ヒロックの音楽生活

お気に入りのロック・メタル(主に'70s・'80s)の紹介と音楽への思い入れ話を綴ります♪ 日常で感じたことや出来事も綴ったりします☆  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆チケット代は嵩みましたが(汗)両方観ておいて良かったです♪☆

さいたまスーパーアリーナで行われたERIC CLAPTON×JEFF BECK~奇跡の夢共演ライヴ参戦(2/21・Sat)に続き昨日は武道館で行われたERIC CLAPTON~JAPAN TOUR 2009 日本最終公演に行って参りましたが、詳細なライヴ・レビュー&セット・リストは先のERIC CLAPTON×JEFF BECK共演ライヴのブログ記事並びにウドーのHPから引っ張り出したものを併せて参照してみて下さい↓(・・・要は手抜きレビューのパクリです・・・スイマセンm(_ _;)m)

ERIC CLAPTON×JEFF BECK

ECJBLivePhoto2009.jpg

*UDO HPより~

多くのロックファンが待ちに待った、ロック史に新たなページを刻む記念すべき日が遂にやってきました。
2月21日(土)さいたまスーパーアリーナで、偉大なロック・レジェンド、エリック・クラプトンとジェフ・ベックの共演が実現したのです。

1960年代にザ・ヤードバーズのギタリストとしてプロのキャリアをスタートさせた2人。フェスティバルや飛び入り参加で同じステージに立ったことはありますが、2人の正式なジョイント・コンサートは今公演が初めて。しかもここ日本だけで実現した特別なイベントとなりました。

公演は第1部ジェフ・ベック、第2部エリック・クラプトン、第3部がエリック・クラプトン&ジェフ・ベックの3部構成。
第1部はジェフ・ベックの代表曲を約50分のステージに濃縮した、まさにスーパー・ベスト・ライヴ。緊張感漂う演奏に観客は息を呑みます。
第2部はアコースティック・ギター1本だけの演奏からスタート。単独公演では聞けなかったアコースティック・ヴァージョンの「レイラ」も披露し観客を沸かせます。
そして第3部で遂に2人が同じステージに立ちました。昨年のジェフ・ベック公演にエリックが飛び入りした際にも演奏したマディ・ウォーターズの「ユー・ニード・ラヴ」「ブラウン・バード」を含む全7曲を演奏。2人の強い個性を打ち出した最高のステージとなりました。

各パートで演奏された曲は下記の通りです↓


2月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ 

第1部JEFF BECK
1.THE PUMP
2.YOU NEVER KNOW
3.CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
4.STRATUS
5.ANGEL
6.LED BOOTS
7.GOODBYE PORK PIE HAT / BRUSH WITH THE BLUES
8.JEFF & TAL SOLO
9.BLUE WIND
10.A DAY IN THE LIFE
11.PETER GUNN


第2部ERIC CLPTON
1.DRIFTIN
2.LAYLA
3.MOTHERLESS CHILD
4.RUNNING ON FAITH
5.TELL THE TRUTH
6.QUEEN OF SPADE
7.BEFORE YOU ACCUSES ME
8.COCAINE
9.CROSSROADS


第3部ERIC CLAPTON&JEFF BECK

1.YOU NEED LOVE
2.LISTEN HERE - COMPARED TO WHAT
3.HERE BUT I'M GONE
4.OUTSIDE WOMAN
5.BROWN BIRD
6.WEE WEE BABY
7.WANT TO TAKE YOU HIGHER



ERIC CLAPTON

EClive2009.jpg

*UDO HPより~

2月12日、大阪城ホールでツアーをスタートさせてから2週間あまり。数多くのファンを沸かせたエリック・クラプトンの日本公演も、この日の日本武道館公演で最終日を迎えました。
東京・大阪で全9回行われたライヴでは、基本的な構成はそのままに、日々演奏曲目を少しずつ変え観客を楽しませました。
最終日の演奏曲目は下記の通り↓


2月28日(土)@日本武道館 

1.Tell the Truth
2.Key to the Highway
3.Hoochie Coochie Man
4.I Shot the Sheriff
5.Here But I'm Gone
6.Why Does Love Got to Be So Sad
7.Driftin' Blues
8.Travelin' Alone
9.That's Alright
10.Motherless Child
11.Running on Faith
12.Motherless Children
13.Little Queen of Spades
14.Before You Accuse Me
15.Wonderful Tonight
16.Layla
17.Cocaine
- - - - - - - encore - - - - - - -
1.Crossroads



今回は月並みな文句で極ありふれた簡単な表現での感想となってしまいますが、さいたまでの三部構成からなるJEFF BECKとの共演ライヴも大変素晴らしく感動的なものでしたが、各々のセットリストが短かったということもあり私を含めて多くのファンが贅沢な不満を抱いたのも事実だったと思いますが、やはり単独公演による約二時間に及ぶ充実のセットリスト~名曲群、エモーショナルでブルージーなエリックのギタープレイ&ヴォーカル・パフォーマンスは最高で、鳥肌が立ったり感傷にふけりながら聴き入る場面が多々ありました
ここ最近は90年代の定番ヒット曲を排してのセット・リストが定着していますが、私は70年代の曲や古いブルース曲、ドミノス時代の曲を多く復活させてアコースティック・セットもありのブルーズ・ロック的展開ライヴをとても好ましく思っています
勿論“あの2曲”を(←どの2曲)セット入りさせて聴かせて欲しかったのも正直な気持ちだったのですが、昨夜は本当に素晴らしいライヴに酔いしれる『ワンダフル・トゥナイトなひと時を過ごせることが出来ました

『いとしのレイラもエレクトリック・ヴァージョンで聴くことが出来たので本当にチケット代は嵩みましたが両方観に行って良かったと思っています

ecbudoukan.jpg


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

☆今尚ロック界で最高なギタリストは彼なのかもしれません!!☆

本日もさいたまスーパーアリーナで行われる奇跡の夢共演ライヴERIC CLAPTON×JEFF BECKのライヴをしっかりと昨日堪能して参りました

eric claptpn jefe beck

ERIC CLAPTON×JEFF BECK~さいたまスーパーアリーナ 2009.2.21 (Sat)

CLAPTONBECK.jpg


今週末の土曜にはクラプトンの日本最終公演があり、それにも参戦が決定しているので詳細なライヴレビューは後日纏めて行いたいと思いますが(あくまで予定ですので期待しないように)三部構成によって展開された(一部JEFF BECK 二部ERIC CALPTONによる単独、三部はクラプトンのバンドにジェフ加わる形態での共演ライヴ)昨日のライヴを心底楽しむことができ、私の一生の思い出~ライヴ史のひとつとして素晴らしい一時を過ごすことが出来ました

一部二部の単独ライヴはそれぞれが演奏・披露する曲数が少ないこともあって不満を感じたファンも多いかと思いますが、やはり二人のライヴを同時に観れる上に共演する瞬間を目の当たりに出来るなんて正しく奇跡~スペシャルナイトでしたよね
それにしても約三時間に及ぶライヴはやはり老体の私にとって体力的にこたえましたしほとんど座って観れたけど足腰ガタガタ…終わった途端 足元がふらついてしまいました

年を増す毎にあと何年ライヴに行けるかな?と考えたりもしますが、まだまだ楽しみを放棄する気は全くないので(体力付けないと)先程申し上げたとおり今週末も行っちゃいますよ
・・・今現在もとても腰が痛くて明日の通勤大丈夫か?という感じですけでね
(ちなみにチケットが取れたので腰が痛くても五月のOVER THE RAINBOWも参戦決定です

それにしても昨日のさいたま新都心駅及び会場は凄い人でした
グッズ売り場も予想通り長蛇の列だったから事前にネット通販で記念品を購入しておいて良かったですよ

claptonbeck goods


それにしても生初体験となる右手のピックを捨て指のみでプレイする孤高のギタリスト~JEFF BECKのギタープレイは本当に素晴らしく、「どうやったらあのような素晴らしいトーンを出し、時にスリリングに激しく、時に情感豊かに哀愁を漂わせる切さを、現代的ギタリスト?以上のテクニカルなプレイを自在に操れる・・・ギターを歌わせることが出来るの?」と驚嘆しきりでした

そして現在彼のバンドのベースを務める美少女ベーシストTAL WILKENFELDに対しても「なんでこんなに若くて美しいキュートで可愛い女の子が ジェフを含む名うてのバンド・プレイヤー達と互角に立ち向かい、テクニカルなプレイを披露出来るんだ?」とこちらも驚嘆しきりでした

【Blu-spec CD】ライヴ・ベック3~ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ【Blu-spec CD】ライヴ・ベック3~ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ
(2009/02/18)
ジェフ・ベック

商品詳細を見る


talwilkenfeldjeffback.jpg


tal-wilkenfeld.jpg
トランスフォーメーショントランスフォーメーション
(2009/01/21)
タル・ウィルケンフェルド

商品詳細を見る


~オーストラリア、シドニー出身でアメリカ在住のベーシストTal Wilkenfeldはこれまでチック・コリア、ハイラム・ブロック、オールマン・ブラザーズ・バンド、ヴィニー・カリウタ、ラッセル・フェランテなどの共演する弱冠20代の女性ベーシスト。本作がデビュー作となりますが、ベース歴は未だ4年というには信じがたいプレイを披露。作曲、アレンジ、プロデュースも担当し類稀なる才能をも覗かせています。既にサドゥウスキー・ギターのエンドース契約を結んでいるとの事でジャケも同社のジャズ・ベース・タイプを抱え使用している事がわかります。更に何とジェフ・ベックのツアーに抜擢され、今後の活躍が見逃せないまさに天才美少女ベーシストの誕生です。

ジェフ・ベックが語るタル・ウィルケンフェルド

 「タル・ウィルケンフェルドについてなにか言えだって? 息をのむような才能って、どんな言葉で表現すればいいのかな? 俺だったら、言葉なんて探さないね。聴いて、見るしかないんだよ。2007年のクロスロード・フェスティバルでシカゴの45,000人がそうしたようにね。

 俺は今まで生きてきて、相当スペシャルな瞬間にいくつも出くわしてきているつもりだけど、あんなに大勢の生粋のブルース狂たち、ギター狂たちが、タルのソロの真ん中あたりでもうそれこそ狂喜乱舞するのを見たときには、さすがにジーンときたよ。

 今、そう言うのは簡単だけどね、実際はもっとすごかった。そのときの俺の気分といえば、「鼻が高い」なんてもんじゃなかったよ」

――ジェフ・ベック


ヴィニー・カリウタ(ds)が語るタル・ウィルケンフェルド

 「俺が思うには、タルのレコードっていうのは、聴く側がしっかりと覚醒していればいるほど、どんどん迫ってくる。なにもかもが、そこに包括されているんだ。あらゆる真実が、心地よい会話というかたちになって、自然体でそこにある。自分の内容の薄さを隠そうとして、大声で怒鳴っているわりには中身は空っぽの人間とは対照的だ。説得力のない、無理な説得を強要するような作品とは正反対なんだ。

 タルは、優雅にしっかりと真実を語ってくれる。聴く側が彼女の言葉をちゃんと受け止めることができれば、その内容はいくらでも深くなるんだ。まるで、たたき売りの商人の「ことば」の対極にある、シェイクスピアのようだよ。

 作品の中に込められたことばとニュアンス、そして同時に楽曲の構成のすばらしさは、見事としかいいようがないよ。彼女の演奏のすばらしさは楽曲の中に織り込まれて行き、あらゆるものがその中にとじ込められている。わざとらしい悪趣味なところなんて、これっぽっちもない。それが唯一、この楽曲たちを輝かせる方法なんだけどね。

 彼女の言葉は、真実のなかで生かされる必要がある。その言葉を理解し、伝える方法を知っている者たちによってね。その生かし方、伝え方をまさによくわかっているのが、彼女自身なんだ。彼女の演奏と、彼女の作る楽曲たちは、お互いに求め合い、高め合う。この深さこそが、彼女の天才的な才能の証だ。しっかりと聴いてくれ。集中して、聴いてくれ」

――ヴィニー・カリウタ


ライヴ後に早速二人の最新CDを購入し現在それを堪能しながらこのブログを書いていますが、素晴らしく素敵なミュージシャン~女性と出会うことが出来ましたし、ジェフは今尚更なるテクニックの向上と探求心旺盛な精神でギターの限りない可能性~表現することが出来る音楽を奏で求めているんですね
遅まきながら私もやっと彼のミュージシャンシップと進化し続ける音楽性、ギタープレイの素晴らしさを分かる年齢~出会いを今回果たせた気がします

"A Day in the Life" Jeff Beck Tal Wilkenfeld Crossroads 07


 

↑LIVE CD、今回のライヴでも披露されましたが、BEATLESファンとしての私も素晴らしく見事なカヴァーだと感じ聴き入りました


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

☆行ってきます!!~明日は今年一発目のライヴ♪☆

今年から同じ会社内ながら新天地での仕事ということもあり、暫くは以前のような我がまま放題? ~平日休暇を取ってのライヴ三昧は控えることになると思うので大好きなライヴ通いは心を鬼にして週末の休日限定~しかし明日は土曜休日ということもあり、以下の偉大なる二大ギタリスト 夢の共演ライヴを2009年一発目のライヴとして存分に楽しんできたいと思います

eric claptpn jefe beck

ERIC CLAPTON×JEFF BECK~さいたまスーパーアリーナ 2009.2.21 (Sat)

CLAPTONBECK.jpg

世界三大ギタリストと並び評される元YARDBIRDSの三人~私が最も崇拝するバンドLED ZEPPELINJIMMY PAGEは'93年 COVERDALE/PAGEと'96年 JIMMY PAGE&ROBERT PLANTの来日公演でその雄姿と遭遇
そして、“CLAPTON IS GOD~スローハンド”・・・現在は本当に彼自身が幸せと感じる家族に恵まれながらも波瀾万丈な人生~ミュージシャン生活を歩んできたエリックとは'06年の日本公演で素晴らしいライヴ~プレイを目の当たりにしましたが、私にとって最後の三大ギタリストの一人 ジェフは今回が初尊顔~ライヴ初体験となります

私が持っているジェフのアルバムはジミーLED ZEPPELINというバンド結成に当たって大きな影響を受けた(モロにアイデアをパクったとも言う・・・特に一枚目)以下の二枚しか持っていませんし↓

トゥルース(紙ジャケット仕様)トゥルース(紙ジャケット仕様)
(2005/05/25)
ジェフ・ベックロッド・スチュワート

商品詳細を見る

ベック・オラ(紙ジャケット仕様)ベック・オラ(紙ジャケット仕様)
(2004/12/22)
ジェフ・ベックジェフ・ベック・グループ

商品詳細を見る


JeffBeckgroup.jpg

明日、どのような感じでこの偉大なる二人の共演ライヴが展開されるか全く予想が付きませんが、とにかくこのような奇跡的共演ライヴが観れること~実現することは私が生きているうちにもう二度と無いと思うので(それも日本で)明日は思う存分彼らの残した素晴らしき音楽と神様的?エモーショナルなギタープレイに心底酔いしれたいと思っています

とにかく今から楽しみ 楽しみ


Push!Push!→にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


プロフィール

ヒロック

Author:ヒロック
14歳の時に音楽室で友人に聴かせてもらったDEEP PURPLE「LIVE IN JAPAN」に衝撃!!を受けて以来、音楽を生活の糧とする永遠の!?ロック少年☆(^-^)v
主に'70s~'80sROCKが大好きです♪
まず始めにHR/HMの洗礼を浴びたバンドはパープルなんですが、私が最もこの世で崇拝するバンドは、日本では同格扱いされた!?LED ZEPPELINです・・・(^_^;)

LED ZEPPELIN REUNION !!

LIVE AT LONDON'S O2 ARENA

O2_bc_zep07_1.jpg
led-zeppelin-1973s-1.jpg

DECEMBER 10,2007

DEFINITIVE COLLECTION !!

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

☆参加BLOGランキング☆

ブログランキング参加中です☆ 皆様の応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ

The Song Remains The Same Push!Push! by Robert Plant☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
MY FAVORITE ARTIST GALLERY

f-l.jpg
led77 PP_sdp_mark3_1.jpg
dp_mark4-1.jpg
f-ritcie.jpg
f-rain.jpg
ritchie blackmores rainbow_1
f-da.jpg
whitesnake1985s-1.jpg
cozypowells-1.jpg
JOHN SYKES89-1
f-th.jpg
GARY MOORE85-1
f-who.jpg
f-kiss.jpg
aerosmith-2002_.jpg
f-queen.jpg
f-ufo.jpg
f-mot.jpg
f-dok.jpg
f-me.jpg
f-bo.jpg
f-br.jpg
f-oz.jpg
f-ran.jpg
f-ja.jpg
f-zak.jpg
IRON_MAIDEN-somewhere back in time
IR_SOMEWHERE BACK IN TIME BEST-1
f-ju.jpg

Queensryche-3_.jpg
riot-8808_ the_ thundersteel_ reunionf-uri.jpg
f-fre.jpg

f-yes.jpg
asia2007_.jpg
f-du.jpg
f-b.jpg
f-eric.jpg
tal wilkenfeld_ transfomation tal_wilkenfeld.jpg f-ma.jpg
f-mari.jpg
f-nan.jpg
hikaru_HEART STATION_s
mika_nakasima_1.jpg
f-haru.jpg

haruka=1.jpg


boowy cace of...b

アフィリエイト&お買い物♪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム アフィリエイト・SEO対策 アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ  iTunes Store(Japan) 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場

ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。