ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆MOTLEY CRUE - In Japan~『2008/10/26 Saitama Super Arena』☆

先日のMOTLEY CRUE-JAPAN TOURさいたまスーパー・アリーナ日本最終公演から一週間以上が経過してしまいましたが本日 当日のライヴ・レポをサラッと?UPしたいと思います

MOTLEY CRUE - In Japan

motley crue08_live in japan

2008/10/26 - Saitama, JP (Saitama Super Arena)
01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil [ '97 Style ]
04. Saints Of Los Angeles
 - Mick Mars Solo -
05. Live Wire
06. Sick Love Song
07. Louder Than Hell
08. Mutherfucker Of The Year
09. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
10. Same Ol' Situation (S.O.S)
11. Primal Scream
12. Looks That Kill
13. Girls, Girls, Girls
14. Dr. Feelgood
--- ENCORE ---
15. Home Sweet Home


セット・リストは以上のような感じで、結局「LOUD PARK 08」及びツアー初日で演奏された“Red Hot”はセット落ちしたたままの固定セットで最終公演のパフォーマンスも展開されました

本公演ではゲストとして日本が世界に誇るHM BAND~LOUDNESSが出演しましたが、完全に皆がモトリー目的で私も本人達も完全なアウェー状態になってあまり歓迎されないのでは?と心配しましたが、殆どのオーディエンスがあの煌びやかな80年代~HR/HMブームを経験している人間なので オリジナル再結成後のへヴィなサウンドによる新曲はともかく、セットの後半に繰り広げられた“あの時代”の名曲群には皆が好反応を示し、素晴らしい演奏~見事なオープニング・アクトの役目を彼らは果たしました
80年代中期は彼ら自身も全米に進出してキャリアの絶頂期ということもあり、私も海外のバンドと一緒に彼らを聴いていた時期があったので、個人的にはBUCKCHERRYAIRBOURNEが前座に付かず、さいたま公演では彼らになって良かったと思いました(それぞれのバンドのファンの皆さん申し訳ありません・・・年寄りの戯言と思って聞き流して下さいね
昔とは風貌の趣味がだいぶ変わっちゃったタッカン~高崎 晃ですけどやはり生で観る・聴く彼のギター・テクニックは驚嘆に値する素晴らしいプレイでした

そしてセット・チェンジ後に我らがMOTLEY CRUEが登場
いきなり“Kickstart My Heart”のイントロで、ギターとドラムのタイミングが合わず一瞬の静寂が訪れるというハプニングがあったものの(逆に会場はそれはそれで大ウケだったし、2000年の来日公演~ベイN.K.ホールで行われた公演ではいきなり機材トラブルでギターの音が出なくなり、ミックがかなり落ち込む・・・という事件もありましたから)、ジャパン・ツアー最終日を見届けるべく詰めかけた大勢のオーディエンスの前で(やっぱりDEF LEPPERD/WHITESNAKEのようにファンが二分されない単独の方が真の一体感があって良かった)彼らならではの危険で猥雑な雰囲気をステージ上で存分に振り撒き、ワイルドで堂々たるライヴを思いっきり展開しました
今回のツアーは前回のツアーのようにサーカス仕立ての仕掛けやトミーニッキーのソロ・コーナーは一切ナシ
それを物足りないと感じたファンも居たんでしょうけど、私はバンド本来のカッコ良さ~バンドだけによる“素の姿のMOTLEY CRUE”を身近にリアルに感じられて素晴らしいライヴ・ショーだったと思いました
勿論、トミーニッキーのソロ・コーナーや“おっぱいカメラ”のコーナーが消えたとは言え、メンバーとオーディエンスとの強い絆による楽しいやり取りは展開され、トミーのボトル回し飲み(ステージを降りて最前列のオーディエンスと親交を?深める)やニッキーのバンザイMC等、今回のツアーで御馴染みとなった光景を挟みつつ、バンドとオーディエンスが一体となった素晴らしいライヴ~大満足の一夜となりました
大阪公演前にヴィンストミー&ニッキーの間に険悪な雰囲気が漂い、それがステージ上で悪い影響を及ぼすかもと懸念されていましたが、少なくともステージ上でのメンバー間のコミュニケーションには何の問題も無く和気あいあいと?メンバー同士は絡み、ライヴの最後にはドラム・スティックをアメリカン・フットボールのボールに見立て(ホルダー役はヴィンス)、キッカー・トミーがスティックを客席へ高々と蹴り上げるという光景も見られました

オープニング時にタイミングが合わなかったり、ヴィンスのMC前、中?に“Girls, Girls, Girls ”のイントロ・バイク音が流れてしまったりとチグハグなハプニング、ミスもありましたが、総じて彼らの魅力全開の素晴らしいライヴ・ショーが展開され 改めてオリジナル・メンバーのケミストリーによる強力なバンドの威力を感じさせる大満足の一夜となりました

See Ya Next Tour !!

Mötley Crüe - Mother fucker of the year




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

☆そして本日は♪☆

まだまだ先日の素晴らしかったDEF LEPPARD/WHITESNAKEのライヴの余韻に深く浸っている私ヒロックですが 本日はこちらのバンドのライヴを観にさいたまスーパー・アリーナまで行ってきます

MOTLEY CRUE

motley crue08_live in japan

10/26 (Sun) さいたまスーパー・アリーナ (with LOUDNESS)

「LOUD PARK 08」とジャパン・ツアー初日には“Red Hot”が演奏されていたようですが、昨日の大阪公演までのセット・リストは以下のようになっています

01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil [ '97 Style ]
04. Saints Of Los Angeles
 - Mick Mars Solo -
05. Live Wire
06. Sick Love Song
07. Louder Than Hell
08. Mutherfucker Of The Year
09. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
10. Same Ol' Situation (S.O.S)
11. Primal Scream
12. Looks That Kill
13. Girls, Girls, Girls
14. Dr. Feelgood
--- ENCORE ---
15. Home Sweet Home


きっと本日も変更ナシのセット・リストになると思いますが、気になる情報が「POWER ROCK TODAY」のサイトにUPされていました・・・↓

「大阪公演前日、ニッキー・シックスとトミー・リーがヴィンス・ニールに激しく説教。
ぶち切れた(怒) ヴィンスが孤立。
さいたまスーパーアリーナで何かが起きる!」


・・・とのことです

相変わらずバンド内部、メンバー間には様々な喧騒が渦巻いていそうですが自分らしいライフ・スタイルを邁進する?“悪ガキ大将”ヴィンスに対してニッキートミーが物申したくなる時は多々あるんでしょうね・・・
それがステージングに影響を及ぼしてなると尚更ですね

と言っても彼らもプロフェッショナルに徹してライヴを行うのは当然のことなので、特に本日のライヴも問題なく無難に?進行すると思いますが、メンバー間のコミュニケーションには注意深く目を向けたいと思います 

ヴィンスニッキー&トミーの間には相変わらず色々あるようですが(特にやっぱりヴィンストミーの仲が気になります・・・)、実際にMOTLEY CRUEというバンドの権利を所有している2人のメンバー~ニッキーミックは長いバンドの歴史上様々な紆余曲折を経ながらも固く強い絆で結ばれているようです

nikkimick_convert_20080709001205.jpg

刺青に引いてしまう人は見ない方がいいと思いますが ニッキーの現在の彼女は有名なタトゥー・アーティストで(ニッキーと共に来日中)、彼女のリアリティ番組の中でニッキーミックの固く強い絆の証として“ニッキーの足にミックの姿の刺青を彫る”場面が公開されています

Nikki Sixx getting his Mick Mars Tattoo by Kat



・・・ミックが感激のあまりニッキーと抱き合うシーンはなかなか来るものがあり、2人の固く強い絆を象徴するいいシーンですが、現在30歳以上年下の彼女と付き合い 元気溌剌 幸せいっぱいなミックのステージング~ギター・プレイにも今夜は注目したいと思います

MickSeraina Schonenberger

明日からまた厳しい現実の世界に戻るので ライヴ・レビューは早くて1週間後・・・そのままスルーしてしまう可能性もありますがその辺はどうかご承知置きして下さいね


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

☆MOTLEY CRUE~単独追加公演、遂に正式発表!!☆

既に大々的に?報じられているのでこのニュースを御存知のHR/HMファンは多いかと思いますが、以前に記した私の予想(予告)?どおりに、MOTLEY CRUEの単独追加公演が先頃 招聘元より正式発表となりました

motley crue08_live in japan

MOTLEY CRUE in Japan

2008/10/19 (日) - LOUD PARK 08 (さいたまスーパーアリーナ)
2008/10/21 (火) - 福岡 (Zepp福岡)
2008/10/22 (水) - 広島 (広島厚生年金会館)
2008/10/23 (木) - 名古屋 (Zepp名古屋)
2008/10/25 (土) - 大阪 (大阪城ホール / with BUCKCHERRY)
2008/10/26 (日) - 埼玉 (さいたまスーパーアリーナ)


詳細はコチラ

今夜の「POWER ROCK TODAY」は、サザン・オールスターズのライヴを全FM放送で?流すということもあり深夜2:30からの放送となりますが、番組での単独公演先行予約は来週の番組中となるんでしょうかね??

OZZY OSBOURNE 一夜限りの武道館公演(10/27)はキャンセルとなりそうな雰囲気ですが もし実現となればDEF LEPPARD/WHITESNAKE(10/24)に続く一日置いての連続ライヴ三昧の様相を呈することになりそうです
・・・チケットを取れたらと行く気になれたらの話ですけどね

・・・あんまり今回の来日公演というかCRUE FESTでのセット・リストは魅力的では無いんですよね・・・新曲は2曲だけですし、ヴィンスの声の状態やミックの体力的なことを考慮に入れてのこととは思いますが(フェスティバル形式でもあるし)、曲数が少なすぎます・・・

01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil ('97 Style)
04. Saints Of Los Angeles
05. Live Wire
06. Sick Love Song
 - Tommy's Titty Cam -
07. Mutherfucker Of The Year
08. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
09. Same Ol' Situation (S.O.S)
10. Primal Scream
11. Looks That Kill
12. Girls, Girls, Girls,
13. Dr. Feelgood
--- ENCORE ---
14. Home Sweet Home


LOUD PARK 08でヘッドライナーを務めるとは言え、我が国でのバンドの神通力がかなり弱まってしまっているMOTLEY CRUEなので(残念ながらオリジナル・ラインナップで再結成された前回のツアーでその実情を目の当たり)、さいたまスーパーアリーナという大会場での公演も規模を縮小しての公演となりそうですね
まぁ~その方がソールド・アウトにもなっていないのに、会場の後ろの方に追いやられて臨場感も味わえずにライヴを見せられるよりは、真正ファンとしてよっぽど良い効用ですけどね

セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)
(2008/06/18)
モトリー・クルー

商品詳細を見る



Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

☆予想どおり!?☆

LOUD PARK 08-2nd Day(10/19)~“LOUD PARK meets CRUE FEST”でヘッドライナーを務め、先頃大阪追加公演が発表になったMOTLEY CRUE

motoley08-2_20080815223529.jpg 

現段階で日本のプロモーター側からの公式発表はありませんが、彼らのオフィシャル・サイト及びMy Spaceの記事によりますと、今後~10月以降の北米以外でのツアー日程が公表されています

10/3- Guadalajara, Mexico- Arena VFG
10/5- Mexico City, Mexico- The Sports Place
10/7- Monterrey, Mexico- Monterrey Arena
10/11- Buenos Aires, ARG- Pepsi Festival
------------------------------
10/19- Tokyo, JP- Super Arena (Loud Park)
10/21- Fukuoka, JP- Zepp
10/22- Hamamatsu, JP- Actcity
10/23- Nagoya, JP- Zepp
10/25- Osaka, JP- Jo Hall (Loud Park~Hard Rock Cafe“Ambassadors Of Rock”)
10/26- Tokyo, JP- Super Arena


10/24(Fri)にDEF LEPPARD/WHITESNAKEの武道館公演があるので、日程的にも金銭的にも・・・そして体力的にもかなりキツイ状況となりますが先日の私の願いが叶ったようで?東京単独公演は見事に休日の10/26(Sun)~参戦決定となりそうです(←実際の会場は埼玉ですし、たぶんオマケでBUCKCHERRYが前座に付くでしょうけど

9月~JUDAS PRIEST、10月~DEF LEPPARD/WHITESNAKE&MOTLEY CRUE、11月~THE WHO
充実の音楽生活~ライヴ生活を来月以降送れそうなので、私としては本望な状況~充実の今年後半となりそうですが、ライヴ以外に相変わらず旧譜の再発も目白押しなので金銭的には嬉しい悲鳴といった状況になりかねないですね

とりあえず、彼らの最新セット・リスト及びその模様を収めたブートは以下のとおり

<08/01 - Las Vegas, NV (Mandalay Bay)>
01. Kickstart My Heart
02. Wild Side
03. Shout At The Devil ('97 Style)
04. Saints Of Los Angeles
05. Live Wire
06. Sick Love Song
 - Tommy's Titty Cam -
07. Mutherfucker Of The Year
08. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
09. Same Ol' Situation (S.O.S)
10. Primal Scream
11. Looks That Kill
12. Girls, Girls, Girls,
13. Dr. Feelgood
--- ENCORE ---
14. Home Sweet Home


SINNERS OF LAS VEGAS
motley-crue_sinners-las-veg.jpg

早速購入し、最新ライヴを堪能・・・インドアな夏休みを過ごしておりますが’05年のツアー以来行われている“Don't Go Away Mad (Just Go Away)”での演出~ダンサーのJozie Di Maria嬢からヴィンスへギターが手渡され、彼がチョイと爪弾いてから曲が始まる構成は今回のツアーでも行われています

Don't Go Away Mad-Motley Crue (Crue Fest Live, Mandalay Bay)



前回のツアーから引き続き登場する“GIRLS,GIRLS,GIRLSジョズィー嬢のみのようですが、アルバム・コンセプトに合わせて?変わらぬド派手振りですね


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆とりあえず・・・☆

とりあえず本日(10日)の休日出勤を以って明日から9連休~夏休みとなる私ヒロックです

実際には長期の旅行や特別な予定も無いので昨日今日の陽気だったら仕事してても構わないんですけどお休みはお休みなのでしっかりと今までの疲れを癒し、心身ともにリフレッシュしたいと思います

本日の通勤時の御供は相変わらずの?コチラの作品でしたが

セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)
(2008/06/18)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


LOUD PARK 08で3年ぶりの来日を果たすMOTLEY CRUEHard Rock Cafe“Ambassadors Of Rock”とのタッグで大阪公演が決定とのことです

motley crue_loud 08osaka

さらにBUCKCHERRYも参戦決定で日程は以下のとおり

OSAKA 2008/10/25(土)
大阪 大阪城ホール
w / BUCKCHERRY


東京での単独公演も望みたいところですが、ラウパ08公演から約1週間を経ての大阪公演となると、w / BUCKCHERRYでの東京単独公演は十分に有り得る気がしますね

私としては昨年のHEAVEN AND HELL同様に、単独での彼らのライヴの醍醐味を楽しみたいと以前から切に願っていますので、東京単独公演実現に至れば幸いなのですが、日程的にも金銭的にもかなりきつくなるかもしれませんね・・・10月はDEF LEPPARD/WHITESNAKEのカップリング・ライヴもありますからね

・・・そう言えば14年ほど前の10月も忙しい日々を送っていましたっけ
『グレイテスト・ヒッツ』に伴う再結成WHITESNAKEジョン・コラビを擁する新生MOTLEY CRUEの来日公演・・・そして当時モトリーを脱退し、ソロ活動を展開していたヴィンス・ニール2度目のソロ来日公演がこの時集中し、上手く年休・休暇を利用して全てのバンドを観に行ったんですよね 

しかし、さすがに今現在ではこのような若気の至り行為は出来ないですよね

・・・せめてモトリー2008東京単独公演は、10/26(日)辺りにならないかなぁ~・・・日程的にも金銭的にも余裕が無いことは確かなんだけどね

Mötley Crüe - Late Night with David Letterman 2008




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

 

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆今日の2曲!?☆

オリジナル・メンバーとしては11年振りとなる新作『SAINTS OF LOS ANGELES』が好評を以て迎えられているバッド・ボーイズ・ロックンロールの権化MOTLEY CRUE

motley08.jpg

セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)
(2008/06/18)
モトリー・クルー

商品詳細を見る



聴けば聴くほど味わい深い、実に彼ららしいサウンドによる久々の会心作だと私は思っていまして、ここ最近相変わらずのへヴィー・ローテーション作となっていますが、あえてこのアルバムに対し手厳しい評価を下すとすれば?アルバム中で突出した出来~傑作と感じる曲はタイトル・トラックの“SAINTS OF LOS ANGELES”のみかもしれませんね・・・聴けば聴くほど味わい深い作品なので、他も良い曲であることに間違いは無いんですが

SAINTS OF LOS ANGELES




そして、以前にコメント頂いたロックシティさんの御指摘・御質問のとおり、彼らの別な側面による秀逸な曲作りの欠如~センチメンタルで美しく感動的なバラードが本作には収録されていないことが、ちょっと往年のファンにとっては?彼らに対して求める高い理想像からかけ離れている要因になっているかもしれませんね。
しかし、本作は彼らの自伝的作品なので、美しくセンチな気持になるようなエピソードは皆無なのが当たり前~ダーティーでクールなバッド・ボーイズ・ロックンロール街道を歩んできた彼らが、美しいサウンドで形成され、美談として?音楽的に(バラードっぽく)物語ることの方がよっぽど彼ららしくないのかもしれませんね 

でも私は、彼らが過去に創造したバラードの名曲が大好き
“HOME SWEET HOME”は洋楽を聴き始めた頃、リアル・タイムで聴いていたので、私にとって思い出深い名曲~好きなバラードですが私は愛する人のことを想うとやはりこの2曲が彼らのバラードでは好きですね

You're All I Need



Without You



レッド・ホワイト&クルーレッド・ホワイト&クルー
(2005/02/16)
モトリー・クルー

商品詳細を見る
 


“You're All I Need”はご存じのとおり衝撃的な内容なので、内容を含めて声高に好き~共鳴出来ると発言することは危険なのかもしれませんがとにかく美しく感動的な素晴らしいバラードですし、“Without You”は愛する人への“まんまの気持ち”を表現するには最適な?バラードだと私は思っています
どちらもミックのメロディを重視したギター・プレイが本当に素晴らしく、曲の美しさを印象付けていますよね

やはりMOTLEY CRUEのオリジナリティを完璧に誇示するには、“この4人”だと思いますが、ミックのギター・プレイ~ニッキーと共に行われる曲作りが“クルー・サウンド”の絶対的個性を放ち、バンドにとって欠かせないメンバー、個性だと思っています

nikkimick_convert_20080709001205.jpg



Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ


度々申し訳ありませんが、先日の記事へのコメント返信は明日以降必ず行いたいと思っているので、皆さんご容赦くださいm(_ _)m
明日は残業も飲み会も無い日なので早めの帰宅でPCに向かえる筈ですからね 

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

☆結局そういうことですか!?☆

オリジナル・ラインナップとしては11年振りの新作となる『SAINTS OF LOS ANGELES』が、賛否両論入り混じっての好評を得ている永遠のバッド・ボーイズ・ロックンロール・バンドMOTLEY CRUE

motoley08-2.jpg


彼ら主導のフェスティバル「CRUE FEST 08」が既に今月から全米で開始され、そのままの形態での来日公演が今年10月に確実視されていた彼らですが、結局「LOUD PARK 08」2日目のヘッドライナーとしての来日公演が決定しました

LOUDPARK08_convert_20080704225456.jpg


プロモーターのクリマンによると、2日目は「CRUE FEST 08」の趣旨を尊重し、出演バンドは初日と違って少なめの設定とし、それぞれのバンドが行うフルスケール・ショウを楽しんでもらうとのことですが、元々私はMOTLEY CRUE単独での来日を望み、「CRUE FEST 08」での来日形態には難色を示していた者なので休日開催のライヴとは言え、参戦するかどうかは今しばらく熟考したいと思います・・・しっかりラウパのチケ代は年々上がっていますし昨年はチケットを確保しつつも、お目当てのHEAVEN AND HELL単独公演が決定した時点で、フェスティバル参戦を取り止めた経緯があるので単独追加公演に私としては望みを託したいと思います 

でも単独公演があるとすれば確実に平日に行われますよね・・・

9/30(Mon) JUDAS PRIEST、10/24(Fri) DEF LEPPARD/WHITESNAKE・・・平日に休みを取れるか微妙だな・・・

2度目のオリジナル・ラインナップ復活時のライヴ~’05年の来日公演は観ていますが、11年前のオリジナル・ラインナップ復活時の来日公演は真夏の炎天下でのライヴ~確かお台場で開催されたフェスティバル形式でのものだったので、体力的に自信の無かった私は見事に?参戦を見送らせていただきました・・・

今回を含め、フェスティバル形式での来日公演では縁が遠い感じのMOTLEY CRUEですが、彼らは私が初めて生で観たライヴ~洋楽アーティスト・HR/HMバンドなので(’90年、「DR.FELLGOOD」ツアーでの武道館)、彼らに対しての思い入れが強いことは確かなんですよね

さぁ~今回の来日公演はどうする??・・・観に行くかどうかの続報を待てってな感じですね

Mötley Crüe - The Saints of Los Angeles - Jimmy Kimmel Live




Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 
  
[Read More...]

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆待望の新作!!本日到着♪☆

今週末21日(土)はY&Tのライヴが控えているということもあり、12年ぶりの来日となる彼らに対して全精力を集中させなければならないところですが以前にもお伝えしたとおり、新たなる?私のへヴィー・ローテーション作品となる1品~オリジナル・メンバーとしては11年ぶりとなる“奴ら”の待望の新作が本日Amazonより到着しました

MOTLEY CRUE 『SAINTS OF LOS ANGELES』

セインツ・オブ・ロスアンゼルス~デラックス・エディション(DVD付)
motley crue_saints of losangeles


DISC-1
1. L.A.M.F. 
2. Face Down In The Dirt
 (Sixx / Michael / Ashba / Frederiksen)
3. What's It Gonna Take
 (Sixx / Michael / Ashba / Frederiksen)
4. Down At The Whisky
 (Sixx / Michael / Ashba / Frederiksen)
5. Saints Of Los Angeles
 (Sixx / Michael / Ashba / Frederiksen)
6. Mutherfucker Of The Year
 (Sixx / Mars / Michael / Ashba / Frederiksen)
7. The Animal In Me
 (Sixx / Mars / Michael / Frederiksen)
8. Welcome To The Machine
 (Sixx / Mars / Ashba / Frederiksen)
9. Just Another Psycho
 (Sixx / Mars / Michael / Ashba / Frederiksen)
10. Chicks = Trouble
 (Sixx / Mars / Michael / Ashba / Frederiksen)
11. This Ain't A Love Song
 (Sixx / Mars / Lee / Michael / Frederiksen)
12. White Trash Circus
 (Sixx / Mars / Michael / Ashba / Frederiksen)
13. Goin' Out Swingin'
 (Sixx / Michael / Ashba / Frederiksen)

14. Kickstart My Heart (Live) *日本盤ボーナス・トラック
15. Saints Of Los Angeles (Live) *日本盤ボーナス・トラック

DISC-2~DVD
1. Crue Fest Press Conference
2. Saints Of Los Angeles - PV
3 .Kickstart My Heart (Live)


motley08.jpg



まだ通しで1回しか聴いていないので、詳細なアルバム・レビューはまた後日に行いたいと思いますが(←こういうのが多くて申し訳ありませんm(_ _)m)、殆どの楽曲&プロデュースをニッキーのソロ・プロジェクトであるSIXX:AMのブレーンで手掛けられた待望のニュー・アルバムは、正に全米NO.1に輝いた’89年作『DR.FEELGOOD』以来の傑作久々にオリジナル・メンバーならではの個性~MOTLEY CRUEならではの個性・カッコよさが秀でた会心の1作だと思います

確か以前にニッキーが新作のイメージを「『SHOUT AT THE DEVIL』『DR.FEELGOOD』を併せたような作品」と語っていたような気がするんですが?私も本作を一聴した感じでは、そのような印象を強く受けました
本作も『SHOUT AT THE DEVIL』『DR.FEELGOOD』同様にアルバム冒頭は作品へのイメージ、邪悪な期待感を膨らませるS.E.曲がアルバムのプロローグを飾っていますし、2作に共通するアグレッシヴ&へヴィな楽曲・サウンドでありながら(“クルー・サウンド”になくてはならないミックの個性全開です)、とても印象に残り覚えやすいキャッチーなフレーズとメロディが際立つ正に“CRUE流ロックンロール”が全編に展開された久々の傑作~過去の代表作と並ぶ会心の出来だと思います

MOTLEY CRUE 『SAINTS OF LOS ANGELES』~PV&LIVE




それでは今一度これから本作の魅力を堪能し本日は眠りに就きたいと思います


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 
 

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

☆MOTLEY CRUE ニュー・アルバム『SAINTS OF LOS ANGELES』 1stシングルPV☆ 

先日に引き続いてのMOTLEY CRUEネタですが、

motley_saints08.jpg


ニュー・アルバムのタイトルは、バンドの歴史を綴った暴露本からインスパイアされた楽曲で構成されるということもあり、バンドの史実~自伝同様に『THE DIRT』となることが決定事項の如くアナウンスされていましたが、やはり最近の既報どおり、アルバム・タイトルは『SAINTS OF LOS ANGELES』に変更となり、このタイトルでのリリースが決定となりました(アメリカ盤は6/17、日本盤は6/11リリース

Saints Of_MOTLEY

The Dirt―モトリー・クルー自伝
The Dirt―モトリー・クルー自伝
(2002/11)
トミー リー、ヴィニス ニール 他

商品詳細を見る
 

先日お伝えしたとおり記者会見会場で、バンドはしっかりとMOTLEY CRUE 2008を堂々と誇示する2曲のライヴ・パフォーマンスを披露しましたが(“Kickstart My Heart” “Saints Of Los Angeles”)、ニュー・アルバムのリーダー・トラック~1stシングルとなる“Saints of Los Angeles”のプロモーション・ビデオも会見場でプレミア公開となりました
そして、記者会見でプレミア公開された、ニュー・アルバム『SAINTS OF LOS ANGELES』からの1stシングル“Saints of Los Angeles”のPVはコチラです

Motley Crue Saints of Los Angeles official music video



最新ライヴ・パフォーマンス同様に、「Crue Fest」に参加する各バンドのヴォーカリスト(Josh Todd~BUCKCHERRYJacoby Shaddix ~PAPA ROACHJames Michael~Sixx:A.M.、 Chris Brown~TRAPT)がバック・コーラス隊として出演し、賑やかで華やかな彩りを添えていますが、ニュー・アルバムを象徴するアルバム・タイトル・トラックは聴けば聴くほど良い曲~彼らの個性であるキャッチーな要素と『DR.FEELGOOD』を想起させるアグレッシヴな重厚さ?が見事に同居し、印象的で覚えやすいリフレーンがとても魅力的な彼らならではの佳曲だと私は思います

繰り返しになりますが、彼らにとって久々の会心作~傑作となりそうな予感を十分にさせる楽曲“Saints of Los Angeles”によって、益々ニュー・アルバム『SAINTS OF LOS ANGELES』の発売が待ち遠しくなり、彼らのファンとしては期待に胸が膨らむばかりです

motley-crue-2008.jpg



Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

☆MOTLEY CRUE~4/15・気になる記者会見の内容は??☆

オリジナル・メンバーでは11年ぶりとなるニュー・アルバムを6月に発表するMOTLEY CRUE

motley_saints08.jpg


今回のバンド~ニュー・アルバムをイメージした最新フォトはこんな感じ

4月15日に“凄いニュース”を発表するとアナウンスしたバンドですが、その気になる「音楽関係では今年最大のニュースとなる」と発表した記者会見情報を入手出来たので、その全貌を明らかにしておきます

『ニュー・アルバムのリリースは06/17に決定(アメリカ盤)。記者会場では1stシングル"Saints of Los Angeles"のプロモーション・ビデオがプレミア公開

『新規ツアーは 「Crue Fest」のタイトルにて、Motley Crueをヘッド・ライナーに、BUCKCHERRY, PAPA ROACH, Sixx:A.M., TRAPTの4バンドを加えたパッケージ・ツアーのスタイルで実施
ツアーのスタートは 2008/07/01 - West Palm Beach, FL (Cruzan Amphitheater)からで、以降、08/31のPittsburgh, PAまで北米で40公演を先行発表。 同時に先発分のチケットがファン・クラブ「S.I.N.」先行で発売されている。』
 
『記者発表の会場にて、バンドはLiveパフォーマンスを披露し、"Kickstart My Heart"と、"Saints Of Los Angeles"をプレイ。"Saints"では、「Crue Fest」に参加する各バンドのヴォーカリスト(Josh Todd (BUCKCHERRY), Jacoby Shaddix (PAPA ROACH), James Michael (Sixx:A.M.), Chris Brown (TRAPT))が、バック・コーラス隊として華を添えた
→記者会見及びバンド・パフォーマンスはコチラ

そして、その模様を収めた写真はコチラから

また、バンドは4/15の記者会見の後、アメリカABCテレビの「Jimmy Kimmel Live!」に出演し、番組中で2曲をプレイしたそうですが、その最新パフォーマンスはコチラで↓1stシングル"Saints Of Los Angeles"が演奏されています

Mötley Crüe - The Saints of Los Angeles - Jimmy Kimmel Live



MOTLEY CRUE 2008~本格的に派手に大々的に再始動です

ニュー・アルバム『THE DIRT』(~『Saints of Los Angeles』?)は彼らにとって久々の会心作~傑作となりそうな様相なので、ニュー・アルバムを含めて、彼らの新たな猛攻快進撃に彼らのファンとしては期待せずにはいられません

Saints Of_MOTLEY
motley-crue-2008.jpg
NIKKI08.jpg
 


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

☆そして先頃フル・ヴァージョンが登場となりました♪☆

先日の記事で、バンドの近況や6月に発表されるニュー・アルバム『THE DIRT』 (HMV情報だと正式タイトルは『The Saints Of Los Angeles』ですが・・・)に関しての情報をお伝えしたMOTLEY CRUEですが、
motley_crue-05.jpg

チラッとだけ御紹介したアルバムのリーダー・トラック~シングル予定曲の“The Saints Of Los Angeles”がつい先頃フル・ヴァージョン公開となったので、本日はモトリー待望の新曲をコチラのヴァージョンでUPしておきます

Motley Crue - The Saints Of Los Angeles (Full version)

  

しばらくはこの新曲を聴いてイマジネーションを働かせ、久々のオリジナル・メンバーによる作品~バンドにとっても久々の会心作になるであろう新作『THE DIRT』を、私達ファンは期待に胸を膨らませながら待つことにしましょう

皆さんは新曲を聴いてどのような感想、印象を抱きましたかね??


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ 
 

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

☆騒動の裏で着々と進行していました☆

2005年、オリジナル・メンバーで再結成され、新曲を含むベスト・アルバム『Red White & Crue』を伴っての大規模なツアー~来日公演も記憶に新しいバッド・ボーイズ・ロックンロールの権化 MOTLEY CRUE

MOTLEY_CRUE_2005.jpg


ここ数ヶ月はトミー・リー脱退騒動によって、「オリジナル・メンバーによるバンドはまた崩壊か」と我々ファンをヤキモキさせていましたが結局、トミーの個人マネージャーとバンドとの訴訟問題は、世間を大きく騒がせたわりには、あっさりと両者、和解の方向に向かって「この件は無かったこと」になったそうです・・・

ニッキー・シックスBURRN! 3月号のインタビューで認めたトミー脱退騒動にまで発展したバンドのお家騒動・・・結局、あれって何だったんだ
ニッキーのソロ・プロジェクトSIX:A.M.のプロモーション活動と来たるべきバンド復活への注目度をUPさせるための話題作り~バンドの巧妙な戦略だったのでしょうか

オリジナル・メンバーによるバンド復活が、ニュー・アルバム制作~発表によって本格的に展開されることはファンにとっては喜ばしいかぎりですし、この一連の騒動も彼らの真骨頂・・・彼ららしいと言えば彼ららしい話題で、バンド生来の姿やゴシップを提供したと思えばファンは納得の域に達すると思います

そして、一連の騒動で我々がヤキモキしている間に、策士ニッキーは本格的なバンド復活の計画を推し進め、しっかりと“あの4人”~オリジナル・メンバーによる新作の準備を着々と進行させ、オリジナル・メンバーとしては’97年『GENERATION SWINE』以来11年ぶりとなるニュー・アルバムを6月に発表します

motley05.jpg


~HMVレビューより

Vince Neil、Mick Mars、Nikki Sixx、Tommy Leeという、最強にして最狂のオリジナル・メンバーで復活を果たした我らがMotley Crue。

新曲3曲を収録した2枚組オールタイム・ベスト・アルバム『Red White & Crue』のリリース、さいたまスーパーアリーナで行われた来日公演、ライヴDVD『Carnival Of Sins』(廉価版とBlu-Ray)のリリース、Nikki Sixxのソロ・アルバム『The Heroin Diaries』のリリースなど・・・・・・オリジナル・ラインナップでの再始動後、話題の絶えることのなかった彼らですが、いよいよニュー・アルバムの発売が決定しました!

名盤『Dr. Feelgood』のプロデュースを手掛けたBob Rockを迎え入れた今回のニュー・アルバム『Saints Of Los Angeles』(事前の情報では『The Dirt』でしたがこちらに変更?)は、オリジナル・アルバムとしては、2000年発表の『New Tattoo』以来8年ぶり、この4人が揃った作品としては1997年発表の『Generation Swine』以来、実に11年ぶりとなる正に待望の作品!

Nikkiのブログによると、楽曲はMick Marsとの共作が多く、James Michael、Marti Fredericksen、Dj Ashbaらも参加しているとか。すでに一部がリークされているタイトル・トラック“Saints Of Los Angeles”は、“Dr. Feelgood”の興奮が蘇るような激カッチョイイ出来なのでアルバムの仕上がりにも相当の期待ができそうです!

Motley Crue-The Saints Of Los Angeles



なおニュー・アルバム『Saints Of Los Angeles』は、6月11日に日本先行で発売される予定です。初回限定盤のみ話題の高音質CD、SHM-CD仕様!さらにボーナスDVDを同梱!

また下記のカタログ作品10タイトルが紙ジャケット/SHM-CD仕様でリイシューされることも決まっています。こちらは全て限定生産ですので、お見逃しなく!


Too Fast For Love: 華麗なる激情
Shout At The Devil
Theatre Of Pain
Girls Girls Girls
Dr Feelgood
Motley Crue
Generation Swine
Supersonic & Demonic Relics
Live: Entertainment Or Death
New Tattoo

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

BURRN!の記事や各方面の既報では、アルバム・タイトルは『THE DIRT』となっており、アルバムのプロデュースを務めているのはボブ・ロックではなく、ソングライティングに加わっているジェイムズ・マイケルニッキーのプロジェクト・SIXX:A.M.を手掛け、現在のモトリー&ニッキーの重要なブレーンとなっている人物のはずですが、どちらが正しい情報なのでしょうね??
私的にはニュー・アルバムのタイトルは『THE DIRT』で決定~プロデューサーもジェイムズだと思いますけどね
こんなスタジオ風景のショットも公開されていますし、ジェイムズ本人はニュー・アルバムについて以下のように語っていますからね

TOMMY LEE&JAMES MICHAEL
tommyjames in studio


「ここ数ヶ月のあいだ、ずっとスタジオにカンヅメだったけど、Motley CrueのNewアルバムは心から素晴らしいと感じているよ。
曲は輝きを放ち、バンドのプレイは彼らのキャリアの中で最も充実し、しかも、これまで以上にロック!している。 毎朝スタジオに来ては、前夜のプレイバックを聞いてゾクゾクするくらいさ。
オレはこのレコードを誇りに思うし、あなたもきっと気に入るはずさ!」

 

そして、ニュー・アルバムについて御大ニッキーがRolling Stone誌で語ったところによると

『「THE DIRT」には、「DR. FEELGOOD」, 「GIRLS, GIRLS, GIRLS,」 そして「SHOUT AT THE DEVIL」のヴァイブがある。 ただ、付け加えて多くのユーモアもあるんだ、オレ達、笑っちゃうくらい楽しかったんだからさ。』 
 
『アルバムは仕上がった。... 長い間オレは曲を書いてきたけれど、このアルバムには不思議な何かがあるね。 アルバムの半分はそんな魔法みたいなもの、そして残りはいくつかのジャム(セッション)とロックン・ロールから生まれたんだ、クールだろ?...
オレは心の底からバンドに何かが起こりつつあるのを感じたし、曲には新たなエナジーもある。 まさにMotley Crueのダーティなロックン・ロールの復活さ。
オレ達は6月中のリリースを望んでいるけど、いずれにせよ今年はグレイトな一年になりそうだね』


motley_crue_NIKKI05.jpg


・・・とのことです

アルバムのリーダー・トラックと思われる“Saints Of Los Angeles”は30秒ほどしか聴けませんが、彼ら固有のアグレッシヴなグルーヴ感とキャッチーな要素が垣間見れ、「おっこれはカッコイイ曲かも」と素直に思わせる出来となっているので、オリジナル・メンバーとしては久々となる新作に期待したいと思います 
ニッキー&ミックがガッチリと組んでの曲作り~2人のセンス、ヘヴィなギター・リフやリズムのアイデア等、曲作りの才が枯渇していなければ大丈夫でしょうし、していたとしてもジェームズ・マイケルDJアシュバのソングライティングの才が十分に発揮されていれば(SIXX:A.M.でその才能・センスは立証済み)ニュー・アルバムに収められる楽曲は十分に魅力的なものになっていると思います
今回はミックの存在をバンドの隅に追いやるようなニッキー&トミーによる好奇心旺盛な“実験精神”を音に反映はさせず、ニッキーがニュー・アルバムを特徴付ける比喩として用いた『SHOUT AT THE DEVIL』 『GIRLS, GIRLS, GIRLS,』 『DR. FEELGOOD』 の3枚を想起させる“彼ららしい音、曲”になっていることに間違いはないと思います

シャウト・アット・ザ・デヴィル(紙ジャケット仕様)シャウト・アット・ザ・デヴィル(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る
ガールズ、ガールズ、ガールズ(紙ジャケット仕様)ガールズ、ガールズ、ガールズ(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る
ドクター・フィールグッド(紙ジャケット仕様)ドクター・フィールグッド(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


ニュー・アルバム発表に併せて国内では、旧譜10作が現在巷で話題沸騰中の高音質CD~SHM-CD・紙ジャケ仕様で再発され、またまた散財・・・そんなに買えるのかってくらいお金が掛かりそうで今から戦々恐々ですが(←ユニバーサルさん、SHM-CDによる旧譜再発の乱発、もう少し抑えて下さい・・・せめて限定仕様盤はやめて、いつでも手に入るような通常盤仕様によるSHM-CDにして下さい)久々のオリジナル・メンバーによるMOTLEY CRUEのニュー・アルバムを期待して待っていたいと思います

そして4月15日、バンドが発表する「今年最大の凄いニュース」も気になるところですが、噂される『CRUEFEST』での参加バンド及びツアーの詳細、ニュー・アルバムを含むバンドの今後の展望や大々的なワールド・ツアーの予定を彼ららしくド派手に発表してくれるとファンとしては嬉しいですね 


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
 

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

☆RED HOT!!~NIKKI SIXX初ソロ・アルバム発表☆

暑っ
どうやら完全に梅雨明けしたようで連日暑い日が続いてますね
PCを操っている現在も非常に暑く心なしかPCも夏バテのようでなんか調子が悪いんですけど明日あさってと夜は飲み会等があって更新は難しいと思われるので手抜きなんですけど
本日は記事をUPしようと思います

流れで言うと今日はBLACK SABBATHの5000枚限定ライヴのレビューなんですけど、これは同ラインナップによるライヴ・アルバム「LIVE EVIL」も絡めてレビューしたいと思うので(←例の如く長くなるから)また後日とさせていただきます

今夜は暑い夜ということで無理やり関連付けてRED HOTMOTLEY CRUE関連のニュースを 
 
既にご存知の方は多いかと思いますが、MOTLEY CRUENIKKI SIXXが今月、初のソロ・アルバムを発表します  
 
20070802231619.jpg




詳細はこちら↓手抜きなんでHMVレビューの全文を掲載させていただきますm(_ _)m

HMVレビュー 

初のソロ・アルバムは自伝本のサントラ!

Motley Crueのリーダー、Nikki Sixxが初のソロ・アルバム『The Heroin Diaries』をリリースします。

今から7年前の2000年に“58 Fifty-Eight”というソロ・プロジェクトがありましたが、今回の作品はNikki Sixxのソロ・アルバム(名義はSixx:A.M. )という形で発表されます。

このアルバムは、同名の自伝本のサウンドトラックの役割を果たすもので、アルバムに収録される12曲は、本の各チャプター(各章)になっているのだそうです。アルバムには元Beautiful CreaturesのメンバーであるDJ Ashbaも参加しています。

20070802232521.jpg



そして、こんなものもリリースされていたんですね HMVレビューより↓

また余談になりますが、去る6月に『Too Fast Love: Millenium Tribute Motley Crue』なるMotley Crueのトリビュート・アルバムがリリースされています。

こちらにはVince Neilの息子であるNeil Whartonのバンド、Rock N' Roll Junkiesや、元メンバーのJohn Corabi、Phil Lewis(L.A. Guns)などが参加しています。

20070802232925.jpg



皆さんにも永遠のカリスマ的ミュージシャンは存在すると思いますし、私にとってのカリスマも数多く存在しますが(カリスマ的存在が多過ぎるのは変か?)、Nikki sixxはそんな私にとってのカリスマ的ミュージシャンの1人であります  
MOTLEY CRUEとの出会いは3rd「THEATER OF PAIN」からで、彼らのライヴ初体験は「DR.FEELGOOD」でのツアーでした
以来、’97年のフェスティバル形式での来日公演以外は全て観に行くほど彼らのファンであり、
ニッキーは私にとっての永遠のカリスマと呼べるほど特別な存在であります

一時期は「あれ、ヤバイな~」ってくらい太っちゃった時もありましたが、単純に彼の容姿はカッコイイのであります
端正なルックスとロック・スターとしての佇まい、そしてオーラ
セックス・シンボルとしての色気と圧倒的な存在感によるライヴ・パフォーマンス
バンドの頭脳としての才覚とシンプルながらも印象的なフレーズを奏でるベース・プレイ(←彼は決して下手なプレイヤーではない
とにかく全てにおいて絵になる男なのです

タイミング的なこともありますが、意外に彼らの記事ってUPしていないので、今回のニッキーの初ソロ・アルバムをキッカケとして、アルバムや過去のライヴの思い出を綴れればと思っています

しかし、ヴィンスは「何回目の結婚だ?」って思うくらい再婚しているんですけど彼にもバンドを組むほどの大きな息子がいるんですね~
どんな息子だか見たいですけど、とりあえずヴィンスにはもう少しダイエットを頑張ってもらって痩せて欲しいものです
一昨年のライヴでの容姿ではまだまだです
「THEATER OF PAIN」の頃まで落とせとは言わないけどさ

motley1985.jpg




テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

原点回帰~試行錯誤!?

ジミー・ペイジPRESENCEでギター中心の原点回帰を図ったように私も原点回帰・・・テンプレを戻してみました(^_^;) かなり衝動的で行い、一貫性がなく申し訳ありませんm(_ _;)m
これからも改造は行うと思いますが、基本路線はこれでイキますんで皆さんこれからもよろしくお願いします(^0^)/

プロフに新たに写真を付けたのは、写真の彼のようにクールでカッコよく生きたいという願望(変身願望かな)と齢は取ってもまだまだロックしてるぜということを表現したかったんです 
彼のカッコ良さは中3の時から未だに憧れですから

 LiveGutter.jpg


最近、離婚しちゃって私生活がゴタゴタしてるようだけど、彼のシンプルだけどツボを得ているプレイは巧いと思うし、パフォーマンスもチョ~カッコイイ ルックスも良くてホント憧れですよニッキー    

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

MOTLEY CRUE/CARNIVAL OF SINS・LIVE

MOTLEY CRUE CARNIVAL OF SINS・LIVE

091.jpg


やっと日本でもオリジナル・モトリーの復活LIVEのDVDが発売されました
それも69の日に発売となりました

モトリーのオリジナル再結成のライヴは私も去年、埼玉スーパー・アリーナで観ました
チケット発売と会場が決まった時は、このハコで2日間埋まるのかな?とファンとして不安があったのですが、案の定 満員とはなりませんでした
しかし、あれだけの規模のライヴは90年の「DR.FEELGOOD」以来ですし、当然のことながらライヴの内容は最高でした そして私自身オリジナルのラインナップを観るのはこの時から15年振りです・・・あの頃はチョ~若かった・・・97年の再結成ライヴは観ることができなかったし それに私のライヴ初体験はこの90年のモトリーなんです よってモトリーは私にとって大事なバンドであり、思い入れも強いんです

日本公演とDVDの内容は ほぼ同じなので、ライヴを見逃した人はぜひ見て下さい
ライヴ体験された方は、日本公演では演奏されなかった”TOO YOUNG TO FALL IN LOVE” ”IF I DIE TOMORROW” ”HELTER SKELTER”をチェックして下さい それと日本ではやらなかった第2部のバイクでの登場シーンもありますので

映像は結構作り込まれてはいますが、ライヴの興奮と素晴らしさは充分伝わってくるので必見です 難を言えば本編ライブで字幕がないことかな オープニングの人形劇やトミーの”おっぱいコーナー”はあったほうがいいでしょ しかしアメリカでならわかるが、この日本で”おっぱいコーナー”が見れるとは思わなかった・・・大和撫子も変わったものじゃ・・・良いもん見させてもらいました でも、こっちも恥ずかしかったよ見るのは・・・そこが日本人

バッド・ボーイズ・ロックンロールの醍醐味、エロも満載のモトリーの素晴らしいライヴをぜひ皆さんも堪能して下さい そしてまた来る時も大規模なライヴを展開してもらいたいです

... See Ya Next Tour !!
      

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。