんが、個人的都合が発生しなかったら、
椅子のあるパシフィコ横浜2/15(Fri)にしたかったですね・・・
伊藤政則氏も足腰に自信のない中高年のファンは横浜にした方がいいですよみたいなこと言っていましたし
しかし、パシフィコ横浜ってのも微妙・・・行きづらくて気乗りがしていなかったのも事実ですけどね
・・・交通機関を含めた帰りの時間を心配する破目になる事は確実ですから

幕張って、あえて避けてきたライヴ会場だったので、ライヴ体験も行ったことも実は無い
・・・ということで、やはり不安はありますね・・・。
今回の趣旨でのライヴを是非とも体験したいという思いが強かった訳ですが、なるべく不安を払拭出来るように当日まで事前情報を取り入れたり、スタンディング・ライヴに臨むに当たっての心構え・下準備?(足腰鍛えるとか)を整えたいと思います

以下の3作が選曲の中心となる今回のライヴ

powerslave_.jpg
somewhereintime_.jpg
7thsonofa7thson_.jpg


『POWERSLAVE』は後追いでしたが、『SOMEWHERE IN TIME』『SEVENTH SON OF A SEVENTH SON』はリアルに聴いていて現在でも大好きな作品
当時の間違った批評をする人間の言動・評価が全く信じられない素晴らしい作品です

“Aces High”を含めて、やっぱりこの3作からの曲はライヴで聴きたいよね~




Push!Push!→

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆今から仮眠しますZzz。。。☆

本日深夜「パワー・ロック・トゥデイ」IRON MAIDEN 『SOMEWHERE BACK IN TIME JAPAN TOUR』の先行予約が行なわれます

poster-maiden08.jpg
lineup-maiden07.jpg


最近とても仕事が忙しくて、かなりお疲れ気味
アルバム紹介も停滞気味で私的メイデンネタでなんとか更新している始末ですけど
本日はメイデンの先行予約に備えて今から仮眠を取りたいと思います

かなり疲れているので寝過ごさないように目覚ましもバッチリ準備万端という感じですが、 
相変わらず気は重いです・・・。
待望のヒストリー・ライヴでの来日で嬉しいはずなのに、どうしてもライヴ会場が気に入らないんですよね~
横浜にしろ幕張にしろ行きづらい場所だし、幕張に至ってはオールスタンディング・・・
折角の週末土曜のライヴなのに古くからのファン~年寄りにとってはイジメに近い会場設定です
当初は横浜で見るつもりでしたが、避けられない会社・仕事の都合?も絡んできてチケットを無駄にしそうなので、幕張参戦今回の先行予約に臨みたいと思います

チケットが取れればの話ですが・・・でもやっぱり気が重いオールスタンディング
当日、会場への往復労力とスタンディングでの疲労・・・大丈夫かな・・・絶対に見たい体感したい内容のライヴですが、思いっきり楽しめるかどうか現時点では不安が募ります・・・。

しかし、とりあえずチケットは確保したいと思っているので先行予約の方は頑張りたいと思います
それでは仮眠を取らせていただきます
結果報告は明日にでも


Push!Push!→ 

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

☆えー!!もうやるの!?☆

本日は気を取り直して昨日消えてしまった記事をUPしようと思いましたが、
連日の激務でかなりのお疲れ状態・・・
PCの画面を見ているだけでコックリコックリと睡魔に襲われている状態なので記事のUPは
断念・・・
一通りお気に入りのサイトを見て眠りに就こうと思い「POWER ROCK TODAY」のサイトを覗いて見ると・・・

ガーン!!早くも今週土曜の深夜にIRON MAIDEN日本公演

先行予約を行なうとのことです(-_-;)

poster-maiden08.jpg


・・・どうしよう、まだ諸々の事情で決めかねているのに
彼らのライヴが行なわれる週末(2/15金・2/16土)に仕事上の試験が行なわれるとなるとチケットを取っても完全にアウト
試験は土曜に行なわれるので、それが終わってから幕張に馳せ参じればいいことですが、オールスタンディング、大会場の幕張参戦にはかなり躊躇・・・気持ちは幕張同様に行きづらく、交通アクセスの悪い横浜にかなり傾いていましたが、試験前に休暇を取ってライヴを見に行くなんて常識的に考えられない・・・準備というか普通ギリギリまで試験へ向けての努力は怠らないものでしょ?

横浜のチケットを取ったとして、後は試験とメイデンのライヴが重ならないことを祈るばかりです・・・
試験の対象から外れていることが何より一番ですが、今回、試験の対象となっているかどうかも
ハッキリしていないんで、本当に困りもんです


一般を含めてチケットが取得出来なければ今回の件、潔く諦めも付くんですけどね
・・・さぁ~どうしよう?・・・日本公演はやはり横浜と幕張の2回のみだそうです・・・。


Push!Push!→

テーマ:日記 - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。